営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき イタリア車 ドイツ車

欧州車のタイミングベルト交換サイクルとは

突然ですがタイミングベルトの交換時期をご存知ですか?

よく”いつが交換時期ですか?” ”10万キロ達してないから大丈夫ですよね”と聞かれることが多いのですが・・・

欧州車のタイミングベルト交換サイクルに関しては、欧州自働車メーカーによって指定交換時期は多少違いますが、国産車とは考え方が大きく違いますので注意が必要です。

国産車では10万km走行ごとに交換というのが主流で時期の指定はほぼありません。(本当は時期も大変重要なのですがメーカーが指定していないだけです。)

しかし、欧州自働車メーカーでの推奨換サイクルは距離と時期で指定があるのと、その交換指定時期以前でも点検が必要で、点検をして悪ければ時期前でも交換をするようになっていることが大きく違います。

IMG_20160125_205858

上の表はアルファロメオ147TSのメーカー推奨点検スケジュールです。

タイミングベルトに関しては2万km毎の点検C3年もしくは10万km走行のいずれかが到達した時点で交換Rが推奨になっています。

点検Cは交換しなくてよいという意味ではなく”点検して悪ければ交換してください。”という意味で、 交換時期Rは指定距離・時期に達した場合は交換してくださいという意味なのです。

しかし、点検といっても、ベルトと一緒に回っているプーリーやウォーターポンプは目視での判断は非常にむずかしいです。(ベルトを外さないとわかりづらいし外したなら交換してしまったほうが良いです。)プーリーやウォーターポンプが不良でベルト切れの原因になることも非常に多いのです。

欧州車全般に言えることにタイミングベルト自体が原因で切れてしまうというよりもプーリーやウォーターポンプが原因で切れてしまうことのほうが多いということです。

このように樹脂で出来ている部品が割れてしまったり、ベアリングが悪くなり焼き付いてしまうことが交換サイクルを早くしなければならない大きな原因のひとつです。

こんな事例もあります。VWポロ ウォーターポンプ漏れ

             VW ゴルフ ウォーターポンプフィン 割れ

 

ベルト切れ=エンジンブローとなる大変重要な部品ですので、当店ではフィアットグループの車両に関しては4年/4万kmごとの交換をおすすめしてしています。

実際4万km以前に切れてしまったということもありました。しかしそのような事例はベルト以外の要因で起こることが多く、メンテナンス不良が大きく影響していました。

 

以下のようなことが寿命を縮める要因になりますので注意が必要です。

・エンジンオイルの交換サイクルが長い →エンジン内部のフリクションが増えベルトに負担が掛かる

・エンジンオイルの交換サイクルが長い →漏れたオイルがベルトに付着して寿命を縮める

・冷却水の交換サイクルが長い     →漏れた冷却水がベルトに付着して寿命を縮める

・エンジン始動直後の高負荷運転    →ベルトの柔軟性不足時の無理な動作

・乗らなさすぎ            →ベルトの柔軟性不足・止まった状態での固着変形

 

以上のことは国産・輸入車問わず気を付けることで少しでもトラブルを防ぎ安心して乗る手立てにもなります。

 

以前の記事でAUDI TT2.0のタイミングベルト交換を書きましたが、この車両に関してもメーカーでは”4年もしくは18万km走行時期での交換”と記載されていますが日本での走行を考えると18万km走行はあまり現実的ではないので4年という時期を優先して点検・交換をすることがおすすめとなります。

渋滞にいつもはまるような使い方やアイドリングが長いなどでは、距離が伸びなくてもエンジンは多く回る場合もありますし、逆にほとんど乗らない方などは、エンジンが回らない状態で放置されていますのでゴムでできているベルトには大変な負担になります。

ですので、自動車メーカの設計(考え方)の違い(交換推奨距離・点検時期など)や時間・距離・点検(使われ方)を組み合わせて適切な交換サイクルを見つけ出さなければなりません。

そのためには経験豊富な整備士のアドバイスが有効になると思います。

ご心配な方ぜひ相談して下さい。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アルファロメオ GT 直噴インジェクター不良

アルファロメオ GTのご入庫   エンジン不調でのご入庫 このエンジンは2.0LのJTSと呼ばれる直噴エンジンユニットになります。 他店でミスファイヤーの指摘を受けたが、原因が点火系ではないので大きな修理が必要だとの診断を受けたそうです。 当店でも診断機を使用して故障コードを読み出してみても、前出の診断通り1番シリンダーのミスファイヤー(失火)を検出しました。 ミスファイヤーの検出はエンジントルクの変動で読み取るのですが1番シリンダーが何かしらの理由でうまく爆発していないことになります。 &nb ...

続きを見る

ニッサン キャラバン (E25) 前輪ハブベアリング ガタ

ニッサン キャラバン(E25)のご入庫 車検でのご入庫ですが、前輪のハブベアリングにガタが発生しています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201111_133317.mp4 動画ではガタをお伝えするのは難しいのですが、ホイールを横方向に力を加えるとカタカタするのが、本来はこのような力を加えてもガタは出ません。 ハブベアリングとはタイヤの中心部のハブというところのベアリングで、ここを軸にしてタイヤが回る非常に重要な部分になります。 点検の際はこのベアリングにガタや異 ...

続きを見る

AUDI A4(B8)車検整備

AUDI A4 アバント(B8)車検整備でのご入庫 車検でのお預かりですが、”ブレーキフルードレベルの警告灯が付いたり消えたりする”事があることが気になるそうです。 ブレーキフルードのリザーバータンクを点検するとMIN(下限値)すれすれでした。   確かにブレーキフルードの量が減っていますので、当然漏れている可能性もあるのですが今回の原因はブレーキパッドとローターの摩耗が原因でした。 前輪のブレーキ写真ですがパッドとディスクローターの摩耗がかなり進んでおり限界でした。 ではなぜパッドとローターが ...

続きを見る

MINIクロスオーバー(R60)オイル・冷却水・ベルト周り不良

MINIクロスオーバー(R60)のご入庫 エンジンオイル交換でのご入庫でしたが、あまりにも急を要する整備が必要な為緊急入院となりました。 大きく分けて3種類の修理が必要です。 ①エンジンオイル漏れ ②エンジン冷却水漏れ ③ベルト回り   まずは下廻りを見てエンジンからのオイル漏れと冷却水漏れが酷いのがすぐにわかりました。 ①エンジンのオイル漏れはヘッドカバーからの漏れとオイルエレメントケースからの漏れが酷いです。 ヘッドカバーパッキンの交換 オイルエレメントケースからの漏れは排気のパイプに掛かる ...

続きを見る

FIAT500 ツインエア ウォーターポンプ交換

FIAT500 ツインエアのご入庫 車検でのご入庫ですが”最近リザーバタンクの冷却水が少し減る気がする”との事。 こちらの車両はツインエアと呼ばれる2気筒エンジンを搭載したモデルになります。 パッと点検した感じでは大きく漏れているところは見当たりません。 しかしこのエンジンのウォーターポンプは少し変わった構造で外からでは中々漏れがわからない構造になっています。   構造的にはエンジンのフロントカバー内部に取り付けられています。 もしウォーターポンプのシールが悪く漏れ出した場合のために穴があいてい ...

続きを見る

ホンダ モビリオ オルタネーター過充電

ホンダ モビリオスパイクのご入庫 ご自身で取り付けた電圧計が16Vを指すときがあり、その時はエンジンの調子もおかしいとの事。 これは危険な兆候ですのですぐに診させていただきます。 このようなメーターをご自身で取り付けていますが、電圧計の数値が高い時があるそうです。 社外のこのようなメーターは粗悪なものもあるので実際の発生電圧はサーキットテスターを使用して測ります。 エンジン回転を上げると電圧が16ボルト以上になりました! これはボルテージレギュレータが電圧制御できなくなってしまっている状態でこのまま使用す ...

続きを見る

アルファロメオ 159 2.2JTS セレスピード クラッチオーバーホール

アルファロメオ159 2.2JTSのご入庫 セレスピードシステムのクラッチエラーで走行不能になったとの事で積載搬送されました。 セレシステムのエラーの原因は、すでに他店で診断済みでクラッチオーバーホールが必要との事でしたが、当店でも再度故障コードを読み出してクラッチのストロークエラーを確認しましたのでオーバーホールを行うことになりました。 ミッションを取り外してクラッチを確認するとやはり溝が無くなりディスクのリベットが出始めていますので限界でした。   次にこのクラッチで重要で見逃してはいけない ...

続きを見る

プジョー 3008 ウォーターポンプ亀裂による冷却水漏れ

プジョー3008のご入庫 エンジンオイル交換をご依頼いただいたのですが、その際に冷却水漏れを発見しました。   このエンジンはプジョー・シトロエン・BMW(MINI)など多くの車種にも搭載されている1.6Lガソリンエンジンです。   漏れ箇所はウォーターポンプからで、ウォーターポンプを取り外してみるとポンプ本体に亀裂が出来てそこから漏れだしていました。 ハウジングは樹脂製ですのでこのようなことが起きたのでしょう、社外品のポンプはアルミ製です。   このエンジンのウォーターポン ...

続きを見る

トヨタ MR-S 触媒不良

トヨタ MR-Sのご入庫 中古で購入したばかりで車検が到来したが、修理箇所が多すぎて他店で高額修理代の提示があったため困りかねて当店にいらっしゃいました。 確かに複数個所で修理が必要な個所がありましたが、特にこの部分の修理は見逃せませんでした。 エキゾーストマニホールドとマフラーのつなぎ目から排気ガス漏れです。 排気漏れは当然、保安基準に不適合ですので車検は通りません、しかしそれよりもそこから臭う排気ガス臭が気になりました。 お客様には排気漏れの修理以前に触媒に何か不具合が起きている可能性があることをお知 ...

続きを見る

VW ゴルフ6 オイルセパレーターからオイル漏れ

VW ゴルフ6 車検でのご入庫 1.2LターボのCBZユニット搭載です。 点検をしてみるとエンジンからオイル漏れが酷いです。 原因はこちら これはオイルセパレーターという部品です。 エンジンブロックのブローバイガス(シリンダーから吹き抜けたガス)にはエンジンオイルもミスト状になってガスに混入しているため、このセパレーターでオイルだけを分けてオイルパンに戻す役目をします。 しかしこのセパレーターはブロックに液状ガスケットのシールで取り付けられているのですが、そのシールがダメになったことでオイルが漏れだしてし ...

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき, イタリア車, ドイツ車

© 2021 増高自動車工業有限会社