営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 イタリア車 フィアット

FIAT ムルティプラ タイミングベルト交換

FIAT ムルティプラのタイミングベルト交換です。

RIMG0646

大変個性的なムルティプラ、ワイドな車体に似合わず かわいらしいFIAT製1.6Lツインカムエンジンを搭載しています。

IMG_20151228_162314

 

FIATグループ(アルファロメオなど)のエンジンはカムシャフトとタイミングプーリーの固定にキーを使用していませんのでSST(スペシャルサービスツール:特殊工具)をセットしなければ正確なタイミングを取ることは不可能です。

このエンジンでは、カムシャフトの後ろ側にこのようなSSTをセットします。(エンジンによってカムの固定にはさまざまなSSTが存在します。)

IMG_20160108_112455

このSSTでカムシャフトを、No1シリンダー圧縮上死点位置に固定することが出来ます。

次にNo1シリンダーのプラグホールにこのSSTをセットして正確にNo1シリンダーピストンを上死点位置にします。

IMG_20160211_163209

※写真はアルファロメオです。真ん中の時計のような工具(ダイヤルゲージ)が上死点を正確に出すSSTです。

新しいタイミングベルトをセットしテンショナーを適切なテンションにあわせます。(その際、タイミングプーリーの固定ボルトはフリーにします。)

テンショナーもSSTを使用して、適正なテンションをベルトにかけます。

ピストン上死点とカム位置が決まっているのでタイミングプーリーのボルトを締め付けて組み付けはお終いです。

と、簡単に書きましたがSSTがあるからといって簡単に組めないのもイタリア車。SSTのセットにも遊びがあり、なかなかよい位置に決めるのには苦労します。(微妙な位置を出すために何度も調整を繰り返します。)

しかし、バルブタイミングをしっかりとって組んだエンジンは大変心地よいエンジンフィーリングを取り戻します。

 

ほとんどのメーカーではカムとタイミングプーリーの位置決めにキーというものが入っているためカムとプーリーの位置関係は決してずれませんので、このような手のかかるタイミングベルト交換はしません。

ではなぜこんな面倒な構造なのでしょう?

新品でも必ず微妙な長さの差やエンジン側の個体差がありますので、エンジンに組みつけた際バルブタイミング調整が出来るほうがより正確に組むことが出来、本来の設計通りの性能を出すことが出来るのです。

それにタイミングベルトはゴムの為使用過程で必ず伸びます。そのときにタイミングプーリーの位置をずらすことが出来るこの設計は再調整が出来るため、伸びたベルトでも適切なバルブタイミングに調整できる大変理にかなった構造なのです。

プーリーの位置が固定されているエンジンでは個体差によるバルブタイミングのずれは調整できませんし、ベルトが伸びてくればタイミングは必ずずれ性能低下してきます。そのタイミングを正しい位置にするには伸びてしまったタイミングベルトを交換しなければ元には戻らないんです。

調整が出来るということは、多少伸びてしまったベルトでも調整して適切なタイミングに合わせることが出来るということです。しかし調整するには整備士の腕が大きく性能に左右してきます。

なかにはSSTも使用せずにアイマークを付けてただ元通りに組み付けたような車両を見かけることがあります。

いい加減に組んでもそこそこ走ってしまうのもイタリア車ですが、本来のポテンシャルを発揮させてあげることが出来れば、きびきび走るイタリア車ならではの走りを堪能することが出来ます。

しっかりとしたノウハウを持った当社にお任せ下さい。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。 それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。   このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。 もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。 ...

続きを見る

クライスラー イプシロン ツインエア 車検整備

クライスラー イプシロン(312)車検整備でのご入庫 クライスラーで発売された車両ですがランチア イプシロンと同じです。搭載エンジンもFIATグループのツインエアを搭載しています。 900ccの2気筒ターボエンジンです。 2気筒ゆえスパークプラグの寿命は短かく2~3万km毎に交換が必要です。   エアクリーナーはこのカバーに内蔵されています。 走行距離約4万kmでこれくらいの汚れます、手前にスポンジがあり大きなゴミを取り去りそこを超えた微細なごみをフィルターでキャッチします。 僅か900ccのエ ...

続きを見る

MB スプリンター(W903)キャンパー仕様 スプリントシフト整備

メルセデスベンツ スプリンター(W903)キャンパー仕様のご入庫 このクラスは欧州ではメジャーな商用車で、日本国内ではキャンパー仕様にして乗られている方が多い車種です。 日本ではかなり大きな車両で積載車と比べるとその大きさがお分かりになると思います。 メインのご用命はトランスミッションの変速不具合を訴えてこられました。 ・減速時ギアが勝手にニュートラルになる。 ・気温の低い時に多く起きる気がする。 ・ポンプ作動時間が長い気がする。 上記の症状を訴えてこられたのですが、何か聞き覚えのある症状ではないですか? ...

続きを見る

MINI (R56)冷却水・エンジンオイル漏れ

MINI Cooper S(R56)のご入庫 駐車場に何かが垂れた跡があるとの事でご入庫 下廻りから点検してみるとウォーターポンプから冷却水が漏れているのとエンジンオイル漏れが酷くオイルパン付近までオイルで濡れているのを確認することが出来ました。 このモデル定番の不具合と言える事象です。 まずはウォーターポンプの交換から。 シャフトシールからの漏れですので寿命と言えます。   次のここもよく漏れる箇所でヒートエクスチェンジャー(熱交換器)のパッキンです。 オイルエレメントケースに付くことが多いこ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ラジエータ冷却水漏れ

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンオイル交換で入庫の際に冷却水のリザーバータンクが空になっているのを発見しました。 冷却水が漏れている可能性が有るので点検してみるとラジエーターからかなり漏れがありました。   緑色のものが冷却水でかなり漏れているのがわかります。 アッパータンクとコアのカシメ部分から漏れています。   新品のラジエーターに交換します。   このラジエーターは上下の黒いタンクと、放熱をするアルミのコアで構成されています。 このラジエーターの中に冷却水を ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)ステアリングアングルセンサー故障

メルセデスベンツ E350(W211) 車検でのご入庫。 メーター警告灯が点灯しています。 ESPとはエレクトロニクス スタビリティ プログラグ(横滑り防止装置)でブレーキやステアリング・エンジン等を統括コントロールしてスリップ時などに制御を介入させて走行安定性を保つものです。   様々な構成部品で出来上がっているシステムなので診断機で何の故障を検出したのか見てみます。   この故障は比較的多い故障でステアリングアングル(舵角)が上手く読み取れない時に検出することが多いです。 ステアリ ...

続きを見る

スズキ ワゴンR(MH23)走行中ゴーゴー音

スズキ ワゴンR(MH23)のご入庫 走行中、ゴーゴーすごい音がするとの事。 テスト走行してみると とてもじゃありませんが危険なレベルの異音が響いていたためすぐに走行をやめました。 お聞きください https://masutaka.co.jp/images/VID_20191112_152526.mp4 手で回してこれだけの音ですので走ればかなりの音になるのはわかります。 これは後輪の車輪中心を支えているベアリングからの異音です。 ベアリングにガタが出て異音を発生させていました。   何度かこの ...

続きを見る

ニッサン フーガ(Y50)ATF交換

ニッサン フーガ(Y50)のご入庫 オートマチックトランスミッションフルード(ATF)交換のご依頼です。 こちらのお車走行距離は・・・ 約30万kmです! 距離は伸びていますが定期的にATFの交換は行っていたそうでオーナー自身でしっかり管理なさっています。 今回は、オイルパンは外さずに圧送式ATFチェンジャーでのフルード交換依頼です。 使用フルードは、WAKO'S セーフティスペック 低粘度タイプのハイスペックモデルです。 抜き出したフルードはご覧のように真っ黒です。 https://masutaka.c ...

続きを見る

BMW 318i (E46)ATF交換

BMW 318i (E46)のご入庫 定期的に行っているオートマチックトランスミッションフルード(ATF)のご依頼を受けました。 お客様、愛車のメンテナンスはしっかり行っていてATFも定期的に何回か行っております。 当店でも4万km台、9万km台と行ってきていますが今回は13万km台でのお取替えです。 始めの一回目はオイルパンを外して内部ストレーナーも交換しての交換、2回目はフルードのみの交換でした。 今回は前回フルードのみでしたのでオイルパンを開けて内部ストレーナーもあわせて交換を行います。 &nbsp ...

続きを見る

マツダ RX-8 加速時息継ぎ

マツダ RX-8のご入庫 ご用命は高速道路走行中に加速しようとした一瞬もたついて加速をしなかったとの事。 細かく問診をしていきます。 ・チェックランプ点灯なし(故障コード)の検出なし ・100km/hほどの速度で一定速で走っていたが前方車両を追い抜くため車線変更の際少しアクセルを踏み込んだ時に一瞬アクセルが反応しなかった。(アクセルを踏み込んでも加速しなかった) ・そのあとは怖かったので一定速で走り続けたが何も起きなかった。 ・初めて起こった症状で一般道では発生していない。 上記のような内容で、故障コード ...

続きを見る

-故障修理・整備, イタリア車, フィアット

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2019 All Rights Reserved.