営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき イタリア車 ドイツ車

欧州車のタイミングベルト交換サイクルとは

突然ですがタイミングベルトの交換時期をご存知ですか?

よく”いつが交換時期ですか?” ”10万キロ達してないから大丈夫ですよね”と聞かれることが多いのですが・・・

欧州車のタイミングベルト交換サイクルに関しては、欧州自働車メーカーによって指定交換時期は多少違いますが、国産車とは考え方が大きく違いますので注意が必要です。

国産車では10万km走行ごとに交換というのが主流で時期の指定はほぼありません。(本当は時期も大変重要なのですがメーカーが指定していないだけです。)

しかし、欧州自働車メーカーでの推奨換サイクルは距離と時期で指定があるのと、その交換指定時期以前でも点検が必要で、点検をして悪ければ時期前でも交換をするようになっていることが大きく違います。

IMG_20160125_205858

上の表はアルファロメオ147TSのメーカー推奨点検スケジュールです。

タイミングベルトに関しては2万km毎の点検C3年もしくは10万km走行のいずれかが到達した時点で交換Rが推奨になっています。

点検Cは交換しなくてよいという意味ではなく”点検して悪ければ交換してください。”という意味で、 交換時期Rは指定距離・時期に達した場合は交換してくださいという意味なのです。

しかし、点検といっても、ベルトと一緒に回っているプーリーやウォーターポンプは目視での判断は非常にむずかしいです。(ベルトを外さないとわかりづらいし外したなら交換してしまったほうが良いです。)プーリーやウォーターポンプが不良でベルト切れの原因になることも非常に多いのです。

欧州車全般に言えることにタイミングベルト自体が原因で切れてしまうというよりもプーリーやウォーターポンプが原因で切れてしまうことのほうが多いということです。

このように樹脂で出来ている部品が割れてしまったり、ベアリングが悪くなり焼き付いてしまうことが交換サイクルを早くしなければならない大きな原因のひとつです。

こんな事例もあります。VWポロ ウォーターポンプ漏れ

             VW ゴルフ ウォーターポンプフィン 割れ

 

ベルト切れ=エンジンブローとなる大変重要な部品ですので、当店ではフィアットグループの車両に関しては4年/4万kmごとの交換をおすすめしてしています。

実際4万km以前に切れてしまったということもありました。しかしそのような事例はベルト以外の要因で起こることが多く、メンテナンス不良が大きく影響していました。

 

以下のようなことが寿命を縮める要因になりますので注意が必要です。

・エンジンオイルの交換サイクルが長い →エンジン内部のフリクションが増えベルトに負担が掛かる

・エンジンオイルの交換サイクルが長い →漏れたオイルがベルトに付着して寿命を縮める

・冷却水の交換サイクルが長い     →漏れた冷却水がベルトに付着して寿命を縮める

・エンジン始動直後の高負荷運転    →ベルトの柔軟性不足時の無理な動作

・乗らなさすぎ            →ベルトの柔軟性不足・止まった状態での固着変形

 

以上のことは国産・輸入車問わず気を付けることで少しでもトラブルを防ぎ安心して乗る手立てにもなります。

 

以前の記事でAUDI TT2.0のタイミングベルト交換を書きましたが、この車両に関してもメーカーでは”4年もしくは18万km走行時期での交換”と記載されていますが日本での走行を考えると18万km走行はあまり現実的ではないので4年という時期を優先して点検・交換をすることがおすすめとなります。

渋滞にいつもはまるような使い方やアイドリングが長いなどでは、距離が伸びなくてもエンジンは多く回る場合もありますし、逆にほとんど乗らない方などは、エンジンが回らない状態で放置されていますのでゴムでできているベルトには大変な負担になります。

ですので、自動車メーカの設計(考え方)の違い(交換推奨距離・点検時期など)や時間・距離・点検(使われ方)を組み合わせて適切な交換サイクルを見つけ出さなければなりません。

そのためには経験豊富な整備士のアドバイスが有効になると思います。

ご心配な方ぜひ相談して下さい。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ ハイラックス ヴィーゴ 意外な黒煙の原因

トヨタ ハイラックス ヴィーゴのご入庫 こちらのお車はタイ 仕様で逆輸入車となります。   ご用命は排気ガスの黒煙が急に増えたとの事。 黒煙はこの通り https://masutaka.co.jp/images/VID_20200206_095940.mp4 こちらのお車は、コモンレールタイプのディーゼルエンジンですがDPFは搭載されていませんので多少黒煙の排出はあるのは仕方がないのですが、明らかに異常なレベルで多い状態です。 診断機をつないで故障コードを読み出してみますが特に何も検出していませ ...

続きを見る

Jeepコンパス 車検整備

Jeep コンパスのご入庫 車検整備のご依頼です。 スパークプラグはノーマルのタイプが取り付けられおり、かなり摩耗していたためロングライフプラグに交換     エアクリーナーはご覧の通り汚れていました。    バッテリーは緑青が酷く噴いてます。   バッテリーは性能低下すると化学変化が起こりづらくなり温度が上がり水素ガスが発生します、水素ガスはバッテリー周辺に滞留して緑青(錆)が発生しやすくなります。 緑青が出ているようですとバッテリーの性能低下が考えられます。 バッテリーテ ...

続きを見る

FIAT500 エンジンコンピューター突発故障

FIAT500のご入庫 買い物を終えエンジンを掛けようとしたら掛からなくなったとの事で緊急搬送されました。 スタータでのクランキングは勢いよく回っていますが初爆の気配すらありません。 診断機を繋ぎ故障コードを読み出すことにします。   エンジンコンピューターにアクセスできません! ミッションコンピューターにもエンジンコンピュータとのアクセスが出来ないエラーが検出されています。 エンジンコンピュータが認識できていません。(作動していない) 他車のエンジンコンピューターを仮でつないでみるとイモビライ ...

続きを見る

ニッサン NV150(Y12)商用車のシビアコンディション

ニッサンNV150 車検でのご入庫 初回車検(新車から2年)の整備を行うのですがこちらの車両すでに走行距離は8万kmを超えていますので年間4万km以上走る計算になります。 このような過走行の車両は一般的に注意する部分以外にも目を配らなければいけません。 まずは新車時から初めて開けたであろうドラムブレーキです。 ドラムブレーキはドラムで覆われているためブレーキダストは中に溜まった状態になります。 ブレーキのホイールシリンダーもオーバーホールします。   サビの発生こそなかったものの汚れは酷いです。 ...

続きを見る

smart スマートK ブレーキペダル ふわふわする

smart kのご入庫 ご用命は右後ろのタイヤから何かが漏れてブレーキペダルもふわふわするとの事。 これは大変危険な状態ですので自走はしないで、ロードサービスを使用して搬送するようにお願いしました。 タイヤの裏を見るとブレーキフルードでびしょ濡れです。 ドラムブレーキですので漏れる部分はホイールシリンダーが濃厚です。 ドラムを外すとやはりブレーキフルードでビチャビチャになっていました。   ホイールシリンダーを取り外してみると内部は酷い状態になっていました。   錆が酷く固着してピスト ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ(186)インジェクター突然故障

FIAT ムルティプラ(186)の御入庫 大変個性的なこちらの車、突然エンジンの振動が大きくなりチェックランプが点灯しました。 1600ccの4気筒ガソリンですが、診断機で故障コードを読み出すと4番シリンダーが1気筒ミスファイヤーを起している模様です。 エンジンが回る為の大切な3要素 よい圧縮・よい火花・よい燃料を調べていきます。※よいという表現は適切という意味です。   まずは、良い火花に当たる点火系統を点検していきます。 イグニッションコイルとスパークプラグ間にはプラグコードがあるタイプです ...

続きを見る

フィアット500 ステアリング切ると何かずれた感じがする

フィアット500のご入庫 旋回中に途中何か車体がずれたような感じがするとの事でご入庫。 工場内でステアリングを切り移動したところコクッと何か車体がずれた感じがしました。 リフトで車両を持ち上げて点検したところこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200715_142715.mp4 これは前輪のロアアームに付くボールジョイントです。 手で動かしてこれだけ動くことはかなりのガタが左右とも発生しています。 ボールジョイントはロアアームと一体です ...

続きを見る

ダイハツ ミラジーノ(L700S)クラッチオーバーホール ミス

ダイハツ ミラジーノ(L700S)のご入庫 ご依頼は、クラッチが重たく操作が上手くできないとの事 確かにクラッチペダルも重くミートポイントもわかりませんし、操作するとギーギー音もしますのでクラッチの交換が必要そうですが、お客様とお話を進めていくと どうもそんな簡単なことではなくかなりクラッチのことで苦労しているようです。 実はこの車両はミッションをすでに2回も降ろして作業を行っているそうです。 はじめ他店にてクラッチオーバーホールを行ってしばらくしてミッションのフロントオイルシールからオイルが漏れ出してし ...

続きを見る

ホンダ ヴェゼル CVTフルード交換

ホンダ ヴェゼルのご入庫 以前CVTフルードだけを交換してもらったが今回はオイルパンを外して交換をしてほしいとのご依頼。 走行距離6万km代で特に走行にも違和感を感じていないのであくまでもメンテナンスの一環として行います。 このミッションはオイルパンもアルミ製ですので気を付けて外します。   内部にはストレーナーがあります。 オイルパンには磁石が縦についていますので綺麗に清掃して付け直します。 内部ストレーナーを交換します。   ドレンボルトにも磁石が付いていて鉄粉が付着しています。 ...

続きを見る

FIAT パンダⅢ(312)恐怖!ダブルマスフライホイール破損

FIAT パンダⅢ(312)のご入庫 ご用命はデュアロジックのギアが抜けたり、振動も大きくなったとの事。 ツインエア搭載のこちらの車両、2気筒エンジンで元々エンジンの振動は大きめなのですが正常時には出ない大きな振動が起きています。 故障コードを読み出してみるとクラッチストロークエラーを読み出しています。 クラッチも正常に作動できていないのでクラッチオーバーホールをする必要があることをお話しして作業に取り掛かります。 ミッションを取り外しクラッチを観察すると何かおかしいです。 レリーズベアリングの当たった跡 ...

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき, イタリア車, ドイツ車

© 2020 増高自動車工業有限会社