営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき スズキ

スズキ ワゴンR キャタライザーサービスキャンペーンでのやり取り 

スズキ ワゴンR(MH21S)ご入庫です。

 

お客さま サービスキャンペーンの案内はがきが来たのでディーラーで点検を受けてきたそうです。

※サービスキャンペーンとは:リコールや改善処置などに当てはまらない不具合などで商品性などの品質改善措置を自動車メーカーが行うことを言います。不具合が発生する可能性があるものを点検してだめなら交換などの対処をしてくれます。

しかし、点検の結果 異常はない”とのことで戻されたそうなのですがどうも腑に落ちないため当店にご相談に来られました。

サービスキャンペーン内容は”ターボチャージャー付き車においてキャタライザー(触媒:排気ガスの通り道)に亀裂が入り排気音が大きくなる恐れがある”との案内でしたが、お客様 前々から排気ガス臭いと感じておられ今回の内容が一致しているのではと思って点検を受けたそうですが異常はないといわれ納得いかなかったそうです。

点検してみますと確かにエンジンルーム内に排気ガスの匂いが立ち込めているので排気漏れが発生しているのは間違いなさそうです。

キャンペーンに該当する部分を上部から目視で確認してみましたが特に亀裂は見えません。しかし、アクセルをあおると かすかに排気ガスの煙が見えます。

排気ガスは見えずらいのでアナログな方法ですが、棒の先にティッシュをつけて 近づけてみることにしました。

すると、アクセルをあおったときに排気ガスが当たってティッシュがなびいています。やはり亀裂は見えませんが該当部周辺に漏れがあるのは確実なようです。

先に点検したディーラーにも見落としがあったのでしょう、今度は近くのディーラーにあとの点検を任せることにしました。

しかし、ここからが大変でした。

電話で、ことの経緯を説明をして点検の依頼をしましたが電話に出た人は”排気音が大きくなっていなければ交換は認められません”などと点検をする前から言い出しました。

これには私も少しいらっとしました。メーカーからは確かに亀裂が発生して排気音が大きくなる恐れがあるとの案内でしたが、排気音が大きくなければ交換しないなど どこにも案内はありません。

ましては、排気漏れは立派な保安基準不適合です!!細かいことを言えば保安基準不適合になるような不具合はサービスキャンペーンのレベルではなくリコールに該当することです!!排気漏れの車両で排気ガスによる中毒で亡くなった方がいるなんていう事故もあるのに!

”点検もしないで電話で門前払いでよいのですか?”というとサービスから折り返しの電話をさせますとのこと。

その後メカニックの方から連絡いただき点検を受けられることになりました。

こちらの方は物分りがよい感じで大丈夫そうです。(電話でちょっと怒ってるのが伝わったのかも)

しかし、点検を進めるとまたまた問題です。

メカニックいわく

”遮熱板を外して点検しましたが、現状亀裂はありません”

”排気漏れはしているのは確かですが該当部位以外からですので交換はできません” 

”亀裂を確認できないので交換は出来ません”

仕方ないので工場に入れてもらい車両を一緒に診させてもらいました。

確かに上部からでは直接 亀裂は見当たりません、そこで鏡を貸していただき見えない裏側を覗いてみました。

!!何か黒ずんでいます。私の目では排気漏れのすすけたあとに見えるし亀裂らしきものも確認できるのですが、ディーラーのメカニックは”オイルのたれた跡で亀裂では無い”と認めません。

仕方ないので、私が持参した先ほどのティッシュ棒を使います。

エンジンを掛け亀裂のように見える黒ずんだ部分に近づけると排気ガスが当たってティッシュはなびきます。

ティシュがなびくことで明らかにその部分から排気が漏れていることを目視でも確認することが出来、ようやくディーラーのメカニックに亀裂を認めてもらい交換することに承諾してもらうことが出来ました。

なんで、こんなに苦労しなければならないのでしょう、私には一文の得になることは無いのに・・・

聞けばこちらの店舗では、交換事例はまだないそうです。

しかし、私はすでにこの事例を2件発見しています。

当店は小さな町工場でスズキの販売店でもないのではるかに対象車両の入庫台数は少ないのですがエンジンルームから排気ガスの匂いが出ている車両を見て正常ではないので、どこから漏れているのか探し出そうという努力をした結果発見することができました。

わざわざサービスキャンペーンで点検に来て下さいと来させておいて、排気漏れを確認しているにもかかわらず ”サービスキャンペーンに該当していないから知りません”  ”亀裂は見えません” では、お客様はどうしたらよいのでしょうか?

排気漏れがどこからしているのか探そうとしたのでしょうか?

自動車メーカーから故障の恐れがあるとわざわざヒントを貰えている故障なのに現場で故障探求を失敗していてはメーカも信頼を失うのでは?

交換事例が無いのではなく不具合を発見できていないだけなのでは?

私が不具合を発見した2台を、計3件のディーラーに持っていきましたがどこもはじめは異常なしの判定でした。

2台とも排気ガス臭はかなり出ていたにもかかわらずです。

お忙しいのはわかりますが、今回の一件でかなり整備士のレベル(気持ち)が下がっていると落胆してしまいました。

私もディーラー出身ですので、どれだけディーラーが時間に追われて大変かはわかります。

仕事をさばくスピードや技術力も大切ですが、まずはお客様を思う気持ち、故障を直そうという気持ちが大切なのではないでしょうか?

 

後日、交換した部品です。外さなければ見えない部分ですが1/3ほど割れてしまいひどい状態でした。

とても問題がないといえるレベルではありません!

IMG_5143

最後にディーラーのメカニックは”勉強になりました。”と言ってましたが、その勉強というものが整備士の心構えであってもらいたいものです。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)エンジン掛かり悪くエンスト

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)のご入庫 ”エンジンの掛かりがすごく悪い” ”走行中にエンジンが止まった”との事。 不具合状況を再現するため走行テストを行います。 アクセルを踏み込んでも何かもっさりしてスピードが上がらず、べた踏みしても最高でも60km/hほどしか上がりません。 そのまま走行していると急にエンジンが止まってしまいました! アクセルを踏んでる最中のエンストです! 惰性で路肩によけてエンジンを再始動しようと試みますがクランキングは勢いよく回るのですがなかなか掛かりません! 焦りま ...

続きを見る

BMW630 片側だけヒーターが暖まらない

BMW630のご入庫 温風が助手席側だけ出なくて寒いとの事 こちらのお車、左右独立で温度設定が出来るモデルでが、助手席側の設定温度を上げても冷たい風しか出てきません。   ヒーターの熱源はエンジンの冷却水を利用することがほとんどなのですが、メーカーによって冷却水自体の流入をコントロールするタイプと冷却水は常に流れていてそのヒーターコアに当てる空気をコントロールするタイプに分かれます。 今回のこちらのお車は冷却水自体の流入をコントロールするタイプになります。   冷却水の流入をコントロー ...

続きを見る

スズキ キャリー(DD51)エアコンコンプレッサー焼き付き

スズキキャリー(DD51)のご入庫 ご用命は、エアコンが効かずエアコンスイッチを入れるとベルトが鳴くとの事。 エアコンスイッチを入れてコンプレッサーを見て答えはすぐにわかりました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20190809_175824.mp4 コンプレッサーの中心が回らずベルトだけが滑っているのがお分かりでしょうか? これはコンプレッサーが焼き付いて回らなくなったものです。 原因は、様々考えられるのですが中のオイルの劣化や、過去にガス漏れを起こし一緒にオイルが ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

修理方法の選択肢とは

エンジン・オルタネーター・エアコンコンプレッサー・ステアリングラック等細かな部品の集合体であるこのようなアッセンブリーパーツが故障した場合の修理方法には様々な選択肢があります。 ①中古品で交換 ②純正新品アッセンブリーで交換 ③社外新品アッセンブリーで交換 ④リビルト品で交換 ⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する。 大まかには上記のような方法が選択肢に上がります。 それぞれにメリット・デメリットがあるため状況によって使い分けます。   今回はオルタネーターの発電不良を起こしたお車です。 症 ...

続きを見る

BMW 630i(E63)オートマチックトランスミッションからフルード漏れ

BMW 630i (E63)のご入庫 車両を止めていると下にオイル漏れのあとがあるとの事 車両を点検してみると下回り全体がエンジンオイルなのかATフルードなのかわからないくらいオイル漏れが酷く、どこからもれているのかまったくわからない状態です。 アンダーカバーでエンジンとミッションは覆われているのですがアンダーカバー自体がオイルの受け皿になっていてビチョビチョの状態でした。 アンダーカバーからあふれるくらい多く漏れたため下に垂れたのです。   あまりにも酷く漏れ個所の特定が出来ないのでスチーム洗 ...

続きを見る

ミツビシ ミニカ(H42A)クランキングするとヒューズが飛ぶ

ミツビシ ミニカ タウンビー(H42A)のご入庫 エンジンが掛からず、ヒューズが飛んでいるとの事 ロードサービスで搬入してもらいます。   入庫時、ヒューズボックス内の40アンペアヒュージブルリンクが切れてクランキングも出来ません。 新しいヒュージブルリンクに交換してどのタイミングで飛ぶのか確認してみるとクランキングをすると同時に切れることを確認できました。 どうやらスターターを作動させる系統で何か不具合が起きているようです。   配線図を見てみるとこのようになっています。 イグニッシ ...

続きを見る

臨時休業のお知らせ

諸事情により臨時休業いたします。 1月28日(火曜日) ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。  

続きを見る

トヨタ トヨエース ブレーキ不具合危機一髪

トヨタ トヨエース(XZU432)のご入庫 ブレーキペダルがなんだかフワフワして効かない気がするとの事 ブレーキに関することで危険なのでそれ以上乗らないようにしてもらい、出張して確認することにしました。 現地にてブレーキペダルを踏み込むと確かにフワフワして節度がありませんのでブレーキの油圧回路にエアが噛んでいると思われますし、ブレーキ液のリザーバータンクもMIN(ミニマム)達していたためどこか漏れている恐れがあります。 車両を見ていくと左後輪からブレーキフルードがびちゃびちゃに漏れていることが確認できたの ...

続きを見る

VW ゴルフⅥ プラグコード不良

VW ゴルフⅥのご入庫 ご用命はエンジンやEPCなどの警告灯が点いてエンジンもブルブルして力がなく進まないとの事   故障コードを読み出すと1番シリンダーのミスファイヤーを検出しています。 ミスファイヤー(失火)とは何らかの原因で爆発をしていないことを表します。 まず、うまく火花が飛んでいるか点検するためにスパークプラグを点検してみます。 このエンジンはイグニッションコイルは4気筒分が一つになっているタイプでそれぞれのシリンダーに火花を飛ばすための電気をプラグコードを伝って流します。 &nbsp ...

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき, スズキ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.