営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

用品・タイヤ・ボッシュ 油脂・ケミカル

WAKO'S RECS(レックス)ご案内

 

当店で、大変好評を得ているWAKO'S RECSの施工での施工方法・効果などご質問が大変多いのでご案内させていただきます。

RECS(レックス)ってなに?と言われる方が多いのではないかと思いますが、簡単に言いますとエンジン内部の洗浄をして、初期の性能を取り戻す洗浄システムのことです。

内燃機関であるエンジンは、化石燃料と呼ばれるガソリンや軽油を燃やして動力を取り出すので、やはり燃えカス(汚れ)が出ることは避けることが出来ません。

この燃えカス(汚れ)が、エンジン内部の様々な部分で悪さをして性能を低下させるのです。

今回ご紹介するRECSは、エンジンのどの部分を洗浄するのかといいますと、ざっくりいうと吸気系統という部分がメインになります。

 

エンジンの構造を簡単に図で表します。

青い矢印が綺麗な空気が吸気です、しかし様々な浄化システムの関係で茶色い矢印のような汚れたものも一部吸気側に戻さなければなりません。

すると吸気バルブ付近には燃焼室からの吹き返しや吸気側に戻された汚れたガスにより汚れが堆積してしまいます。

それにより吸気ポート側(吸気系統)が汚れで、コレステロールが溜まった血管のようになってしまうのです。

当然、詰まった吸気ポートでは燃焼室に入る空気の流れが悪くなりエンジン本来の性能は低下します。

写真は汚れた吸気ポート

そこで、RECSの洗浄液をエンジンを掛けながら吸気とともに吸わせて内部を洗浄してしまおうというわけです。

RECSは、エンジンの負圧を利用して洗浄液をエンジンに吸わせるのでイラストの①のような部分につないで洗浄液をエンジン内部に吸わせます。

吸気ポートを洗浄した洗浄液は、そのまま燃焼室にも入り洗浄を行い最後に排気ポートまでも洗浄を行います。ですので吸気系統の洗浄システムというよりも吸排気・燃焼システムのトータルの洗浄を行うものなのです。

注意:エンジンオイルの潤滑系統・冷却水(LLC)の冷却系統は全く別の部分になりますのでRECSでは綺麗にできません。

では、どのような効果が期待できるのかといいますと、燃費改善・始動性向上・パワー回復・振動低減・アイドリング安定など様々あるのですが、あくまでも汚れを落とすということですので元々のそのエンジンが持っているポテンシャルを超えるということはございません。

効果が体感できたということはあくまでも低下した性能が元に戻ったということなのです。

 

RECSは、エンジンを分解せずに簡単に内部を洗浄することが出来ますので、”最近、燃費が悪くなった” ”加速が悪くなった気がする”なんて思われた方は、お勧めです。

RECS自体施工後、300km走行後くらいまでその洗浄効果が続きます、そこでもう一つ洗浄効果を上げるものでフューエル1という洗浄液をガソリンに添加することでRECSの効果がさらに向上します。

フューエル1は燃料に混ぜることで燃料自体が洗浄成分を向上させますのでイラストのインジェクターという部品から燃料を噴射して綺麗にしますのでお勧めです。

 

ここまで、よいことばかりご紹介しましたがRECSのデメリットもありますのでそちらもお話しします。

・エンジンの負圧を利用して吸入するためディーゼルエンジンには施工できません。
・スロットルバルブが付いていないエンジンも負圧がありませんので施工不可
 (わずかに負圧があるエンジンもあるのですが吸入後の分散効果が少ないと思いますので当店ではお勧めしていません。他社洗浄システムを推奨)
・スロットルバルブ以降にRECS洗浄を行うのでスロットルバルブを洗浄できない。

・RECS洗浄剤が内部で液化して溜まってしまう形状のエンジンは施工不可(WAKO'Sで指示が出ているエンジン)
・年数が経ったお車では、空ぶかしにより部品が壊れる可能性があります。実例リンク

当店では、RECSで施工不可エンジン(ディーゼル含む)では他社の洗浄システムで対応しています、またスロットルバルブを洗浄できるものもあります。お問い合わせください。

 

効果を体感できますか?とよく聞かれるのですが、正直それはお車の状態によりけりですので何とも言うことはできません。

吸気形状・汚れ具合で効果を最大限発揮できたお客様からは、喜びのお言葉を頂いています。

 

効果が体感できるか否かを気にするよりも、RECSによる洗浄は必ず行われていますのでメンテナンスの一環として、汚れが多く付着する前に洗浄してその後も定期的に施工することで良い状態を保つ事が大切です

 

 

 

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン NV350 ブロアモーターヒューズたびたび切れる?

ニッサン NV350のご入庫 エアコン風量を最大にしているとヒューズが飛んでしまうとの事 実際にヒューズを確認すると15Aヒューズが切れてしまっていました。 ユーザーも何回か交換しているようです。 マニュアルエアコンで最大風量時はブロアレジスターは通らず直結状態になるのでブロアモーターコイルのレアショートが考えられますのでモーター交換を行いました。 モーター交換後新しいヒューズを入れて最大風量にして1分ほど経つとヒューズが切れてしまいました。 まだ、治っていないようです(-_-;)汗 ただヒューズの切れ方 ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)デュアロジック+ミッションオイル交換

FIAT デュカト(250)のご入庫 ご用命は、デュアロジックフルードとトランスミッションオイルの交換です。 正規では輸入されていないこちらのお車、欧州では商用車として様々に利用されているのですが、日本へはキャンピングカーのベース車両として使用されていることが多いようです。 FF駆動の2.3Lディーゼルエンジン搭載車両です。   デュアロジックはFIAT500にも使用されているものと基本的な構造は同じAMTと呼ばれる6速ミッションとなっています。   デュアロジックはマニュアルトランス ...

続きを見る

フォード マスタング エアコン風が最大でしか出ない。

フォード マスタングのご入庫 ご用命は、エアコンの風が最大でしか出なくなってしまったとの事。 こちらのお車はマニュアルエアコンで送風量はダイヤル4段階で調整します。 1・2・3のダイヤルでは確かに風は全く出ませんが4にすると最大風量で吹き出します。 ブロアが回るということはモーターは正常と判断できますので他に原因があります。 マニュアルエアコンの場合、ブロアモーターに掛かる電気の調整はブロアレジスター(抵抗)を通した電気量で調整することがほとんどです。 こちらのお車にもブロアレジスターがありました。 よく ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW ザ・ビートル ウォーターポンプから液漏れ?

VW ザ・ビートル 車検でのご入庫です。 点検を行うとエンジン前方に何か液が垂れた跡がありました。 液が漏れだしたところをたどるとウォーターポンプからでした。 ウォーターポンプから漏れだしているのであれば定番の冷却水漏れです! ウォーターポンプの交換を行うことになりました。 しかし、ウォーターポンプを取り外していくとその漏れ出していたものが冷却水でないことに気が付きました。 真っ黒なオイル状のものでした。   ウォーターポンプを取り外してその構造を確認してようやく何が漏れ出してきているのか理解す ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L800)クラッチが重くて切れない

ダイハツ コペン(L800)のご入庫 ご用命はクラッチペダルが重くなってクラッチが切れないとのこと。 ご入庫時、異常なほどクラッチペダルが重くうまく操作が出来ない状態でした。 車齢13年・走行距離9万Km代です、クラッチオーバーホールはもとよりワイヤーの交換が必要なことは間違いありません。 トランスミッションを下ろしてクラッチの状態を見てみます。 クラッチディスク自体は溝が深くまだまだ使えそうです。   では何がここまでペダルを重くしたのでしょう。 原因のひとつはこちら、レリーズベアリングの摺動 ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)早期発見は大切です

メルセデスベンツE350(W211)のご入庫 別作業で御入庫の際不具合を発見いたしました。 まずは左前輪のドライブシャフトのブーツが切れてグリスが飛び散っています。   この車両は4マチックと呼ばれる4輪駆動の為、前輪にもドライブシャフトがあります。 ブーツが切れると水などの異物がジョイントに入り痛めてしまうので見つけた際はすぐに分解して新しいグリスを封入し直してブーツを交換しなければいけません。 グリスは水と混ざり白濁していましたので、放っておけばジョイント自体を壊してしまうところでした。 & ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)エアコンの風が出ない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ご用命はエアコンの風が出なくなったとの事。 オートエアコンですが、風量調整をコントロールしても風は出てきません、後席エアコンは正常に風がでます。 セレナ(C25)もだいぶ年数が経ちこのような不具合が増えてきております。 これは送風するブロアモーターの不具合が非常に多いです。 今回もブロアモーターをコンコンと叩くと弱弱しくブロアモーターが回ることが確認できましたので、駆動させる電源に問題はないのでモーター不良は間違いありません。 取り外したモーターは叩かないと回らない状態 ...

続きを見る

アルファロメオMITO タイミングベルト交換

アルファロメオMITOのご入庫 タイミングベルト交換のご依頼を受けました。 走行距離は1万km代でしたが年数が7年ほど経過していたので不安なので交換してほしいとのご要望でした。 この車両のエンジンはジュリエッタでも搭載されている1400ccのマルチエアと呼ばれるユニットです。 タイミングベルト交換自体は非常にオーソドックスなものですが、やはりSSTが必要なことには違いがありません。 カムシャフトは後端部分で位置を合わせて固定します。 クランクシャフトも同様にSSTで固定して交換をします。 交換した部品はこ ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)エンジン掛かり悪くエンスト

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)のご入庫 ”エンジンの掛かりがすごく悪い” ”走行中にエンジンが止まった”との事。 不具合状況を再現するため走行テストを行います。 アクセルを踏み込んでも何かもっさりしてスピードが上がらず、べた踏みしても最高でも60km/hほどしか上がりません。 そのまま走行していると急にエンジンが止まってしまいました! アクセルを踏んでる最中のエンストです! 惰性で路肩によけてエンジンを再始動しようと試みますがクランキングは勢いよく回るのですがなかなか掛かりません! 焦りま ...

続きを見る

-用品・タイヤ・ボッシュ, 油脂・ケミカル

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.