AUDI TTクーペ車検整備でのご入庫

dsc_0066

車検整備は普段からお手入れが行き届いていらっしゃるのでブレーキフルードの交換ほどで済みました。

その他に、ご用命でブレーキディスクとパッド交換・DCTフルードの交換を承りました。

今回はブレーキ交換の整備内容をご紹介いたします。

dsc_0015

ブレーキのディスクローターの交換です。

円盤状のブレーキディスクをアクスルハブから取り外し交換します。

と、言葉で言えば簡単なのですがハブ取付面はこのように錆びていることがほとんどです。

dsc_0018

錆は当然ハブの平面を狂わせますので取り除き平面を出したうえで新しいブレーキディスクを組み付けることになります。

dsc_0020

防錆のためカッパーグリスを塗布します。(銅グリスですので錆びたような色です。)

dsc_0021

そして、新しいブレーキディスクの装着です。スリットディスクでかっこいいですね。(⌒∇⌒)

dsc_0022

 

ブレーキディスクの交換自体は実はそんなに大変なことではありません。

しかし、錆をそのままにして組み付ければハブとの平面が保たれていないためブレーキディスクが振れてブレーキジャダーなどの不具合を引き起こす原因になってしまいますので手を抜くことはできません。

交換作業自体よりも清掃の方が手が掛かったり、苦戦することはよくあることです。しかし、そこを手を抜いてしまうと様々な弊害が発生することもよくあることなのです。