営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 アルファロメオ アウディ ボルボ

オーバークールとは?

冬の寒い時期になると症状が顕著に表れる不具合で”オーバークール”と呼ばれるものがあります。

言葉の通り ”冷え過ぎ” という不具合です。

エンジンはガソリンや軽油を燃やしてエネルギーを取り出すのでかなりの発熱量です。

しかし、その熱が高すぎればエンジン自体が歪んで壊れてしまうためエンジン内部に冷却水を循環させることで適温に保つようにしています。水冷エンジンというタイプです。

適温は、エンジンにもよりますが80~90℃前後に設定していることが多いです。

その適温を超えて熱くなりエンジンが壊れてしまうような状態になることがオーバーヒートと呼ばれる症状で、車に詳しくなくてもなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか?

オーバーヒートは重大な故障でエンジン本体の金属をゆがめて壊れる致命的な不具合です。

では、その逆のオーバークールではどのような故障を引き起こすのでしょう。

①エンジンが温まりにくい

冬場の寒い時期にエンジンを掛けると本来は早く適温にしたいので冷却水を循環させないようになっているのですがオーバークールの故障を起こしていると循環してしまうためなかなか温まらない。

②暖房が効かない

室内の暖房は冷却水の水温を利用しているため暖房の効きが悪くなります。

③エンジン制御が暖機中のモード(冷間)になってしまう

エンジンは温まった状態を通常使うことを前提としていますので、冷間時は冷えていても調子良くしようとしたり早く暖まるようにしたりと様々な制御が介入します。エンジンが温まらないとその制御がいつまでも介入してしまうため調子が悪くなったり燃費が悪化します。

 

このようにオーバーヒートに比べて短時間で致命的な故障を引き起こすわけではありませんが、じわりじわり調子を悪くする故障を引き起こします。

 

次にオーバークールを起こす原因は何なんでしょうか?

サーモスタットと呼ぶ部品が原因になることがほとんどです。

この部品が水温によって開閉することで冷却水をラジエーターに循環するかしないかをコントロールします。

よってこれが開かなくなるとオーバーヒート、閉まらなくなるとオーバークールを引き起こします。(他に原因があることもあります)

 

実例

ボルボ V70Ⅱ

IMG_20161222_175816

サーモスタットが折れてしまっています。これでは閉まりません。

 

アルファ156JTSスポルトワゴン

IMG_20170119_154557

ケース一体型のサーモスタットのため中がよく見えませんが片側から光を当てると光が漏れるので閉じていないことがわかります。

IMG_20170121_111128

IMG_20170121_111047

AUDI TTクーペ2.0(8J)

こちらもケース一体型でよくわかりませんが水を片側に入れると勢いよく漏れて来ますので閉じていないことがわかります。

このタイプはケースが樹脂な為、割れて漏れ出すなんて故障もあります。

IMG_20170207_104858

 

サーモスタットはサーモワックスと呼ばれる温度で変形する部材とそれに反発するスプリングで出来ています。しかしサーモワックスは経年劣化で変形しなくなったりスプリングが弱ったり折損することで様々なトラブルを発生させます。

 

しかしオーバークールを気が付かずに乗っていらっしゃる方は非常に多いです。

では、どのように見極めるかといいますと、

水温計が付いているお車でしたらエンジンが暖まったらメーターの針はほぼ一定で動かなければ正常です。しかしスピードを上げて走ると温まっていた水温計の表示が落ちてきてしまう場合はオーバークールです。

また、最近のお車では水温計が付いていない車があります。そんな場合は診断機をつながなければ正確な数値はわかりません。しかし、アイドリングで長く止まっているときは暖房が暖かいのにスピードを上げるとなんとなくぬるい風になるなんて言う場合は要注意です。

冬場の寒い時期でしかわかりずらいので、メーターの針が動く・暖房がぬるいなど気になりましたらすぐに点検を受けてくださいね。

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

Jeepコンパス 車検整備

Jeep コンパスのご入庫 車検整備のご依頼です。 スパークプラグはノーマルのタイプが取り付けられおり、かなり摩耗していたためロングライフプラグに交換     エアクリーナーはご覧の通り汚れていました。    バッテリーは緑青が酷く噴いてます。   バッテリーは性能低下すると化学変化が起こりづらくなり温度が上がり水素ガスが発生します、水素ガスはバッテリー周辺に滞留して緑青(錆)が発生しやすくなります。 緑青が出ているようですとバッテリーの性能低下が考えられます。 バッテリーテ ...

続きを見る

FIAT500 エンジンコンピューター突発故障

FIAT500のご入庫 買い物を終えエンジンを掛けようとしたら掛からなくなったとの事で緊急搬送されました。 スタータでのクランキングは勢いよく回っていますが初爆の気配すらありません。 診断機を繋ぎ故障コードを読み出すことにします。   エンジンコンピューターにアクセスできません! ミッションコンピューターにもエンジンコンピュータとのアクセスが出来ないエラーが検出されています。 エンジンコンピュータが認識できていません。(作動していない) 他車のエンジンコンピューターを仮でつないでみるとイモビライ ...

続きを見る

ニッサン NV150(Y12)商用車のシビアコンディション

ニッサンNV150 車検でのご入庫 初回車検(新車から2年)の整備を行うのですがこちらの車両すでに走行距離は8万kmを超えていますので年間4万km以上走る計算になります。 このような過走行の車両は一般的に注意する部分以外にも目を配らなければいけません。 まずは新車時から初めて開けたであろうドラムブレーキです。 ドラムブレーキはドラムで覆われているためブレーキダストは中に溜まった状態になります。 ブレーキのホイールシリンダーもオーバーホールします。   サビの発生こそなかったものの汚れは酷いです。 ...

続きを見る

smart スマートK ブレーキペダル ふわふわする

smart kのご入庫 ご用命は右後ろのタイヤから何かが漏れてブレーキペダルもふわふわするとの事。 これは大変危険な状態ですので自走はしないで、ロードサービスを使用して搬送するようにお願いしました。 タイヤの裏を見るとブレーキフルードでびしょ濡れです。 ドラムブレーキですので漏れる部分はホイールシリンダーが濃厚です。 ドラムを外すとやはりブレーキフルードでビチャビチャになっていました。   ホイールシリンダーを取り外してみると内部は酷い状態になっていました。   錆が酷く固着してピスト ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ(186)インジェクター突然故障

FIAT ムルティプラ(186)の御入庫 大変個性的なこちらの車、突然エンジンの振動が大きくなりチェックランプが点灯しました。 1600ccの4気筒ガソリンですが、診断機で故障コードを読み出すと4番シリンダーが1気筒ミスファイヤーを起している模様です。 エンジンが回る為の大切な3要素 よい圧縮・よい火花・よい燃料を調べていきます。※よいという表現は適切という意味です。   まずは、良い火花に当たる点火系統を点検していきます。 イグニッションコイルとスパークプラグ間にはプラグコードがあるタイプです ...

続きを見る

フィアット500 ステアリング切ると何かずれた感じがする

フィアット500のご入庫 旋回中に途中何か車体がずれたような感じがするとの事でご入庫。 工場内でステアリングを切り移動したところコクッと何か車体がずれた感じがしました。 リフトで車両を持ち上げて点検したところこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200715_142715.mp4 これは前輪のロアアームに付くボールジョイントです。 手で動かしてこれだけ動くことはかなりのガタが左右とも発生しています。 ボールジョイントはロアアームと一体です ...

続きを見る

ダイハツ ミラジーノ(L700S)クラッチオーバーホール ミス

ダイハツ ミラジーノ(L700S)のご入庫 ご依頼は、クラッチが重たく操作が上手くできないとの事 確かにクラッチペダルも重くミートポイントもわかりませんし、操作するとギーギー音もしますのでクラッチの交換が必要そうですが、お客様とお話を進めていくと どうもそんな簡単なことではなくかなりクラッチのことで苦労しているようです。 実はこの車両はミッションをすでに2回も降ろして作業を行っているそうです。 はじめ他店にてクラッチオーバーホールを行ってしばらくしてミッションのフロントオイルシールからオイルが漏れ出してし ...

続きを見る

ホンダ ヴェゼル CVTフルード交換

ホンダ ヴェゼルのご入庫 以前CVTフルードだけを交換してもらったが今回はオイルパンを外して交換をしてほしいとのご依頼。 走行距離6万km代で特に走行にも違和感を感じていないのであくまでもメンテナンスの一環として行います。 このミッションはオイルパンもアルミ製ですので気を付けて外します。   内部にはストレーナーがあります。 オイルパンには磁石が縦についていますので綺麗に清掃して付け直します。 内部ストレーナーを交換します。   ドレンボルトにも磁石が付いていて鉄粉が付着しています。 ...

続きを見る

FIAT パンダⅢ(312)恐怖!ダブルマスフライホイール破損

FIAT パンダⅢ(312)のご入庫 ご用命はデュアロジックのギアが抜けたり、振動も大きくなったとの事。 ツインエア搭載のこちらの車両、2気筒エンジンで元々エンジンの振動は大きめなのですが正常時には出ない大きな振動が起きています。 故障コードを読み出してみるとクラッチストロークエラーを読み出しています。 クラッチも正常に作動できていないのでクラッチオーバーホールをする必要があることをお話しして作業に取り掛かります。 ミッションを取り外しクラッチを観察すると何かおかしいです。 レリーズベアリングの当たった跡 ...

続きを見る

11月休業日のお知らせ

11月は1.2.3日(日.月.火曜日)及び22.23日(日.月曜日)は休業日とさせていただきます。 なお、第二日曜日 8日は営業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

-故障修理・整備, アルファロメオ, アウディ, ボルボ

© 2020 増高自動車工業有限会社