ニッサン フィガロのご入庫

ご用命は、”タイヤを履き替えていたらホイールハウスがグリスだらけでブーツが破れているのを発見した”との事です。

確かにドライブシャフトのダストブーツが破けてグリスが飛び散っています。

ドライブシャフトとは、エンジンからの動力をタイヤに伝える役割をするシャフトです。

前輪駆動の車両では、ステアリングを切るとドライブシャフトのジョイントも曲がるようになっているためダストブーツに負担が掛かりよく切れます。

ドライブシャフトはタイヤを回すため遠心力が掛かりますのでグリスがこのように飛び散るのです。

ジョイント内部のグリスが無くなったりゴミや水が入り込むとジョイントは壊れてしまう為 大変高額な部品交換となってしまいます。

単にブーツが切れてしまっても運転している側は気が付きません。

気が付かないまま乗り続けると大きな故障になってしまう為、定期的な点検等が必要になるのです。