営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

セレスピード・デュアロジック 故障修理・整備 フィアット

FIAT 500 デュアロジックシステム クラッチ故障

FIAT500 1.4のご入庫

突然エンジンルームから煙が出たとの事でご連絡。

煙が水蒸気なのか他のものなのかは電話ではわかりませんでしたので、走行せずにロードサービスで搬送してもらうようにお願いしました。

入庫した際には、ガクガクして走行も出来なくなったとの事。

エンジンフードを開けると焦げ臭いにおいがトランスミッション周辺から立ち込めています。

これはクラッチに不具合起きたものと判断できます。

 

クラッチ交換が必要なことをお伝えして交換作業を開始します。

トランスミッションを下ろしてクラッチを見てみると!

 

レリーズベアリングが木っ端みじんです!

ベアリングが焼き付いて破損したことで、クラッチの操作が出来なくなったことが原因でした。

煙はクラッチベアリングが焼き付いた際の煙です。

ご覧のようにクラッチ板はまだ溝もあり寿命とは言えませんが、ここまでの作業を行っていますのでセットで交換します。

熱が加わったのか中心部分が変色しています。

クラッチカバーのスプリングもレリーズベアリングが破損したため当たり方がおかしいです。

クラッチフォークにもダメージがありますので交換です。

かなり高温になったのが熱による変色でわかります。

 

クラッチオーバーホールを行い、デュアロジックのキャリブレーションを実施して作業終了です。


 

今回の不具合の問題はこの車両の走行距離で僅か6万km台だということです!

この距離でクラッチベアリングが破損してしまうということはあまり考えにくいことなのですが、このシステムでは時折起こる事象となります。

 

実はこちらの車両は中古車で購入なさったばかりでした。

中古市場では走行距離で車両価値の算出がかなりウエイトを占めるのためこちらのお車も1400ccの当時上位モデルでもあることと走行距離も6万km台と比較的伸びていなかったため中古車販売されていた訳ですが、過去の使用条件によっては走行距離はあまり参考にならないという例です。

デュアロジックは構造上、信号待ちなどの状態ではクラッチを切った状態でスタンバイしています。

クラッチを切る=レリーズベアリングでスプリングを押している という状態ですのでベアリングに非常に負担が掛かるのです。

都市部などの使用で渋滞にはまるような走行を繰り返していると距離が伸びないわりにレリーズベアリングに大きな負担が掛かっていることになるのです。

しかし、デュアロジックはクラッチ操作もメカがしているため不具合になかなか気が付くことが出来ないため突然不具合が起きたようになります。

 

それとデュアロジックはマニュアルトランスミッションからの派生システムでクラッチに関してはマニュアル車と同様の部品をそのまま使用しています。

本来では負担が大きくなるデュアロジックではベアリングの容量などを上げるべきですが、FIATでは日本的な考えがなかったようです。

 

郊外や地方での使用では10万kmを超えてもまだ大丈夫な事例もたくさんありますが、どこで使われていたかわからない中古で購入なさったお車では時折このような不具合事例は当店でも多々起こっております。

クラッチは大きなくくりでは消耗品ですので、ある程度割り切り交換をされることも視野に入れて中古車購入するのも不具合を未然に防ぐための一つの手かもしれません。

すでに乗られている方でも下記リンクの事例の様に異音が出た場合は早急に点検を受けるようにしてください。

軽度の故障事例 リンク

重度の故障事例 リンク

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

臨時休業のお知らせ

諸事情により臨時休業いたします。 1月28日(火曜日) ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。  

続きを見る

トヨタ トヨエース ブレーキ不具合危機一髪

トヨタ トヨエース(XZU432)のご入庫 ブレーキペダルがなんだかフワフワして効かない気がするとの事 ブレーキに関することで危険なのでそれ以上乗らないようにしてもらい、出張して確認することにしました。 現地にてブレーキペダルを踏み込むと確かにフワフワして節度がありませんのでブレーキの油圧回路にエアが噛んでいると思われますし、ブレーキ液のリザーバータンクもMIN(ミニマム)達していたためどこか漏れている恐れがあります。 車両を見ていくと左後輪からブレーキフルードがびちゃびちゃに漏れていることが確認できたの ...

続きを見る

VW ゴルフⅥ プラグコード不良

VW ゴルフⅥのご入庫 ご用命はエンジンやEPCなどの警告灯が点いてエンジンもブルブルして力がなく進まないとの事   故障コードを読み出すと1番シリンダーのミスファイヤーを検出しています。 ミスファイヤー(失火)とは何らかの原因で爆発をしていないことを表します。 まず、うまく火花が飛んでいるか点検するためにスパークプラグを点検してみます。 このエンジンはイグニッションコイルは4気筒分が一つになっているタイプでそれぞれのシリンダーに火花を飛ばすための電気をプラグコードを伝って流します。 &nbsp ...

続きを見る

レクサス IS250(GSE20)エンストしそうになる

レクサス IS250(GSE20)のご入庫 ご用命は、信号などで停車しようとするとエンジンがブルブルしてエンストしそうになるとの事 走行距離10万kmを超えているこちらのお車まずはアイドリングの制御がしっかりできているかが問題になります。 このような症状でまず疑わなければいけないところはスロットルバルブの汚れです。 電子制御スロットルバルブでは、スロットルバルブの開閉で吸入空気量を微調整してアイドル回転を調整します。 しかし、エンジンの構造上スロットルバルブは必ず汚れてしまいます。 汚れて吸入空気量が減少 ...

続きを見る

BMW 320i(E90)ATフルード漏れ

BMW 320i(E90)のご入庫 ご用命は、駐車場にオイルが垂れた跡があるとの事。 リフトアップして点検するとオートマチックトランスミッションのオイルパン付近がオイル漏れしていました。   漏れているところをよく見てみるとミッションに配線をつなげるコネクターのスリーブからの漏れが特に酷いです。 この部分はよく漏れるところですので要注意箇所です、しかしここを交換するにはオイルパンを外さなければなりません。 オイルパンのパッキンも怪しい状態ですのでオイルパンとコネクタスリーブを交換することにしまし ...

続きを見る

ニッサン AD(Y12)隠れた故障

ニッサン AD(Y12)のご入庫 車検でご入庫ですがお預かりの際、気になることがないか確認しましたが至って調子が良いとの事。 しかし、ユーザーが気が付いていないことでも故障は起きていることも多いものです。   エンジンを掛けて暖機を行っても低水温ランプ(青)の消灯が遅いのが気になりました。(外気温10℃前後で肌寒いくらいの時です) 暖機が終わり低水温ランプが消灯した後で、ヒーターを掛けたところまた低水温ランプ(青)が点灯しました!   ちなみにこの水温警告灯は以下のような温度での点灯条 ...

続きを見る

ランドローバー レンジローバー発電不良

ランドローバー レンジローバーのご入庫 発電不良でエンストして動けなくなってしまったとの事で緊急で入庫となりました。 入庫時バッテリーは9ボルト台でほぼカラの状態でこれでは走行は不能です。   次に満充電のバッテリーを付け替えてオルタネーター(発電機)を点検します。   発電機からの発生電圧はバッテリー電圧と同じで全く発電していないことを確認できました。   不具合の原因であるオルタネーターを交換したのち発電量が正常であることを確認して作業終了です。   現代のオル ...

続きを見る

アルファロメオ ブレラ2.2 パワーステアリングホース漏れ

アルファロメオ ブレラ2.2のご入庫 ご用命はエンジンを掛け始めた時に右前から何か異音がするとの事 エンジンルームを点検するとヘッドカバーの前側にオイルの漏れた跡があります。 オイルはパワーステアリングフルードで高圧ホースから漏れだしているのがすぐにわかりました。 異音の原因はパワーステアリングフルードが漏れにより油面レベルが下がってフルードにエアが噛みこんだ音でした。 高圧ホースアッセンブリーでの交換を行いました。   ホースのカシメ部からのフルード漏れです。 オイル漏れの初期の段階で異音に気 ...

続きを見る

1月 日曜日営業のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 1月の日曜日営業日は19日として12・13日 26日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

スバル WRX S4 CVTフルード交換

スバル WRX S4のご入庫 ご用命は、オイルパンを外して内部洗浄をしたのち圧送にてCVTフルード交換です。 この車両に搭載しているCVTはスバル最強の伝達トルク誇るミッションです。   内部のストレーナーも交換します。   磁石には鉄粉が吸着されています。   オイルクーラーに圧送式フルードチェンジャーを割り込ませて交換します。   使用フルードはNUTEC ZZ51改をお客様からご指名いただきました。   油量調整は35~45℃でフィラーからあふれさせ ...

続きを見る

-セレスピード・デュアロジック, 故障修理・整備, フィアット

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.