営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 用品・タイヤ・ボッシュ

タイヤの管理とは

突然ですがタイヤのお話です。

タイヤは唯一地面に接している重要な部品ですが、普段はタイヤの状態次第で安全に大きく左右しているということはあまり皆さん意識なさっている方が少ないようです。

道路運送車両法という公道を走る車両に対する法律があるのですが、タイヤに関するルールはこのようになっています。(車検というのはこの法律に適合しているかを検査する行為です)

(1)自動車の積車状態における軸重を当該軸重に係る輪数で除した値であるタ イヤに加わる荷重は、当該タイヤの負荷能力以下であること。

(2)接地部は滑り止めを施したものであり、滑り止めの溝(最高速度 40km/h未 満の自動車、最高速度40km/h未満の自動車に牽引される被牽引自動車、大 型特殊自動車及び大型特殊自動車に牽引される被牽引自動車に備えるもの を除く。)は、タイヤの接地部の全幅(ラグ型タイヤにあっては、タイヤの 接地部の中心線にそれぞれ全幅の4分の1)にわたり滑り止めのために施さ れている凹部(サイピング、プラットフォーム及びウエア・インジケータ の部分を除く。)のいずれの部分においても1.6mm(二輪自動車及び側車付 二輪自動車に備えるものにあっては、0.8mm)以上の深さを有すること。こ の場合において、滑り止めの溝の深さについての判定は、ウエア・インジ ケータにより判定しても差し支えない。

(3)亀裂、コード層の露出等著しい破損のないものであること。

(4)タイヤの空気圧が適正であること。 かじ取装置 第 169条 自動車のかじ取装置の強度、操作性能等に関し、保安基準第 11 条第 1 項の告

法律なのでなにやら小難しいことが書いてありますが、要は 溝が1.6mm以上あって空気もちゃんと入れて亀裂なども著しくない状態で走らせないとだめですよ、ということを示しています。

逆に言えば溝が1.6mmでも法律違反ではないということです。

しかし問題は、法律を守っていれば安全に走行できるという意味ではないということなのです。

元々タイヤの溝は、新品で8mm前後あります、1.6mmということは1/4も残っていないことになります。

では、そもそも溝が無いと何がいけないのでしょうか? 

その差は雨の日に歴然と出ます、機会があれば新品の状態と半分くらいに減った状態で安全なところでいつもより強くブレーキを掛けてみてください。(こんなに踏み込んだことないと思うくらいに)

制動距離が全然違うことがわかると思います。

よくこんなことを言われることがあります。”自分は事故を起こさないから大丈夫” ”ぶつけられることはあってもぶつけることはないと思う” 何を根拠に言われているのかわかりませんが事故や故障に100%合わない人はいません。

むしろ急制動をしたことがあるという人のほうが多いのではないでしょうか?その急制動の時に大きな差が出てしまうことが危険なのです。

 

最近このようなお客様が見えました。

”ガソリンスタンドでタイヤ交換しなきゃダメだって言われたんだけどどうですか?”

・・・

溝が無いのはおろか、中のワイヤーまで出てきてしまっています!!

法律違反なんて次元以前に、凶器を乗り回しているようなものです。すぐにでも交換しなければいけません。

ここまでくると制動時の危険もありますが、走行中のタイヤの破裂(バースト)がいつ起きても不思議はありません。

スピードの高い時に、バーストした場合車両を制御できるのでしょうか?そのとき周りの人を巻き込まないという確証はあるのでしょうか?

本来の性能が維持出来るのは、タイヤ溝が新品の半分くらいまでの量と言われていますし、こんな状態で車の管理をしていないことが自体言語道断です。

タイヤはどんな車両でも金額の張るものですが、事故や故障はもっと高くつきます。

このようなお客様は、タイヤ交換は高いからもったいないと言うことがほとんどなのですが、目先のことばかりでなくトータルでみればそんなことはないと思います、実際痛い目にあったことのある方は、自動車に対する維持・管理の仕方をかなり重要視するようになります。

二度とあんな思いしたくないから、よく見てなんて言われることも多いんです。

何度もブログでお話ししていますが、法律は最低ラインを提示しているだけで本当の安全ラインを義務づけているわけではないので、車検に通ったからとか事故にあったことがないからなんて、事が起こってしまったら何の言い訳にもならないのです。

現在の車は性能が上がったことで、平均スピードの速度域が上がっています、それだけ危険も増えていると考えてよいでしょう。

自動ブレーキが付こうと自動運転になろうと、自動車には消耗部品がたくさんありユーザーはそれを管理をする義務はなくならないということを肝に銘じて乗ってもらいたいものです。

タイヤの溝の深さ・空気圧・亀裂などの劣化はある程度ユーザーでわかると思いますし、全く自動車に疎いという方でしたらプロに定期的に診てもらうようにしてください。

すべては安全のために・・・

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン NV350 ブロアモーターヒューズたびたび切れる?

ニッサン NV350のご入庫 エアコン風量を最大にしているとヒューズが飛んでしまうとの事 実際にヒューズを確認すると15Aヒューズが切れてしまっていました。 ユーザーも何回か交換しているようです。 マニュアルエアコンで最大風量時はブロアレジスターは通らず直結状態になるのでブロアモーターコイルのレアショートが考えられますのでモーター交換を行いました。 モーター交換後新しいヒューズを入れて最大風量にして1分ほど経つとヒューズが切れてしまいました。 まだ、治っていないようです(-_-;)汗 ただヒューズの切れ方 ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)デュアロジック+ミッションオイル交換

FIAT デュカト(250)のご入庫 ご用命は、デュアロジックフルードとトランスミッションオイルの交換です。 正規では輸入されていないこちらのお車、欧州では商用車として様々に利用されているのですが、日本へはキャンピングカーのベース車両として使用されていることが多いようです。 FF駆動の2.3Lディーゼルエンジン搭載車両です。   デュアロジックはFIAT500にも使用されているものと基本的な構造は同じAMTと呼ばれる6速ミッションとなっています。   デュアロジックはマニュアルトランス ...

続きを見る

フォード マスタング エアコン風が最大でしか出ない。

フォード マスタングのご入庫 ご用命は、エアコンの風が最大でしか出なくなってしまったとの事。 こちらのお車はマニュアルエアコンで送風量はダイヤル4段階で調整します。 1・2・3のダイヤルでは確かに風は全く出ませんが4にすると最大風量で吹き出します。 ブロアが回るということはモーターは正常と判断できますので他に原因があります。 マニュアルエアコンの場合、ブロアモーターに掛かる電気の調整はブロアレジスター(抵抗)を通した電気量で調整することがほとんどです。 こちらのお車にもブロアレジスターがありました。 よく ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW ザ・ビートル ウォーターポンプから液漏れ?

VW ザ・ビートル 車検でのご入庫です。 点検を行うとエンジン前方に何か液が垂れた跡がありました。 液が漏れだしたところをたどるとウォーターポンプからでした。 ウォーターポンプから漏れだしているのであれば定番の冷却水漏れです! ウォーターポンプの交換を行うことになりました。 しかし、ウォーターポンプを取り外していくとその漏れ出していたものが冷却水でないことに気が付きました。 真っ黒なオイル状のものでした。   ウォーターポンプを取り外してその構造を確認してようやく何が漏れ出してきているのか理解す ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L800)クラッチが重くて切れない

ダイハツ コペン(L800)のご入庫 ご用命はクラッチペダルが重くなってクラッチが切れないとのこと。 ご入庫時、異常なほどクラッチペダルが重くうまく操作が出来ない状態でした。 車齢13年・走行距離9万Km代です、クラッチオーバーホールはもとよりワイヤーの交換が必要なことは間違いありません。 トランスミッションを下ろしてクラッチの状態を見てみます。 クラッチディスク自体は溝が深くまだまだ使えそうです。   では何がここまでペダルを重くしたのでしょう。 原因のひとつはこちら、レリーズベアリングの摺動 ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)早期発見は大切です

メルセデスベンツE350(W211)のご入庫 別作業で御入庫の際不具合を発見いたしました。 まずは左前輪のドライブシャフトのブーツが切れてグリスが飛び散っています。   この車両は4マチックと呼ばれる4輪駆動の為、前輪にもドライブシャフトがあります。 ブーツが切れると水などの異物がジョイントに入り痛めてしまうので見つけた際はすぐに分解して新しいグリスを封入し直してブーツを交換しなければいけません。 グリスは水と混ざり白濁していましたので、放っておけばジョイント自体を壊してしまうところでした。 & ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)エアコンの風が出ない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ご用命はエアコンの風が出なくなったとの事。 オートエアコンですが、風量調整をコントロールしても風は出てきません、後席エアコンは正常に風がでます。 セレナ(C25)もだいぶ年数が経ちこのような不具合が増えてきております。 これは送風するブロアモーターの不具合が非常に多いです。 今回もブロアモーターをコンコンと叩くと弱弱しくブロアモーターが回ることが確認できましたので、駆動させる電源に問題はないのでモーター不良は間違いありません。 取り外したモーターは叩かないと回らない状態 ...

続きを見る

アルファロメオMITO タイミングベルト交換

アルファロメオMITOのご入庫 タイミングベルト交換のご依頼を受けました。 走行距離は1万km代でしたが年数が7年ほど経過していたので不安なので交換してほしいとのご要望でした。 この車両のエンジンはジュリエッタでも搭載されている1400ccのマルチエアと呼ばれるユニットです。 タイミングベルト交換自体は非常にオーソドックスなものですが、やはりSSTが必要なことには違いがありません。 カムシャフトは後端部分で位置を合わせて固定します。 クランクシャフトも同様にSSTで固定して交換をします。 交換した部品はこ ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)エンジン掛かり悪くエンスト

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)のご入庫 ”エンジンの掛かりがすごく悪い” ”走行中にエンジンが止まった”との事。 不具合状況を再現するため走行テストを行います。 アクセルを踏み込んでも何かもっさりしてスピードが上がらず、べた踏みしても最高でも60km/hほどしか上がりません。 そのまま走行していると急にエンジンが止まってしまいました! アクセルを踏んでる最中のエンストです! 惰性で路肩によけてエンジンを再始動しようと試みますがクランキングは勢いよく回るのですがなかなか掛かりません! 焦りま ...

続きを見る

-故障修理・整備, 用品・タイヤ・ボッシュ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.