営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき スバル

スバル インプレッサ CVTフルードの交換時期はいつ?

スバル インプレッサ(GJ6)のご入庫

ご用命は、”ディーラーではCVTフルードの交換はしなくてよいと言われたが、取説ではシビアコンディションだと4万kmで交換となっていて気になる”との事でご来店されました。

確かにスバルの取説では、シビアコンディションでは4万kmと推奨しています。

ではシビアコンディションでなかった場合どれくらいを目安に交換したら良いのでしょうか?ということにお客様はお気づきになったのです。

シビアコンディション:年間走行距離が20000km以上だったり、逆に短走行で一回の走行距離が8km以下を繰り返して使用したりする厳しい条件下での使用のこと この条件以外にも様々な条件があります。

 

以前からブログで度々お話しさせていただいていますが、機械を作動させるのに交換をしなくても良い油脂は存在しないと思います。もしあるとするならばそれはそのシステム自体を使い捨てとして使用する場合だけではないでしょうか。

なぜか日本では、10万kmが自動車の寿命のようなことが言われ続けています。ここに今回のようなメーカーの思惑が隠れているようでなりません。

国産車メーカーの保証は、おおむね5年又は10万kmのどちらか早期到達までを保証期間として設けているのがほとんどだと思います。(特別保証において)

メーカーでメンテナンスの推奨期間というものを設けているのは、当然この保証期間内に壊れてしまっては困るからこのようなことを設けるのです。

逆に言えばメンテナンスを怠ることがあればメーカーの保証は受けることが出来ないということになります。

シビアコンディションでは4万kmでCVTFの交換を指定しているということは

シビアコンディションでの使用で4万mごとのフルード交換を怠った上での不具合=メーカーは保証しない

ということになります。

シビアでは4万km毎に交換しなければ故障率が上がる?メーカーは暗に認めているのでは・・・

 

次にシビアコンディションでない使われ方をしたらどうなるかということになります。

この場合、通常の使用方法では10万km走行以内であればCVTF交換を行っていなくても不具合の修理は保証されます。(5年以内)

 

ここで、大きな問題として走行距離10万kmというハードルが現れるのです。

皆さんが5年で10万km走らずに新車に乗り換えるようでしたらこのようなことは特に問題にはなりません、しかし自動車所有年数はどんどん伸びているといわれています。

10万kmを超えた場合どうしたらよいのでしょうか?

当然、故障してもメーカーの保証は切れていますので壊れれば実費になります。

そこで距離が伸びたり長く乗った場合に今まで行ったメンテナンスの意味が出るのです、メンテナンスの意味は機械の保護・性能維持ですのでそれは若いうちから行っていたほうが良いのはお分かりになるかと思います。

若いうち(車齢・距離)の手入れは年を取ってから差が出ますので、距離や年数が伸びてから故障率や性能低下率に差が現れるのです。

証期間をクリアすれば良いメーカーの思惑は、決して十分なメンテナンスを推奨しているわけではないということなのです

ですので、ユーザーの愛車自動車メーカーの商品とでは同じ自動車でも見方が全く違うということになります

 

今回、走行距離8万km代での初めてのCVTF交換の内容がこちらです。

お客さんのご希望でオイルパンを外してしっかり洗浄したうえでフルード交換を行いました。

オイルパンには鉄粉が沈殿して吸着用の磁石もびっしり鉄粉が付いています。

抜いたフルードに透明度は全くありません。

写真

内部ストレーナも新しいものに交換

最後に圧送式交換で透明度を取り戻すまでフラッシングを行い、油量をしっかり調整しました。

 

フルード交換について今回のようなご相談を度々受けるのでご案内させていただきました、しかしこれはあくまでも私の見解で他にもいろいろな意見や考え方があるかとは思います、一つの参考としていただければ幸いです。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

MB スプリンター(W903)キャンパー仕様 スプリントシフト整備

メルセデスベンツ スプリンター(W903)キャンパー仕様のご入庫 このクラスは欧州ではメジャーな商用車で、日本国内ではキャンパー仕様にして乗られている方が多い車種です。 日本ではかなり大きな車両で積載車と比べるとその大きさがお分かりになると思います。 メインのご用命はトランスミッションの変速不具合を訴えてこられました。 ・減速時ギアが勝手にニュートラルになる。 ・気温の低い時に多く起きる気がする。 ・ポンプ作動時間が長い気がする。 上記の症状を訴えてこられたのですが、何か聞き覚えのある症状ではないですか? ...

続きを見る

MINI (R56)冷却水・エンジンオイル漏れ

MINI Cooper S(R56)のご入庫 駐車場に何かが垂れた跡があるとの事でご入庫 下廻りから点検してみるとウォーターポンプから冷却水が漏れているのとエンジンオイル漏れが酷くオイルパン付近までオイルで濡れているのを確認することが出来ました。 このモデル定番の不具合と言える事象です。 まずはウォーターポンプの交換から。 シャフトシールからの漏れですので寿命と言えます。   次のここもよく漏れる箇所でヒートエクスチェンジャー(熱交換器)のパッキンです。 オイルエレメントケースに付くことが多いこ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ラジエータ冷却水漏れ

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンオイル交換で入庫の際に冷却水のリザーバータンクが空になっているのを発見しました。 冷却水が漏れている可能性が有るので点検してみるとラジエーターからかなり漏れがありました。   緑色のものが冷却水でかなり漏れているのがわかります。 アッパータンクとコアのカシメ部分から漏れています。   新品のラジエーターに交換します。   このラジエーターは上下の黒いタンクと、放熱をするアルミのコアで構成されています。 このラジエーターの中に冷却水を ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)ステアリングアングルセンサー故障

メルセデスベンツ E350(W211) 車検でのご入庫。 メーター警告灯が点灯しています。 ESPとはエレクトロニクス スタビリティ プログラグ(横滑り防止装置)でブレーキやステアリング・エンジン等を統括コントロールしてスリップ時などに制御を介入させて走行安定性を保つものです。   様々な構成部品で出来上がっているシステムなので診断機で何の故障を検出したのか見てみます。   この故障は比較的多い故障でステアリングアングル(舵角)が上手く読み取れない時に検出することが多いです。 ステアリ ...

続きを見る

スズキ ワゴンR(MH23)走行中ゴーゴー音

スズキ ワゴンR(MH23)のご入庫 走行中、ゴーゴーすごい音がするとの事。 テスト走行してみると とてもじゃありませんが危険なレベルの異音が響いていたためすぐに走行をやめました。 お聞きください https://masutaka.co.jp/images/VID_20191112_152526.mp4 手で回してこれだけの音ですので走ればかなりの音になるのはわかります。 これは後輪の車輪中心を支えているベアリングからの異音です。 ベアリングにガタが出て異音を発生させていました。   何度かこの ...

続きを見る

ニッサン フーガ(Y50)ATF交換

ニッサン フーガ(Y50)のご入庫 オートマチックトランスミッションフルード(ATF)交換のご依頼です。 こちらのお車走行距離は・・・ 約30万kmです! 距離は伸びていますが定期的にATFの交換は行っていたそうでオーナー自身でしっかり管理なさっています。 今回は、オイルパンは外さずに圧送式ATFチェンジャーでのフルード交換依頼です。 使用フルードは、WAKO'S セーフティスペック 低粘度タイプのハイスペックモデルです。 抜き出したフルードはご覧のように真っ黒です。 https://masutaka.c ...

続きを見る

BMW 318i (E46)ATF交換

BMW 318i (E46)のご入庫 定期的に行っているオートマチックトランスミッションフルード(ATF)のご依頼を受けました。 お客様、愛車のメンテナンスはしっかり行っていてATFも定期的に何回か行っております。 当店でも4万km台、9万km台と行ってきていますが今回は13万km台でのお取替えです。 始めの一回目はオイルパンを外して内部ストレーナーも交換しての交換、2回目はフルードのみの交換でした。 今回は前回フルードのみでしたのでオイルパンを開けて内部ストレーナーもあわせて交換を行います。 &nbsp ...

続きを見る

マツダ RX-8 加速時息継ぎ

マツダ RX-8のご入庫 ご用命は高速道路走行中に加速しようとした一瞬もたついて加速をしなかったとの事。 細かく問診をしていきます。 ・チェックランプ点灯なし(故障コード)の検出なし ・100km/hほどの速度で一定速で走っていたが前方車両を追い抜くため車線変更の際少しアクセルを踏み込んだ時に一瞬アクセルが反応しなかった。(アクセルを踏み込んでも加速しなかった) ・そのあとは怖かったので一定速で走り続けたが何も起きなかった。 ・初めて起こった症状で一般道では発生していない。 上記のような内容で、故障コード ...

続きを見る

MINI クーパー(R53)クラッチ滑り

MINIクーパーS(R53)のご入庫 クラッチがつながらず走行不能で緊急搬送されてきました。 クラッチペダルの節度はあるがつながりません、完全に滑っています。 クラッチオーバーホールを行うほかありません。 取り外したクラッチ板はご覧の通り 摩擦面は炭化して無くなって芯となる繊維のみが残ってパサパサになっています! 滑って高温になった結果です! これでは動力を伝えることは出来ませんので走れるわけありません。 新品はこのような物です。   クラッチはディスク・カバー・ベアリングの3点で交換します。 ...

続きを見る

ルノー カングー  ブレーキキャリパーオーバーホール

ルノー カングーのご入庫   各部点検している際、目を疑うほど摩耗に差が出ている部分を発見しました! これは右前輪のブレーキですが外側のブレーキパッドはほぼ残量が無い状態まで摩耗してしまっていました。 しかし、内側のパッドはまだまだ残っていますし、左前輪のキャリパーは内外共にまだまだパッドが均等に減っていて残っているような状態でした。 これはブレーキキャリパーの摺動不良により部分的に引きずりを起こしたことが原因です。 ブレーキキャリパーはゴム部品と金属部品の集合体でゴムのたわみやスムーズな金属の ...

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき, スバル

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2019 All Rights Reserved.