営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

修理方法の選択肢とは

エンジン・オルタネーター・エアコンコンプレッサー・ステアリングラック等細かな部品の集合体であるこのようなアッセンブリーパーツが故障した場合の修理方法には様々な選択肢があります。

①中古品で交換
②純正新品アッセンブリーで交換
③社外新品アッセンブリーで交換
④リビルト品で交換
⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する。

大まかには上記のような方法が選択肢に上がります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため状況によって使い分けます。

 

今回はオルタネーターの発電不良を起こしたお車です。

症状はオルタネーター(発電機)が発電しなくなりチャージランプが点灯してエンストしてしまったという事例です。

症状が起きた原因はオルタネーターの発電不良というのはすぐにわかります、ではこの後どのような選択をして修理を行うかです。

それぞれ選択肢にはメリットとデメリットがあります。

①中古品で交換
 この方法のメリットは価格です。安く済ませるにはこの方法が良いのですが中古品ですのでどのように使われてきたかも不明ですし元々その部品が壊れやすいものでしたら当然また同じような故障が起きる可能性があります。

②純正新品で交換
 とにかく確実に直したいのであればこの方法が一番ですが部品の種類によってはとんでもなく高額なものになるのがデメリット。

③社外新品で交換
 新品なのに価格が安いのがメリットですがどこで製造されているかの見極めが重要になります。極端に安いものはメーカーによっては粗悪品だったりノーブランド品は保証すらついていないものもあり品選びが重要です。

④リビルト品で交換
 リビルトという言葉に聞きなじみがない方もいらっしゃると思いますが、リビルトとは中古品を再生したものです。
 傷まない部分(ケース等)は再使用して消耗する部分は新品に交換して組みなおしたうえでテスト(検査)を行い商品としたもので新品と同格の扱いになります。

⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する
 本来の修理という意味ではこれは一番正しいものになるのですが、コストなどの兼ね合いで現在は主流ではなくなってきています。

上記のようなメリット・デメリットが主なものになりますが、実際にオルタネーターを分解して故障原因を探求してみます。

 

オルタネーターはこのような形をしていてエンジンの回転をベルトで伝えて回転することで発電を行います。

 

内部にはコイルが入っていて磁界の変化による電磁誘導で発生した交流波を整流して直流にして発電します。

このオルタネーターは、ローターコイルと呼ばれる部分に電気を供給するためのブラシとそのあたり面であるスリップリングの接触不良が原因でした。

ここが荒れたことで通電不良を起こしたので、ブラシを交換してスリップリングを綺麗に均せば通電するようになり修理が出来ます。

これが⑤の方法で本来の修理という意味では正しい方法で昔は当たり前のように行われていました。

しかし、現代の修理方法ではあまり好まれない手法になります。

それは、この方法は非常に時間と費用が掛かるのと再発のリスクがあるからなのです。

オルタネーターの中は様々な部品で構成されているため不具合が起きた部分だけを交換しても今度は違う部分が壊れてしまう可能性が残されてしまう為再発の恐れがあります。
(再発とはオルタネーター全体での不具合発生のことで修理したブラシ部のことではありません)

そこで他の消耗する部品も一緒に交換してしまえばよいのですがそれぞれの部品単体価格は高いのでトータルすると高額な修理になります。

分解してみるまでは内部のどこが悪いのかわかりませんので部品調達にも時間が掛かってしまいます。

いくら不良個所を直してもすぐに別の原因でオルタネーターが壊れれば原因は違っていても、お客様から見れば ”またオルタネータが壊れた”  ”この前直したばかりなのに”となります。

整備をした側からすると原因がどうであれオルタネーター自体に不具合が起きることはお客様との信頼関係上も好ましくありません。

 

そこでリビルト品というものにメリットが出てくるのです。

リビルト品は中古品を元に再生するので中古品と混同されてしまうことがありますがまったく別の扱いとなります。

リビルトは専門の工場で中古品(コア)を集めて分解・清掃を行い、個々の部品で使えるか否かを精査して新たに組み立て直します。当然消耗部品である先ほどのブラシなどは新しいもので組み上げます。

組み上げた後テストを行い合格した物を保証をつけて製品として出荷するのです。
工場で大量にリビルト品を製造することでコストを下げることが出来るため新品よりもはるかに安く入手できますし、消耗する部品に関しては新品を使用するため品質も良く故障のリスクも回避できます。

新品よりもリーズナブルで中古品よりは品質が上、もしくは新品同様という位置づけのものになりますし、修理工場側では完成したリビルト品を交換するだけですので作業時間も掛かりません。

当店でもリビルト品の使用率は高いのは、上記のようなメリットがあるためです。

 

整備士の本来の修理という意味ではオーバーホールが基本なのですが、リビルト品などの普及で価格が低くなったためオーバーホールのメリットが少なくなってしまったのです。
ただしリビルトの設定が無いような車種では従来の修理方法を選択することはもちろんあります。

リビルト品使用での注意点として故障して交換した部品はコアとなりますので購入先に返却することが原則になります。返せなかったり事故などで破損していてコアにならないものは別途費用が掛かってしまいます。
コア
(次の製品の材料)を返却できることも価格を抑えるために重要なのです。

 

とはいえリビルト品で簡単に交換が出来るようになったとしても、整備をする上では中のこが悪いのかを探求する必要性は失われてはいけません。

オルタネーターでも発電が出来なくなるという症状に至るのには、ブラシ以外にも引き金になる部品は多々あります。

現代車では一体化されてしまったボルテージレギュレーター故障事例 リンク

レクティファイヤ焼損 故障事例リンク

 

発電不良以外にもこのような不具合が発生することもあります。

ベアリング故障事例 リンク

プーリーのクラッチ故障事例 リンク

 

このようにオルタネーターに関するトラブルだけでも多岐にわたります。

様々な修理方法の選択肢の中でバランスの取れているものがリビルト品の使用ということになるのですが、あくまでも選択肢の一つですのでニーズに合わせて使い分ける必要があります。

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

スマート フォーフォー ヘッドライト暗い

スマート フォーフォーのご入庫 ヘッドライトが暗いとの事でHIDなどで明るくしてほしいとのご依頼。 現状ハロゲンバルブ(オリジナル)が取り付けられていますが、その状態で光量を測定します。 ぼやけて全くカットラインが見えませんし光量も基準を大きく下回っています。これでは暗くて前が見えづらいのも当然です。   ハロゲン電球が悪いというわけではなく、大きな原因はこちらです。 ヘッドライト表面のクリアレンズが劣化により曇りヒビのようなものも見受けられます。※写真ですとそれほどではないですが実際は全体的に ...

続きを見る

ホンダ N-ONE(JG1) 低回転時ガクガクする

ホンダ N-ONEのご入庫 低速走行時エンジンが1500回転くらいの時にガクガク振動がするとの事。 お客様はノッキングが起きていると言っております。 診断機で故障コードを読み出してみますが特に何も検出していません。 テスト走行をすると発進してアクセルをあまり踏み込まない状態で1500~2000rpmくらいでガクガクしますがそれ以上回転が上がると何もなかったように正常になります。 症状としてはノッキングというよりも低回転域のエンジン回転の不安定さのように感じます。 エンジンがスムーズに回っているかエンジンの ...

続きを見る

MINI クラブマン(F54)ブレーキ整備

MINI クラブマン(F54)のご入庫   ブレーキ警告灯が点灯したとの事。 ブレーキのパッドセンサーがディスクローターに触れたことで通電して警告灯を発報しました。 点検すると前輪のパッドセンサーがローターと接触して削れています。 キャリパーを外してみます。 パッドセンサーはこのように取り付けられていてパッドの厚みが無くなるとセンサーがディスクローターと接触して削れることでセンサー内部の配線が露出して通電する仕組みになっています。 ブレーキパッドと削れたセンサーは新しく交換しますが、輸入車で忘れ ...

続きを見る

ホンダ シビックタイプR アイドラプーリー焼き付き

ホンダ シビックタイプR (EP3)のご入庫   エンジンが騒がしいので点検してほしいとのご依頼。   入庫時の状態はご覧の通り https://masutaka.co.jp/images/VID_20200629_100027.mp4 ベルト周りには鉄粉のようなものが飛び散っています。 プーリーのベアリングが焼き付いてインナー側が無くなっています。   プーリーの中心にはベアリングがあるのですがすでに焼き付いて飛び散ってしまって無くなってしまっています。   アイドラプーリーの台座部 ...

続きを見る

BMW Z3 永い眠りからの目覚め

BMW Z3 ご依頼は親族の形見の車両を動けるようにしてもらいたいとの事 この車両は主がいなくなってから放置されて何年も動かしていない状態(約7年)との事で不安でしたが、保管先に向かうと屋内にあり想像以上に保管状態は良い状態でした。 とはいえ7年も動かしていない車両がいきなり動くわけはありませんので、各部点検したうえで進めなければなりません。   まずエンジンをいきなり回すわけにはいきませんので、シリンダー内にオイルを回すために手でクランクシャフトを回してオイルを潤滑させます。 次に燃料を噴射で ...

続きを見る

ボルボ S60Ⅱ DCTフルード交換

ボルボ S60Ⅱのご入庫 DCTフルード交換のご依頼です。 1.6Lターボ搭載車両、ミッションは湿式DCTになります。 外部にカートリッジのオイルフィルターが装備されています。 フィルターの汚れはかなりのもので、交換の必要性を感じさせます。 使用フルードはNUTEC NC-65 交換後はキャリブレーション実施して終了 どうも壊れやすいとうわさのこちらのミッション、オーナー様も不安なため予防的に交換をご依頼されました。

続きを見る

スバル アルシーネ(AX-9)オイル・冷却水漏れ修理②

前回に引き続きスバル アルシオーネ(AX-9)の冷却水・エンジンオイル漏れ修理のご案内です。   交換の際取り外したラジエータにも冷却水漏れがありました。 ドレンコックも劣化でポキです。 ラジエータを修理に出したところコアは劣化でピンホールが開いているので交換が必要で、サイドのタンクは片側はすでに樹脂から真鍮製に交換されていたが、残った側の樹脂タンクももう限界でなので真鍮作製するしかないとの事でしたのでタンク作成も含めてオーバーホールしました。 このくらいの年代から樹脂部品の採用が増えてきました ...

続きを見る

スバル アルシーネ2.7(AX-9)オイル・冷却水漏れ修理①

スバル アルシオーネ2.7(AX-9)のご入庫 ほぼお目にかからなくなった平成元年式アルシーネそれも水平対向6気筒を搭載したモデルとなります。 オーナー様から前々から様々な整備のご依頼を受けていたのですがこの車両に関する部品は、ほとんど製造廃止で入手困難な状態でした。 それでも部品を海外も含めて少しずつ集めている最中でとうとうウォーターポンプから冷却水が漏れ出してしまいました。 エンジンを掛けているとポタポタ垂れてくるレベルですので修理は”待ったなし”となりました。 こちらの車両、ウォーターポンプ交換を行 ...

続きを見る

メルセデスベンツ SLK230(R170) エンジンオイル漏れ

メルセデスベンツ SLK230(R170)のご入庫   エンジンオイル漏れ修理のご依頼です。   エンジンを点検すると前面にかなりオイルが垂れた跡が見受けられます。 この部品はカムシャフトアジャスターマグネットと呼ばれる部品で電磁石でカムシャフトのスプールを動かし油路を切り替えカム位置を位相させる部品です。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20210330_174052.mp4   この部品はコネクター部からエンジンオイルが漏れ配線を伝わってはるか遠 ...

続きを見る

シボレー S10ピックアップ ブレーキ修理

シボレー S10ピックアップのご入庫 中古を購入していろいろと問題があったこちらの車両、特に重要なブレーキ周りを見ていきます。 フロントのブレーキパッドの残量がないので交換が必要なのことと、やたら当たりが悪く偏摩耗してしまっているブレーキディスクを交換します。 何かが噛みこんだのか、大きな溝が出来てしまっています。   パッドの残量もほとんどありませんでした。   リヤはドラムブレーキですがどう見てもメンテナンスしていない様子ですのでホイールシリンダーは交換することにしました。 &nb ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2021 増高自動車工業有限会社