アルファ147ツインスパーク(マニュアルミッション)ご入庫

 

クラッチオーバーホールのご依頼

クラッチはクラッチディスク・クラッチカバー・レリーズシリンダー(ベアリング)を交換

交換後は、”ペダル踏力がこんなに軽かったっけ?”というくらい軽くなります。

クラッチディスクがすり減ってくるとクラッチカバーのスプリングが立ってくるのでスプリングの反発力が強まり踏力が必要になってくるのですが少しづつの変化のためユーザーはなかなか気が付かずに重い状態で乗っていらっしゃることが多々あります。

 

 

順調にクラッチオーバーホールを終えたのですが、シフトレバーのフィーリングが気になります。

2.4.Rギアのシフトストロークが長くうまくシフトが出来ない時がありギアが抜けてしまう時もあります。 

 

シフトレバーを上下に動かすとガタがかなり多いことに気が付きました。

これは、シフトレバーの支点部が摩耗したためガタが大きくなり支点として定まらなくなりギアが入りずらくなる症状でした。

シフトレバーASSYをお取替え

 

交換後は見違えるようにシフトフィーリングが改善されました。

クラッチとシフト両方よい状態になりましたのでマニュアル車の醍醐味を存分に堪能していただけると思います。