FIAT500C 1.2のご入庫

 

ご用命はタイミングベルト交換です。

1.2LのこのエンジンはFIREエンジンと呼ばれ80年代から脈々と進化を続けてきたエンジンです。


もうご存知かと思いますがタイミングベルトの交換は4年もしくは4万km走行どちらか早期到達時点を推奨しています。

こちらのお車、走行距離5万km、初度登録23年ですので5年経過ですので少しオーバーしていますがどれくらい劣化しているでしょう。

 

こちらはタイミングベルトの背面ですがやはり劣化によるヒビが出始めていますね。

当然ウォーターポンプも弱いので同時に交換です。

個々の使用状況により寿命に達する時期は異なりますので、交換時期に関してはあくまでも目安です。

しかし機械に言い訳やごまかしは通用しませんので、エンジンブローに直結する部分だからこそ楽観視せず大切なメンテナンスとして行ってください。