営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。

それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。

 

このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。

もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。

ですが!これが役に立たないパンクが非常に多いのです!

 

このタイヤは鉄片を踏み急激にパンクを起こしました。

こんなに小さな鉄片(5㎜ほど)ですが、タイヤは10mmほど切れてしまいました。

しかし修理剤でパンク穴を塞ぐことが出来るのは、釘などの細いものが刺さった穴くらいで、これくらい大きく裂けた穴は塞ぐことが出来ません。

また、パンクに気が付かず走らせてしまいホイールとタイヤが外れてしまったような場合でも隙間が大きいので空気を入れることは出来ません。

 

この応急キットで対応できるパンク不具合が限定されたものになってしまうのは、あまりにも知られていません。

 

ではスペアタイヤを搭載していない車両が修復できないようなパンクを起こした場合はどうしたらよいのでしょう?

残念ながら履き替えるものがない限りレッカーなどの積載搬送となってしまいます。

スペアタイヤを搭載していれば、パンクしてどうにもならなくても履き替えて脱出出来ていたですが、付け替えるスペアタイヤがない以上車両は走行不可能なのです。
無理をして走行するとこんな目にあいます 事例リンク

新車を購入する際にオプションでスペアタイヤを購入することが選択出来る車両もあるようですがほとんど積んでいるのを見たことがありませんし、オーナー自身も積んであるのかないのかを知らないことも多いのです。
購入時にセールスマンから説明も無かったという話も聞いたことがあります。

 

なぜこのようなことになってきているかと言いますと、メーカーは様々な言い訳?をしています。

スペアタイヤは応急であり自動車の生涯で使わずじまいで終わることが多いわりに環境の負荷が大きい(タイヤの製造や処分等)とか、重さが燃費に影響するとか、スペアタイヤのスペースが車内空間の無駄になるとか様々なことを理由に省いてしまいました。(当然コストの問題もあるでしょう。これが一番かも・・・)

 

しかし、環境負荷だの燃費や車内空間がどうのといったところで、緊急時にその場から脱出できない恐怖は 経験した人にしかわかりません。

 

パンクに対する対策は今までにも様々練られてきました。

スペアタイヤ(ノーマルタイヤ):履かせているタイヤと同じものを搭載。 昔はこれが当たり前でしたし今でも荷物を載せ耐荷重を求められる商用車ではこの方法です。同じタイヤなので荷重やスピードレンジは同等条件で使えるが重さや大きさがかさばるのがデメリットになります。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ):ノーマルのタイヤでは太くてスペースをとるため応急用の細いタイヤを搭載します。応急用なので速度に上限があるのと積載物を搭載する貨物車では耐荷重に問題があり使えません。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ エアレス):テンポラリータイヤだが空気を抜いてたたんでしまってあるタイプ。使用するときはエアポンプで空気を充填して使用する。タイヤ幅の広いスポーティな車両に使われること多い。

タイヤとエアポンプを搭載するので当然コストがかさむため限られた車種に限定されます。


 

ランフラットタイヤ     :履かせているタイヤ自体をパンクしても応急的に走行できるよう高剛性にしたもの。空気が抜けてもペちゃんこにならないため最低限の走行ができる。
デメリットはタイヤが非常に高額になることと高剛性であるがゆえタイヤ重量がかさんだりタイヤのしなやかさが少なくごつごつした感じになる。
また、搭乗者がパンクに気が付かないことがあるためパンク警告の警報システムも車両に搭載義務があります。

外観は普通のタイヤと変わらないためランフラットタイヤとわかるようにRFTとサイドに記載される。

 

パンク修理キットのみ搭載   :スペアタイヤは無く、修理キットとポンプのみ。
修理剤に有効期限が有るので定期的な買い替えが必要です。


 

お客様の中にはスペアタイヤが搭載されていない車両にスペアタイヤを別に購入して搭載されたりする方もいられますが賢明な判断だと思います。

もしスペアタイヤを搭載できないようであれば、緊急時の対策でロードサービスの確保やその際の代車特約など備えを十分しておくことは非常に重要なことになりますのでご注意を。

もちろんスペアタイヤを搭載していても定期的に空気圧のチェックを行い、いざという時に役に立たないなんてことも防がなければいけません。

御自身の安全確保もユーザーの責任です。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ランドローバー フリーランダー 整備不良の末

ランドローバー フリーランダーのご入庫 冷却水が漏れているので診てもらいたいとの事でご来店。 漏れ箇所はエンジン前側付近であることはすぐにわかりましたのでウォーターポンプあたりが怪しいとお客様にお伝えしました。 ※ある程度分解を進めないと特定できないためおおよそで説明しました。 すると、半年ほど前にタイミングベルトは他店にて交換済で同時にウォーターポンプも交換しているとの事。 では、ウォーターポンプである可能性は低いので何か周辺部から漏れているのでは?というお話をさせていただきました。 ところが、よくよく ...

続きを見る

ニッサン NV350 ブロアモーターヒューズたびたび切れる?

ニッサン NV350のご入庫 エアコン風量を最大にしているとヒューズが飛んでしまうとの事 実際にヒューズを確認すると15Aヒューズが切れてしまっていました。 ユーザーも何回か交換しているようです。 マニュアルエアコンで最大風量時はブロアレジスターは通らず直結状態になるのでブロアモーターコイルのレアショートが考えられますのでモーター交換を行いました。 モーター交換後新しいヒューズを入れて最大風量にして1分ほど経つとヒューズが切れてしまいました。 まだ、治っていないようです(-_-;)汗 ただヒューズの切れ方 ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)デュアロジック+ミッションオイル交換

FIAT デュカト(250)のご入庫 ご用命は、デュアロジックフルードとトランスミッションオイルの交換です。 正規では輸入されていないこちらのお車、欧州では商用車として様々に利用されているのですが、日本へはキャンピングカーのベース車両として使用されていることが多いようです。 FF駆動の2.3Lディーゼルエンジン搭載車両です。   デュアロジックはFIAT500にも使用されているものと基本的な構造は同じAMTと呼ばれる6速ミッションとなっています。   デュアロジックはマニュアルトランス ...

続きを見る

フォード マスタング エアコン風が最大でしか出ない。

フォード マスタングのご入庫 ご用命は、エアコンの風が最大でしか出なくなってしまったとの事。 こちらのお車はマニュアルエアコンで送風量はダイヤル4段階で調整します。 1・2・3のダイヤルでは確かに風は全く出ませんが4にすると最大風量で吹き出します。 ブロアが回るということはモーターは正常と判断できますので他に原因があります。 マニュアルエアコンの場合、ブロアモーターに掛かる電気の調整はブロアレジスター(抵抗)を通した電気量で調整することがほとんどです。 こちらのお車にもブロアレジスターがありました。 よく ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW ザ・ビートル ウォーターポンプから液漏れ?

VW ザ・ビートル 車検でのご入庫です。 点検を行うとエンジン前方に何か液が垂れた跡がありました。 液が漏れだしたところをたどるとウォーターポンプからでした。 ウォーターポンプから漏れだしているのであれば定番の冷却水漏れです! ウォーターポンプの交換を行うことになりました。 しかし、ウォーターポンプを取り外していくとその漏れ出していたものが冷却水でないことに気が付きました。 真っ黒なオイル状のものでした。   ウォーターポンプを取り外してその構造を確認してようやく何が漏れ出してきているのか理解す ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L800)クラッチが重くて切れない

ダイハツ コペン(L800)のご入庫 ご用命はクラッチペダルが重くなってクラッチが切れないとのこと。 ご入庫時、異常なほどクラッチペダルが重くうまく操作が出来ない状態でした。 車齢13年・走行距離9万Km代です、クラッチオーバーホールはもとよりワイヤーの交換が必要なことは間違いありません。 トランスミッションを下ろしてクラッチの状態を見てみます。 クラッチディスク自体は溝が深くまだまだ使えそうです。   では何がここまでペダルを重くしたのでしょう。 原因のひとつはこちら、レリーズベアリングの摺動 ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)早期発見は大切です

メルセデスベンツE350(W211)のご入庫 別作業で御入庫の際不具合を発見いたしました。 まずは左前輪のドライブシャフトのブーツが切れてグリスが飛び散っています。   この車両は4マチックと呼ばれる4輪駆動の為、前輪にもドライブシャフトがあります。 ブーツが切れると水などの異物がジョイントに入り痛めてしまうので見つけた際はすぐに分解して新しいグリスを封入し直してブーツを交換しなければいけません。 グリスは水と混ざり白濁していましたので、放っておけばジョイント自体を壊してしまうところでした。 & ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)エアコンの風が出ない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ご用命はエアコンの風が出なくなったとの事。 オートエアコンですが、風量調整をコントロールしても風は出てきません、後席エアコンは正常に風がでます。 セレナ(C25)もだいぶ年数が経ちこのような不具合が増えてきております。 これは送風するブロアモーターの不具合が非常に多いです。 今回もブロアモーターをコンコンと叩くと弱弱しくブロアモーターが回ることが確認できましたので、駆動させる電源に問題はないのでモーター不良は間違いありません。 取り外したモーターは叩かないと回らない状態 ...

続きを見る

アルファロメオMITO タイミングベルト交換

アルファロメオMITOのご入庫 タイミングベルト交換のご依頼を受けました。 走行距離は1万km代でしたが年数が7年ほど経過していたので不安なので交換してほしいとのご要望でした。 この車両のエンジンはジュリエッタでも搭載されている1400ccのマルチエアと呼ばれるユニットです。 タイミングベルト交換自体は非常にオーソドックスなものですが、やはりSSTが必要なことには違いがありません。 カムシャフトは後端部分で位置を合わせて固定します。 クランクシャフトも同様にSSTで固定して交換をします。 交換した部品はこ ...

続きを見る

-故障修理・整備

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.