こんにちは増高自動車です。

昨日の風雨はひどかったですね、工場の中にまで雨が吹き込みビチョビチョです でも やまない雨はない!!気持ちをアゲアゲでがんばりましょう

さて、本日はエンジンが掛からなくなったランドクルーザー プラド のご紹介です。

78プラド いかにも丈夫そう!

お客様から「エンジンが掛からない!!!」との連絡があり、緊急出動ですだっしゅ

しかし 到着してキーをまわすと何事もなかったようにエンジン始動???

何か変だな・・・ ともかくエンジンが掛かっているうちにお預かりです。

やっぱり 工場に着きエンジンを掛けなおそうとしたら掛からない!!!スターターは元気に回っている。

まずは、コンピューターの故障コードを読み出そう。あれ? メーターの中のチェックランプが点かないぞ??

そういえば、エンジンをかける前にキーを一段回したときにも点いていない(本来ならメーター内の電球切れなどシステム確認の為必ず点灯する)

光っているランプがチェックランプです。

「写真では光っていますがはじめは点きませんでした」

 

これが何か違和感を感じた理由だったのです。

チェックランプが点かず、故障コードも読み取れないのは、メーターの電球が切れているかコンピューター自体に何らかの不具合が発生している可能性があります。

メーターの電球は正常、コンピューター電源とアースにも異常はない。

コンピューター

ということは コンピューター自体が壊れたかな?開けてみました。

黒く流れているのが電解液の漏れた後 筒のような形をしているのがコンデンサー

コンデンサー(茶色い筒のようなもの)の下に黒く何かが流れたような後があります。

コンデンサーが壊れてコンピューターが正常に動かなくなってしまっていたのです。

コンデンサーは古くなったり、粗悪なもの、容量の少ないものなど、いろいろな原因で破裂したりして壊れることがあるのです。

交換したコンデンサー

コンデンサーをすべて新品で容量の大きいものに交換して基盤も修理しました。

(このコンピューターは、もう新品は製造されていないので修理での対応しかできません。)

車輌にコンピューターを取り付けエンジン始動!!

「ブルンダッシュ」掛かりました。よかったよかったホッ。

と、思ったのもつかの間!!   

このプラドにはまだまだ苦難が続くのでありました泣

続く

ではまた土下座