スバル フォレスターのご入庫

ご用命はオートマチックトランスミッションフルードの交換です。

走行距離10万kmを超えていることから今後も良い状態で乗りたいとのご用命です。

内部が複雑なオートマチックミッションは汚れたフルードを排出することは、実はかなり困難で、当店では圧送式のフルードチェンジャーを使用して交換を行います。

まずは、フラッシング用のフルードを使用して、汚れたフルードを入れ替えます。

このようにチェンジャーで古いフルードをフラッシングフルードと入れ替えます。

左側が新油 右側が抜き取っているフルードです。

このチェンジャーで入れ替えることで効率よくかつ、高精度で交換を行うことが出来ます。

次に、2000ccターボ車で出力が大きなこちらのお車、ATFにかなりの負担が掛かりますので高性能なWAKO’S ハイパーS 全量入れ替えます。

この工程で先ほどのフラッシングフルードとハイパーSを入れ替えるのです。
現在WAKO’S ハイパーSは廃盤になり新しいプレミアムSにモデルチェンジしました。性能も向上しましたがお値段も上がってしまいました。

当店では、WAKO’S/NUTEC製フルードを取り扱うことで、様々なニーズに対応できるようにしています。

内部モニターのフルードが新油と同じ透明度になっていることがしっかりとした交換が出来たことの証です。

最後にオイルフィルターを交換します、スバルのトランスミッションはエンジンオイルの様に外部にフィルターがありますので交換は容易です。

ミッションフルードは、単に交換すればよいのではなく、どれだけ効率よく確実にきれいにすることが出来るのかが重要です。

場合によっては、オイルパンを外して内部洗浄も行わなければなりません。

フルードを交換すると壊れるといわれるのですが、それは元々壊れているか交換方法が良くないことで起こるのです。

交換しなくてよいオイルはありません、交換しなくてもよいという場合はそれはその機械自体を使い捨てとして使用する場合のみなのではないでしょうか。

長期にわたり良い状態を保ちたいのでしたらオイル(フルード)交換は必須であるということは、メカニズムからして当たり前のことなのです。