営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ニッサン

ニッサン NV350(キャラバン)ブレーキメンテナンス②

 ニッサン NV350(キャラバン)

前回紹介した、フロントブレーキ周りに続き今回はリヤブレーキの整備を紹介いたします。

こちらのお車は、リヤブレーキはドラムブレーキタイプです。

ドラムの中でブレーキシューが広がることでブレーキを効かせます。

かぶっているドラムはこのような形

ドラムブレーキも、ディスクブレーキ同様に油圧と機械部分に分かれます。

油圧部分のメンテナンスとしては、ホイールシリンダーのオーバーホールがあります。

 

ペダルを踏むと油圧が発生してこのホイールシリンダーに油圧が伝わり広がります。

広がることでブレーキシューを左右に押し広げてドラムの中で突っ張ることでブレーキを効かせます。

シリンダーは油圧システムの末端になりますので吸湿性のあるブレーキフルードは水分を含んでしまうので錆びてトラブルを起こすことが非常に多いので点検・交換は必須項目です。

ホイールシリンダートラブル事例 リンク

 

機械部分のトラブルとしては、ブレーキパッド同様ブレーキシューに張り付けてある摩擦材(ライニング)の残量の点検が必要です。

残量が少なければもちろん交換です。

ブレーキシュー残量少トラブル事例 リンク

 

 

漏れやパッド・シュー残量少のトラブルの陰に隠れて、意外と多いのがドラムとシューとの隙間調整の不良です。

この車両のタイプはリーディングトレーディングタイプで乗用車ではオーソドックスな構造で、自動調整の隙間調整機能が付いています。

これは、サイドブレーキを引いて、ある一定以上ドラム内部のレバーが引かれる(ライニングが減り隙間が広がった)とギザギザの山を乗り越えて、ネジを伸ばして隙間を埋めるような構造になっています。

自動調整なんだから調整が不要なのでは?と思いますが、ここに落とし穴があります。

自動調整はあくまでも大雑把な調整で、細かな調整はできないのです。ベストな隙間に調整するためにはあくまでも整備士が手動で調整しなければなりません。調整が悪ければブレーキのフィーリングに影響を及ぼします。

 

ブレーキの制動力とブレーキの効き初めのタッチは別物です。

 

例えば、フロントディスク リヤドラムブレーキの場合で、リヤブレーキの隙間が大きかった(広い)としましょう。

ブレーキペダルを踏んだ瞬間、フロントブレーキはディスクブレーキで隙間はほとんどありませんのですぐに効き始めるのですがリヤブレーキは隙間があるためわずかな間、まだブレーキが効いていない瞬間があります。

すると、一瞬ですが前ブレーキだけが先に効いて車体が前傾姿勢になります。

前のめりになってからリヤブレーキが効くようになるので運転している人は車体の不安定な状態をブレーキが効かないと表現するのです。

実際、リヤブレーキの隙間をベストに調整すると前後の効き初めがほぼ同時になるため車体が安定して沈み込みます。

※もともと、前ブレーキのほうが制動力を必要とするため設計上前のめりになるのですが、この話はブレーキ効き初めのわずかな姿勢変化のことを話しています。

※足回りにヘタリが出ているとこのような姿勢の不安定さも顕著に現れます、ブレーキ以外にも点検が必要な場合もあります。

 

しかし、このような症状を”ブレーキが効かない”と訴えるユーザーに対して、車検でのブレーキ検査では問題なかったと片づけてしまうお店が多いのです。

それは車検の継続検査でのブレーキ測定は、ブレーキペダルを最大限に踏み込んだ状態での制動力測定(最大制動力測定)であるため、効き始めの制動力などは全く測定はしないのです。

確かにお店側のブレーキは効いていると言うことは間違いはないのですが、お客様の言われているブレーキのフィーリングへの不満は、食い違ったままになってしまうのです。

 

大雑把な自動調整機能ではこのシビアな隙間調整はできませんので、整備士が手動できっちり合わせた上でテスト走行を行って実際の走行状態でフィーリングを含めてブレーキを診てあげることが大切なことです。

 

本来、このようなことも含めて車検整備や点検なのですが・・・

1時間ぐらいで出来る車検を売りにしているところがありますが、その時間でここまでやれるのかは・・・

ご想像にお任せします。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT500 エンジンコンピューター突発故障

FIAT500のご入庫 買い物を終えエンジンを掛けようとしたら掛からなくなったとの事で緊急搬送されました。 スタータでのクランキングは勢いよく回っていますが初爆の気配すらありません。 診断機を繋ぎ故障コードを読み出すことにします。   エンジンコンピューターにアクセスできません! ミッションコンピューターにもエンジンコンピュータとのアクセスが出来ないエラーが検出されています。 エンジンコンピュータが認識できていません。(作動していない) 他車のエンジンコンピューターを仮でつないでみるとイモビライ ...

続きを見る

ニッサン NV150(Y12)商用車のシビアコンディション

ニッサンNV150 車検でのご入庫 初回車検(新車から2年)の整備を行うのですがこちらの車両すでに走行距離は8万kmを超えていますので年間4万km以上走る計算になります。 このような過走行の車両は一般的に注意する部分以外にも目を配らなければいけません。 まずは新車時から初めて開けたであろうドラムブレーキです。 ドラムブレーキはドラムで覆われているためブレーキダストは中に溜まった状態になります。 ブレーキのホイールシリンダーもオーバーホールします。   サビの発生こそなかったものの汚れは酷いです。 ...

続きを見る

smart スマートK ブレーキペダル ふわふわする

smart kのご入庫 ご用命は右後ろのタイヤから何かが漏れてブレーキペダルもふわふわするとの事。 これは大変危険な状態ですので自走はしないで、ロードサービスを使用して搬送するようにお願いしました。 タイヤの裏を見るとブレーキフルードでびしょ濡れです。 ドラムブレーキですので漏れる部分はホイールシリンダーが濃厚です。 ドラムを外すとやはりブレーキフルードでビチャビチャになっていました。   ホイールシリンダーを取り外してみると内部は酷い状態になっていました。   錆が酷く固着してピスト ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ(186)インジェクター突然故障

FIAT ムルティプラ(186)の御入庫 大変個性的なこちらの車、突然エンジンの振動が大きくなりチェックランプが点灯しました。 1600ccの4気筒ガソリンですが、診断機で故障コードを読み出すと4番シリンダーが1気筒ミスファイヤーを起している模様です。 エンジンが回る為の大切な3要素 よい圧縮・よい火花・よい燃料を調べていきます。※よいという表現は適切という意味です。   まずは、良い火花に当たる点火系統を点検していきます。 イグニッションコイルとスパークプラグ間にはプラグコードがあるタイプです ...

続きを見る

フィアット500 ステアリング切ると何かずれた感じがする

フィアット500のご入庫 旋回中に途中何か車体がずれたような感じがするとの事でご入庫。 工場内でステアリングを切り移動したところコクッと何か車体がずれた感じがしました。 リフトで車両を持ち上げて点検したところこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200715_142715.mp4 これは前輪のロアアームに付くボールジョイントです。 手で動かしてこれだけ動くことはかなりのガタが左右とも発生しています。 ボールジョイントはロアアームと一体です ...

続きを見る

ダイハツ ミラジーノ(L700S)クラッチオーバーホール ミス

ダイハツ ミラジーノ(L700S)のご入庫 ご依頼は、クラッチが重たく操作が上手くできないとの事 確かにクラッチペダルも重くミートポイントもわかりませんし、操作するとギーギー音もしますのでクラッチの交換が必要そうですが、お客様とお話を進めていくと どうもそんな簡単なことではなくかなりクラッチのことで苦労しているようです。 実はこの車両はミッションをすでに2回も降ろして作業を行っているそうです。 はじめ他店にてクラッチオーバーホールを行ってしばらくしてミッションのフロントオイルシールからオイルが漏れ出してし ...

続きを見る

ホンダ ヴェゼル CVTフルード交換

ホンダ ヴェゼルのご入庫 以前CVTフルードだけを交換してもらったが今回はオイルパンを外して交換をしてほしいとのご依頼。 走行距離6万km代で特に走行にも違和感を感じていないのであくまでもメンテナンスの一環として行います。 このミッションはオイルパンもアルミ製ですので気を付けて外します。   内部にはストレーナーがあります。 オイルパンには磁石が縦についていますので綺麗に清掃して付け直します。 内部ストレーナーを交換します。   ドレンボルトにも磁石が付いていて鉄粉が付着しています。 ...

続きを見る

FIAT パンダⅢ(312)恐怖!ダブルマスフライホイール破損

FIAT パンダⅢ(312)のご入庫 ご用命はデュアロジックのギアが抜けたり、振動も大きくなったとの事。 ツインエア搭載のこちらの車両、2気筒エンジンで元々エンジンの振動は大きめなのですが正常時には出ない大きな振動が起きています。 故障コードを読み出してみるとクラッチストロークエラーを読み出しています。 クラッチも正常に作動できていないのでクラッチオーバーホールをする必要があることをお話しして作業に取り掛かります。 ミッションを取り外しクラッチを観察すると何かおかしいです。 レリーズベアリングの当たった跡 ...

続きを見る

11月休業日のお知らせ

11月は1.2.3日(日.月.火曜日)及び22.23日(日.月曜日)は休業日とさせていただきます。 なお、第二日曜日 8日は営業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫 走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。 状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。 クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。 何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。 ようやく外してベルトを点検しますがどうや ...

続きを見る

-故障修理・整備, ニッサン

© 2020 増高自動車工業有限会社