栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備 ニッサン

ニッサン セレナ(C25)CVT故障

ニッサン セレナ(C25)のご入庫

ご用命は、”10万km超えているのでCVTフルードの交換をしてもらいたい”との事、ただしお預かりの際シフトレバーをDやRレンジにする時のショックが大きくて気になる”との事でした。

確認するとDやRレンジに入れると”ドンッ!”と激しいショックがあります。

もともとDもしくはRレンジにシフトしたときには、セレクトショックと呼ばれるエンジンの動力がトランスミッションに伝わる際のショックがあります。

しかし、こちらのお車の場合明らかにセレクトショックのレベルが、衝撃に近いショックで正常の範囲を超えていました。

お客様には、CVTフルードの劣化だけで起きているのではなく、ミッション自体に何か故障が起きている可能性があることをご説明して預かりました。

 

まずは、フルード量を確認した後診断機を使用して電気的に故障を検出していないかを確認します。

すると、トルクコンバーターに関係する故障を検出しました。

この故障コードP0740は、ロックアップクラッチと呼ばれる部分の油圧を制御するソレノイドの電気的な故障です。

走行中のデーターモニターでソレノイドにかかる電流を見てみるとソレノイドを動かす指示信号が出ているのですがソレノイド自体が全く反応していません。

コネクターからソレノイドの抵抗値を測定してみると基準値3~9Ωに対して 測定値4.5kΩに達していました。これでは抵抗が大きすぎてソレノイドは作動しません。

ソレノイドの故障が原因なのは確定です、しかしソレノイドは単体での部品供給が無いためソレノイドが含まれるコントロールバルブアッセンブリーでの交換になってしまいました。
※単体供給されている場合での交換事例 リンク

※コントロールバルブ:電気的にソレノイドを動かし油路を切り替えてCVTやAT本体を制御する部品
現在はコンピューター基盤も搭載しているモデルもあります。

コントロールバルブを交換するために、オイルパンを外してみると恐らく一度も交換されていなかったのでしょう、鉄粉吸着用のマグネットに砂鉄状の不純物がびっしり付着していました。

オイルパンのフルードを吸い上げるのにストレーナーと呼ばれる細かい網で不純物をキャッチします。
この網目の細かさがいかに不純物の流入を防ぎたいのかお分かりになると思います。

円筒状のものがソレノイドです。それぞれが油路を切り替える役目を担っています。

余談ですが、CVTは金属ベルトを使用してプーリーの比率を変化することで無段変速を可能にしているのですが、普段お目にかかれない金属ベルトは、コントロールバルブを取り外すと一部見ることが出来ます。

コントロールバルブ交換後、本来の目的であったCVTフルードを交換します。

いくらオイルパンを外してフルードが抜けたとしてもそれは全容量の半分がいいところですご覧のように真っ黒のCVTFが出てきました。

14L使用して透明度のある状態まで回復しました。

最後に、診断機を使いCVTFの劣化度をリセットします。

※劣化度:CVTフルード温度を数値化して演算することで劣化度として置き換える

交換後のロックアップソレノイドの動作
指示信号に対してリニアにソレノイドが反応しています。

劣化度のリセットはもちろんほぼ新油に入れ変わった状態でなければ意味がありません、しっかりした交換を行うことが大前提です。リセット行為だけを行って機械をごまかしてはいけないということです。

全て交換後、セレクトショックも改善したことは当然ながら、ロックアップクラッチの制御が正常になってシャープな変速になりました。

今後は、悪かった燃費も改善されていくでしょう。

今回の故障は、メーターに警告灯のようなものが点灯しなかったためお客様自身ではフルード劣化によるセレクトショック大だと思われていました。
※実際にはスポーツモードランプが点灯しない状態でした。しかし点灯しないものはお客様は気が付かないものです。

しかし、私たちプロからすれば明らかに故障レベルであることは一目瞭然の事例です。

このように故障に気が付かず乗られている事例も多々あります、実はこちらのお車他店にて車検を受けたばかりだったとのこと。

セレクトショックの異常に関して何の指摘もなかったそうです。

お店選びも大切なことをお話しいたしました。

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン デイズルークス(ML21S)エアコン重複故障

ニッサン デイズルークス(ML21S)のご入庫 エアコンが温風しか出ないとの事 エアコンの冷房が効かない云々よりも温風しか出ませんので、エアコンコントロールがヒーター側で固定されているようです。 オートエアコンで自己診断機能がありますので操作パネルを操作して読み出すとパネルに20.3という数字が出ました。 この数字は故障コードのことで20.3はエアミックスアクチュエーターの故障コードを表しています。 エアミックスアクチュエーターとはエアコンユニット内部の温かい所と冷たい所に風を振り分けるフラップをコントロ ...

続きを見る

ルノー メガーヌⅢRS 冷房が効くときと効かない時がある

ルノー メガーヌⅢRSのご入庫 エアコン(冷房)が効くときと効かない時があるとの事。 ご来店時は効いているとの事で確かに冷たい風は出ていました。 しかし冷媒ガスのメンテナンスは行った記憶が無いとの事でしたのでまずはガス量が適正なのかを確認するために冷媒ガスのメンテナンスを行うことにします。 冷媒ガスを車両から専用機に抜き出して測量すると規定値510gに対して320gしか回収できませんでしたので190gほど減っている状態でした。 これは漏れているというよりもゴムホースやジョイント部分からわずかに大気に放出し ...

続きを見る

ホンダ アコード(CF3) エンジンオイル漏れ

ホンダ アコード(CF3)のご入庫 エンジンオイルが地面まで垂れているとの事。 漏れ箇所はエンジン後端部でオイル漏れをたどるとそこにはディストリビュータがありました。 この部品はカムシャフトで駆動するため中に回転するシャフトがありますが、シールが悪くなりエンジンオイルがシャフトを伝わり漏れ出していました。 デスビキャップ内側にもオイルが飛び散って掛かっています。   まだこの部品自体リビルトの供給がありましたのでリビルトアッセンブリーで交換します。 ディストリビューターの役割は複数シリンダーを持 ...

続きを見る

フォード エコスポーツ 冷却水もれ 

フォード  エコスポーツ 冷却水が漏れてしまっているためロードサービスで搬送されました。 漏れ箇所は一目瞭然で冷却水リザーブタンクへの戻り側パイプ取付部の割れです。 戻り側ですのでどんどんここから冷却水が漏れて無くなっていきます。 樹脂製のパイプが割れてしまっています。 ユーザーはビニールテープで何とか付けようとしたようですがタンクまで圧力が掛かるためテープ位で漏れを止めることはできません。  タンクにも細かなクラックが発生しているため同時に交換します。 現代車はこのように水回りに樹脂部品を使うことが普通 ...

続きを見る

ダイハツ  ロッキー(F300S)ステアリングアイドラアームのガタ

ダイハツ ロッキー(F300S)のご入庫 初代ロッキーで平成6年式になります。 エンジンオイル交換の際に重大な不具合を発見しました。 ステアリングアイドラアームのボールジョイントが外れ掛かっています。 揺するとボールジョイントはガタガタになっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20221119_113630.mp4 アイドラアームの支点部分のブッシュにもガタが発生していました。 ステアリングの操作を伝える重要な部品でもし外れた場合はハンドル操作が出来なくなる重 ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の休業日のお知らせ

    ゴールデンウィーク期間は4月28日(日曜日)から5月6日(月曜日)は休業させて頂きます。  

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気噴射装置故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 以前、2次空気ポンプの故障修理を行った(リンク)こちらの車両、修理から半年後再度同様のチェックランプが点灯したとのご連絡。   診断機を使用して故障コードを読み出します。 以前検出した空気ポンプやドライバーとは違う2次空気圧力センサーのエラーを検出しました。 2次空気噴射装置は前回交換した空気ポンプで圧送された空気をエキゾーストマニホールドに送り込むのですがV型6気筒のこのエンジンではエキゾーストマニホールドが左右バンクで別れるためそれぞれのバン ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気ポンプ故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 エンジンチェックランプが複数点灯したが特に走っていて症状は感じないとのこと 診断機を使用して故障コードを読み出すと2次空気ポンプに関連するエラーを検出しています。 2次空気システムとはエンジン始動時に排気管に外気(酸素)を送り込むことにより排気ガス中の未燃焼ガスを完全燃焼させる事と、同時に燃焼により触媒の温度も上げることで触媒の効率を素早く上げることを目的にした排気ガス浄化装置になります。 この車両の場合2次エアポンプと呼ばれるベーンモーターが車両右前に装 ...

続きを見る

VW up! EPCランプ点灯

VW up!のご入庫 メーター内にEPCというランプが点灯して加速が悪くなったとの事 EPCとはエレクトリックパワーコントロールの略で複数のシステムをまたいで不具合を警告するのですが、今回はこれ以外にエンジンチェックランプも点灯したようなのでエンジンに関連する不具合が発生した模様です。 診断機を使用して故障コードを読み出します。 スロットルバルブとミスファイヤ関連の故障コードを検出しました。 スロットルバルブは内部センサーの一つが検出できなくなっていたため内部不良と判断して交換します。   電子制御式のス ...

続きを見る

クライスラー イプシロン(312)ツインエアー加速中息つき

クライスラー イプシロン(312)のご入庫 ゆっくり加速しているときは問題ないが、少し強めに加速をすると息つきのようにガクガクするとのこと。 こちらのエンジンはフィアットのツインエアと呼ばれる2気筒ターボエンジンなります。   アクセル開度を少なめな低負荷時には何も違和感は感じませんが少し強く踏み込んで負荷を上げるとエンジンがクシュンクシュンと息継ぎのような症状が起き加速不良で車体もガクガクします。 その時にエンジンチェックランプも点灯します。 診断機で故障コードを読み出すとイグニッション(火花 ...

続きを見る

-故障修理・整備, ニッサン

© 2024 増高自動車工業有限会社