営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 Jeep

JEEP ラングラー エンジン掛かりが悪い時がある

JEEP ラングラー(TJ)のご入庫

ご用命は、”エンジンの掛かりが悪い時があるけど、普通に掛かってしまうこともある”とのこと

掛かりが悪いと一言で言っても様々な掛かりの悪さがあるのですが、ひとつの判断基準としてはスターターモーターが正常なクランキングをしているかということがあります。

クランキングとは、エンジンを掛け始めるときのモーターでの回転のことです。音としてはキュキュキュといった感じでしょうか、そののちにブルンとエンジンが掛かるイメージです。

入庫したお車、不具合発生時クランキングの速さは正常ですが初爆がありません。
初爆:クランキング中にエンジンが掛かりそうなブルンといった初めの爆発

しかし、しばらくすると何事もなかったようにエンジンは掛かってしまいました。

その後も、掛からない時はうんともすんとも言わないのですが、何かの拍子に正常にかかってその後も問題なくエンジンは回るという症状でした。

 

故障探求を始めます。

エンジンが回るには3つの要素が必要です。

1.良い圧縮
2.良い混合気(燃料)
3.良い火花

この中のひとつでも欠けるとエンジンは掛かりません。

一つずつ検証していきます。

良い圧縮:
圧縮自体はエンジン本体のもので基本的には変化のないものです。何らかの拍子で掛かることから圧縮は正常と判断

良い混合気:
そもそも燃料がポンプから圧送されているかが問題なのですが、不具合発生時エンジン付近で燃料の圧力(燃圧)が正常にかかっていることが確認できました。
しかし、その燃料をエンジンに噴射するインジェクターの作動音が聞こえませんでした。

良い火花:
不具合時にスパークプラグにスパークしているか確認したところ、スパークを確認できませんでした。もちろんエンジンが掛かっているときは正常にスパークしています。

上記点検した結果、不具合時
1、火花が飛んでいない(飛ばしていない?)
2、インジェクターの作動音がしない。(燃料を噴射していない)

といった、2点確認をすることが出来ました、これで故障探求はかなり絞り込むことが出来ました。

 

このエンジンは、電子燃料噴射システムと呼ばれるコンピューター制御で燃料や火花をコントロールしています。(現在の自動車は皆このシステムです)

先ほどの、火花と燃料噴射といった制御はもちろんコンピュータが行うのですが、そのコンピュータには入力信号を送り込まなければ、どのタイミングで火花を飛ばしたり、燃料を噴射したらいいのかコンピューターはわからなくなってしまうのです。

入力信号は多々あるのですが、その中での最も重要な信号でクランク角センサーと呼ばれるものがあります。

クランク角センサーはエンジンの回転する上で基準になる位置を読み出す重要なセンサーで、その信号を元にして火花も燃料もコントロールしています。

その信号が、入らないことで不具合が発生していることが濃厚になりました。

不具合時に、クランク角センサーからの信号を読み出しましたが出ていないことが確認できたため、センサー不良と判断して交換いたしました。

コンピューター制御のお車は、センサーの壊れ方も様々で症状も多岐にわたります。

不具合再現率が多いと測定など出来ますので比較的、故障探求をスムーズに進めることが出来ますがなかなか再現できなかったりすぐに消えてしまうような症状だとうまく信号などを測定できず苦労することがあります。

現代のコンピューター制御車は、正常時はよいのですが壊れ始めると手が掛かる故障探求が非常に多いです。

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アルファロメオ GT 直噴インジェクター不良

アルファロメオ GTのご入庫   エンジン不調でのご入庫 このエンジンは2.0LのJTSと呼ばれる直噴エンジンユニットになります。 他店でミスファイヤーの指摘を受けたが、原因が点火系ではないので大きな修理が必要だとの診断を受けたそうです。 当店でも診断機を使用して故障コードを読み出してみても、前出の診断通り1番シリンダーのミスファイヤー(失火)を検出しました。 ミスファイヤーの検出はエンジントルクの変動で読み取るのですが1番シリンダーが何かしらの理由でうまく爆発していないことになります。 &nb ...

続きを見る

ニッサン キャラバン (E25) 前輪ハブベアリング ガタ

ニッサン キャラバン(E25)のご入庫 車検でのご入庫ですが、前輪のハブベアリングにガタが発生しています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201111_133317.mp4 動画ではガタをお伝えするのは難しいのですが、ホイールを横方向に力を加えるとカタカタするのが、本来はこのような力を加えてもガタは出ません。 ハブベアリングとはタイヤの中心部のハブというところのベアリングで、ここを軸にしてタイヤが回る非常に重要な部分になります。 点検の際はこのベアリングにガタや異 ...

続きを見る

AUDI A4(B8)車検整備

AUDI A4 アバント(B8)車検整備でのご入庫 車検でのお預かりですが、”ブレーキフルードレベルの警告灯が付いたり消えたりする”事があることが気になるそうです。 ブレーキフルードのリザーバータンクを点検するとMIN(下限値)すれすれでした。   確かにブレーキフルードの量が減っていますので、当然漏れている可能性もあるのですが今回の原因はブレーキパッドとローターの摩耗が原因でした。 前輪のブレーキ写真ですがパッドとディスクローターの摩耗がかなり進んでおり限界でした。 ではなぜパッドとローターが ...

続きを見る

MINIクロスオーバー(R60)オイル・冷却水・ベルト周り不良

MINIクロスオーバー(R60)のご入庫 エンジンオイル交換でのご入庫でしたが、あまりにも急を要する整備が必要な為緊急入院となりました。 大きく分けて3種類の修理が必要です。 ①エンジンオイル漏れ ②エンジン冷却水漏れ ③ベルト回り   まずは下廻りを見てエンジンからのオイル漏れと冷却水漏れが酷いのがすぐにわかりました。 ①エンジンのオイル漏れはヘッドカバーからの漏れとオイルエレメントケースからの漏れが酷いです。 ヘッドカバーパッキンの交換 オイルエレメントケースからの漏れは排気のパイプに掛かる ...

続きを見る

FIAT500 ツインエア ウォーターポンプ交換

FIAT500 ツインエアのご入庫 車検でのご入庫ですが”最近リザーバタンクの冷却水が少し減る気がする”との事。 こちらの車両はツインエアと呼ばれる2気筒エンジンを搭載したモデルになります。 パッと点検した感じでは大きく漏れているところは見当たりません。 しかしこのエンジンのウォーターポンプは少し変わった構造で外からでは中々漏れがわからない構造になっています。   構造的にはエンジンのフロントカバー内部に取り付けられています。 もしウォーターポンプのシールが悪く漏れ出した場合のために穴があいてい ...

続きを見る

ホンダ モビリオ オルタネーター過充電

ホンダ モビリオスパイクのご入庫 ご自身で取り付けた電圧計が16Vを指すときがあり、その時はエンジンの調子もおかしいとの事。 これは危険な兆候ですのですぐに診させていただきます。 このようなメーターをご自身で取り付けていますが、電圧計の数値が高い時があるそうです。 社外のこのようなメーターは粗悪なものもあるので実際の発生電圧はサーキットテスターを使用して測ります。 エンジン回転を上げると電圧が16ボルト以上になりました! これはボルテージレギュレータが電圧制御できなくなってしまっている状態でこのまま使用す ...

続きを見る

アルファロメオ 159 2.2JTS セレスピード クラッチオーバーホール

アルファロメオ159 2.2JTSのご入庫 セレスピードシステムのクラッチエラーで走行不能になったとの事で積載搬送されました。 セレシステムのエラーの原因は、すでに他店で診断済みでクラッチオーバーホールが必要との事でしたが、当店でも再度故障コードを読み出してクラッチのストロークエラーを確認しましたのでオーバーホールを行うことになりました。 ミッションを取り外してクラッチを確認するとやはり溝が無くなりディスクのリベットが出始めていますので限界でした。   次にこのクラッチで重要で見逃してはいけない ...

続きを見る

プジョー 3008 ウォーターポンプ亀裂による冷却水漏れ

プジョー3008のご入庫 エンジンオイル交換をご依頼いただいたのですが、その際に冷却水漏れを発見しました。   このエンジンはプジョー・シトロエン・BMW(MINI)など多くの車種にも搭載されている1.6Lガソリンエンジンです。   漏れ箇所はウォーターポンプからで、ウォーターポンプを取り外してみるとポンプ本体に亀裂が出来てそこから漏れだしていました。 ハウジングは樹脂製ですのでこのようなことが起きたのでしょう、社外品のポンプはアルミ製です。   このエンジンのウォーターポン ...

続きを見る

トヨタ MR-S 触媒不良

トヨタ MR-Sのご入庫 中古で購入したばかりで車検が到来したが、修理箇所が多すぎて他店で高額修理代の提示があったため困りかねて当店にいらっしゃいました。 確かに複数個所で修理が必要な個所がありましたが、特にこの部分の修理は見逃せませんでした。 エキゾーストマニホールドとマフラーのつなぎ目から排気ガス漏れです。 排気漏れは当然、保安基準に不適合ですので車検は通りません、しかしそれよりもそこから臭う排気ガス臭が気になりました。 お客様には排気漏れの修理以前に触媒に何か不具合が起きている可能性があることをお知 ...

続きを見る

VW ゴルフ6 オイルセパレーターからオイル漏れ

VW ゴルフ6 車検でのご入庫 1.2LターボのCBZユニット搭載です。 点検をしてみるとエンジンからオイル漏れが酷いです。 原因はこちら これはオイルセパレーターという部品です。 エンジンブロックのブローバイガス(シリンダーから吹き抜けたガス)にはエンジンオイルもミスト状になってガスに混入しているため、このセパレーターでオイルだけを分けてオイルパンに戻す役目をします。 しかしこのセパレーターはブロックに液状ガスケットのシールで取り付けられているのですが、そのシールがダメになったことでオイルが漏れだしてし ...

続きを見る

-故障修理・整備, Jeep

© 2021 増高自動車工業有限会社