営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき

ブレーキ整備の話 再び (ドラムブレーキ編)

トラブルがない限り車検の時くらいしか点検する機会がない部位にブレーキのホイールシリンダーという部品があります。

ドラムブレーキと呼ばれるタイプに使われる部品なのですが、ドラムを外さないとみることが出来ないため車検の時くらいしか点検する機会がない(法定12か月点検を受けていればその時にも点検するのですが受けないユーザーがかなり多いです?)ため密かにトラブルを抱えていることが多いです。

 

今回は、トラブル事例をご紹介します。

トヨタ WILL VI

こちらの写真をご覧ください。右と左で汚れ方が違うのがお判りでしょうか?

img_20160824_113732 img_20160824_113741

ホイールシリンダーからブレーキフルードが漏れているためブレーキダストが濡れている部分に付着して汚れ方が左右で異なっているのです。

この車のホイールシリンダーの材質は、シリンダー ピストンともにアルミニウムを使用しているため錆の発生はありませんでしたが、このように漏れていました。

ピストンは青くアルマイト処理されています。黒い部品がカップとゴミが入らないようにするブーツです。

img_20160824_114735

シリンダー内部にも傷やさびは見られません。

ちなみに前回の車検では、カップキットの交換は行われていませんでした。ということは少なくとも前の前の車検からの4年間はカップは交換していなかったということです。(前回はガソリンスタンドでの車検)

カップはゴムで出来ておりブレーキを掛けるたびシリンダー内部を摺動します、漏れはカップの摩耗が原因です。

 

お次はニッサン ノート(E11)のブレーキです。

ダストブーツをめくりますと・・・

こちらも漏れだしています。

img_20160830_163317

赤さびが酷いです。

 

ホイールシリンダーの材質が、シリンダー・ピストンともに鉄でできているためにアルミニウム製に比べこのように錆びてしまっていることが大変多いのです。

錆びはシリンダー内部を侵食して凸凹を作りますのであまりにひどい場合はアッセンブリーでの交換をするしかありません。(以前紹介した記事をご覧ください)

こちらのお車は前回の車検時にカップキット(ゴム部分)の交換は行っているのですが錆の発生が酷く密閉が保てなくなってしまった例です。

 

お次は、軽トラックのブレーキです。

外見上、漏れは見受けられません  

しかしホイールシリンダーを分解してみますと・・・

img_20160827_095842 img_20160827_095852

真っ赤に錆びています、これではいつ漏れ出しても不思議はありません!

こちらのお車も鉄製のホイールシリンダーを採用しています。

 

このように、普段ドラムの中に隠れて見えない部分にトラブルを抱えていることが多いのですが、先ほどの法定12か月点検を受けなかったり車検時カップキットの交換を行わない例が非常に多く危険にさらされていても気が付かない事がほとんどです。

最近の整備業界では、外見上漏れが確認できない限りカップキットを交換しないことが当たり前のようになっているのですが、確かに車検の際漏れていなければ車検は通ります。しかし、通ったからと言ってその先2年間安全に乗れることを保証しているわけではないのです!

分解してみないとわからないところだからこそ予防整備として漏れていなくてもオーバーホールすることが非常に重要なことです。

 

整備業界も安売り競争が激しく、ディーラーでさえもこの流れに乗っていると聞きます。

確かにここを分解しなければ車検整備代を安く見せ集客につながるのですが、お客様が安さの代償の意味がわかっているのか?は疑問です。

それに先ほどの安売り競争にはもう一つ危険なことが潜んでいます、整備単価が低いため回転率を上げなければ儲からないのです。そこで”1時間ほどで車検ができます”などうたっているところがあるのです。代車もお貸ししなくても済みますしね。

速く車検をやれるというのはお客様のメリットだけでなく実は整備会社側の都合でもあるんです!

1時間ほどでは間違いなくカップキットの交換を含めた車検整備などは出来ません。(他も部分もよく見なければなりませんし検査もしなければいけません。)

安売りによる弊害は安全走行に危険を及ぼしているのではないのかと危惧します。

当店では基本的に、ホイールシリンダーのオーバーホールは車検整備に含みます、予算の都合上やらない場合は先ほどのお話をしたうえでご納得をしていただき作業を進めさせていただいておりますし、クイックでの車検は通常行いません。(事前に点検を行った場合は除く)

最後に・・・安全に勝るものはありません。

こちらも読んでみてください。

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ジャガー F-Pace 車検整備

ジャガー F-Pace 2.0dのご入庫 車検整備のご依頼です。 新車から3年目の初回車検で走行距離もそれほど伸びていませんので一般的な油脂類のメンテナンスが基本となります。   初めにブレーキフルードの交換 ブレーキフルードは吸湿性があるため距離に関係なく、時間で交換する必要があります。 劣化したブレーキフルードは黄ばんで濃い茶色に変色してきます。   油脂メーカーにもよりますが新品は薄いキツネ色をしています。   3年交換していないエアコンフィルターの交換 カビが発生して ...

続きを見る

MINI JCW(ジョン クーパー ワークス)クラッチオーバーホール

MINI クラブマン ジョンクーパーワークス(R56)のご入庫 クラッチオーバーホールでのご入庫 以前、お車を見させていただいた際クラッチペダルの操作力がかなり重くミートポイントも定まらないのでクラッチのオーバーホールが必要なことをご指摘させていただいていました。 トランスミッションを取り外してクラッチを交換します。 クラッチは滑り始めていたので、少し炭化していました。 クラッチ板を押し付けるプレッシャープレートも滑っていたため、まだらに焼けてしまっています。   フライホイールを外すとエンジン ...

続きを見る

VW ゴルフ6 スロットルボディ故障

VW ゴルフ6のご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンが不安定で進まなくなったとの事。 早速診断機で何の故障コードによりチェックランプが点灯したのか読み出します。 スロットルバルブ関係のセンサーに異常を検出していました。 スロットルバルブ関係の故障を拾っていることから、スロットルボディのコネクターがしっかり取り付けられているか見てみようとエンジンが掛かった状態でコネクタに軽く触るとエンジン回転が不安定になりました。 わずかに触れただけでそれに合わせてエンジン回転が不安定になります。 どうやらコネ ...

続きを見る

ずさんな車検整備の結末②

前回、ずさんな車検整備の状態をご案内しました。 リンク 不良個所の整備内容をご紹介します。   まずは引きずっていた前ブレーキの状態です。 引きずってブレーキが掛かりっぱなしになっていたブレーキパッドは残りわずかしかありません。 ディスクローターが明らかに引きずりにより発熱した形跡があります。 ブレーキキャリパーのピストンはご覧の通り ここまで錆びればピストンの動きが悪いのは当然です。 ダストブーツに破れがありましたのでここから水が浸入して錆びたのでしょう。   次にスタビライザーリン ...

続きを見る

ずさんな車検整備の結末①

後ろタイヤの方からコトコトすごい音がするとの事で緊急でいらっしゃいました。 何か大変なことが起きているとすぐにわかるほど大きな音がタイヤの回転とともにします。 答えは車両に触れるまでもなくすぐにわかりました。 タイヤを留めるホイールナットがひとつ無くなっています!   1個無くなっているということは他も締まっていない可能性があるため見てみると・・・ https://masutaka.co.jp/images/VID_20210830_112558.mp4   やはりナットがゆるゆるでホ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)危険なボールジョイントのガタ

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 他の修理でお預かりしていたこちらの車両、工場内を移動させているときに違和感を感じました。 ステアリングを切りながら車両を動かすと何かタイヤがずれた感じがしました。 気のせいかと思い何度か繰り返してもやはりずれた感じがしますので、サイドスリップを測るとアウト側に針が振り切ってしまいました。 これは車輪の向きに大きな異常があるということです。 車輪側に何か起きていると判断して車両を持ち上げると大変なことが起きていました。 https://masutaka.co.jp/ima ...

続きを見る

アルファロメオ ジュリエッタ エアコンコンプレッサー故障

アルファロメオ ジュリエッタ1.4のご入庫 エアコンが効かないとの事ですが、どこかのお店でガスをチャージしてもらおうとしたがガスが入って行かないと言われたそうです。 エアコンの冷媒システムはコンプレッサーが回らないとガスを圧縮できませんので機能しません。 こちらのお車、入庫時コンプレッサーのマグネットクラッチがONしませんでしたのでコンプレッサーは回っていない状態でした。 マグネットクラッチをONさせるには一定以上のガスが入ってる必要があるのですが少ないながらもガスは有りそうです。 マグネットクラッチに来 ...

続きを見る

VW シャラン アイドリング不安定そしてエンスト②

VW シャランのご入庫 以前、燃料系統で不具合を起こした車両です。リンク 前回修理して半年間何事もなかったようですが、エンジンオイル交換でいらした際に、”初めの時ほど酷くないが何か似た感じの症状が出た時がある”とおっしゃっていました。 エンストなどは解消していたようなのですが、少し気になりましたがもうしばらく乗ってみるとの事でした。 そこからさらに半年が経ち、ご連絡が入りました。 ”走行中にエンジンが止まってしまった”との事です、走行中のエンストは非常に危険なためすぐに入庫していただきました。 症状はやは ...

続きを見る

VW シャラン アイドリング不安定そしてエンスト①

VW シャランのご入庫 アイドリングが不安定でエンストするときもある、エンジンチェックランプも点灯するとの事 診断機を使い故障コードを読み出します。 燃料ポンプの故障を検出しています。 こちらの車両は直噴エンジンを搭載したモデルですので、燃料タンクからくみ上げエンジンルームに送る1次燃料ポンプと直噴させるためにさらに高圧に圧縮する2次ポンプがエンジンに搭載されています。 今回の故障コードは1次側の圧力が低いことを言っているようです。   エンジンを掛けながら燃料タンクのポンプモーター作動音を聞い ...

続きを見る

ニッサン シーマ(F50)油圧駆動ファン ポンプ漏れ

ニッサン シーマ(F50)のご入庫 エンジン冷間始動時に何か音がしてしばらくすると消えるそうです。 冷間時のみ出る異音というもので良くあるのが、パワーステアリングフルードのエアー噛みこみによる異音です。 お客様にどんな音か問診してもなんとなく当てはまりそうです。 パワーステアリングフルード量を点検してみようとすると??? なぜかパワステフルードのタンクが二つあります。 なぜか二つあるのですがとりあえずフルード量を確認するとエンジン中央にあるタンクの量が下限値を下回っていました。 どうやら何かの原因でフルー ...

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき

© 2021 増高自動車工業有限会社