営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フォルクスワーゲン

VW ゴルフ4 冷却系統異常

VW ゴルフ4 2.0Lステーションワゴンです。

当店にRECS施工でご来店・・・

ここから冷却系統の不具合が連発するなんて予想だにしていませんでした。

 

RECS施工してお客様が帰られ5分もせずに”オーバーヒートする”とのことで戻ってこられました。

RECS施工後にオーバーヒート?関連性が思い浮かびません、とりあえず点検を進めたところオーバーヒートしているにもかかわらずメインの電動ファンが回っていません。(サブの小さいファンは回ります。)

IMG_20160202_095214

 

ファンコントロールアンプかファン自体の不具合かと点検したところアンプからの電源正常で直接電動ファンのモーターに通電させても回らないことからメイン電動ファンの故障と断定しました。

しかし、腑に落ちませんこの季節走行していれば電動ファンが回らなくてもこんなに急激なオーバーヒートは起さないのでは? RECSとの関連性は? 少し気にかかりながらもまずは完全に壊れている部分を治してからと思い、電動ファンを交換します。

 

交換後はもちろん正常に電動ファンは回るようになりましたが・・・!

やはり、電動ファンは回っているにもかかわらず水温は上昇を続けます。予想通り何か他にも不具合があるのは間違いありません。

そこで、ラジエータホースのアッパーとロアーを触るとロアー側ホースは冷たいままです。

このような症状で考えられるのはサーモスタットの不具合です。

IMG_20160130_174202

 

サーモスタットは温度で開閉してラジエータへの行き来をコントロールする重要な部品です。

こちらのお車比較的サーモスタットの取り外しは簡単なのでエンジンが温かい状態でサーモスタットを取り外してみると・・

あれ?しっかり開いています???開いているということはラジエータに冷却水が送られるはずなのでオーバーヒートは起こらないはず?

そうなのです、このように周囲の部品が正常であるのにオーバーヒートを起すのであれば大元の部品の不具合が濃厚です。

その部品がこちら! ウォーターポンプです!

IMG_20160201_151855

IMG_20160201_151717

ポンプと名がつくということは冷却水を各部に送り出すおおもとの部品です。そのポンプの羽根が真っ二つになっていました。

これでは冷却水は循環できませんのでオーバーヒートするのは当然です。

羽根が樹脂製ですので劣化が進むとこのように割れてしまうことがよくあります。今回はRECS施工時の空ぶかしがとどめとなり破損したと思われます。

このタイプのウォーターポンプはタイミングベルトでまわされていますがこのように破損すると当然タイミングベルト交換も同時に行うことになります。

ウォータポンプなどの寿命の短さが、欧州車のタイミングベルトの交換サイクルを短くしている理由のひとつです。

無事にウォーターポンプの交換を終えアイドリングで点検を進めます、水温計で90℃今度はオーバーヒートしませんばっちりです、残りは走行テストだけです。

しかし、ここで更なる問題発生です!!

走行テストを行うと先ほどまで90℃で安定していた水温計の針がみるみる落ちていきます!

今度はオーバークール!!

オーバークールを起す部品はひとつしかありません!サーモスタットです!

はじめにサーモスタットは点検をしたのですが症状がオーバーヒートだったので開くことに注視していました。冷めれば閉じることも確認してたのですがここに落とし穴がありました。

特性ずれです。

本来このサーモスタットは88℃でオープンするのですが、サーモスタットのスプリングのへたりでもっと低い温度でのオープンとなってしまっていました。

低い温度でサーモスタットが開いてしまえばどんどんラジエーターに冷却水が送られ冷ましてしまいます。これがオーバークールです。

はじめにサーモスタットを外したときに開閉だけでなく開弁温度も測っていればこんな二度手間にはならなかったのですが、オーバーヒートの原因追及に追われ見落としてしまいました。

もちろんサーモスタットを新しいものに替えてしっかりお車は直すことが出来ました。

少し時間が掛かってしまいましたが、ご理解のあるオーナー様でご納得していただくことが出来ました。

今回の不具合のように原因が二重にも三重にもあることもあります、不具合の影に別の不具合が隠れている。

奥が深いです。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ ピクシス エポック(LA300)エアコン吹き出し口から水蒸気?

トヨタ ピクシスエポック(LA300)のご入庫 ダイハツ ミライースのOEM車両です。 水温ランプが赤く点灯してエアコンの吹き出し口から煙が出ているとの事。 エアコンの吹き出し口から煙?よくわかりませんので、”水蒸気のようなものではないですか?”と尋ねましたが慌てている様子でよくわからないとの返答。 兎に角、水温ランプが赤く点灯してオーバーヒートしているようなので走行はせず、ロードレスキューで搬送するようにしました。 搬送されて点検するとラジエーターの中には冷却水は有りませんので、やはりオーバーヒートした ...

続きを見る

8月休業日のご案内

8月の休業日は、9日(月曜日)から17日(火曜日)及び15・22・29日(日曜日)は休業させて頂きます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 週末は予約で埋まっていることも多いのでお早めにご連絡いただくようお願いいたします。

続きを見る

シトロエンC4(2代目) 冷却水漏れ

シトロエンC4のご入庫 冷却水が漏れているとの事でご入庫 こちらのエンジンは、BMWとPSA(グループ プジョー・シトロエン)の共同開発の1.6Lエンジンが搭載されており、BMW MINIにも搭載されているエンジンです。 定番ともいえるサーモスタットケースからの漏れです。基本設計が同じエンジンですのでMINIでも紹介している部分と同様の修理です。リンク     部品が変更になっているのでハーネスやホースも同時に交換になります。   樹脂製のパーツは経年的な劣化でいつかは必ず壊 ...

続きを見る

ホンダ トルネオ(CF-5)エンジンオーバーヒート

ホンダ トルネオ(CF-5 )のご入庫 エンジンチェックランプが点灯してギクシャクするとの事。 入庫時エンジンはふけ上がらず、エンジンチェックランプが点灯していました。 エンジンルームを点検しようとボンネットを開けると異常なくらいの熱気に襲われました。 冷却水の激しいにおいがしますのでオーバーヒートを起こしていることは容易に判断できる状態です。 すぐにエンジンを止めて冷却をしたいのですがかなりの高温で危険ですので少しずつ水を掛けて冷ましていきます。 ようやく冷めたところでラジエーターに水を入れるとアッパー ...

続きを見る

シトロエン グランドC4ピカソ(2代目) 車検整備

シトロエン グランドC4ピカソ(2代目)車検整備でのご入庫 エンジンはPSAでおなじみの1.6Lガソリンエンジンです。 ファンベルトが劣化によりヒビだらけです。 このエンジンでベルト周りで気を付けなければいけないところでウォーターポンプのプーリーがあります。 フリクションプーリと呼ばれるプーリーで摩擦でプーリーを回しますが表面のゴムが劣化で剥がれ始めているものが見受けられるので注意が必要です。 こちらのクルマもゴムが劣化でヒビだらけでした。 最悪はゴムが剥がれてプーリーが回らずオーバーヒートします。 駆動 ...

続きを見る

ダイハツ ムーブラテ(L550)エアコン不調の陰で・・・

ダイハツ ムーブラテ(L550)のご入庫 ご用命は、信号待ちでエアコンの効きが悪いので診てもらいたいとの事。 しかし問診をしていると気になるワードが出てきました。 ・発進加速が悪くなった ・加速時エンジンからカラカラ音がするようになった 上記2点の不具合が出るときは、決まってエアコンの効きも同時に悪くなったそうです。 単純にエアコンの異常だけではない気がします。   問診内容から怪しい部品を見立てて点検をするとすぐにわかりました。 https://masutaka.co.jp/images/VI ...

続きを見る

AUDI TTクーペ クアトロ(8J)ハルデックスオイル交換

AUDI TTクーペ クアトロ(8J) 車検でのご入庫 10万km以上走行していますこちらのお車、メンテナンスも各部行わなければいけませんが基本となる油脂類の交換をご紹介します。 クワトロと呼ばれるこちらのグレードは4輪駆動になりますので駆動力を後輪に伝えるトランスファと後輪の駆動力を左右に分配するリアディファレンシャルと呼ばれるギア(歯車)のセクションがあります。 ギアを使用しているところは油脂で潤滑されていますので定期的な交換が必要になります。 下記のような配置になっています。   まずはト ...

続きを見る

BMW Z4(E85)エアコンコンプレッサー圧縮不良

BMW Z4(E85)のご入庫 ご用命はエアコンの冷房が効かないとの事。   冷房の効きが悪い場合、まずは基本となるのは冷媒システムがうまく機能しているかを調べなければなりません。 冷房システムのカナメは冷媒ガスです。 冷媒ガスはたくさん入っていれば良いというものではなく、多すぎても少なすぎてもいけませんので規定の量が入っているかどうかをまずは確認する必要があります。 こちらのお車やや少なめで全く効かないレベルではなかったですが故障探求を進めるうえでも規定の量になっていることが重要ですので規定量 ...

続きを見る

7月の休業日のお知らせ

7月の休業日は、4.18.25日(日曜日)及び20日(火曜日)、22.23日(木.金曜日)は休業させて頂きます。 新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。

続きを見る

ホンダ S2000(AP1)タペットクリアランス調整

ホンダ S2000(AP1)のご入庫 車検整備ですが、エンジンのバルブクリアランス調整も依頼されました。 バルブクリアランスとはエンジン内部のバルブとカムとの隙間を調整する作業です。 バルブの駆動方法はそれぞれエンジンによって違うのですが今回のF20Cエンジンはロッカーアームで駆動しているのでロッカーアームのアジャストスクリュとバルブステムエンド間のすき間を調整します。 シックネスゲージを使用して隙間の測定・調整を繰り返します。 こちらの車両では、基準値:IN 0.21-0.26㎜ EX0.25-0.27 ...

続きを見る

-故障修理・整備, フォルクスワーゲン

© 2021 増高自動車工業有限会社