営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき イタリア車 ドイツ車

欧州車のタイミングベルト交換サイクルとは

突然ですがタイミングベルトの交換時期をご存知ですか?

よく”いつが交換時期ですか?” ”10万キロ達してないから大丈夫ですよね”と聞かれることが多いのですが・・・

欧州車のタイミングベルト交換サイクルに関しては、欧州自働車メーカーによって指定交換時期は多少違いますが、国産車とは考え方が大きく違いますので注意が必要です。

国産車では10万km走行ごとに交換というのが主流で時期の指定はほぼありません。(本当は時期も大変重要なのですがメーカーが指定していないだけです。)

しかし、欧州自働車メーカーでの推奨換サイクルは距離と時期で指定があるのと、その交換指定時期以前でも点検が必要で、点検をして悪ければ時期前でも交換をするようになっていることが大きく違います。

IMG_20160125_205858

上の表はアルファロメオ147TSのメーカー推奨点検スケジュールです。

タイミングベルトに関しては2万km毎の点検C3年もしくは10万km走行のいずれかが到達した時点で交換Rが推奨になっています。

点検Cは交換しなくてよいという意味ではなく”点検して悪ければ交換してください。”という意味で、 交換時期Rは指定距離・時期に達した場合は交換してくださいという意味なのです。

しかし、点検といっても、ベルトと一緒に回っているプーリーやウォーターポンプは目視での判断は非常にむずかしいです。(ベルトを外さないとわかりづらいし外したなら交換してしまったほうが良いです。)プーリーやウォーターポンプが不良でベルト切れの原因になることも非常に多いのです。

欧州車全般に言えることにタイミングベルト自体が原因で切れてしまうというよりもプーリーやウォーターポンプが原因で切れてしまうことのほうが多いということです。

このように樹脂で出来ている部品が割れてしまったり、ベアリングが悪くなり焼き付いてしまうことが交換サイクルを早くしなければならない大きな原因のひとつです。

こんな事例もあります。VWポロ ウォーターポンプ漏れ

             VW ゴルフ ウォーターポンプフィン 割れ

 

ベルト切れ=エンジンブローとなる大変重要な部品ですので、当店ではフィアットグループの車両に関しては4年/4万kmごとの交換をおすすめしてしています。

実際4万km以前に切れてしまったということもありました。しかしそのような事例はベルト以外の要因で起こることが多く、メンテナンス不良が大きく影響していました。

 

以下のようなことが寿命を縮める要因になりますので注意が必要です。

・エンジンオイルの交換サイクルが長い →エンジン内部のフリクションが増えベルトに負担が掛かる

・エンジンオイルの交換サイクルが長い →漏れたオイルがベルトに付着して寿命を縮める

・冷却水の交換サイクルが長い     →漏れた冷却水がベルトに付着して寿命を縮める

・エンジン始動直後の高負荷運転    →ベルトの柔軟性不足時の無理な動作

・乗らなさすぎ            →ベルトの柔軟性不足・止まった状態での固着変形

 

以上のことは国産・輸入車問わず気を付けることで少しでもトラブルを防ぎ安心して乗る手立てにもなります。

 

以前の記事でAUDI TT2.0のタイミングベルト交換を書きましたが、この車両に関してもメーカーでは”4年もしくは18万km走行時期での交換”と記載されていますが日本での走行を考えると18万km走行はあまり現実的ではないので4年という時期を優先して点検・交換をすることがおすすめとなります。

渋滞にいつもはまるような使い方やアイドリングが長いなどでは、距離が伸びなくてもエンジンは多く回る場合もありますし、逆にほとんど乗らない方などは、エンジンが回らない状態で放置されていますのでゴムでできているベルトには大変な負担になります。

ですので、自動車メーカの設計(考え方)の違い(交換推奨距離・点検時期など)や時間・距離・点検(使われ方)を組み合わせて適切な交換サイクルを見つけ出さなければなりません。

そのためには経験豊富な整備士のアドバイスが有効になると思います。

ご心配な方ぜひ相談して下さい。

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT 500ツインエア フロントカバー冷却水漏れ

FIAT500 ツインエアのご入庫 エンジンから冷却水漏れがあるため修理でのご入庫。 ウォーターポンプからの漏れを確認したためまずウォーターポンプを変えることは確定です。 ウォータポンプ交換はこちら リンク しかし、今回はこの部分だけでは済みそうにありません。 実はツインエアではフロントカバーからの冷却水やエンジンオイル漏れが多いのですが今回は冷却水の漏れ跡からしてフロントカバーからも漏れているためそちらの漏れ修理も行います。 エンジンの前面にはこのようなカバーがあります。※写真はウォーターポンプ取り外し ...

続きを見る

ホンダ ライフ(JB5)燃料タンク錆による燃料漏れ

ホンダ ライフ(JB5)のご入庫 燃料が漏れているとのことでご入庫 確かに車両後方(後部座席付近)下に何かが垂れています。 下からのぞくと燃料タンクにしずくが垂れており、ふき取ると針の孔ほどのピンホールからガソリンが染み出してきました。 外観に錆や損傷が見られないので内部に錆が発生して穴が開いたものと思われます。 タンクを取り外して内部を見るの錆だらけです。 ガソリンを抜きとってみると錆の粉だらけですし、腐食によりスポット溶接部もはがれてバッフルは外れていました。 ここまで錆びていると錆による穴はよく見る ...

続きを見る

VW ザ・ビートル エンジン不調

ザ・ビートルのご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンがブルブルして進まないとのこと。 診断機で故障コードを読み出すとミスファイヤー(失火)を検出していました。 ガソリンエンジンの3原則のひとつ点火系統を点検していきます。 この1.2L CBZエンジンはプラグコードを使用しています。 プラグケーブルをプラグから抜くと4番シリンダーだけスッと抜けてしまいました。 原因はこちら プラグケーブル先端の絶縁ゴムが劣化によりちぎれてプラグに残っています。 プラグケーブルはこのようになっていました。 このエン ...

続きを見る

ニッサン マーチ12SR(K12)エアコン冷風しか出ない

ニッサン マーチ12SR(K12)のご入庫 ご用命はエアコンの冷風は出るが暖かい風が出てこないとの事。   助手席の足元からエアミックスアクチュエーターの動きを見るとフラップの軸が折れてリンクがおかしな動きをしていることを確認できました。 お客様にはこのフラップの交換をするのは非常に大掛かりな作業になることをご説明の上で取り掛かります。 この部分の修理はエアコンユニットの取り外しが必要でユニットを取り外すためにはこのような状態にしなければなりません。 ダッシュボードを取り外してようやくユニットを ...

続きを見る

FIAT パンダ(312)スロットルボディ故障によりエンジン掛かり悪い

FIAT パンダ(312)のご入庫 車検でのお預かりでしたが、問診をしていると”エンジンの掛かりがわるい” ”掛かっても止まってしまう”との指摘がありました。 症状が出るのは決まって冷間時のみで暖まれば症状は出ないとのことでした。 故障コードは検出していないようなので、まずは冷間時に症状が再現するか確認します。   すると一晩放置後の完全冷間時に症状が現れました。 エンジンは少しかかるのですが回転が不安定でエンストしてしまいました。 症状が出ているときアクセルペダルを操作しても反応しないままエン ...

続きを見る

FIAT500 アクセルペダルセンサー故障

FIAT500のご入庫 メーター内の警告灯がたくさん点いたとの事でご入庫。 故障コードを読み出すとアクセルペダルのポジションセンサーのエラーを検出しました。 アクセルペダルの付け根にはセンサーがありアクセルの踏み具合を電気信号としてコンピューターに知らせるようになっています。 このセンサーに不具合が生じるとエンジン制御に重大な故障が起きたと判断して連携している横滑り防止装置なども作動停止させるため多くの警告灯も同時に点灯するのです。 センサー部分は分解できない構造ですがケースを割って中を見てみます。 2系 ...

続きを見る

アルファロメオ 155TS 燃料ポンプ故障

アルファロメオ155ツインスパーク(16V)のご入庫 エンストを起こしその後再始動も出来ないとの事で搬送されました。 点検するとエンジンに燃料が来ていません。 燃料ポンプ自体には電気が来ていますが、ポンプは回らないためポンプ不良と判明しました。 燃料ポンプの交換を行う為ユニットを取り外します。 するとポンプを支えているゴム製のマウントが劣化により崩れてポンプを支えられません。   燃料ポンプは国内で調達できたのですがこのゴム製のガイドは製造廃止で国内でも見つかりませんでしたが海外で探してようやく ...

続きを見る

縁石乗り上げ後コトコト音

マツダ アクセラのご入庫 以前、縁石に乗り上げて下回りを強く打ってしまってからコトコト大きな音がするようになったとの事。 他店で修理したがコトコト音が収まらないため当店にいらっしゃいました。 早速走行テストを行うと路面のわずかな段差でで左前輪付近からゴトゴト/コトコトと大きな異音がしてきます。 下廻りを見るとかなり擦った形跡があります。 特に左前輪のロアアームに激しく衝突した痕があります。 車体を大きく揺さぶるとショックアブソーバーからコクッと衝撃音が出てきますのでショックアブソーバー自体に不具合が起きて ...

続きを見る

FIAT500 ブレーキが効いたまま進まない

FIAT500のご入庫 デュアロジックの警告灯が点灯して進まなくなったとの事。 何とか走れるとの事で自走でご来店しました。 故障コードを読み出すとやはりデュアロジック関係の不具合を検出しています。   不具合発生時の状況を問診していくと、私が思うデュアロジックの症状とマッチしない感じがしました。 車両の状態を確認して動かそうとするとブレーキペダルの踏み応えに違和感を感じました、また発進しようとしてもブレーキが効いてしまっているようで進みません。 お客様にもう一度発生状況を聞くとやはりブレーキペダ ...

続きを見る

フォード エスケープ エンジン掛かり悪い・吹けない

フォード エスケープのご入庫 当店で過去にご紹介した故障事例が似ているので診てもらいたいとのことでご来店いただきました。 故障事例リンク お車を点検するためにエンジンを掛けるとかなり調子が悪いのがすぐにわかりました。 掛かるには掛かるのですが不安定でエンジン回転も安定しませんし、アクセルを吹かすとスムーズに回転が上がりませんので失火している症状が現れています。 イグニッションアナライザーで2次電圧を測定して簡易的にスパーク状態を確認してみます。 4気筒の2次電圧にかなりばらつきが出ているのがわかります。 ...

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき, イタリア車, ドイツ車

© 2022 増高自動車工業有限会社