営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 つぶやき スバル

スバル インプレッサ CVTフルードの交換時期はいつ?

スバル インプレッサ(GJ6)のご入庫

ご用命は、”ディーラーではCVTフルードの交換はしなくてよいと言われたが、取説ではシビアコンディションだと4万kmで交換となっていて気になる”との事でご来店されました。

確かにスバルの取説では、シビアコンディションでは4万kmと推奨しています。

ではシビアコンディションでなかった場合どれくらいを目安に交換したら良いのでしょうか?ということにお客様はお気づきになったのです。

シビアコンディション:年間走行距離が20000km以上だったり、逆に短走行で一回の走行距離が8km以下を繰り返して使用したりする厳しい条件下での使用のこと この条件以外にも様々な条件があります。

 

以前からブログで度々お話しさせていただいていますが、機械を作動させるのに交換をしなくても良い油脂は存在しないと思います。もしあるとするならばそれはそのシステム自体を使い捨てとして使用する場合だけではないでしょうか。

なぜか日本では、10万kmが自動車の寿命のようなことが言われ続けています。ここに今回のようなメーカーの思惑が隠れているようでなりません。

国産車メーカーの保証は、おおむね5年又は10万kmのどちらか早期到達までを保証期間として設けているのがほとんどだと思います。(特別保証において)

メーカーでメンテナンスの推奨期間というものを設けているのは、当然この保証期間内に壊れてしまっては困るからこのようなことを設けるのです。

逆に言えばメンテナンスを怠ることがあればメーカーの保証は受けることが出来ないということになります。

シビアコンディションでは4万kmでCVTFの交換を指定しているということは

シビアコンディションでの使用で4万mごとのフルード交換を怠った上での不具合=メーカーは保証しない

ということになります。

シビアでは4万km毎に交換しなければ故障率が上がる?メーカーは暗に認めているのでは・・・

 

次にシビアコンディションでない使われ方をしたらどうなるかということになります。

この場合、通常の使用方法では10万km走行以内であればCVTF交換を行っていなくても不具合の修理は保証されます。(5年以内)

 

ここで、大きな問題として走行距離10万kmというハードルが現れるのです。

皆さんが5年で10万km走らずに新車に乗り換えるようでしたらこのようなことは特に問題にはなりません、しかし自動車所有年数はどんどん伸びているといわれています。

10万kmを超えた場合どうしたらよいのでしょうか?

当然、故障してもメーカーの保証は切れていますので壊れれば実費になります。

そこで距離が伸びたり長く乗った場合に今まで行ったメンテナンスの意味が出るのです、メンテナンスの意味は機械の保護・性能維持ですのでそれは若いうちから行っていたほうが良いのはお分かりになるかと思います。

若いうち(車齢・距離)の手入れは年を取ってから差が出ますので、距離や年数が伸びてから故障率や性能低下率に差が現れるのです。

証期間をクリアすれば良いメーカーの思惑は、決して十分なメンテナンスを推奨しているわけではないということなのです

ですので、ユーザーの愛車自動車メーカーの商品とでは同じ自動車でも見方が全く違うということになります

 

今回、走行距離8万km代での初めてのCVTF交換の内容がこちらです。

お客さんのご希望でオイルパンを外してしっかり洗浄したうえでフルード交換を行いました。

オイルパンには鉄粉が沈殿して吸着用の磁石もびっしり鉄粉が付いています。

抜いたフルードに透明度は全くありません。

写真

内部ストレーナも新しいものに交換

最後に圧送式交換で透明度を取り戻すまでフラッシングを行い、油量をしっかり調整しました。

 

フルード交換について今回のようなご相談を度々受けるのでご案内させていただきました、しかしこれはあくまでも私の見解で他にもいろいろな意見や考え方があるかとは思います、一つの参考としていただければ幸いです。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

レクサス RX450h センターコンソールからなぞの不快音

レクサス RX450hのご入庫 アクスルフルードの交換(作業内容リンク)で御入庫されましたがその際、センターコンソールから不快な音がするので一緒に診てもらいたいとの事でした。 異音の発生状況は少し急激に曲がった際にセンターコンソール付近から何かコロコロ転がるような音がするそうです。 同乗して確認すると確かに何かが転がっているような音がしますが、もちろんセンターコンソールには何も入っていません。 後席に乗って異音を確認してみるとどうやら後席用のエアコンの吹き出し口から聞こえてくる気がします。   ...

続きを見る

AM General Corporation 軍用車 始動困難・黒煙

AM General Corporation 軍用車のご入庫です。 1970年代のベトナム戦争時代のアメリカ軍車両です。 車検でのご入庫ですが、エンジンの掛かりが非常に悪く、掛かっても黒煙が尋常ではないほど出ていますので何か異常が起きているのは間違いありません。   状況からして燃料が濃く黒煙が出ているのでキャブレーターを分解してみます。 非常にシンプルなキャブレータです。 分解していくと内部のダイヤフラムが破けていました。 この部分はパワーバルブと呼ばれるところへの通路の開閉をするダイヤフラム ...

続きを見る

レクサス RX450h ハイブリッドビークルトランスアクスルフルード交換

レクサス RX450h(GLY20)のご入庫 トランスミッションのフルード交換を承りました。 ハイブリット車両であるこちらのお車は、ハイブリッドビークルトランスアクスルという名称のトランスミッションを搭載しています。 ミッション内部には発電用と駆動用それぞれのモーターが内蔵しており、そこから出力された動力はプラネタリギアなどを介してタイヤや充電側に駆動力を分散しています。 従来のトランスミッションはエンジンからの動力をギア比を利用して適切な駆動力としてタイヤに伝える役目をしていましたが、この車両はその仕組 ...

続きを見る

エアコンフィルターの定期的な交換をお忘れなく

エアコンユニットにほこりなどが混入しないように現代の車両には標準で装備されているエアコンフィルター。 しかし、交換サイクルを超えて使用することはかえって害になってしまうことは知られていないようです。 こちらは新車から3年の車検整備で交換したエアコンフィルターです。 何かまだらに綿状なものが見えます。 これはカビです! エアコンは除湿するため内部は湿気が多い状態ですので湿気とエサになるほこりが揃えばカビが生えるのは当然のことです。 エアコンフィルターはどこのメーカでも性能別に種類があり ①ホコリだけをキャッ ...

続きを見る

FIAT パンダ(169)クラッチレリーズベアリング焼き付き

フィアット パンダ(169)のご入庫 クラッチからキーと大きな異音がするとの事です。 エンジンを掛けると甲高いキー音が聞こえてきます、音源を探るとエンジンとトランスミッションのつなぎ目から聞こえてきますのでクラッチからの異音のようです。 こちらのお車、AMTタイプのデュアロジックと呼ばれる自動変速のトランスミッションとなります。 自動変速といってもマニュアルミッションをデュアロジックが操作するタイプですのでトルコンではなく従来のシングルクラッチが使われています。   トランスミッションを取り外し ...

続きを見る

締め付けトルク 整備ミス?設計ミス?

エンジンオイル漏れ修理のご依頼を受けました。 エンジンのヘッドカバーからの漏れ修理です。 こちらの車両は年数も経っておりパッキンの劣化もありますので交換時期でしたが、漏れた原因は他にもあるようです。 ヘッドカバーを取り外します。     鉄製のヘッドカバーで、ボルト6本で締め付けて固定しますが、ボルトの締め付け面をよく見ると・・・ かなり食い込んで変形しているのがわかると思います。 明らかにボルトの締め付けすぎです。 それに前回整備した者はオイル漏れの対策でヘッドカバーパッキンに液状ガスケットを ...

続きを見る

BMW X5(F15)ブレーキパッド&ローター交換

BMW X5(F15)のご入庫   ブレーキ警告灯が点灯したとの事 ブレーキパッドは残量が少なくなってきていますので交換が必要です。 ディスクローターも最低厚みに限りなく近く新しいパッドに替えてもすぐに下回ってしまいますのでこちらも交換が必要です。 最低厚み限度18.4㎜ 18.97㎜で残り0.5mmですので、すぐに下回ってしまいますので同時交換が必要です。      BMWは主要消耗部品はコンディションベースサービス(CBS)という言うシステムで管理しています。 単にパッドセンサーな ...

続きを見る

スバル R2 CVTフルード交換

スバル R2のご入庫 R2も生産終了してから久しいですが独特のスタイルで今でも人気があるモデルです。 ご用命はCVTフルードの交換です。 走行距離が3万km代でしたのでオイルパンを開けずに圧送式フルードチェンジャーでフルードのみの交換を行うことにしました。 このミッションには外部フィルターとしてスピンオンタイプのフィルターがありますのでそちらも交換します。   圧送式のフルードチェンジャーでフルードを入れ替えていきます。 https://masutaka.co.jp/images/VID_202 ...

続きを見る

VW ティグアン チェックランプ点灯

VW ティグアン のご入庫 チェックランプが点灯してディーラーに行ったが高額修理の見積もりが出されたので診てもらいたいとの事でした。 お見積りを見させていただくとエンジンのインテークマニホールドの交換となっていました。 お客様になぜインテークマニホールドを交換しなければならないかの説明を受けてきましたか?とお聞きしても理由はよくわからないとの事でした。 高額の修理をお見積りする以上お客様になぜそこを交換する必要があるのかの説明をしてご納得していただく必要があるのですが、それがなされないのでお客様は単に高額 ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の営業案内

ゴールデンウィーク期間は4月29日から5月6日は休業させて頂きます。 新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

-故障修理・整備, つぶやき, スバル

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.