営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フォルクスワーゲン

VW ゴルフ4 冷却系統異常

VW ゴルフ4 2.0Lステーションワゴンです。

当店にRECS施工でご来店・・・

ここから冷却系統の不具合が連発するなんて予想だにしていませんでした。

 

RECS施工してお客様が帰られ5分もせずに”オーバーヒートする”とのことで戻ってこられました。

RECS施工後にオーバーヒート?関連性が思い浮かびません、とりあえず点検を進めたところオーバーヒートしているにもかかわらずメインの電動ファンが回っていません。(サブの小さいファンは回ります。)

IMG_20160202_095214

 

ファンコントロールアンプかファン自体の不具合かと点検したところアンプからの電源正常で直接電動ファンのモーターに通電させても回らないことからメイン電動ファンの故障と断定しました。

しかし、腑に落ちませんこの季節走行していれば電動ファンが回らなくてもこんなに急激なオーバーヒートは起さないのでは? RECSとの関連性は? 少し気にかかりながらもまずは完全に壊れている部分を治してからと思い、電動ファンを交換します。

 

交換後はもちろん正常に電動ファンは回るようになりましたが・・・!

やはり、電動ファンは回っているにもかかわらず水温は上昇を続けます。予想通り何か他にも不具合があるのは間違いありません。

そこで、ラジエータホースのアッパーとロアーを触るとロアー側ホースは冷たいままです。

このような症状で考えられるのはサーモスタットの不具合です。

IMG_20160130_174202

 

サーモスタットは温度で開閉してラジエータへの行き来をコントロールする重要な部品です。

こちらのお車比較的サーモスタットの取り外しは簡単なのでエンジンが温かい状態でサーモスタットを取り外してみると・・

あれ?しっかり開いています???開いているということはラジエータに冷却水が送られるはずなのでオーバーヒートは起こらないはず?

そうなのです、このように周囲の部品が正常であるのにオーバーヒートを起すのであれば大元の部品の不具合が濃厚です。

その部品がこちら! ウォーターポンプです!

IMG_20160201_151855

IMG_20160201_151717

ポンプと名がつくということは冷却水を各部に送り出すおおもとの部品です。そのポンプの羽根が真っ二つになっていました。

これでは冷却水は循環できませんのでオーバーヒートするのは当然です。

羽根が樹脂製ですので劣化が進むとこのように割れてしまうことがよくあります。今回はRECS施工時の空ぶかしがとどめとなり破損したと思われます。

このタイプのウォーターポンプはタイミングベルトでまわされていますがこのように破損すると当然タイミングベルト交換も同時に行うことになります。

ウォータポンプなどの寿命の短さが、欧州車のタイミングベルトの交換サイクルを短くしている理由のひとつです。

無事にウォーターポンプの交換を終えアイドリングで点検を進めます、水温計で90℃今度はオーバーヒートしませんばっちりです、残りは走行テストだけです。

しかし、ここで更なる問題発生です!!

走行テストを行うと先ほどまで90℃で安定していた水温計の針がみるみる落ちていきます!

今度はオーバークール!!

オーバークールを起す部品はひとつしかありません!サーモスタットです!

はじめにサーモスタットは点検をしたのですが症状がオーバーヒートだったので開くことに注視していました。冷めれば閉じることも確認してたのですがここに落とし穴がありました。

特性ずれです。

本来このサーモスタットは88℃でオープンするのですが、サーモスタットのスプリングのへたりでもっと低い温度でのオープンとなってしまっていました。

低い温度でサーモスタットが開いてしまえばどんどんラジエーターに冷却水が送られ冷ましてしまいます。これがオーバークールです。

はじめにサーモスタットを外したときに開閉だけでなく開弁温度も測っていればこんな二度手間にはならなかったのですが、オーバーヒートの原因追及に追われ見落としてしまいました。

もちろんサーモスタットを新しいものに替えてしっかりお車は直すことが出来ました。

少し時間が掛かってしまいましたが、ご理解のあるオーナー様でご納得していただくことが出来ました。

今回の不具合のように原因が二重にも三重にもあることもあります、不具合の影に別の不具合が隠れている。

奥が深いです。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。 それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。   このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。 もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。 ...

続きを見る

クライスラー イプシロン ツインエア 車検整備

クライスラー イプシロン(312)車検整備でのご入庫 クライスラーで発売された車両ですがランチア イプシロンと同じです。搭載エンジンもFIATグループのツインエアを搭載しています。 900ccの2気筒ターボエンジンです。 2気筒ゆえスパークプラグの寿命は短かく2~3万km毎に交換が必要です。   エアクリーナーはこのカバーに内蔵されています。 走行距離約4万kmでこれくらいの汚れます、手前にスポンジがあり大きなゴミを取り去りそこを超えた微細なごみをフィルターでキャッチします。 僅か900ccのエ ...

続きを見る

MB スプリンター(W903)キャンパー仕様 スプリントシフト整備

メルセデスベンツ スプリンター(W903)キャンパー仕様のご入庫 このクラスは欧州ではメジャーな商用車で、日本国内ではキャンパー仕様にして乗られている方が多い車種です。 日本ではかなり大きな車両で積載車と比べるとその大きさがお分かりになると思います。 メインのご用命はトランスミッションの変速不具合を訴えてこられました。 ・減速時ギアが勝手にニュートラルになる。 ・気温の低い時に多く起きる気がする。 ・ポンプ作動時間が長い気がする。 上記の症状を訴えてこられたのですが、何か聞き覚えのある症状ではないですか? ...

続きを見る

MINI (R56)冷却水・エンジンオイル漏れ

MINI Cooper S(R56)のご入庫 駐車場に何かが垂れた跡があるとの事でご入庫 下廻りから点検してみるとウォーターポンプから冷却水が漏れているのとエンジンオイル漏れが酷くオイルパン付近までオイルで濡れているのを確認することが出来ました。 このモデル定番の不具合と言える事象です。 まずはウォーターポンプの交換から。 シャフトシールからの漏れですので寿命と言えます。   次のここもよく漏れる箇所でヒートエクスチェンジャー(熱交換器)のパッキンです。 オイルエレメントケースに付くことが多いこ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ラジエータ冷却水漏れ

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンオイル交換で入庫の際に冷却水のリザーバータンクが空になっているのを発見しました。 冷却水が漏れている可能性が有るので点検してみるとラジエーターからかなり漏れがありました。   緑色のものが冷却水でかなり漏れているのがわかります。 アッパータンクとコアのカシメ部分から漏れています。   新品のラジエーターに交換します。   このラジエーターは上下の黒いタンクと、放熱をするアルミのコアで構成されています。 このラジエーターの中に冷却水を ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)ステアリングアングルセンサー故障

メルセデスベンツ E350(W211) 車検でのご入庫。 メーター警告灯が点灯しています。 ESPとはエレクトロニクス スタビリティ プログラグ(横滑り防止装置)でブレーキやステアリング・エンジン等を統括コントロールしてスリップ時などに制御を介入させて走行安定性を保つものです。   様々な構成部品で出来上がっているシステムなので診断機で何の故障を検出したのか見てみます。   この故障は比較的多い故障でステアリングアングル(舵角)が上手く読み取れない時に検出することが多いです。 ステアリ ...

続きを見る

スズキ ワゴンR(MH23)走行中ゴーゴー音

スズキ ワゴンR(MH23)のご入庫 走行中、ゴーゴーすごい音がするとの事。 テスト走行してみると とてもじゃありませんが危険なレベルの異音が響いていたためすぐに走行をやめました。 お聞きください https://masutaka.co.jp/images/VID_20191112_152526.mp4 手で回してこれだけの音ですので走ればかなりの音になるのはわかります。 これは後輪の車輪中心を支えているベアリングからの異音です。 ベアリングにガタが出て異音を発生させていました。   何度かこの ...

続きを見る

ニッサン フーガ(Y50)ATF交換

ニッサン フーガ(Y50)のご入庫 オートマチックトランスミッションフルード(ATF)交換のご依頼です。 こちらのお車走行距離は・・・ 約30万kmです! 距離は伸びていますが定期的にATFの交換は行っていたそうでオーナー自身でしっかり管理なさっています。 今回は、オイルパンは外さずに圧送式ATFチェンジャーでのフルード交換依頼です。 使用フルードは、WAKO'S セーフティスペック 低粘度タイプのハイスペックモデルです。 抜き出したフルードはご覧のように真っ黒です。 https://masutaka.c ...

続きを見る

BMW 318i (E46)ATF交換

BMW 318i (E46)のご入庫 定期的に行っているオートマチックトランスミッションフルード(ATF)のご依頼を受けました。 お客様、愛車のメンテナンスはしっかり行っていてATFも定期的に何回か行っております。 当店でも4万km台、9万km台と行ってきていますが今回は13万km台でのお取替えです。 始めの一回目はオイルパンを外して内部ストレーナーも交換しての交換、2回目はフルードのみの交換でした。 今回は前回フルードのみでしたのでオイルパンを開けて内部ストレーナーもあわせて交換を行います。 &nbsp ...

続きを見る

マツダ RX-8 加速時息継ぎ

マツダ RX-8のご入庫 ご用命は高速道路走行中に加速しようとした一瞬もたついて加速をしなかったとの事。 細かく問診をしていきます。 ・チェックランプ点灯なし(故障コード)の検出なし ・100km/hほどの速度で一定速で走っていたが前方車両を追い抜くため車線変更の際少しアクセルを踏み込んだ時に一瞬アクセルが反応しなかった。(アクセルを踏み込んでも加速しなかった) ・そのあとは怖かったので一定速で走り続けたが何も起きなかった。 ・初めて起こった症状で一般道では発生していない。 上記のような内容で、故障コード ...

続きを見る

-故障修理・整備, フォルクスワーゲン

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2019 All Rights Reserved.