営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ニッサン

ニッサン セレナ(C25)CVT故障

ニッサン セレナ(C25)のご入庫

ご用命は、”10万km超えているのでCVTフルードの交換をしてもらいたい”との事、ただしお預かりの際シフトレバーをDやRレンジにする時のショックが大きくて気になる”との事でした。

確認するとDやRレンジに入れると”ドンッ!”と激しいショックがあります。

もともとDもしくはRレンジにシフトしたときには、セレクトショックと呼ばれるエンジンの動力がトランスミッションに伝わる際のショックがあります。

しかし、こちらのお車の場合明らかにセレクトショックのレベルが、衝撃に近いショックですの正常の範囲を超えていました。

お客様には、CVTフルードの劣化だけで起きているのではなく、ミッション自体に何か故障が起きている可能性があることをご説明して預かりました。

 

まずは、フルード量を確認した後診断機を使用して電気的に故障を検出していないかを確認します。

すると、トルクコンバーターに関係する故障を検出しました。

この故障コードP0740は、ロックアップクラッチと呼ばれる部分の油圧を制御するソレノイドの電気的な故障です。

走行中のデーターモニターでソレノイドにかかる電流を見てみるとソレノイドを動かす指示信号が出ているのですがソレノイド自体が全く反応していません。

コネクターからソレノイドの抵抗値を測定してみると基準値3~9Ωに対して 測定値4.5kΩに達していました。これでは抵抗が大きすぎてソレノイドは作動しません。

ソレノイドの故障が原因なのは確定です、しかしソレノイドは単体での部品供給が無いためソレノイドが含まれるコントロールバルブアッセンブリーでの交換になってしまいました。
※単体供給されている場合での交換事例 リンク

※コントロールバルブ:電気的にソレノイドを動かし油路を切り替えてCVTやAT本体を制御する部品
現在はコンピューター基盤も搭載しているモデルもあります。

コントロールバルブを交換するために、オイルパンを外してみると恐らく一度も交換されていなかったのでしょう、鉄粉吸着用のマグネットに砂鉄状の不純物がびっしり付着していました。

オイルパンのフルードを吸い上げるのにストレーナーと呼ばれる細かい網で不純物をキャッチします。
この網目の細かさがいかに不純物の流入を防ぎたいのかお分かりになると思います。

円筒状のものがソレノイドです。それぞれが油路を切り替える役目を担っています。

余談ですが、CVTは金属ベルトを使用してプーリーの比率を変化することで無段変速を可能にしているのですが、普段お目にかかれない金属ベルトは、コントロールバルブを取り外すと一部見ることが出来ます。

コントロールバルブ交換後、本来の目的であったCVTフルードを交換します。

いくらオイルパンを外してフルードが抜けたとしてもそれは全容量の半分がいいところですご覧のように真っ黒のCVTFが出てきました。

14L使用して透明度のある状態まで回復しました。

最後に、診断機を使いCVTFの劣化度をリセットします。

※劣化度:CVTフルード温度を数値化して演算することで劣化度として置き換える

交換後のロックアップソレノイドの動作
指示信号に対してリニアにソレノイドが反応しています。

劣化度のリセットはもちろんほぼ新油に入れ変わった状態でなければ意味がありません、しっかりした交換を行うことが大前提です。リセット行為だけを行って機械をごまかしてはいけないということです。

全て交換後、セレクトショックも改善したことは当然ながら、ロックアップクラッチの制御が正常になってシャープな変速になりました。

今後は、悪かった燃費も改善されていくでしょう。

今回の故障は、メーターに警告灯のようなものが点灯しなかったためお客様自身ではフルード劣化によるセレクトショック大だと思われていました。
※実際にはスポーツモードランプが点灯しない状態でした。しかし点灯しないものはお客様は気が付かないものです。

しかし、私たちプロからすれば明らかに故障レベルであることは一目瞭然の事例です。

このように故障に気が付かず乗られている事例も多々あります、実はこちらのお車他店にて車検を受けたばかりだったとのこと。

セレクトショックの異常に関して何の指摘もなかったそうです。

お店選びも大切なことをお話しいたしました。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン サファリ(Y60) 冷間始動後エンスト

ニッサン サファリ(Y60)のご入庫 ご用命は、冷間始動後エンジン回転が不安定でエンストするとの事。 こちらのエンジンはTD42型6気筒ディーゼルエンジンです。 冷間始動直後エンジンの回転が不安定でエンストするとの事でしたのでお預かりして冷間で試ししてみるとクランキングが非常に長くエンジンの掛かりも悪いことが確認できました。 もちろん始動後もエンジン回転は不安定でした。 そこでクランキングが長く掛かり辛い時にインジェクターが噴射しているかノズル部分のナットを緩めると燃料が出てきません。 本来このパイプには ...

続きを見る

夏季休業のご案内

夏季休業は8月9日から16日までといたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

AUDI A6オールロード(C7)エアコン効かない

AUDI A6オールロードのご入庫 ご用命はエアコンが効かずぬるい風しか出ないとの事。 まずはガスが入っていなければコンプレッサーは回りません(回さない)ので、ガスが入っているか見るとチャックから噴き出るのでコンプレッサーを回すだけの最低限のガスは入っているようです。 診断機を使い故障コードなど検出していないかみてみますと、エアコンガスの圧力センサーからの信号不良の故障コードを検出しています。 これは冷媒回路内のガス圧力をモニターするセンサーからの信号がないことを訴えてきているので、車両はコンプレッサーを ...

続きを見る

メルセデスベンツS350(W221)NOxセンサー故障

メルセデスベンツS350(W221)のご入庫 エンジンチェックランプが点灯したとの事でご入庫 診断機で故障コードを読み出すと。 P014200 NOxセンサーの異常を検出しました。 NOxとは窒素酸化物のことで排気ガスに含まれる有毒物質のひとつです。 従来では3元触媒と呼ばれるもので排気ガス中の有害物質を還元してから排出するようにしていたのですが、燃費向上のため空燃比リーン状態(酸素過多)でのエンジン使用率が増えてきたためリーン状態ではNOxは還元できないためNOx吸蔵型3元触媒というものが開発されました ...

続きを見る

レクサス IS-F オートマチックフルード・デフオイル交換

レクサスIS-Fのご入庫 こちらの車両はISシリーズの最高峰で5000ccのパワーユニットを搭載したモデルになります。 ご用命は、オートマチックフルードとディファレンシャルオイル等の交換ご依頼です。   まずはオートマチックフルードの交換から進めます。   オイルパンを外して内部ストレーナーの交換を行います。   ストレーナーを交換してオイルパンも綺麗にして組み付けます。   次に圧送式のフルードチェンジャーを接続して内部に残ったフルードを交換します。 内部のフルードが右側で ...

続きを見る

エンジンオイル交換を怠ったツケは・・・

エンジンオイル交換は皆さんご存知のメジャーなメンテナンスの一つですが、怠るとどうなるかは実際に見る機会は少ないかと思います。 我々整備士はメンテナンスを怠り不調を起こした車両を診る機会が多いので、口が酸っぱくなるくらいメンテナンスの重要性をお話しするようになります。 今回もエンジンから、けたたましくカンカンと異音を鳴らしてお車が入庫なさりました。 音を聞いてすでにエンジン内部に大きな破損が起きていることは容易に判断出来る状態でした。   お客様の要望で中古エンジンに乗せ換えることになりました。 ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ミッションマウント破損

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンを掛けた時にガコンと音がするとの事。 エンジン始動時にたしかに大きなガコンという振動と音が聞こえます。 エンジン自体の動きが大きいことからエンジンマウント交換が必要と判断しました。   まずはエンジン側のマウントです。 形状が変わっているので何かしらの対策が織り込まれたのでしょう。 ゴム自体の潰れも気になりますが、液封入タイプで裏返すとやはりシリコンが漏れ出していました。 これでは本来のマウントの性能は発揮できないのは当然です。 こちらのマウント交換後 ...

続きを見る

VW シャラン 後席エアコン 冷暖房の重複トラブル②

前回、後席エアコンの冷房が効かず修理をしたVW シャランの続きです。リンク 冷房が効くようになりホッとしたのもつかの間、今度は暖房が出ない事に気が付きました。   冷房と暖房とでは効かせる仕組みは全く違うものになります。 冷房は前回仕組みをご説明しましたが冷媒ガスを圧縮・膨張をさせることでの気化熱を利用するのですが、暖房はエンジンの冷却水の熱を利用します。 エンジンの冷却水は100℃前後でコントロールしますのでこの冷却水の熱を使い室内を暖めるのです。 冷たい冷媒回路と暖かい冷却水回路が一つのユニ ...

続きを見る

7月の営業日のご案内

7月の日曜日営業は12日といたします。 25日土曜日に関しては休業とさせていただき23.24.25.26日は4連休とさせていただきます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

VW シャラン 後席エアコン 冷暖房の重複トラブル①

VW シャランのご入庫 以前、エアコン(冷房)の効きが悪いとの事でご相談を受けていました。 その際は、エアコンガスの減少による効きの悪さが考えられるため冷媒ガスの測定及び調整を行いました。 結果ガスも減っており規定量をいれるとエアコンの効きも回復しましたので問題ないと判断しました。 ※冷媒回路は正常な状態でも少しずつガスは減少します。 今回は別の不具合があり入庫しましたがその際、後席のエアコン(冷房)の効きが弱いとのご指摘を受けました。 前回のガス調整から半年もたっていませんのでガスが抜けたとは考えられま ...

続きを見る

-故障修理・整備, ニッサン

© 2020 増高自動車工業有限会社