栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備 トヨタ

ランドクルーザー(FJ60)オーバーヒートと加速不良

ランドクルーザー(FJ60)のご入庫

最近オーバーヒートするのと、進まなくなったり止まりそうになったりするとの事。

2F型6気筒ガソリンエンジン搭載車

症状が多岐にわたるためよく問診します。
・最近オーバーヒートする。秋になり涼しくなってから起こるようになり走行中どんどん水温計が上がってくる感じ。
・オーバーヒートするので他店でサーモスタットとラジエターキャップを交換してもらったが症状改善せず。
・エンジン回転が不安定な時がある。
・アクセルを踏み込んでも進まない時がある。

上記のような症状を訴えていらっしゃるのでまず走行テストを行います。

走行テスト中、アクセルを強く踏み込むと息継ぎを起こしたりしますし時折ガス欠を起こしたようにアクセルに反応しない時があるのですがアクセルを弱めに踏みながら走れば何とか走行できる感じです。

イメージとしてはガス欠している時に似ていますが、ガス欠の割にはアイドリングではエンストするような感じでないことが気になります。

次に時折、キャブレーターで大きな”パンッ”というバックファイヤーが起きることがあります。

走行テストを続けていると水温計がじわじわと上がりだしてきました。

ユーザーが訴えていた症状がやはり起きますので冷却水の循環など点検を行うことにします。

一度水温が上がるとなかなか落ちてきませんがラジエーターの入り口と出口ではおおむね問題がない冷却は行えているようですし、冷却水も循環しているようなので少し疑問が残ります。

それ以外にもエンジンの掛かりが非常に悪い症状も出ていることが気になりました。

 

オーバーヒートも問題ですがバックファイヤーや加速不良・始動困難なども起きていますので、こちらから点検を進めていくことにします。

まずガス欠のような症状が起きていたのでキャブレーターのフロートレベルを点検します。

キャブレーターにフロートレベル確認用ののぞき窓がありガソリンのレベルを点検します。

レベルは中間より高い位置で正常範囲とは言えませんが空燃比が濃くはなってもガス欠状態にはなりませんので、供給されているようなので燃料系統はまず保留とします。

 

次に点火の状態を確認するためスパークプラグに電気が来ているか確認します。

エンジン始動困難時にスパークプラグで火花が出ていないことを確認できたので、これが大きな要因になっている可能性大です。

火花がうまく出ない原因を探求します。

ディストリビューターを搭載している車両ですのでクランキングさせてディストリビューター内部のポイントの開閉状態を確認します。

6気筒エンジンのためシャフトは6角形になっており、1回転でヒールが6回押し上げられることでポイントが6回開閉する仕組みなのですが、ヒールがカムにほとんど当たっておらずポイントがほぼ開いていないのが確認できました。

ポイントギャップ不良による点火系統の不具合が原因として特定できました。

ポイントでイグニッションコイルの1次側の電気のオンオフするのですが、ほとんどオンオフが出来ておらずエンジンが回るギリギリのラインで走っていた状態でした。

ポイント分解前に点火時期の確認をしましたが、ヒールが摩耗しているため点火タイミングがマークが見えないほど大きく遅れていました。

エンジン装着状態でもポイントの交換はできますがオイル漏れも起こしているようなのでディストリビューター自体を取り外して交換します。

ポイントを見比べるとヒールがかなりすり減っているのがわかります。

ポイント隙間をシックネスゲージで規定値に調整します。

 

交換後のディストリビューターを取り付けて点火時期調整をしてカムクロージングアングルを点検します。

カムクロージングアングルとはドエルアングルとも呼ばれポイントが閉じている角度を表します。ポイントギャップに影響を受けるものですのでギャップ調整の確認もできます。

次にバックファイヤーを起こしていたのでキャブレータの状態も確認します。

 

プライマリー側はバックファイヤーで焼けて焦げていますので清掃を行ったうえで調整を行います。

点火時期がずれると爆発するタイミングもずれるのでこのようなことが起きます。

点火・燃料系統を調整したうえで始動すると今までの掛かりの悪さが嘘のように解消していますし、走行テストをしても加速不良やバックファイヤーも完全に収まりました。

それにあれだけオーバーヒートしていたのも全く水温が上がらず安定するようになりました。

オーバーヒートは点火時期が読み取れないほど遅れていた為、熱エネルギーが運動エネルギーに変換できず燃焼熱がこもったことが原因だったと思われます。

エンジンを正常に回すための3要素『良い混合気』『良い圧縮』『良い火花』のうち『良い火花』の『良い』が成り立っていなかったことでこれだけの不具合が発生しました。

ポイントが全盛のころは定期的に調整や交換が必要なことは当たり前だったのですが、コンピューター制御でポイント(ディストリビュータ本体)が使用されなくなった現代では整備士も何かしらの症状が出てなければいじることもなくなったためメンテナンスされずここまで悪化したと思われます。

ポイントのメンテナンスのわずらわしさから少しでも解放されたくてセミトラやフルトラを取り付けていたようなことも遠い昔のことになりました。

とはいえメンテナンスさえ怠わらなければ、性能が劣るシステムというわけではありませんので定期的なチェックを行ってもらうことをユーザーにはお伝えしました。

同様の故障事例

 

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気噴射装置故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 以前、2次空気ポンプの故障修理を行った(リンク)こちらの車両、修理から半年後再度同様のチェックランプが点灯したとのご連絡。   診断機を使用して故障コードを読み出します。 以前検出した空気ポンプやドライバーとは違う2次空気圧力センサーのエラーを検出しました。 2次空気噴射装置は前回交換した空気ポンプで圧送された空気をエキゾーストマニホールドに送り込むのですがV型6気筒のこのエンジンではエキゾーストマニホールドが左右バンクで別れるためそれぞれのバン ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気ポンプ故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 エンジンチェックランプが複数点灯したが特に走っていて症状は感じないとのこと 診断機を使用して故障コードを読み出すと2次空気ポンプに関連するエラーを検出しています。 2次空気システムとはエンジン始動時に排気管に外気(酸素)を送り込むことにより排気ガス中の未燃焼ガスを完全燃焼させる事と、同時に燃焼により触媒の温度も上げることで触媒の効率を素早く上げることを目的にした排気ガス浄化装置になります。 この車両の場合2次エアポンプと呼ばれるベーンモーターが車両右前に装 ...

続きを見る

VW up! EPCランプ点灯

VW up!のご入庫 メーター内にEPCというランプが点灯して加速が悪くなったとの事 EPCとはエレクトリックパワーコントロールの略で複数のシステムをまたいで不具合を警告するのですが、今回はこれ以外にエンジンチェックランプも点灯したようなのでエンジンに関連する不具合が発生した模様です。 診断機を使用して故障コードを読み出します。 スロットルバルブとミスファイヤ関連の故障コードを検出しました。 スロットルバルブは内部センサーの一つが検出できなくなっていたため内部不良と判断して交換します。   電子制御式のス ...

続きを見る

クライスラー イプシロン(312)ツインエアー加速中息つき

クライスラー イプシロン(312)のご入庫 ゆっくり加速しているときは問題ないが、少し強めに加速をすると息つきのようにガクガクするとのこと。 こちらのエンジンはフィアットのツインエアと呼ばれる2気筒ターボエンジンなります。   アクセル開度を少なめな低負荷時には何も違和感は感じませんが少し強く踏み込んで負荷を上げるとエンジンがクシュンクシュンと息継ぎのような症状が起き加速不良で車体もガクガクします。 その時にエンジンチェックランプも点灯します。 診断機で故障コードを読み出すとイグニッション(火花 ...

続きを見る

スバル レガシィ(BMG)トランスミッション エラー

スバル レガシィ(BMG)のご入庫 シフトチェンジがギクシャクした感じになりトランスミッションシステム点検等の警告灯が複数点灯したとの事。 入庫時はアクセルに対してギクシャクした動きをしていますし警告灯も点灯していました。 警告灯が点灯していますのでまず診断機で故障コードを読み出します。 P2762 ロックアップデューティソレノイド誤作動検出しました。 ロックアップとは、ある回転以上ではトルクコンバーターをロックアップ(直結)して効率よく動力伝達をするためのものですが、その制御がうまくいかないためギクシャ ...

続きを見る

ルノー ルーテシア4 突発的ユニット故障、原因の推測と対策

ルノー ルーテシア4 エンジンが掛からないとのご連絡。 電話で問診をすると”2週間くらい乗らなかったのでバッテリーがダメになってエンジンが掛からないのでは”とご本人。 しかし、よくよくお話を聞いていくとバッテリーではないのではないかと思われる節がありました。 とはいえ遠隔で直せるわけではないのでロードサービスで運んでもらいました。   入庫して早速点検を進めます。 バッテリーは単体点検でやはり正常レベルのため問題なくシロでした。 バッテリーは正常なのですがスロットにカードキーを差し込んでもうんと ...

続きを見る

FIAT500(312)ブレーキシューからライニング剥離

FIAT500のご入庫 ブレーキを掛けると後ろのタイヤからゴーゴー音がするとの事 後輪ブレーキはドラムブレーキを採用していますがドラムを外すと大変なことが起きていました。 ブレーキシューには摩擦材であるライニングが接着されているのですが剥離してしまっています! ライニングとは摩擦材で、ドラムの中でシューが開くと摩擦材であるライニングがドラムの回転を抑えてブレーキが効くようになっています。 ライニングが外れてしまったため、鉄であるシューとドラムがぶつかり合いゴーゴーと音が出ていました。 剥がれたライニングが ...

続きを見る

車両購入は購入先の信用度も大切です

MINI クラブマン(R55)のご入庫 冷却水が漏れているようで水を足して走行しているので診て欲しいとのご依頼。 漏れ箇所に関しては定番のサーモスタット回りです。 この修理に関しては定番作業のためリンク先をご覧ください。 同様の故障事例 リンク 冷却水漏れに関しては問題なく作業は終了しました。   次に入庫した際からライト切れの警報が点灯していた為どこのライトが切れているか点検をしていたところ非常に重篤な事態がこの車に潜んでいることがわかりました。 警告ランプはヘッドライトとリヤのフォグランプ切 ...

続きを見る

ランドクルーザー(FJ60)オーバーヒートと加速不良

ランドクルーザー(FJ60)のご入庫 最近オーバーヒートするのと、進まなくなったり止まりそうになったりするとの事。 2F型6気筒ガソリンエンジン搭載車 症状が多岐にわたるためよく問診します。 ・最近オーバーヒートする。秋になり涼しくなってから起こるようになり走行中どんどん水温計が上がってくる感じ。 ・オーバーヒートするので他店でサーモスタットとラジエターキャップを交換してもらったが症状改善せず。 ・エンジン回転が不安定な時がある。 ・アクセルを踏み込んでも進まない時がある。 上記のような症状を訴えていらっ ...

続きを見る

スマート フォーツークーペ 車両前方からの異音

スマート フォーツークーペのご入庫 車両の前のほうからガタガタと音がする時があってエアコンを切ると異音も同時に消えたとの事。 ご来店時は異音は再現できなかったため問診をします。 やはりお話を伺っても車両前方からの音のようです、この車両の駆動方式はRR(リヤエンジンリヤドライブ)でエンジンなど異音の発生源になるようなものは後ろに搭載されています。 前方で異音が出て、エアコンと連動するようなもので考えられるのはラジエーター/コンデンサーの電動ファンです。 RRとはいえ冷却水は車両前方にラジエーターを搭載してい ...

続きを見る

-故障修理・整備, トヨタ

© 2024 増高自動車工業有限会社