営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ニッサン

ニッサン ティーダ(C11) エアコンマグネットクラッチ ショート

ニッサン ティーダ(C11)のご入庫

エアコンが効かないとのことでご入庫。

当店にいらっしゃる前に、多店にて診断を受け”エアコンガスが多く入りすぎているのであろう”と何かしらの処置を受けたが、エアコンは効かないままで困り果て当店にご来店いただきました。

 

診断を開始します。

まず、エアコンが効かない(風が冷たくない)場合はエアコンのコンプレッサーが作動しているか否かを確認する必要があります。

今回、こちらのお車は固定容量タイプのコンプレッサーでマグネットクラッチをプーリーに内蔵してON/OFFさせる仕組みなのですが、エアコンスイッチをONさせてもマグネットクラッチは作動しませんでした。

 

次にマグネットクラッチが、なぜ作動しないかを探っていきます。

エアコンガス(冷媒)は規定量入っていることが必要で、ガス量が極端に少ない場合はコンプレッサーの保護のためマグネットクラッチをONさせないようになっています。

前出のお店でガス量を何かしら処置してもらってるとの事でしたが、お客様は何をしてもらったかよくわからないとの事でしたので当店でももう一度ガスの封入量を測定します。

エアコンガス回収機で現在の量を測定したところ100gでしたが、こちらのお車規定量は450gですのでかなり少ない量でした。
ガス量の判断で多すぎると言われたそうですがなぜか少なすぎです。

これでは正確な判断が出来ませんのでガスを規定量注入し直して診断を進めます。

 

ガスが規定量入ったうえで、マグネットクラッチを作動させる電源がマグネットクラッチに来ているか見てみると、電源が掛かっていないことを確認できました。

ガスの封入量の問題ではなく何らかの電気的な不具合が起きているものと判断できました。

 

配線図はこのようになっています。

 

上流にあるヒューズを点検すると切れていました。

このヒューズが切れて電気がマグネットクラッチにかからなくなっていたことがコンプレッサーの回らない理由でした。

 

では、ヒューズが切れた原因を探ります。 ※これが本当の主原因の探求です。

ヒューズの切れる原因にはいろいろあるのですが、今回のヒューズを見るとかなり溶けているため過電流による溶断と考えられます。

マグネットクラッチにつながるコネクタを外しているとヒューズは切れませんがコネクターをつなぐとマグネットクラッチはONしますがしばらくするとヒューズが切れてしまいます。

マグネットクラッチの中には電磁コイルが巻かれているのですがこの巻線でのショート(レアショート)が濃厚です。

 

そこでマグネットクラッチで間違いないか、ヒューズを割り込ました別配線でマグネットクラッチに直接電源供給してヒューズが切れるか確認したところヒューズが切れたため、マグネットクラッチのショート(短絡)故障であることは断定できました。
(途中の配線に問題がないと判断が出来た)
※常にヒューズ切れを起こしているわけではないので、抵抗などを測っても判断が難しいため、このようにして部分点検で確認します。この点検の際は必ずヒューズを入れます、直接電源を供給するためショートしていれば配線が燃えてしまいます。

9万km以上走行しているこちらのお車、マグネットクラッチのみの交換ではいずれコンプレッサー本体の故障も考えられますし、リビルト品を使用することでほとんど価格に差が無いことからリビルト品ASSYで交換を行うことにしました。

 

 

以前にも同様の不具合を紹介しました【リンク】が、前回はマグネットクラッチの内部断線でしたが今回は短絡(ショート)と全く逆の壊れ方をしました。

結果的にはマグネットクラッチが作動しないことでエアコンが効かないという意味では同じなのですが、ショートの場合 過電流が回路を流れて焼損することを防ぐため保護的にヒューズが切れるという意味では違います。

 

今回の様に電気的な不具合でエアコンが効かないという事例は非常に多いのですが、いまだに”ガスをとりあえず足したり抜いたりしてみよう”といった修理方法をしているところが多いのが残念です。

それでも直せていればよいのですが直せないまま放り出すケースがあるのが問題です。

 

現在のエアコンはガスの量を質量(重さ)で正確に管理しているためまずは、ガスが規定量が入っているということが大前提となります。

逆に言えば、規定量入ったうえでトラブルシュートを行うことでかなり精度よく探求が行えるにもかかわらず、ガス量をあいまいな状態で探求を難しくしてしまっている業者が多いのは、エアコンガスを回収する機材が高額であり設置することが困難なことが要因かもしれません。

しかし、機材購入が難しくても創意工夫でガス量の測定は可能なのですが・・・。そこまでするところもなかなか少ないのでしょう。

 

お客様をやみくもに惑わすような故障探求もどきはプロではありません。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アルファロメオ GT 直噴インジェクター不良

アルファロメオ GTのご入庫   エンジン不調でのご入庫 このエンジンは2.0LのJTSと呼ばれる直噴エンジンユニットになります。 他店でミスファイヤーの指摘を受けたが、原因が点火系ではないので大きな修理が必要だとの診断を受けたそうです。 当店でも診断機を使用して故障コードを読み出してみても、前出の診断通り1番シリンダーのミスファイヤー(失火)を検出しました。 ミスファイヤーの検出はエンジントルクの変動で読み取るのですが1番シリンダーが何かしらの理由でうまく爆発していないことになります。 &nb ...

続きを見る

ニッサン キャラバン (E25) 前輪ハブベアリング ガタ

ニッサン キャラバン(E25)のご入庫 車検でのご入庫ですが、前輪のハブベアリングにガタが発生しています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201111_133317.mp4 動画ではガタをお伝えするのは難しいのですが、ホイールを横方向に力を加えるとカタカタするのが、本来はこのような力を加えてもガタは出ません。 ハブベアリングとはタイヤの中心部のハブというところのベアリングで、ここを軸にしてタイヤが回る非常に重要な部分になります。 点検の際はこのベアリングにガタや異 ...

続きを見る

AUDI A4(B8)車検整備

AUDI A4 アバント(B8)車検整備でのご入庫 車検でのお預かりですが、”ブレーキフルードレベルの警告灯が付いたり消えたりする”事があることが気になるそうです。 ブレーキフルードのリザーバータンクを点検するとMIN(下限値)すれすれでした。   確かにブレーキフルードの量が減っていますので、当然漏れている可能性もあるのですが今回の原因はブレーキパッドとローターの摩耗が原因でした。 前輪のブレーキ写真ですがパッドとディスクローターの摩耗がかなり進んでおり限界でした。 ではなぜパッドとローターが ...

続きを見る

MINIクロスオーバー(R60)オイル・冷却水・ベルト周り不良

MINIクロスオーバー(R60)のご入庫 エンジンオイル交換でのご入庫でしたが、あまりにも急を要する整備が必要な為緊急入院となりました。 大きく分けて3種類の修理が必要です。 ①エンジンオイル漏れ ②エンジン冷却水漏れ ③ベルト回り   まずは下廻りを見てエンジンからのオイル漏れと冷却水漏れが酷いのがすぐにわかりました。 ①エンジンのオイル漏れはヘッドカバーからの漏れとオイルエレメントケースからの漏れが酷いです。 ヘッドカバーパッキンの交換 オイルエレメントケースからの漏れは排気のパイプに掛かる ...

続きを見る

FIAT500 ツインエア ウォーターポンプ交換

FIAT500 ツインエアのご入庫 車検でのご入庫ですが”最近リザーバタンクの冷却水が少し減る気がする”との事。 こちらの車両はツインエアと呼ばれる2気筒エンジンを搭載したモデルになります。 パッと点検した感じでは大きく漏れているところは見当たりません。 しかしこのエンジンのウォーターポンプは少し変わった構造で外からでは中々漏れがわからない構造になっています。   構造的にはエンジンのフロントカバー内部に取り付けられています。 もしウォーターポンプのシールが悪く漏れ出した場合のために穴があいてい ...

続きを見る

ホンダ モビリオ オルタネーター過充電

ホンダ モビリオスパイクのご入庫 ご自身で取り付けた電圧計が16Vを指すときがあり、その時はエンジンの調子もおかしいとの事。 これは危険な兆候ですのですぐに診させていただきます。 このようなメーターをご自身で取り付けていますが、電圧計の数値が高い時があるそうです。 社外のこのようなメーターは粗悪なものもあるので実際の発生電圧はサーキットテスターを使用して測ります。 エンジン回転を上げると電圧が16ボルト以上になりました! これはボルテージレギュレータが電圧制御できなくなってしまっている状態でこのまま使用す ...

続きを見る

アルファロメオ 159 2.2JTS セレスピード クラッチオーバーホール

アルファロメオ159 2.2JTSのご入庫 セレスピードシステムのクラッチエラーで走行不能になったとの事で積載搬送されました。 セレシステムのエラーの原因は、すでに他店で診断済みでクラッチオーバーホールが必要との事でしたが、当店でも再度故障コードを読み出してクラッチのストロークエラーを確認しましたのでオーバーホールを行うことになりました。 ミッションを取り外してクラッチを確認するとやはり溝が無くなりディスクのリベットが出始めていますので限界でした。   次にこのクラッチで重要で見逃してはいけない ...

続きを見る

プジョー 3008 ウォーターポンプ亀裂による冷却水漏れ

プジョー3008のご入庫 エンジンオイル交換をご依頼いただいたのですが、その際に冷却水漏れを発見しました。   このエンジンはプジョー・シトロエン・BMW(MINI)など多くの車種にも搭載されている1.6Lガソリンエンジンです。   漏れ箇所はウォーターポンプからで、ウォーターポンプを取り外してみるとポンプ本体に亀裂が出来てそこから漏れだしていました。 ハウジングは樹脂製ですのでこのようなことが起きたのでしょう、社外品のポンプはアルミ製です。   このエンジンのウォーターポン ...

続きを見る

トヨタ MR-S 触媒不良

トヨタ MR-Sのご入庫 中古で購入したばかりで車検が到来したが、修理箇所が多すぎて他店で高額修理代の提示があったため困りかねて当店にいらっしゃいました。 確かに複数個所で修理が必要な個所がありましたが、特にこの部分の修理は見逃せませんでした。 エキゾーストマニホールドとマフラーのつなぎ目から排気ガス漏れです。 排気漏れは当然、保安基準に不適合ですので車検は通りません、しかしそれよりもそこから臭う排気ガス臭が気になりました。 お客様には排気漏れの修理以前に触媒に何か不具合が起きている可能性があることをお知 ...

続きを見る

VW ゴルフ6 オイルセパレーターからオイル漏れ

VW ゴルフ6 車検でのご入庫 1.2LターボのCBZユニット搭載です。 点検をしてみるとエンジンからオイル漏れが酷いです。 原因はこちら これはオイルセパレーターという部品です。 エンジンブロックのブローバイガス(シリンダーから吹き抜けたガス)にはエンジンオイルもミスト状になってガスに混入しているため、このセパレーターでオイルだけを分けてオイルパンに戻す役目をします。 しかしこのセパレーターはブロックに液状ガスケットのシールで取り付けられているのですが、そのシールがダメになったことでオイルが漏れだしてし ...

続きを見る

-故障修理・整備, ニッサン

© 2021 増高自動車工業有限会社