フォード エスケープ2.0Lのご入庫

img_20160909_120505

WAKO’S RECSのご依頼を受けました。

しかし、RECSを施工したいご理由をお伺いするとエンジンのもたつきがあるのでRECSで改善すればいいと思い当店をご来店いただいたとの事でした。

RECS施工前に車両の状態を確認しようと走らせると、エンジンにもたつきがありふけ上がりがよくありません。かぶっているような症状で明らかに正常ではありません。

エンジンのパワーバランスをチェックしますがとりあえず4気筒とも反応はするのですが、プラグを点検すると何気筒かくすぶったような跡が見受けられます。

しかし、お時間があまりないため後日再入庫でチェックするお約束をしてお帰りになりました。

img_20160908_150832

 

後日、やはり調子が悪いということで再来店なさいましたが、その時には以前にもましてラフアイドルが酷くパワーバランスをチェックすると4番シリンダーが反応しなくなって火花も完全に飛んでいない状態でした。

このエンジンのイグニッションコイルは4気筒一体型のコイルで、1気筒でも失火するようであればアッセンブリーの交換になります。

モータークラフト製コイル

img_20160908_150909

img_20160908_150926

交換してラフアイドルも収まり、初めにあったエンジンのもたつきも改善されました。

どうやら、初めに診た段階では火花は完全に出ない状態になっておらず弱いながらもスパークしていたが踏み込んだ一瞬だけ火花が負けて失火してもたついていたものが、その後症状が悪化して完全に失火してしまったようです。

 

お話しをよく聞くと、このもたつきの症状は何年も前から発症しており、他店でスパークプラグ・プラグコードを交換していたそうなのですが完全に症状が改善されないままユーザーはお乗りになっていたそうです。

フォード車ということで”輸入車なので診れません”と断られる事が多く非常にお困りになっていました。

このお車当時マツダでトリビュートという車名で販売されていたお車なので実はマツダ車でもあるので輸入車ということで特別扱いするようなことはしなくても診ることはできます。

今回もフォードから部品取りよせよりもマツダからのほうが早く部品が到着するのでマツダから取り寄せました。

あまりメジャーでないお車は他店ではお断りされる例をよく耳にしますが、まずは診させていただいてその後の対処を考えたいと私は思っています。

お困りの方、ぜひご相談ください。