FIAT PANDA 4X4(169)納車整備内容のご案内です。アップがかなり遅くなりました。m(__)m

鮮やかなターコイズブルーのこちらのお車傷もほぼなく年式の割に色褪せもほとんどありません、前のオーナー様もワンオーナーでしっかりディーラーで整備を行ってきた履歴もあり大切にされていたことがわかります。

dscn0877

しかし、新しいオーナー様のもとに嫁ぐにはしっかりとリセットしなければならない部分もあります。

まず、大きな部分でクラッチの交換です、入庫時クラッチペダルを踏み込むと重くなっていましたのでクラッチオーバーホールとクラッチワイヤーの交換を行います。

img_20160629_103839

img_20160629_210809

img_20160629_210819

img_20160629_220434

クラッチディスクも摩耗していましたがレリーズベアリングもかなりゴロゴロしていましたので、交換時期でした。

 

トランスミッションを取り外したのでエンジンクランクシャフトリアオイルシールも交換します。この時にしか交換できませんのでこのような部品も必ず一緒に交換しましょう。

img_20160629_211948

クラッチワイヤーは渋りもなく良好な状態でしたが予防整備で交換します。

もちろんミッションオイルも交換WAKO’S RGを注入。

 

距離はそんなに伸びていませんが年数が経っているとのことでオーナ様からのご要望でショックアブソーバーも交換します。

4×4は社外ショックの設定がなく純正品です。

img_20160704_114650

img_20160704_121219

アッパーマウントももちろん交換

油脂類すべて交換して細かな部分も仕上げます。

 

摩耗・劣化している部分を整備することで車両自体もリセットできます、新オーナー様も故障のリスク低減と本当の車両の状態を知ることが出来ますので、変な運転のクセが付くことが防げます。

よく他店で中古車をご購入されて点検を依頼されることが多いのですが、クラッチが重くなっていたり(かなり減った状態)、エンジンから異音が出た状態を正常だと思い乗られているお客様がいらっしゃります。

”輸入車なんだからこんなものだよ”なんて言われたというお話はよく聞きます。

自動車の購入は大きな決断が必要ですし誰でも失敗はしたくないはずです、信頼のおけるお店選びも大切に。