栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備

修理方法の選択肢とは

エンジン・オルタネーター・エアコンコンプレッサー・ステアリングラック等細かな部品の集合体であるこのようなアッセンブリーパーツが故障した場合の修理方法には様々な選択肢があります。

①中古品で交換
②純正新品アッセンブリーで交換
③社外新品アッセンブリーで交換
④リビルト品で交換
⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する。

大まかには上記のような方法が選択肢に上がります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため状況によって使い分けます。

 

今回はオルタネーターの発電不良を起こしたお車です。

症状はオルタネーター(発電機)が発電しなくなりチャージランプが点灯してエンストしてしまったという事例です。

症状が起きた原因はオルタネーターの発電不良というのはすぐにわかります、ではこの後どのような選択をして修理を行うかです。

それぞれ選択肢にはメリットとデメリットがあります。

①中古品で交換
 この方法のメリットは価格です。安く済ませるにはこの方法が良いのですが中古品ですのでどのように使われてきたかも不明ですし元々その部品が壊れやすいものでしたら当然また同じような故障が起きる可能性があります。

②純正新品で交換
 とにかく確実に直したいのであればこの方法が一番ですが部品の種類によってはとんでもなく高額なものになるのがデメリット。

③社外新品で交換
 新品なのに価格が安いのがメリットですがどこで製造されているかの見極めが重要になります。極端に安いものはメーカーによっては粗悪品だったりノーブランド品は保証すらついていないものもあり品選びが重要です。

④リビルト品で交換
 リビルトという言葉に聞きなじみがない方もいらっしゃると思いますが、リビルトとは中古品を再生したものです。
 傷まない部分(ケース等)は再使用して消耗する部分は新品に交換して組みなおしたうえでテスト(検査)を行い商品としたもので新品と同格の扱いになります。

⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する
 本来の修理という意味ではこれは一番正しいものになるのですが、コストなどの兼ね合いで現在は主流ではなくなってきています。

上記のようなメリット・デメリットが主なものになりますが、実際にオルタネーターを分解して故障原因を探求してみます。

 

オルタネーターはこのような形をしていてエンジンの回転をベルトで伝えて回転することで発電を行います。

 

内部にはコイルが入っていて磁界の変化による電磁誘導で発生した交流波を整流して直流にして発電します。

このオルタネーターは、ローターコイルと呼ばれる部分に電気を供給するためのブラシとそのあたり面であるスリップリングの接触不良が原因でした。

ここが荒れたことで通電不良を起こしたので、ブラシを交換してスリップリングを綺麗に均せば通電するようになり修理が出来ます。

これが⑤の方法で本来の修理という意味では正しい方法で昔は当たり前のように行われていました。

しかし、現代の修理方法ではあまり好まれない手法になります。

それは、この方法は非常に時間と費用が掛かるのと再発のリスクがあるからなのです。

オルタネーターの中は様々な部品で構成されているため不具合が起きた部分だけを交換しても今度は違う部分が壊れてしまう可能性が残されてしまう為再発の恐れがあります。
(再発とはオルタネーター全体での不具合発生のことで修理したブラシ部のことではありません)

そこで他の消耗する部品も一緒に交換してしまえばよいのですがそれぞれの部品単体価格は高いのでトータルすると高額な修理になります。

分解してみるまでは内部のどこが悪いのかわかりませんので部品調達にも時間が掛かってしまいます。

いくら不良個所を直してもすぐに別の原因でオルタネーターが壊れれば原因は違っていても、お客様から見れば ”またオルタネータが壊れた”  ”この前直したばかりなのに”となります。

整備をした側からすると原因がどうであれオルタネーター自体に不具合が起きることはお客様との信頼関係上も好ましくありません。

 

そこでリビルト品というものにメリットが出てくるのです。

リビルト品は中古品を元に再生するので中古品と混同されてしまうことがありますがまったく別の扱いとなります。

リビルトは専門の工場で中古品(コア)を集めて分解・清掃を行い、個々の部品で使えるか否かを精査して新たに組み立て直します。当然消耗部品である先ほどのブラシなどは新しいもので組み上げます。

組み上げた後テストを行い合格した物を保証をつけて製品として出荷するのです。
工場で大量にリビルト品を製造することでコストを下げることが出来るため新品よりもはるかに安く入手できますし、消耗する部品に関しては新品を使用するため品質も良く故障のリスクも回避できます。

新品よりもリーズナブルで中古品よりは品質が上、もしくは新品同様という位置づけのものになりますし、修理工場側では完成したリビルト品を交換するだけですので作業時間も掛かりません。

当店でもリビルト品の使用率は高いのは、上記のようなメリットがあるためです。

 

整備士の本来の修理という意味ではオーバーホールが基本なのですが、リビルト品などの普及で価格が低くなったためオーバーホールのメリットが少なくなってしまったのです。
ただしリビルトの設定が無いような車種では従来の修理方法を選択することはもちろんあります。

リビルト品使用での注意点として故障して交換した部品はコアとなりますので購入先に返却することが原則になります。返せなかったり事故などで破損していてコアにならないものは別途費用が掛かってしまいます。
コア
(次の製品の材料)を返却できることも価格を抑えるために重要なのです。

 

とはいえリビルト品で簡単に交換が出来るようになったとしても、整備をする上では中のこが悪いのかを探求する必要性は失われてはいけません。

オルタネーターでも発電が出来なくなるという症状に至るのには、ブラシ以外にも引き金になる部品は多々あります。

現代車では一体化されてしまったボルテージレギュレーター故障事例 リンク

レクティファイヤ焼損 故障事例リンク

 

発電不良以外にもこのような不具合が発生することもあります。

ベアリング故障事例 リンク

プーリーのクラッチ故障事例 リンク

 

このようにオルタネーターに関するトラブルだけでも多岐にわたります。

様々な修理方法の選択肢の中でバランスの取れているものがリビルト品の使用ということになるのですが、あくまでも選択肢の一つですのでニーズに合わせて使い分ける必要があります。

 

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

ランドクルーザー(FJ60)オーバーヒートと加速不良

ランドクルーザー(FJ60)のご入庫 最近オーバーヒートするのと、進まなくなったり止まりそうになったりするとの事。 2F型6気筒ガソリンエンジン搭載車 症状が多岐にわたるためよく問診します。 ・最近オーバーヒートする。秋になり涼しくなってから起こるようになり走行中どんどん水温計が上がってくる感じ。 ・オーバーヒートするので他店でサーモスタットとラジエターキャップを交換してもらったが症状改善せず。 ・エンジン回転が不安定な時がある。 ・アクセルを踏み込んでも進まない時がある。 上記のような症状を訴えていらっ ...

続きを見る

スマート フォーツークーペ 車両前方からの異音

スマート フォーツークーペのご入庫 車両の前のほうからガタガタと音がする時があってエアコンを切ると異音も同時に消えたとの事。 ご来店時は異音は再現できなかったため問診をします。 やはりお話を伺っても車両前方からの音のようです、この車両の駆動方式はRR(リヤエンジンリヤドライブ)でエンジンなど異音の発生源になるようなものは後ろに搭載されています。 前方で異音が出て、エアコンと連動するようなもので考えられるのはラジエーター/コンデンサーの電動ファンです。 RRとはいえ冷却水は車両前方にラジエーターを搭載してい ...

続きを見る

ゴルフ5 R32 駆動系統オイル交換

ゴルフ5 R32 ご入庫 駆動系統のオイル交換ご依頼を受けました。 こちらの車両はFFベースの4輪駆動車になります。 まずはフロントのトランスファー部分のオイル交換を行います。 後輪に駆動力を送る部分で直角ギアのため負担が大きい部分です。 次に後輪のディファレンシャルギアオイルの交換 ドレンボルトに吸着された鉄粉が負担の大きさを物語っています。 ここも直角に駆動力を伝えるギアがあるため負担が多いので定期的なオイル交換は必須になります。 最後にハルデックスオイルの交換です。 ハルデックス社のシステムなのです ...

続きを見る

ニッサン ローレル HC33 アイドル回転が高い

ニッサン ローレル(HC33)のご入庫 アイドル回転が高いとのこと。 入庫時アイドリングは1,800回転ほどでかなり高い状態でした。     アイドル回転数はISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)で回転を調整していますが、これだけ高いのは何かおかしいです。 30年ほど経っているいるお車なのでインテーク周辺のバキュームホースなどが破けてエアを吸ってしまい回転が高くなってしまうなどということもよくある故障です。 注意深く観察するとインマニ周辺でエアを吸い込むようなシューシュー音が聞こえます。 4番イン ...

続きを見る

ダイハツ ソニカ 修理方法の選択肢

ダイハツ ソニカのご入庫 エンジンに関する修理のことでご相談にいらしたユーザー、当店ご来店前にディーラーでもご相談済みとの事。 ユーザーが気になる点として以下のことだそうです ・エンジンからのオイル漏れ  エンジンヘッドカバー周辺及びフロントカバー周辺(ヘッドガスケットかも) ・エンジンオイル量の減少(3000㎞走行して1L位減少する) このことをディーラーにて相談して見積もりを出してもらったそうです。 走行距離は9万㎞台で致命的なダメージは起きていませんので、上記不具合の解消と今後の予防的な要素をユーザ ...

続きを見る

FIAT500 デュアロジック クラッチが切れない

FIAT500のご入庫 デュアロジック車ですがバックに入れるとギア鳴りが酷く、前進にシフトするとアクセルを踏まなくても車両が進もうとするとのこと。 デュアロジックはシングルクラッチのロボミッションと呼ばれるタイプで、基本はマニュアルトランスミッションをベースにした2ペダル車両です。 症状からしてクラッチに何か起きていると判断できたためトランスミッションを降ろしてクラッチを点検します。   ミッションを降ろして不具合の原因がわかりました。 これはクラッチのレリーズベアリングを操作するレバーですが曲 ...

続きを見る

Jeep コンパス エンジン掛からず

Jeep コンパス エンジンが掛からないとの連絡。 昨日はジャンプしてかかったが今日は掛からず、バッテリーは御自身で交換済みとのこと。 ロードサービスでジャンプしてもらいエンジンが掛かったとの事ですので走行してご来店願いました。 ご来店してお車を拝見すると交換したバッテリーはメインの大きなバッテリーのみでサブの小さなバッテリーは交換していないというお話でした。 診断機で故障診断すると電源低下のエラーが複数検出され、サブバッテリーを点検すると電圧は8ボルト台で完全に機能していません。 サブバッテリーを新しい ...

続きを見る

ニッサン パオ  チャージランプ点灯

ニッサン パオ チャージランプが点灯しているとのご連絡。 チャージランプとはバッテリーの形をした警告ランプのことで、”バッテリーが悪くなると点灯する”ものと勘違いされていることが多いのですが充電系統の異常を知らせるランプとなります。 多くの場合、オルタネーターで発電が出来なくなると点灯することが多いため、充電出来なくなってバッテリーに溜まっている電気だけで走っていることが考えられるので電装品をなるべく使用しないようにして来てもらうようにお願いしました。 入庫して確かにチャージランプは点灯していますが、バッ ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザープラド(78)エアコンの風が出ない

トヨタ ランドクルーザープラド(78)のご入庫 エアコンの風が出ないとのこと。 確かにエアコンの風量スイッチを操作してもすべての段数で風は出ません。 助手席足元にブロアファンを回すモーターがあります。 モーターを小突くと弱弱しくファンモーターが回りだしました。 どうやらモーターの寿命のようですので、ブロアファンモーターを交換します。 壊れたモーターからはブラシのカスが大量に出てきましたので完全に寿命を迎えていました。   しかしモーターが壊れたからと言ってこれだけを見るだけでは修理完了というわけ ...

続きを見る

ルノー カングーⅠ キーシリンダーが回らない

ルノー カングーⅠ キーシリンダーが回らなくなりエンジンを掛けることもできずオフにすることもできなくなったとのこと。 キーシリンダーが回せなくなるトラブルは距離が延びると多く起き、キーがすり減ったりすることが原因のことが多いです。 今回の状態を確認します。 キーシリンダーにキーを差し込み右回りにスイッチが入ります。 OFF→ACC(アクセサリー)→イグニッション→スタータースイッチ このように4段階回るようになっています。 しかし今回はACCとイグニッションの間だけ動きOFFにも戻りませんしスタータースイ ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2024 増高自動車工業有限会社