明けましておめでとうございます。

 

昨年も多くの皆様にご来店いただきありがとうございました。

様々な自動車整備に携わらせていただき勉強になる一年でした。

今年も車好きの皆様のお力添えになればと思います。

 

FIAT500のご入庫

dsc_0063

運転席のガラスが外れてしまったとの事

この手の故障は、古今東西どこのメーカーでもよくあるのですが、原因はガラスの上げ下げをするウインドウレギュレータと呼ばれる部品の故障がほとんどです。

こちらのお車のウインドウレギュレーターを点検してみるとやはり、ガラスとの接合部が割れてしまっています!

img_20161021_104122

フィアット500のレギュレーターはガラスとの固定は1点支持ですのでガラスの滑りが悪くなるとここに力が過剰に掛かりこのように割れてしまいます。

img_20161021_160911

パワーウインドウ動作の仕組みは、パワーウインドウモーターでワイヤーを巻き上げレギュレーターを上下させる仕組みでどこのメーカーでも基本的な仕組みは同じです。

ガラスは前と後ろでランチャンネルと呼ばれるレールをガイドにして上下するのですが、今回はガラスの摺動に大きな影響を与えるガラスランチャンネルも同時に交換します。

img_20161021_154836

レギュレータの接続部分をもっと強く作ればよいのでしょうが、ガラスに挟み込まれての事故や故障時にガラスが割れたりして故障の損害が大きくなってしましますのでどのメーカーでもあまり強度は持たせていません。

古くなってくると窓ガラスの上げ下げが重たくなることがありますが、そんな場合あまり無理に動かすとこのように壊れてしまいます。

パワーウインドウを操作していて以前よりも動きが遅く重たい感じの場合ランの清掃給油で改善される事もあります。

あまり強く作られていない部品ですので無理に動かすと、ガラスが落ちて割れてしまうという二次被害もありますので異変を感じたらすぐに点検を受けてください。