こんにちは増高自動車です。

昨日、小学校の家庭訪問がありました。いつも散らかっている我が家も先生がいらっしゃるということで とてもきれいになりました。

いつまで持つやら(笑)

さて、先日お話した、エンジンが掛からなくなったプラドの顛末です。

コンピューターを修理してエンジン始動!「ブルン」 ヨシッ

ここまでは良かった!!

 

しか~しエンジンの下に「ポタッポタッ」何か垂れてきます。

『軽油!!それも結構な勢いで!!』

 

インジェクションポンプからブクブク軽油が溢れ出てくるではないですか!

パンプカバーのパッキンが傷んでいると思われます。

この車、そういえば22歳になります、ゴムも張りが無くなってるでしょうし、走行距離も実に25万km!そりゃいろんなところもくたびれてきてるでしょう。

エンジンだけ元気になれば良い訳ではありません。早速各部点検です。

やっぱり ありましたよ!

ブレーキホースが劣化により切れ掛かっています(ヒエ~)

さらにっ!

後ろのブレーキパッドの残りが1mmもありません!(ヒエエエ~)

 

お取替となりました。

ブレーキホース全数交換

ブレーキホースは全数交換 ホースはずす時にすぐにちぎれてしまいました。

左 残り0.5mm  右 新品ブレーキパッド 新品との比較


インジェクションカバーパッキン

 

 

 

インジェクションポンプカバーパッキン(劣化にてカチカチになっていました)

 

今回はエンジンが掛からないことでご入庫となり、結果として各部不具合を見つけることができ大事に至りませんでした。

 

皆さん 車検までの間にオイル交換やタイヤの履き替えでお店に行くことがあると思いますが、本当のプロはお客様からのご用命以外にもお車全体に目を光らせています。

また、お客様からも何か異変を感じたら気軽におっしゃってください。それが大きな故障を未然に防ぐことになるかもしれませんから車

プラド オーナーM様 今回は緊急性のある部分を追加で整備させていただきました。お車の年式、走行距離を考えますとこまめな点検が必要になります。

今後ともお任せ下さい。

ではまた土下座