ルノー カングーのご入庫

こちらのカングーは、派生モデルでカングービボップ(be-bop)と呼ばれショートボディにグラスルーフを搭載してオープンエアを楽しむことが出来る遊び心満載の2BOXカーとなっています。

 

 

しかし、その遊び心満点のグラスルーフが今年の酷暑ではアダとなりました。

お客様の訴えてきていることは、頭に日が当たって暑くて乗っていられないとのことでした。

 

通常サンルーフが付いているモデルは、内側に日を遮るシェードがあるのが普通です。

FIAT500 サンルーフ

FIAT500のシェードはパンチングのように細かい穴が開いている生地ですが日を遮るには有るのと無いのでは大違いです。

 

しかし、ビボップにはシェードは一切ありません。

これでは真夏の運転はつらいでしょう。

暑さ対策を考えました、

①サイドのガラスに関しては後ろ3面はスモークフィルムを貼り、運転席と助手席には透明の熱線カットフィルムの貼り付け

②ガラスルーフは熱線カットのため何か内張りを取りつける。

 

①は、フィルムを貼るだけですので比較的簡単にできる対策ですが天井はどうしようか迷いました。

濃い目のスモークを貼っても完全に日差しはさえぎれませんし、冬場などは逆に日差しが欲しいと思います。

そこで簡単に脱着できるサンシェードを作成することにしました。

ガラスの形に断熱生地を加工して吸盤で取り外しが容易になるように作成しました。

取り付けた感じはこのようになります。

これなら、日差しが欲しい時はかんたんに外せますしかさばりませんので邪魔にならないでしょう。

修理とは違いますがお客様の要望をかなえることが出来喜んでいただきました。

しかし、私は裁縫が出来ませんので半分は裁縫の出来る方に作ってもらったんですけどね。(笑)