栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備 用品・タイヤ・ボッシュ

タイヤの管理とは

突然ですがタイヤのお話です。

タイヤは唯一地面に接している重要な部品ですが、普段はタイヤの状態次第で安全に大きく左右しているということはあまり皆さん意識なさっている方が少ないようです。

道路運送車両法という公道を走る車両に対する法律があるのですが、タイヤに関するルールはこのようになっています。(車検というのはこの法律に適合しているかを検査する行為です)

(1)自動車の積車状態における軸重を当該軸重に係る輪数で除した値であるタ イヤに加わる荷重は、当該タイヤの負荷能力以下であること。

(2)接地部は滑り止めを施したものであり、滑り止めの溝(最高速度 40km/h未 満の自動車、最高速度40km/h未満の自動車に牽引される被牽引自動車、大 型特殊自動車及び大型特殊自動車に牽引される被牽引自動車に備えるもの を除く。)は、タイヤの接地部の全幅(ラグ型タイヤにあっては、タイヤの 接地部の中心線にそれぞれ全幅の4分の1)にわたり滑り止めのために施さ れている凹部(サイピング、プラットフォーム及びウエア・インジケータ の部分を除く。)のいずれの部分においても1.6mm(二輪自動車及び側車付 二輪自動車に備えるものにあっては、0.8mm)以上の深さを有すること。こ の場合において、滑り止めの溝の深さについての判定は、ウエア・インジ ケータにより判定しても差し支えない。

(3)亀裂、コード層の露出等著しい破損のないものであること。

(4)タイヤの空気圧が適正であること。 かじ取装置 第 169条 自動車のかじ取装置の強度、操作性能等に関し、保安基準第 11 条第 1 項の告

法律なのでなにやら小難しいことが書いてありますが、要は 溝が1.6mm以上あって空気もちゃんと入れて亀裂なども著しくない状態で走らせないとだめですよ、ということを示しています。

逆に言えば溝が1.6mmでも法律違反ではないということです。

しかし問題は、法律を守っていれば安全に走行できるという意味ではないということなのです。

元々タイヤの溝は、新品で8mm前後あります、1.6mmということは1/4も残っていないことになります。

では、そもそも溝が無いと何がいけないのでしょうか? 

その差は雨の日に歴然と出ます、機会があれば新品の状態と半分くらいに減った状態で安全なところでいつもより強くブレーキを掛けてみてください。(こんなに踏み込んだことないと思うくらいに)

制動距離が全然違うことがわかると思います。

よくこんなことを言われることがあります。”自分は事故を起こさないから大丈夫” ”ぶつけられることはあってもぶつけることはないと思う” 何を根拠に言われているのかわかりませんが事故や故障に100%合わない人はいません。

むしろ急制動をしたことがあるという人のほうが多いのではないでしょうか?その急制動の時に大きな差が出てしまうことが危険なのです。

 

最近このようなお客様が見えました。

”ガソリンスタンドでタイヤ交換しなきゃダメだって言われたんだけどどうですか?”

・・・

溝が無いのはおろか、中のワイヤーまで出てきてしまっています!!

法律違反なんて次元以前に、凶器を乗り回しているようなものです。すぐにでも交換しなければいけません。

ここまでくると制動時の危険もありますが、走行中のタイヤの破裂(バースト)がいつ起きても不思議はありません。

スピードの高い時に、バーストした場合車両を制御できるのでしょうか?そのとき周りの人を巻き込まないという確証はあるのでしょうか?

本来の性能が維持出来るのは、タイヤ溝が新品の半分くらいまでの量と言われていますし、こんな状態で車の管理をしていないことが自体言語道断です。

タイヤはどんな車両でも金額の張るものですが、事故や故障はもっと高くつきます。

このようなお客様は、タイヤ交換は高いからもったいないと言うことがほとんどなのですが、目先のことばかりでなくトータルでみればそんなことはないと思います、実際痛い目にあったことのある方は、自動車に対する維持・管理の仕方をかなり重要視するようになります。

二度とあんな思いしたくないから、よく見てなんて言われることも多いんです。

何度もブログでお話ししていますが、法律は最低ラインを提示しているだけで本当の安全ラインを義務づけているわけではないので、車検に通ったからとか事故にあったことがないからなんて、事が起こってしまったら何の言い訳にもならないのです。

現在の車は性能が上がったことで、平均スピードの速度域が上がっています、それだけ危険も増えていると考えてよいでしょう。

自動ブレーキが付こうと自動運転になろうと、自動車には消耗部品がたくさんありユーザーはそれを管理をする義務はなくならないということを肝に銘じて乗ってもらいたいものです。

タイヤの溝の深さ・空気圧・亀裂などの劣化はある程度ユーザーでわかると思いますし、全く自動車に疎いという方でしたらプロに定期的に診てもらうようにしてください。

すべては安全のために・・・

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

ランドクルーザー(FJ60)オーバーヒートと加速不良

ランドクルーザー(FJ60)のご入庫 最近オーバーヒートするのと、進まなくなったり止まりそうになったりするとの事。 2F型6気筒ガソリンエンジン搭載車 症状が多岐にわたるためよく問診します。 ・最近オーバーヒートする。秋になり涼しくなってから起こるようになり走行中どんどん水温計が上がってくる感じ。 ・オーバーヒートするので他店でサーモスタットとラジエターキャップを交換してもらったが症状改善せず。 ・エンジン回転が不安定な時がある。 ・アクセルを踏み込んでも進まない時がある。 上記のような症状を訴えていらっ ...

続きを見る

スマート フォーツークーペ 車両前方からの異音

スマート フォーツークーペのご入庫 車両の前のほうからガタガタと音がする時があってエアコンを切ると異音も同時に消えたとの事。 ご来店時は異音は再現できなかったため問診をします。 やはりお話を伺っても車両前方からの音のようです、この車両の駆動方式はRR(リヤエンジンリヤドライブ)でエンジンなど異音の発生源になるようなものは後ろに搭載されています。 前方で異音が出て、エアコンと連動するようなもので考えられるのはラジエーター/コンデンサーの電動ファンです。 RRとはいえ冷却水は車両前方にラジエーターを搭載してい ...

続きを見る

ゴルフ5 R32 駆動系統オイル交換

ゴルフ5 R32 ご入庫 駆動系統のオイル交換ご依頼を受けました。 こちらの車両はFFベースの4輪駆動車になります。 まずはフロントのトランスファー部分のオイル交換を行います。 後輪に駆動力を送る部分で直角ギアのため負担が大きい部分です。 次に後輪のディファレンシャルギアオイルの交換 ドレンボルトに吸着された鉄粉が負担の大きさを物語っています。 ここも直角に駆動力を伝えるギアがあるため負担が多いので定期的なオイル交換は必須になります。 最後にハルデックスオイルの交換です。 ハルデックス社のシステムなのです ...

続きを見る

ニッサン ローレル HC33 アイドル回転が高い

ニッサン ローレル(HC33)のご入庫 アイドル回転が高いとのこと。 入庫時アイドリングは1,800回転ほどでかなり高い状態でした。     アイドル回転数はISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)で回転を調整していますが、これだけ高いのは何かおかしいです。 30年ほど経っているいるお車なのでインテーク周辺のバキュームホースなどが破けてエアを吸ってしまい回転が高くなってしまうなどということもよくある故障です。 注意深く観察するとインマニ周辺でエアを吸い込むようなシューシュー音が聞こえます。 4番イン ...

続きを見る

ダイハツ ソニカ 修理方法の選択肢

ダイハツ ソニカのご入庫 エンジンに関する修理のことでご相談にいらしたユーザー、当店ご来店前にディーラーでもご相談済みとの事。 ユーザーが気になる点として以下のことだそうです ・エンジンからのオイル漏れ  エンジンヘッドカバー周辺及びフロントカバー周辺(ヘッドガスケットかも) ・エンジンオイル量の減少(3000㎞走行して1L位減少する) このことをディーラーにて相談して見積もりを出してもらったそうです。 走行距離は9万㎞台で致命的なダメージは起きていませんので、上記不具合の解消と今後の予防的な要素をユーザ ...

続きを見る

FIAT500 デュアロジック クラッチが切れない

FIAT500のご入庫 デュアロジック車ですがバックに入れるとギア鳴りが酷く、前進にシフトするとアクセルを踏まなくても車両が進もうとするとのこと。 デュアロジックはシングルクラッチのロボミッションと呼ばれるタイプで、基本はマニュアルトランスミッションをベースにした2ペダル車両です。 症状からしてクラッチに何か起きていると判断できたためトランスミッションを降ろしてクラッチを点検します。   ミッションを降ろして不具合の原因がわかりました。 これはクラッチのレリーズベアリングを操作するレバーですが曲 ...

続きを見る

Jeep コンパス エンジン掛からず

Jeep コンパス エンジンが掛からないとの連絡。 昨日はジャンプしてかかったが今日は掛からず、バッテリーは御自身で交換済みとのこと。 ロードサービスでジャンプしてもらいエンジンが掛かったとの事ですので走行してご来店願いました。 ご来店してお車を拝見すると交換したバッテリーはメインの大きなバッテリーのみでサブの小さなバッテリーは交換していないというお話でした。 診断機で故障診断すると電源低下のエラーが複数検出され、サブバッテリーを点検すると電圧は8ボルト台で完全に機能していません。 サブバッテリーを新しい ...

続きを見る

ニッサン パオ  チャージランプ点灯

ニッサン パオ チャージランプが点灯しているとのご連絡。 チャージランプとはバッテリーの形をした警告ランプのことで、”バッテリーが悪くなると点灯する”ものと勘違いされていることが多いのですが充電系統の異常を知らせるランプとなります。 多くの場合、オルタネーターで発電が出来なくなると点灯することが多いため、充電出来なくなってバッテリーに溜まっている電気だけで走っていることが考えられるので電装品をなるべく使用しないようにして来てもらうようにお願いしました。 入庫して確かにチャージランプは点灯していますが、バッ ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザープラド(78)エアコンの風が出ない

トヨタ ランドクルーザープラド(78)のご入庫 エアコンの風が出ないとのこと。 確かにエアコンの風量スイッチを操作してもすべての段数で風は出ません。 助手席足元にブロアファンを回すモーターがあります。 モーターを小突くと弱弱しくファンモーターが回りだしました。 どうやらモーターの寿命のようですので、ブロアファンモーターを交換します。 壊れたモーターからはブラシのカスが大量に出てきましたので完全に寿命を迎えていました。   しかしモーターが壊れたからと言ってこれだけを見るだけでは修理完了というわけ ...

続きを見る

ルノー カングーⅠ キーシリンダーが回らない

ルノー カングーⅠ キーシリンダーが回らなくなりエンジンを掛けることもできずオフにすることもできなくなったとのこと。 キーシリンダーが回せなくなるトラブルは距離が延びると多く起き、キーがすり減ったりすることが原因のことが多いです。 今回の状態を確認します。 キーシリンダーにキーを差し込み右回りにスイッチが入ります。 OFF→ACC(アクセサリー)→イグニッション→スタータースイッチ このように4段階回るようになっています。 しかし今回はACCとイグニッションの間だけ動きOFFにも戻りませんしスタータースイ ...

続きを見る

-故障修理・整備, 用品・タイヤ・ボッシュ

© 2024 増高自動車工業有限会社