営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

修理方法の選択肢とは

エンジン・オルタネーター・エアコンコンプレッサー・ステアリングラック等細かな部品の集合体であるこのようなアッセンブリーパーツが故障した場合の修理方法には様々な選択肢があります。

①中古品で交換
②純正新品アッセンブリーで交換
③社外新品アッセンブリーで交換
④リビルト品で交換
⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する。

大まかには上記のような方法が選択肢に上がります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため状況によって使い分けます。

 

今回はオルタネーターの発電不良を起こしたお車です。

症状はオルタネーター(発電機)が発電しなくなりチャージランプが点灯してエンストしてしまったという事例です。

症状が起きた原因はオルタネーターの発電不良というのはすぐにわかります、ではこの後どのような選択をして修理を行うかです。

それぞれ選択肢にはメリットとデメリットがあります。

①中古品で交換
 この方法のメリットは価格です。安く済ませるにはこの方法が良いのですが中古品ですのでどのように使われてきたかも不明ですし元々その部品が壊れやすいものでしたら当然また同じような故障が起きる可能性があります。

②純正新品で交換
 とにかく確実に直したいのであればこの方法が一番ですが部品の種類によってはとんでもなく高額なものになるのがデメリット。

③社外新品で交換
 新品なのに価格が安いのがメリットですがどこで製造されているかの見極めが重要になります。極端に安いものはメーカーによっては粗悪品だったりノーブランド品は保証すらついていないものもあり品選びが重要です。

④リビルト品で交換
 リビルトという言葉に聞きなじみがない方もいらっしゃると思いますが、リビルトとは中古品を再生したものです。
 傷まない部分(ケース等)は再使用して消耗する部分は新品に交換して組みなおしたうえでテスト(検査)を行い商品としたもので新品と同格の扱いになります。

⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する
 本来の修理という意味ではこれは一番正しいものになるのですが、コストなどの兼ね合いで現在は主流ではなくなってきています。

上記のようなメリット・デメリットが主なものになりますが、実際にオルタネーターを分解して故障原因を探求してみます。

 

オルタネーターはこのような形をしていてエンジンの回転をベルトで伝えて回転することで発電を行います。

 

内部にはコイルが入っていて磁界の変化による電磁誘導で発生した交流波を整流して直流にして発電します。

このオルタネーターは、ローターコイルと呼ばれる部分に電気を供給するためのブラシとそのあたり面であるスリップリングの接触不良が原因でした。

ここが荒れたことで通電不良を起こしたので、ブラシを交換してスリップリングを綺麗に均せば通電するようになり修理が出来ます。

これが⑤の方法で本来の修理という意味では正しい方法で昔は当たり前のように行われていました。

しかし、現代の修理方法ではあまり好まれない手法になります。

それは、この方法は非常に時間と費用が掛かるのと再発のリスクがあるからなのです。

オルタネーターの中は様々な部品で構成されているため不具合が起きた部分だけを交換しても今度は違う部分が壊れてしまう可能性が残されてしまう為再発の恐れがあります。
(再発とはオルタネーター全体での不具合発生のことで修理したブラシ部のことではありません)

そこで他の消耗する部品も一緒に交換してしまえばよいのですがそれぞれの部品単体価格は高いのでトータルすると高額な修理になります。

分解してみるまでは内部のどこが悪いのかわかりませんので部品調達にも時間が掛かってしまいます。

いくら不良個所を直してもすぐに別の原因でオルタネーターが壊れれば原因は違っていても、お客様から見れば ”またオルタネータが壊れた”  ”この前直したばかりなのに”となります。

整備をした側からすると原因がどうであれオルタネーター自体に不具合が起きることはお客様との信頼関係上も好ましくありません。

 

そこでリビルト品というものにメリットが出てくるのです。

リビルト品は中古品を元に再生するので中古品と混同されてしまうことがありますがまったく別の扱いとなります。

リビルトは専門の工場で中古品(コア)を集めて分解・清掃を行い、個々の部品で使えるか否かを精査して新たに組み立て直します。当然消耗部品である先ほどのブラシなどは新しいもので組み上げます。

組み上げた後テストを行い合格した物を保証をつけて製品として出荷するのです。
工場で大量にリビルト品を製造することでコストを下げることが出来るため新品よりもはるかに安く入手できますし、消耗する部品に関しては新品を使用するため品質も良く故障のリスクも回避できます。

新品よりもリーズナブルで中古品よりは品質が上、もしくは新品同様という位置づけのものになりますし、修理工場側では完成したリビルト品を交換するだけですので作業時間も掛かりません。

当店でもリビルト品の使用率は高いのは、上記のようなメリットがあるためです。

 

整備士の本来の修理という意味ではオーバーホールが基本なのですが、リビルト品などの普及で価格が低くなったためオーバーホールのメリットが少なくなってしまったのです。
ただしリビルトの設定が無いような車種では従来の修理方法を選択することはもちろんあります。

リビルト品使用での注意点として故障して交換した部品はコアとなりますので購入先に返却することが原則になります。返せなかったり事故などで破損していてコアにならないものは別途費用が掛かってしまいます。
コア
(次の製品の材料)を返却できることも価格を抑えるために重要なのです。

 

とはいえリビルト品で簡単に交換が出来るようになったとしても、整備をする上では中のこが悪いのかを探求する必要性は失われてはいけません。

オルタネーターでも発電が出来なくなるという症状に至るのには、ブラシ以外にも引き金になる部品は多々あります。

現代車では一体化されてしまったボルテージレギュレーター故障事例 リンク

レクティファイヤ焼損 故障事例リンク

 

発電不良以外にもこのような不具合が発生することもあります。

ベアリング故障事例 リンク

プーリーのクラッチ故障事例 リンク

 

このようにオルタネーターに関するトラブルだけでも多岐にわたります。

様々な修理方法の選択肢の中でバランスの取れているものがリビルト品の使用ということになるのですが、あくまでも選択肢の一つですのでニーズに合わせて使い分ける必要があります。

 

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT500 ベルト鳴きのような音がしていると近いうち走行不能になります。

FIAT 500のご入庫 ”突然ニュートラルになって走行が出来なくなった”との事 定番のデュアロジックユニットの故障の可能性がありますが、実はこちらのお車以前から異音が出ており”そろそろクラッチがだめになる”と注意していました。 異音はベルト鳴きのようなキュルキュル音です。 これはクラッチのレリーズベアリングから発するベアリングが焼き付く寸前の音で、焼き付いてしまえばクラッチの操作が出来なくなりますのでそのような注意をしていたのです。 ではトランスミッションを降ろしてクラッチを見てみますと、案の定、レリー ...

続きを見る

メルセデス ベンツ ゲレンデ(463) 車検整備

メルセデスベンツ ゲレンデ(463)車検のご入庫 走行距離6万㎞台に達したので車検整備と予防的なメンテナンス一式のご依頼を承りました。 まずはディーゼルエンジンのオイル交換。 フィルターはこのように真っ黒です。ディーゼル機関は構造上ススが出るためオイルが真っ黒になります。 直噴のガソリンも同様なのですがススは機関に対する攻撃性がありますので排出するためにも定期的な交換が重要になります。 フィルターといえば燃料フィルターも同様に交換します。 非分解ですがどれくらい汚れているか分解して見てみます。 ウォーター ...

続きを見る

FIAT 500 エアコンガス漏れ

FIAT500のご入庫 他店でエアコンガスを足してもらったが漏れてしまっているとの事。 ガスを入れてもすぐに無くなってしまうしエアコンの吹き出し口から化学臭がするとのことで、室内側でエアコンガスが漏れてしまっていると指摘されたそうです。 当店でも吹き出し口の臭いを嗅ぐとエアコンのガス臭(オイル臭)がすることを確認できたため残念ながら室内側のエアコンユニットを取り外さなければならないと診断致しました。 ヒーターも冷媒ユニットも室内のダッシュボードの内側にあるため作業は非常に大きなものになります。 ここまで分 ...

続きを見る

FIAT グランデプントアバルト タイミングベルト交換

FIAT グランデプントアバルトのご入庫 タイミングベルトベルト交換のご依頼 1.4Lのツインカムエンジン搭載ですがタイミングベルト交換は4年もしくは4万km毎の交換が基本になるのには変わりありません。 交換にはSSTを使用します。   ウォーターポンプは1度は交換されているようですが、液状ガスケットが塗りすぎなのが気になります。 はみ出た液状ガスケットがフィンにまで付いてしまっています。 どの部分でもそうなのですがはみ出た液状ガスケットが油・水路に回りトラブルを起こすことがありますので、塗りす ...

続きを見る

ニッサン NV350キャラバン エアコンコンプレッサー故障

ニッサン NV350キャラバンのご入庫 何かエンジンがうるさくベルト鳴きのような音がするのと、エアコンも効かない気がするとの事。 エンジンを掛けると”ゴー”と酷い音が聞こえます。 エンジンを掛けながら異音の原因を調べていくとエアコンのコンプレッサーがおかしいことに気が付きました。 ベルトの掛かるプーリーが斜めに傾いています!   エアコンコンプレッサーのON/OFFを行うマグネットクラッチプーリーが斜めに傾いて激しい異音を発していたのです。 ベアリングにガタが生じてベルトの力で引き寄せられて傾い ...

続きを見る

VW ゴルフ6 キーが回らずエンジン掛けることが出来ない

  VW ゴルフ6のご入庫 お電話で”カギが回らずエンジンが掛けられない”とのご連絡を受けました。 遠隔ではどうにもできませんのでロードサービスで搬送されました。 入庫時、キーは回りませんのでエンジンは掛けることができない状態でしたが何度かチャレンジすると何とかキーは回り掛けることが出来ました。 キーが回らない時は何かに引っかかっているような感じがしますのでキーシリンダーかその奥のロックユニットに不具合が起きているようです。 キーユニットを外すとこのような形をしています。 さらに分解するとこのよ ...

続きを見る

FIAT 500ツインエア フロントカバー冷却水漏れ

FIAT500 ツインエアのご入庫 エンジンから冷却水漏れがあるため修理でのご入庫。 ウォーターポンプからの漏れを確認したためまずウォーターポンプを変えることは確定です。 ウォータポンプ交換はこちら リンク しかし、今回はこの部分だけでは済みそうにありません。 実はツインエアではフロントカバーからの冷却水やエンジンオイル漏れが多いのですが今回は冷却水の漏れ跡からしてフロントカバーからも漏れているためそちらの漏れ修理も行います。 エンジンの前面にはこのようなカバーがあります。※写真はウォーターポンプ取り外し ...

続きを見る

ホンダ ライフ(JB5)燃料タンク錆による燃料漏れ

ホンダ ライフ(JB5)のご入庫 燃料が漏れているとのことでご入庫 確かに車両後方(後部座席付近)下に何かが垂れています。 下からのぞくと燃料タンクにしずくが垂れており、ふき取ると針の孔ほどのピンホールからガソリンが染み出してきました。 外観に錆や損傷が見られないので内部に錆が発生して穴が開いたものと思われます。 タンクを取り外して内部を見るの錆だらけです。 ガソリンを抜きとってみると錆の粉だらけですし、腐食によりスポット溶接部もはがれてバッフルは外れていました。 ここまで錆びていると錆による穴はよく見る ...

続きを見る

VW ザ・ビートル エンジン不調

ザ・ビートルのご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンがブルブルして進まないとのこと。 診断機で故障コードを読み出すとミスファイヤー(失火)を検出していました。 ガソリンエンジンの3原則のひとつ点火系統を点検していきます。 この1.2L CBZエンジンはプラグコードを使用しています。 プラグケーブルをプラグから抜くと4番シリンダーだけスッと抜けてしまいました。 原因はこちら プラグケーブル先端の絶縁ゴムが劣化によりちぎれてプラグに残っています。 プラグケーブルはこのようになっていました。 このエン ...

続きを見る

ニッサン マーチ12SR(K12)エアコン冷風しか出ない

ニッサン マーチ12SR(K12)のご入庫 ご用命はエアコンの冷風は出るが暖かい風が出てこないとの事。   助手席の足元からエアミックスアクチュエーターの動きを見るとフラップの軸が折れてリンクがおかしな動きをしていることを確認できました。 お客様にはこのフラップの交換をするのは非常に大掛かりな作業になることをご説明の上で取り掛かります。 この部分の修理はエアコンユニットの取り外しが必要でユニットを取り外すためにはこのような状態にしなければなりません。 ダッシュボードを取り外してようやくユニットを ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2022 増高自動車工業有限会社