営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ニッサン

ニッサン セレナ(C25)CVT故障

ニッサン セレナ(C25)のご入庫

ご用命は、”10万km超えているのでCVTフルードの交換をしてもらいたい”との事、ただしお預かりの際シフトレバーをDやRレンジにする時のショックが大きくて気になる”との事でした。

確認するとDやRレンジに入れると”ドンッ!”と激しいショックがあります。

もともとDもしくはRレンジにシフトしたときには、セレクトショックと呼ばれるエンジンの動力がトランスミッションに伝わる際のショックがあります。

しかし、こちらのお車の場合明らかにセレクトショックのレベルが、衝撃に近いショックですの正常の範囲を超えていました。

お客様には、CVTフルードの劣化だけで起きているのではなく、ミッション自体に何か故障が起きている可能性があることをご説明して預かりました。

 

まずは、フルード量を確認した後診断機を使用して電気的に故障を検出していないかを確認します。

すると、トルクコンバーターに関係する故障を検出しました。

この故障コードP0740は、ロックアップクラッチと呼ばれる部分の油圧を制御するソレノイドの電気的な故障です。

走行中のデーターモニターでソレノイドにかかる電流を見てみるとソレノイドを動かす指示信号が出ているのですがソレノイド自体が全く反応していません。

コネクターからソレノイドの抵抗値を測定してみると基準値3~9Ωに対して 測定値4.5kΩに達していました。これでは抵抗が大きすぎてソレノイドは作動しません。

ソレノイドの故障が原因なのは確定です、しかしソレノイドは単体での部品供給が無いためソレノイドが含まれるコントロールバルブアッセンブリーでの交換になってしまいました。
※単体供給されている場合での交換事例 リンク

※コントロールバルブ:電気的にソレノイドを動かし油路を切り替えてCVTやAT本体を制御する部品
現在はコンピューター基盤も搭載しているモデルもあります。

コントロールバルブを交換するために、オイルパンを外してみると恐らく一度も交換されていなかったのでしょう、鉄粉吸着用のマグネットに砂鉄状の不純物がびっしり付着していました。

オイルパンのフルードを吸い上げるのにストレーナーと呼ばれる細かい網で不純物をキャッチします。
この網目の細かさがいかに不純物の流入を防ぎたいのかお分かりになると思います。

円筒状のものがソレノイドです。それぞれが油路を切り替える役目を担っています。

余談ですが、CVTは金属ベルトを使用してプーリーの比率を変化することで無段変速を可能にしているのですが、普段お目にかかれない金属ベルトは、コントロールバルブを取り外すと一部見ることが出来ます。

コントロールバルブ交換後、本来の目的であったCVTフルードを交換します。

いくらオイルパンを外してフルードが抜けたとしてもそれは全容量の半分がいいところですご覧のように真っ黒のCVTFが出てきました。

14L使用して透明度のある状態まで回復しました。

最後に、診断機を使いCVTFの劣化度をリセットします。

※劣化度:CVTフルード温度を数値化して演算することで劣化度として置き換える

交換後のロックアップソレノイドの動作
指示信号に対してリニアにソレノイドが反応しています。

劣化度のリセットはもちろんほぼ新油に入れ変わった状態でなければ意味がありません、しっかりした交換を行うことが大前提です。リセット行為だけを行って機械をごまかしてはいけないということです。

全て交換後、セレクトショックも改善したことは当然ながら、ロックアップクラッチの制御が正常になってシャープな変速になりました。

今後は、悪かった燃費も改善されていくでしょう。

今回の故障は、メーターに警告灯のようなものが点灯しなかったためお客様自身ではフルード劣化によるセレクトショック大だと思われていました。
※実際にはスポーツモードランプが点灯しない状態でした。しかし点灯しないものはお客様は気が付かないものです。

しかし、私たちプロからすれば明らかに故障レベルであることは一目瞭然の事例です。

このように故障に気が付かず乗られている事例も多々あります、実はこちらのお車他店にて車検を受けたばかりだったとのこと。

セレクトショックの異常に関して何の指摘もなかったそうです。

お店選びも大切なことをお話しいたしました。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

レクサス RX450h センターコンソールからなぞの不快音

レクサス RX450hのご入庫 アクスルフルードの交換(作業内容リンク)で御入庫されましたがその際、センターコンソールから不快な音がするので一緒に診てもらいたいとの事でした。 異音の発生状況は少し急激に曲がった際にセンターコンソール付近から何かコロコロ転がるような音がするそうです。 同乗して確認すると確かに何かが転がっているような音がしますが、もちろんセンターコンソールには何も入っていません。 後席に乗って異音を確認してみるとどうやら後席用のエアコンの吹き出し口から聞こえてくる気がします。   ...

続きを見る

AM General Corporation 軍用車 始動困難・黒煙

AM General Corporation 軍用車のご入庫です。 1970年代のベトナム戦争時代のアメリカ軍車両です。 車検でのご入庫ですが、エンジンの掛かりが非常に悪く、掛かっても黒煙が尋常ではないほど出ていますので何か異常が起きているのは間違いありません。   状況からして燃料が濃く黒煙が出ているのでキャブレーターを分解してみます。 非常にシンプルなキャブレータです。 分解していくと内部のダイヤフラムが破けていました。 この部分はパワーバルブと呼ばれるところへの通路の開閉をするダイヤフラム ...

続きを見る

レクサス RX450h ハイブリッドビークルトランスアクスルフルード交換

レクサス RX450h(GLY20)のご入庫 トランスミッションのフルード交換を承りました。 ハイブリット車両であるこちらのお車は、ハイブリッドビークルトランスアクスルという名称のトランスミッションを搭載しています。 ミッション内部には発電用と駆動用それぞれのモーターが内蔵しており、そこから出力された動力はプラネタリギアなどを介してタイヤや充電側に駆動力を分散しています。 従来のトランスミッションはエンジンからの動力をギア比を利用して適切な駆動力としてタイヤに伝える役目をしていましたが、この車両はその仕組 ...

続きを見る

エアコンフィルターの定期的な交換をお忘れなく

エアコンユニットにほこりなどが混入しないように現代の車両には標準で装備されているエアコンフィルター。 しかし、交換サイクルを超えて使用することはかえって害になってしまうことは知られていないようです。 こちらは新車から3年の車検整備で交換したエアコンフィルターです。 何かまだらに綿状なものが見えます。 これはカビです! エアコンは除湿するため内部は湿気が多い状態ですので湿気とエサになるほこりが揃えばカビが生えるのは当然のことです。 エアコンフィルターはどこのメーカでも性能別に種類があり ①ホコリだけをキャッ ...

続きを見る

FIAT パンダ(169)クラッチレリーズベアリング焼き付き

フィアット パンダ(169)のご入庫 クラッチからキーと大きな異音がするとの事です。 エンジンを掛けると甲高いキー音が聞こえてきます、音源を探るとエンジンとトランスミッションのつなぎ目から聞こえてきますのでクラッチからの異音のようです。 こちらのお車、AMTタイプのデュアロジックと呼ばれる自動変速のトランスミッションとなります。 自動変速といってもマニュアルミッションをデュアロジックが操作するタイプですのでトルコンではなく従来のシングルクラッチが使われています。   トランスミッションを取り外し ...

続きを見る

締め付けトルク 整備ミス?設計ミス?

エンジンオイル漏れ修理のご依頼を受けました。 エンジンのヘッドカバーからの漏れ修理です。 こちらの車両は年数も経っておりパッキンの劣化もありますので交換時期でしたが、漏れた原因は他にもあるようです。 ヘッドカバーを取り外します。     鉄製のヘッドカバーで、ボルト6本で締め付けて固定しますが、ボルトの締め付け面をよく見ると・・・ かなり食い込んで変形しているのがわかると思います。 明らかにボルトの締め付けすぎです。 それに前回整備した者はオイル漏れの対策でヘッドカバーパッキンに液状ガスケットを ...

続きを見る

BMW X5(F15)ブレーキパッド&ローター交換

BMW X5(F15)のご入庫   ブレーキ警告灯が点灯したとの事 ブレーキパッドは残量が少なくなってきていますので交換が必要です。 ディスクローターも最低厚みに限りなく近く新しいパッドに替えてもすぐに下回ってしまいますのでこちらも交換が必要です。 最低厚み限度18.4㎜ 18.97㎜で残り0.5mmですので、すぐに下回ってしまいますので同時交換が必要です。      BMWは主要消耗部品はコンディションベースサービス(CBS)という言うシステムで管理しています。 単にパッドセンサーな ...

続きを見る

スバル R2 CVTフルード交換

スバル R2のご入庫 R2も生産終了してから久しいですが独特のスタイルで今でも人気があるモデルです。 ご用命はCVTフルードの交換です。 走行距離が3万km代でしたのでオイルパンを開けずに圧送式フルードチェンジャーでフルードのみの交換を行うことにしました。 このミッションには外部フィルターとしてスピンオンタイプのフィルターがありますのでそちらも交換します。   圧送式のフルードチェンジャーでフルードを入れ替えていきます。 https://masutaka.co.jp/images/VID_202 ...

続きを見る

VW ティグアン チェックランプ点灯

VW ティグアン のご入庫 チェックランプが点灯してディーラーに行ったが高額修理の見積もりが出されたので診てもらいたいとの事でした。 お見積りを見させていただくとエンジンのインテークマニホールドの交換となっていました。 お客様になぜインテークマニホールドを交換しなければならないかの説明を受けてきましたか?とお聞きしても理由はよくわからないとの事でした。 高額の修理をお見積りする以上お客様になぜそこを交換する必要があるのかの説明をしてご納得していただく必要があるのですが、それがなされないのでお客様は単に高額 ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の営業案内

ゴールデンウィーク期間は4月29日から5月6日は休業させて頂きます。 新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

-故障修理・整備, ニッサン

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.