こんにちは増高自動車 菅野です。

 

昨日は久しぶりのお休みを頂きました。家族と串焼き食べ放題で食べ過ぎてしました汗 今日から減食しなければっ!!

 

さて、本日ご案内するのは、ホンダ ライフ(JB1)の車検整備です。

走行距離が10万kmを超えたことから、タイミングべルト交換になりました。

 

タイミングベルトって何なの?10万km走ると交換?切れるとエンジンが壊れる?

皆さんよく言われていますよね。

矢印がタイミングベルトです。

矢印がタイミングベルトです。

 

名前のとおり、エンジンの部品と部品のタイミングを取っているベルトです。

じゃあタイミングが狂うとどうなるの??

部品と部品がぶつかってしまい、結果エンジンが壊れてしまうということになるのです。

しかもこのベルト、タイミングを取っているだけではなくほかの部品をも、まわしているとても重要なベルトなのです。

今回のライフは、冷却水をまわすウォーターポンプもタイミングベルトでまわしています。

ウォーターポンプ左旧品 右新品

この羽で冷却水を送ります。

青ウォーターポンプ 黄テンショナー、アイドラ

青矢印ウォーターポンプ 黄矢印テンショナ、アイドラ 赤矢印タイミングベルト

 

今回、ウォーターポンプにもガタが発生していました。

 壊れる寸前でした!(-。-;)

 

このように単にベルトを交換するだけではなく、一緒にまわされている部品など一式変えたほうがよいですよ。

ベルト交換後、ウォーターポンプが壊れたっ!?なんてことのもなりかねませんからねしょぼん

当社では、適切に交換に必要なものは提案いたしますのでご安心下さい。

 

それから、一般にタイミングベルトの交換時期は10万km毎だといわれていますが、メーカーにより違ったり(使用年数の指定があるメーカーもあります)、オイルメンテナンスの不適切(交換をあまりしていないと部品の回転が重くなりベルトが切れる)、年月(ベルトはゴムなので劣化する)によって大きく変わってきますので、単に距離だけでは判断しないでくださいね。

 

無料でお見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ではまた土下座

 

ホンダライフでお困りなら お気軽にお問い合わせ下さい。