営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき

ブレーキ整備の話 再び (ドラムブレーキ編)

トラブルがない限り車検の時くらいしか点検する機会がない部位にブレーキのホイールシリンダーという部品があります。

ドラムブレーキと呼ばれるタイプに使われる部品なのですが、ドラムを外さないとみることが出来ないため車検の時くらいしか点検する機会がない(法定12か月点検を受けていればその時にも点検するのですが受けないユーザーがかなり多いです?)ため密かにトラブルを抱えていることが多いです。

 

今回は、トラブル事例をご紹介します。

トヨタ WILL VI

こちらの写真をご覧ください。右と左で汚れ方が違うのがお判りでしょうか?

img_20160824_113732 img_20160824_113741

ホイールシリンダーからブレーキフルードが漏れているためブレーキダストが濡れている部分に付着して汚れ方が左右で異なっているのです。

この車のホイールシリンダーの材質は、シリンダー ピストンともにアルミニウムを使用しているため錆の発生はありませんでしたが、このように漏れていました。

ピストンは青くアルマイト処理されています。黒い部品がカップとゴミが入らないようにするブーツです。

img_20160824_114735

シリンダー内部にも傷やさびは見られません。

ちなみに前回の車検では、カップキットの交換は行われていませんでした。ということは少なくとも前の前の車検からの4年間はカップは交換していなかったということです。(前回はガソリンスタンドでの車検)

カップはゴムで出来ておりブレーキを掛けるたびシリンダー内部を摺動します、漏れはカップの摩耗が原因です。

 

お次はニッサン ノート(E11)のブレーキです。

ダストブーツをめくりますと・・・

こちらも漏れだしています。

img_20160830_163317

赤さびが酷いです。

 

ホイールシリンダーの材質が、シリンダー・ピストンともに鉄でできているためにアルミニウム製に比べこのように錆びてしまっていることが大変多いのです。

錆びはシリンダー内部を侵食して凸凹を作りますのであまりにひどい場合はアッセンブリーでの交換をするしかありません。(以前紹介した記事をご覧ください)

こちらのお車は前回の車検時にカップキット(ゴム部分)の交換は行っているのですが錆の発生が酷く密閉が保てなくなってしまった例です。

 

お次は、軽トラックのブレーキです。

外見上、漏れは見受けられません  

しかしホイールシリンダーを分解してみますと・・・

img_20160827_095842 img_20160827_095852

真っ赤に錆びています、これではいつ漏れ出しても不思議はありません!

こちらのお車も鉄製のホイールシリンダーを採用しています。

 

このように、普段ドラムの中に隠れて見えない部分にトラブルを抱えていることが多いのですが、先ほどの法定12か月点検を受けなかったり車検時カップキットの交換を行わない例が非常に多く危険にさらされていても気が付かない事がほとんどです。

最近の整備業界では、外見上漏れが確認できない限りカップキットを交換しないことが当たり前のようになっているのですが、確かに車検の際漏れていなければ車検は通ります。しかし、通ったからと言ってその先2年間安全に乗れることを保証しているわけではないのです!

分解してみないとわからないところだからこそ予防整備として漏れていなくてもオーバーホールすることが非常に重要なことです。

 

整備業界も安売り競争が激しく、ディーラーでさえもこの流れに乗っていると聞きます。

確かにここを分解しなければ車検整備代を安く見せ集客につながるのですが、お客様が安さの代償の意味がわかっているのか?は疑問です。

それに先ほどの安売り競争にはもう一つ危険なことが潜んでいます、整備単価が低いため回転率を上げなければ儲からないのです。そこで”1時間ほどで車検ができます”などうたっているところがあるのです。代車もお貸ししなくても済みますしね。

速く車検をやれるというのはお客様のメリットだけでなく実は整備会社側の都合でもあるんです!

1時間ほどでは間違いなくカップキットの交換を含めた車検整備などは出来ません。(他も部分もよく見なければなりませんし検査もしなければいけません。)

安売りによる弊害は安全走行に危険を及ぼしているのではないのかと危惧します。

当店では基本的に、ホイールシリンダーのオーバーホールは車検整備に含みます、予算の都合上やらない場合は先ほどのお話をしたうえでご納得をしていただき作業を進めさせていただいておりますし、クイックでの車検は通常行いません。(事前に点検を行った場合は除く)

最後に・・・安全に勝るものはありません。

こちらも読んでみてください。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ ハイラックス ヴィーゴ 意外な黒煙の原因

トヨタ ハイラックス ヴィーゴのご入庫 こちらのお車はタイ 仕様で逆輸入車となります。   ご用命は排気ガスの黒煙が急に増えたとの事。 黒煙はこの通り https://masutaka.co.jp/images/VID_20200206_095940.mp4 こちらのお車は、コモンレールタイプのディーゼルエンジンですがDPFは搭載されていませんので多少黒煙の排出はあるのは仕方がないのですが、明らかに異常なレベルで多い状態です。 診断機をつないで故障コードを読み出してみますが特に何も検出していませ ...

続きを見る

Jeepコンパス 車検整備

Jeep コンパスのご入庫 車検整備のご依頼です。 スパークプラグはノーマルのタイプが取り付けられおり、かなり摩耗していたためロングライフプラグに交換     エアクリーナーはご覧の通り汚れていました。    バッテリーは緑青が酷く噴いてます。   バッテリーは性能低下すると化学変化が起こりづらくなり温度が上がり水素ガスが発生します、水素ガスはバッテリー周辺に滞留して緑青(錆)が発生しやすくなります。 緑青が出ているようですとバッテリーの性能低下が考えられます。 バッテリーテ ...

続きを見る

FIAT500 エンジンコンピューター突発故障

FIAT500のご入庫 買い物を終えエンジンを掛けようとしたら掛からなくなったとの事で緊急搬送されました。 スタータでのクランキングは勢いよく回っていますが初爆の気配すらありません。 診断機を繋ぎ故障コードを読み出すことにします。   エンジンコンピューターにアクセスできません! ミッションコンピューターにもエンジンコンピュータとのアクセスが出来ないエラーが検出されています。 エンジンコンピュータが認識できていません。(作動していない) 他車のエンジンコンピューターを仮でつないでみるとイモビライ ...

続きを見る

ニッサン NV150(Y12)商用車のシビアコンディション

ニッサンNV150 車検でのご入庫 初回車検(新車から2年)の整備を行うのですがこちらの車両すでに走行距離は8万kmを超えていますので年間4万km以上走る計算になります。 このような過走行の車両は一般的に注意する部分以外にも目を配らなければいけません。 まずは新車時から初めて開けたであろうドラムブレーキです。 ドラムブレーキはドラムで覆われているためブレーキダストは中に溜まった状態になります。 ブレーキのホイールシリンダーもオーバーホールします。   サビの発生こそなかったものの汚れは酷いです。 ...

続きを見る

smart スマートK ブレーキペダル ふわふわする

smart kのご入庫 ご用命は右後ろのタイヤから何かが漏れてブレーキペダルもふわふわするとの事。 これは大変危険な状態ですので自走はしないで、ロードサービスを使用して搬送するようにお願いしました。 タイヤの裏を見るとブレーキフルードでびしょ濡れです。 ドラムブレーキですので漏れる部分はホイールシリンダーが濃厚です。 ドラムを外すとやはりブレーキフルードでビチャビチャになっていました。   ホイールシリンダーを取り外してみると内部は酷い状態になっていました。   錆が酷く固着してピスト ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ(186)インジェクター突然故障

FIAT ムルティプラ(186)の御入庫 大変個性的なこちらの車、突然エンジンの振動が大きくなりチェックランプが点灯しました。 1600ccの4気筒ガソリンですが、診断機で故障コードを読み出すと4番シリンダーが1気筒ミスファイヤーを起している模様です。 エンジンが回る為の大切な3要素 よい圧縮・よい火花・よい燃料を調べていきます。※よいという表現は適切という意味です。   まずは、良い火花に当たる点火系統を点検していきます。 イグニッションコイルとスパークプラグ間にはプラグコードがあるタイプです ...

続きを見る

フィアット500 ステアリング切ると何かずれた感じがする

フィアット500のご入庫 旋回中に途中何か車体がずれたような感じがするとの事でご入庫。 工場内でステアリングを切り移動したところコクッと何か車体がずれた感じがしました。 リフトで車両を持ち上げて点検したところこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200715_142715.mp4 これは前輪のロアアームに付くボールジョイントです。 手で動かしてこれだけ動くことはかなりのガタが左右とも発生しています。 ボールジョイントはロアアームと一体です ...

続きを見る

ダイハツ ミラジーノ(L700S)クラッチオーバーホール ミス

ダイハツ ミラジーノ(L700S)のご入庫 ご依頼は、クラッチが重たく操作が上手くできないとの事 確かにクラッチペダルも重くミートポイントもわかりませんし、操作するとギーギー音もしますのでクラッチの交換が必要そうですが、お客様とお話を進めていくと どうもそんな簡単なことではなくかなりクラッチのことで苦労しているようです。 実はこの車両はミッションをすでに2回も降ろして作業を行っているそうです。 はじめ他店にてクラッチオーバーホールを行ってしばらくしてミッションのフロントオイルシールからオイルが漏れ出してし ...

続きを見る

ホンダ ヴェゼル CVTフルード交換

ホンダ ヴェゼルのご入庫 以前CVTフルードだけを交換してもらったが今回はオイルパンを外して交換をしてほしいとのご依頼。 走行距離6万km代で特に走行にも違和感を感じていないのであくまでもメンテナンスの一環として行います。 このミッションはオイルパンもアルミ製ですので気を付けて外します。   内部にはストレーナーがあります。 オイルパンには磁石が縦についていますので綺麗に清掃して付け直します。 内部ストレーナーを交換します。   ドレンボルトにも磁石が付いていて鉄粉が付着しています。 ...

続きを見る

FIAT パンダⅢ(312)恐怖!ダブルマスフライホイール破損

FIAT パンダⅢ(312)のご入庫 ご用命はデュアロジックのギアが抜けたり、振動も大きくなったとの事。 ツインエア搭載のこちらの車両、2気筒エンジンで元々エンジンの振動は大きめなのですが正常時には出ない大きな振動が起きています。 故障コードを読み出してみるとクラッチストロークエラーを読み出しています。 クラッチも正常に作動できていないのでクラッチオーバーホールをする必要があることをお話しして作業に取り掛かります。 ミッションを取り外しクラッチを観察すると何かおかしいです。 レリーズベアリングの当たった跡 ...

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき

© 2020 増高自動車工業有限会社