ニッサン アトラス(AKR71E)のご入庫

クラッチペダル付近に何やらオイルのようなものが垂れてくるとのこと。

img_20160622_095118

左足のクラッチペダル上のクラッチマスターシリンダーからクラッチフルードが漏れています。

この部品は、クラッチペダルを踏むと注射器のようにクラッチフルードを押し出してクラッチを切る仕組みになっています。

 

内部にはゴムのカップと呼ばれるシールで密封を保っています。(スプリングの付け根の黒い部品がカップです。)

img_20160622_095856

このゴムのカップが摺動摩耗や経年劣化で密封を保てなくなると今回のように漏れてしまったり、空気が混入してクラッチが切れなくなってしまいます。

通常このゴム部分の交換だけで済むのですが、今回はシリンダー内部も摩耗していたためアッセンブリーでの交換になりました。(シリンダーの材質がアルミニウムのため摩耗が酷かったため)

 

マスターシリンダーで作られた圧力を受けるレリーズシリンダーも同じく点検

img_20160622_102148

こちらは内部のピストンキット交換で済みました。

img_20160622_101853

今回はペダル付近の漏れですぐに気が付くことが出来ましたが、レリーズシリンダーは床下ですので漏れても気が付くのが遅れます、クラッチフルードはブレーキフルードと兼用でタンクが一緒になっているタイプのお車が多いのでブレーキフルードのレベル警告灯が付いた場合などはこのような故障を疑う必要があります。

 

漏れを放置していればクラッチが切れなくなり走行不能になります、何万回も作動する部品ですので定期的な点検。交換は必須です。