営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 用品・タイヤ・ボッシュ

タイヤの管理とは

突然ですがタイヤのお話です。

タイヤは唯一地面に接している重要な部品ですが、普段はタイヤの状態次第で安全に大きく左右しているということはあまり皆さん意識なさっている方が少ないようです。

道路運送車両法という公道を走る車両に対する法律があるのですが、タイヤに関するルールはこのようになっています。(車検というのはこの法律に適合しているかを検査する行為です)

(1)自動車の積車状態における軸重を当該軸重に係る輪数で除した値であるタ イヤに加わる荷重は、当該タイヤの負荷能力以下であること。

(2)接地部は滑り止めを施したものであり、滑り止めの溝(最高速度 40km/h未 満の自動車、最高速度40km/h未満の自動車に牽引される被牽引自動車、大 型特殊自動車及び大型特殊自動車に牽引される被牽引自動車に備えるもの を除く。)は、タイヤの接地部の全幅(ラグ型タイヤにあっては、タイヤの 接地部の中心線にそれぞれ全幅の4分の1)にわたり滑り止めのために施さ れている凹部(サイピング、プラットフォーム及びウエア・インジケータ の部分を除く。)のいずれの部分においても1.6mm(二輪自動車及び側車付 二輪自動車に備えるものにあっては、0.8mm)以上の深さを有すること。こ の場合において、滑り止めの溝の深さについての判定は、ウエア・インジ ケータにより判定しても差し支えない。

(3)亀裂、コード層の露出等著しい破損のないものであること。

(4)タイヤの空気圧が適正であること。 かじ取装置 第 169条 自動車のかじ取装置の強度、操作性能等に関し、保安基準第 11 条第 1 項の告

法律なのでなにやら小難しいことが書いてありますが、要は 溝が1.6mm以上あって空気もちゃんと入れて亀裂なども著しくない状態で走らせないとだめですよ、ということを示しています。

逆に言えば溝が1.6mmでも法律違反ではないということです。

しかし問題は、法律を守っていれば安全に走行できるという意味ではないということなのです。

元々タイヤの溝は、新品で8mm前後あります、1.6mmということは1/4も残っていないことになります。

では、そもそも溝が無いと何がいけないのでしょうか? 

その差は雨の日に歴然と出ます、機会があれば新品の状態と半分くらいに減った状態で安全なところでいつもより強くブレーキを掛けてみてください。(こんなに踏み込んだことないと思うくらいに)

制動距離が全然違うことがわかると思います。

よくこんなことを言われることがあります。”自分は事故を起こさないから大丈夫” ”ぶつけられることはあってもぶつけることはないと思う” 何を根拠に言われているのかわかりませんが事故や故障に100%合わない人はいません。

むしろ急制動をしたことがあるという人のほうが多いのではないでしょうか?その急制動の時に大きな差が出てしまうことが危険なのです。

 

最近このようなお客様が見えました。

”ガソリンスタンドでタイヤ交換しなきゃダメだって言われたんだけどどうですか?”

・・・

溝が無いのはおろか、中のワイヤーまで出てきてしまっています!!

法律違反なんて次元以前に、凶器を乗り回しているようなものです。すぐにでも交換しなければいけません。

ここまでくると制動時の危険もありますが、走行中のタイヤの破裂(バースト)がいつ起きても不思議はありません。

スピードの高い時に、バーストした場合車両を制御できるのでしょうか?そのとき周りの人を巻き込まないという確証はあるのでしょうか?

本来の性能が維持出来るのは、タイヤ溝が新品の半分くらいまでの量と言われていますし、こんな状態で車の管理をしていないことが自体言語道断です。

タイヤはどんな車両でも金額の張るものですが、事故や故障はもっと高くつきます。

このようなお客様は、タイヤ交換は高いからもったいないと言うことがほとんどなのですが、目先のことばかりでなくトータルでみればそんなことはないと思います、実際痛い目にあったことのある方は、自動車に対する維持・管理の仕方をかなり重要視するようになります。

二度とあんな思いしたくないから、よく見てなんて言われることも多いんです。

何度もブログでお話ししていますが、法律は最低ラインを提示しているだけで本当の安全ラインを義務づけているわけではないので、車検に通ったからとか事故にあったことがないからなんて、事が起こってしまったら何の言い訳にもならないのです。

現在の車は性能が上がったことで、平均スピードの速度域が上がっています、それだけ危険も増えていると考えてよいでしょう。

自動ブレーキが付こうと自動運転になろうと、自動車には消耗部品がたくさんありユーザーはそれを管理をする義務はなくならないということを肝に銘じて乗ってもらいたいものです。

タイヤの溝の深さ・空気圧・亀裂などの劣化はある程度ユーザーでわかると思いますし、全く自動車に疎いという方でしたらプロに定期的に診てもらうようにしてください。

すべては安全のために・・・

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT500S マニュアル クラッチ交換

FIAT500S ツインエアのご入庫 クラッチ交換のご依頼を受けました。 日本で販売されているFIAT500でマニュアルトランスミッションは比較的珍しいです。 クラッチペダルが重くミートポイントも定まらくなってきているのでクラッチオーバーホールを行うことになりました。 トランスミッションを取り外してクラッチカバーの状態を診てみます。 クラッチディスクが減るとクラッチカバーのスプリングが起き上がってきます。 真横から見るとスプリング先端が飛び出ているのがわかります。   どれくらいクラッチディスク ...

続きを見る

BMW Z4(E89)高圧燃料ポンプ不良

BMW Z4(E89)のご入庫 ご用命は、突然チェックランプ点灯とエンストしてしまったとの事。 故障コードを診断機で読み出します。 どうも燃料圧力に関した故障コードを検出しています。 症状としてはエンジンは掛かる時は何事もなかったかの様に掛かりますが、調子が悪いとエンストしたり掛からなかったりします。 燃料圧力の高圧側をモニターすると、エンジン不調になった時は燃圧が急激に低下しています。   さらに不安定に低下していくとエンジンは止まってしまいました。 直噴エンジンで高圧側の燃圧不良が原因のよう ...

続きを見る

メンテナンスは基本が大切です。

WAKO'S RECS(ワコーズ レックス)の施工依頼でご入庫。 RECSはエンジン吸気系統を洗浄することで本来の性能を取り戻すメンテナンスの一環です。 当店では施工のご依頼を受ける際は”なぜRECSを施工したいのか?” と目的をお伺いします。 なぜそのようなことを尋ねるのかと言いますと、お客様がRECS施工に何を求めているかを知るためです。 このRECSはインターネットなどで多くの情報が行き交い、まるで不具合が治るとか性能がすごく上がるなど魔法の施工のような扱いをされているのを時折見受けます。 お客様が ...

続きを見る

プジョー 5008 車検整備

プジョー 5008のご入庫   車検整備のご依頼です。 エンジンヘッドカバーからオイル漏れが酷かったためヘッドカバーパッキンの交換 内部の状態からオイルメンテナンスは悪くなさそうです。 足回りでは前輪のブレーキパッドの残量がわずかですので交換。   パッドの残量も少ないのですがディスクローターの厚みも限度を下回っていました。 最低厚み限度24.0mm 24.0mmをすでに下回っています。 最後に安全走行に直接関係ありませんがエアコンフィルターの交換 茶色のまだらはカビです、ここを通った空気が吹き ...

続きを見る

VW パサートR36 (B6) 油脂類交換

VW パサートR36のご入庫 ご依頼は駆動系統全体の油脂交換です。 こちらの車両はV6 3.6Lエンジン搭載で4モーションと呼ばれる4WDとなります。 まずはトランスミッションオイルですが湿式DCT(デュアルクラッチ)タイプのVW名称DSGというミッションを搭載しています。 フィルターはご覧の通り真っ黒です。   NUTEC NC-65 FFでも4WDでもこの部分のフルード交換に違いはありません、重要なのはフルードレベルの調整です。 正確な温度管理の元でオーバーフローさせます。   次 ...

続きを見る

休業日のお知らせ

3月20日・21日(土・日)は休業日とさせていただきます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

FIAT500 デュアロジック・クラッチ重複不具合

FIAT500のご入庫 エンジンが掛からないしギアも1速に入りっぱなしで全然動かせないとの事で搬送されました。 御入庫時、エンジンも掛からずギアが1速に入ったまま抜けないため前輪が回らず搬送されました。 こちらのお車はデュアロジックと呼ばれるAMTタイプの自動変速ミッションを搭載しています。 自動変速といってもマニュアルトランスミッションをデュアロジックが操作するような仕組みになっていますので、一般的なオートマチックトランスミッションとは構造は違います。   では、何が起こっているのでしょう。 ...

続きを見る

MINI クラブマン(R55)エンジン掛かり悪く かかった後調子悪い

MINI クラブマン クーパーS(R55)のご入庫   ご用命は、エンジンの掛かりが悪く、かかった後もしばらく調子が悪いとの事。   診断機にて故障コードの内容を確認してみます。 直噴エンジンの2次側(高圧)の燃圧が低いことを検出しています。 直噴エンジンの場合燃焼室内に直接燃料を噴射するため、燃料タンクから1次側のポンプで送られた燃料をエンジンに取り付けられた2次ポンプ(高圧ポンプ)でさらに圧縮して圧力を高めます。 この圧力が上手く上がっていないという故障コードですが、直噴エンジンの ...

続きを見る

アルファロメオ GT 直噴インジェクター不良

アルファロメオ GTのご入庫   エンジン不調でのご入庫 このエンジンは2.0LのJTSと呼ばれる直噴エンジンユニットになります。 他店でミスファイヤーの指摘を受けたが、原因が点火系ではないので大きな修理が必要だとの診断を受けたそうです。 当店でも診断機を使用して故障コードを読み出してみても、前出の診断通り1番シリンダーのミスファイヤー(失火)を検出しました。 ミスファイヤーの検出はエンジントルクの変動で読み取るのですが1番シリンダーが何かしらの理由でうまく爆発していないことになります。 &nb ...

続きを見る

ニッサン キャラバン (E25) 前輪ハブベアリング ガタ

ニッサン キャラバン(E25)のご入庫 車検でのご入庫ですが、前輪のハブベアリングにガタが発生しています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201111_133317.mp4 動画ではガタをお伝えするのは難しいのですが、ホイールを横方向に力を加えるとカタカタするのが、本来はこのような力を加えてもガタは出ません。 ハブベアリングとはタイヤの中心部のハブというところのベアリングで、ここを軸にしてタイヤが回る非常に重要な部分になります。 点検の際はこのベアリングにガタや異 ...

続きを見る

-故障修理・整備, 用品・タイヤ・ボッシュ

© 2021 増高自動車工業有限会社