営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 スズキ

ワゴンR スティングレイ(MH22S)O/Dランプ点滅

ワゴンR スティングレイ(MH22S)のご入庫

ご用命は、”O/D OFFランプが点滅して車がギクシャクする”との事

確かにメーター内のO/D OFFランプが点滅しています。(動画)

このランプは、オートマチックトランスミッションのオーバードライブをOFFしたときに点灯して知らせるランプです。

オーバードライブとは?
4速オートマチックでしたら4速がオーバードライブとなります。要はエンジンの回転よりも増速したギアのことを言います。
OFF にすること4速に入らず3速までの変速になります。

 

通常はO/Dを使わないことを教えるためのランプですが、このランプが点滅した場合はその役割はトランスミッションの故障警告灯へ変わります。

トランスミッションの故障を知らせているので、診断機で何を検出したのか読み出します。

P0962 ライン圧制御ソレノイドの電圧低下を検出しました。

オートマチックトランスミッションは、内部にソレノイドバルブと呼ばれる電磁式の油路切換え弁が付いていてその中でもライン圧と呼ばれる基本になる油圧をコントロールするソレノイドバルブに異常があることを検出したのです。

点検を進めます。

まず、ライン圧ソレノイドは電磁式ですので内部抵抗が正常なのか測定してみます。

ミッションの外側のコネクターから、測定してみると基準の抵抗値が2.6~3.2Ωでなければならないのに対して0.9Ωと半分以下の測定結果となりました。

ソレノイドバルブの異常は間違いありません。

その他にも、コンピュータとソレノイド間の配線に異常が無いことを確認してソレノイドバルブを交換することになりました。

 

オートマチックミッションの内部にソレノイドバルブはありますのでオイルパンを外します。

このように似たようなソレノイドバルブが何個も付いていて油路の切り替えを行い自動変速をする仕組みになっています。

再度、単体でもソレノイドバルブの抵抗値を測定します。

やはり、外部から測定した結果と変わりなく抵抗値がくるっています。

ソレノイドバルブと、内部フィルターを交換します。

走行距離7万kmほどですが、フィルターにもかなりの不純物が付着して汚れていました。

ソレノイドバルブ交換して治りました、と言いたいところでしたがまだO/D OFFランプは点滅しています!

!!!

確かにソレノイドバルブは直したはずですし、配線にも異常はなかったはず!

しかし、治っていないことは事実ですので気を取り直して故障探求を再度始めます。

 

データモニターでライン圧ソレノイドの出力値を見てみると、デューティー出力が常に100%になっています。実際にソレノイド端子に掛かる出力も100%ですのでデーターモニタも間違っていないようです。

ライン圧ソレノイドをコントロールする出力値が出っぱなしになってしまっています。

こうなると、残るは原因はコンピューターしかありません。

コンピューターを交換後、出力値は走行に合わせてリニアに変化するようになり不具合は解消しました。

ソレノイドバルブが壊れたことで、コンピューターが壊れたのか、その逆なのか、または全く別に壊れたのかわかりませんが、今回は2個の部品が壊れていたということになります。

 

故障探求は、一つの不具合箇所を発見するとそこが原因と決めつけてしまうことが多いのですがこのように複数の不具合原因が潜んでいることも時折あります。

初めに修理見積もりを出していても追加が発生してしまうというのはこのような故障の場合に起こります。

故障探求の難解さを、このブログを通して知っていただけたら幸いです。

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン エルグランド(E51)カムポジションセンサー故障

ニッサン エルグランド(E51)のご入庫 ご用命はエンジンチェックランプが点灯してエンジンが掛かりずらいとの事。 入庫時メーターにはエンジンチェックランプが点灯しています。   エンジンが掛かりずらいとの指摘はクランキング時間が長いことのようです。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200610_132713.mp4 エンジンが掛かるまでのクランキング時間が長いのがわかります。   診断機を使い故障コードを読み出してみます。 カムポジションセンサー ...

続きを見る

ニッサン サファリ(Y60) 冷間始動後エンスト

ニッサン サファリ(Y60)のご入庫 ご用命は、冷間始動後エンジン回転が不安定でエンストするとの事。 こちらのエンジンはTD42型6気筒ディーゼルエンジンです。 冷間始動直後エンジンの回転が不安定でエンストするとの事でしたのでお預かりして冷間で試ししてみるとクランキングが非常に長くエンジンの掛かりも悪いことが確認できました。 もちろん始動後もエンジン回転は不安定でした。 そこでクランキングが長く掛かり辛い時にインジェクターが噴射しているかノズル部分のナットを緩めると燃料が出てきません。 本来このパイプには ...

続きを見る

夏季休業のご案内

夏季休業は8月9日から16日までといたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

AUDI A6オールロード(C7)エアコン効かない

AUDI A6オールロードのご入庫 ご用命はエアコンが効かずぬるい風しか出ないとの事。 まずはガスが入っていなければコンプレッサーは回りません(回さない)ので、ガスが入っているか見るとチャックから噴き出るのでコンプレッサーを回すだけの最低限のガスは入っているようです。 診断機を使い故障コードなど検出していないかみてみますと、エアコンガスの圧力センサーからの信号不良の故障コードを検出しています。 これは冷媒回路内のガス圧力をモニターするセンサーからの信号がないことを訴えてきているので、車両はコンプレッサーを ...

続きを見る

メルセデスベンツS350(W221)NOxセンサー故障

メルセデスベンツS350(W221)のご入庫 エンジンチェックランプが点灯したとの事でご入庫 診断機で故障コードを読み出すと。 P014200 NOxセンサーの異常を検出しました。 NOxとは窒素酸化物のことで排気ガスに含まれる有毒物質のひとつです。 従来では3元触媒と呼ばれるもので排気ガス中の有害物質を還元してから排出するようにしていたのですが、燃費向上のため空燃比リーン状態(酸素過多)でのエンジン使用率が増えてきたためリーン状態ではNOxは還元できないためNOx吸蔵型3元触媒というものが開発されました ...

続きを見る

レクサス IS-F オートマチックフルード・デフオイル交換

レクサスIS-Fのご入庫 こちらの車両はISシリーズの最高峰で5000ccのパワーユニットを搭載したモデルになります。 ご用命は、オートマチックフルードとディファレンシャルオイル等の交換ご依頼です。   まずはオートマチックフルードの交換から進めます。   オイルパンを外して内部ストレーナーの交換を行います。   ストレーナーを交換してオイルパンも綺麗にして組み付けます。   次に圧送式のフルードチェンジャーを接続して内部に残ったフルードを交換します。 内部のフルードが右側で ...

続きを見る

エンジンオイル交換を怠ったツケは・・・

エンジンオイル交換は皆さんご存知のメジャーなメンテナンスの一つですが、怠るとどうなるかは実際に見る機会は少ないかと思います。 我々整備士はメンテナンスを怠り不調を起こした車両を診る機会が多いので、口が酸っぱくなるくらいメンテナンスの重要性をお話しするようになります。 今回もエンジンから、けたたましくカンカンと異音を鳴らしてお車が入庫なさりました。 音を聞いてすでにエンジン内部に大きな破損が起きていることは容易に判断出来る状態でした。   お客様の要望で中古エンジンに乗せ換えることになりました。 ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ミッションマウント破損

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンを掛けた時にガコンと音がするとの事。 エンジン始動時にたしかに大きなガコンという振動と音が聞こえます。 エンジン自体の動きが大きいことからエンジンマウント交換が必要と判断しました。   まずはエンジン側のマウントです。 形状が変わっているので何かしらの対策が織り込まれたのでしょう。 ゴム自体の潰れも気になりますが、液封入タイプで裏返すとやはりシリコンが漏れ出していました。 これでは本来のマウントの性能は発揮できないのは当然です。 こちらのマウント交換後 ...

続きを見る

VW シャラン 後席エアコン 冷暖房の重複トラブル②

前回、後席エアコンの冷房が効かず修理をしたVW シャランの続きです。リンク 冷房が効くようになりホッとしたのもつかの間、今度は暖房が出ない事に気が付きました。   冷房と暖房とでは効かせる仕組みは全く違うものになります。 冷房は前回仕組みをご説明しましたが冷媒ガスを圧縮・膨張をさせることでの気化熱を利用するのですが、暖房はエンジンの冷却水の熱を利用します。 エンジンの冷却水は100℃前後でコントロールしますのでこの冷却水の熱を使い室内を暖めるのです。 冷たい冷媒回路と暖かい冷却水回路が一つのユニ ...

続きを見る

7月の営業日のご案内

7月の日曜日営業は12日といたします。 25日土曜日に関しては休業とさせていただき23.24.25.26日は4連休とさせていただきます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

-故障修理・整備, スズキ

© 2020 増高自動車工業有限会社