営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。

それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。

 

このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。

もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。

ですが!これが役に立たないパンクが非常に多いのです!

 

このタイヤは鉄片を踏み急激にパンクを起こしました。

こんなに小さな鉄片(5㎜ほど)ですが、タイヤは10mmほど切れてしまいました。

しかし修理剤でパンク穴を塞ぐことが出来るのは、釘などの細いものが刺さった穴くらいで、これくらい大きく裂けた穴は塞ぐことが出来ません。

また、パンクに気が付かず走らせてしまいホイールとタイヤが外れてしまったような場合でも隙間が大きいので空気を入れることは出来ません。

 

この応急キットで対応できるパンク不具合が限定されたものになってしまうのは、あまりにも知られていません。

 

ではスペアタイヤを搭載していない車両が修復できないようなパンクを起こした場合はどうしたらよいのでしょう?

残念ながら履き替えるものがない限りレッカーなどの積載搬送となってしまいます。

スペアタイヤを搭載していれば、パンクしてどうにもならなくても履き替えて脱出出来ていたですが、付け替えるスペアタイヤがない以上車両は走行不可能なのです。
無理をして走行するとこんな目にあいます 事例リンク

新車を購入する際にオプションでスペアタイヤを購入することが選択出来る車両もあるようですがほとんど積んでいるのを見たことがありませんし、オーナー自身も積んであるのかないのかを知らないことも多いのです。
購入時にセールスマンから説明も無かったという話も聞いたことがあります。

 

なぜこのようなことになってきているかと言いますと、メーカーは様々な言い訳?をしています。

スペアタイヤは応急であり自動車の生涯で使わずじまいで終わることが多いわりに環境の負荷が大きい(タイヤの製造や処分等)とか、重さが燃費に影響するとか、スペアタイヤのスペースが車内空間の無駄になるとか様々なことを理由に省いてしまいました。(当然コストの問題もあるでしょう。これが一番かも・・・)

 

しかし、環境負荷だの燃費や車内空間がどうのといったところで、緊急時にその場から脱出できない恐怖は 経験した人にしかわかりません。

 

パンクに対する対策は今までにも様々練られてきました。

スペアタイヤ(ノーマルタイヤ):履かせているタイヤと同じものを搭載。 昔はこれが当たり前でしたし今でも荷物を載せ耐荷重を求められる商用車ではこの方法です。同じタイヤなので荷重やスピードレンジは同等条件で使えるが重さや大きさがかさばるのがデメリットになります。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ):ノーマルのタイヤでは太くてスペースをとるため応急用の細いタイヤを搭載します。応急用なので速度に上限があるのと積載物を搭載する貨物車では耐荷重に問題があり使えません。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ エアレス):テンポラリータイヤだが空気を抜いてたたんでしまってあるタイプ。使用するときはエアポンプで空気を充填して使用する。タイヤ幅の広いスポーティな車両に使われること多い。

タイヤとエアポンプを搭載するので当然コストがかさむため限られた車種に限定されます。


 

ランフラットタイヤ     :履かせているタイヤ自体をパンクしても応急的に走行できるよう高剛性にしたもの。空気が抜けてもペちゃんこにならないため最低限の走行ができる。
デメリットはタイヤが非常に高額になることと高剛性であるがゆえタイヤ重量がかさんだりタイヤのしなやかさが少なくごつごつした感じになる。
また、搭乗者がパンクに気が付かないことがあるためパンク警告の警報システムも車両に搭載義務があります。

外観は普通のタイヤと変わらないためランフラットタイヤとわかるようにRFTとサイドに記載される。

 

パンク修理キットのみ搭載   :スペアタイヤは無く、修理キットとポンプのみ。
修理剤に有効期限が有るので定期的な買い替えが必要です。


 

お客様の中にはスペアタイヤが搭載されていない車両にスペアタイヤを別に購入して搭載されたりする方もいられますが賢明な判断だと思います。

もしスペアタイヤを搭載できないようであれば、緊急時の対策でロードサービスの確保やその際の代車特約など備えを十分しておくことは非常に重要なことになりますのでご注意を。

もちろんスペアタイヤを搭載していても定期的に空気圧のチェックを行い、いざという時に役に立たないなんてことも防がなければいけません。

御自身の安全確保もユーザーの責任です。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

スマート フォーフォー ヘッドライト暗い

スマート フォーフォーのご入庫 ヘッドライトが暗いとの事でHIDなどで明るくしてほしいとのご依頼。 現状ハロゲンバルブ(オリジナル)が取り付けられていますが、その状態で光量を測定します。 ぼやけて全くカットラインが見えませんし光量も基準を大きく下回っています。これでは暗くて前が見えづらいのも当然です。   ハロゲン電球が悪いというわけではなく、大きな原因はこちらです。 ヘッドライト表面のクリアレンズが劣化により曇りヒビのようなものも見受けられます。※写真ですとそれほどではないですが実際は全体的に ...

続きを見る

ホンダ N-ONE(JG1) 低回転時ガクガクする

ホンダ N-ONEのご入庫 低速走行時エンジンが1500回転くらいの時にガクガク振動がするとの事。 お客様はノッキングが起きていると言っております。 診断機で故障コードを読み出してみますが特に何も検出していません。 テスト走行をすると発進してアクセルをあまり踏み込まない状態で1500~2000rpmくらいでガクガクしますがそれ以上回転が上がると何もなかったように正常になります。 症状としてはノッキングというよりも低回転域のエンジン回転の不安定さのように感じます。 エンジンがスムーズに回っているかエンジンの ...

続きを見る

MINI クラブマン(F54)ブレーキ整備

MINI クラブマン(F54)のご入庫   ブレーキ警告灯が点灯したとの事。 ブレーキのパッドセンサーがディスクローターに触れたことで通電して警告灯を発報しました。 点検すると前輪のパッドセンサーがローターと接触して削れています。 キャリパーを外してみます。 パッドセンサーはこのように取り付けられていてパッドの厚みが無くなるとセンサーがディスクローターと接触して削れることでセンサー内部の配線が露出して通電する仕組みになっています。 ブレーキパッドと削れたセンサーは新しく交換しますが、輸入車で忘れ ...

続きを見る

ホンダ シビックタイプR アイドラプーリー焼き付き

ホンダ シビックタイプR (EP3)のご入庫   エンジンが騒がしいので点検してほしいとのご依頼。   入庫時の状態はご覧の通り https://masutaka.co.jp/images/VID_20200629_100027.mp4 ベルト周りには鉄粉のようなものが飛び散っています。 プーリーのベアリングが焼き付いてインナー側が無くなっています。   プーリーの中心にはベアリングがあるのですがすでに焼き付いて飛び散ってしまって無くなってしまっています。   アイドラプーリーの台座部 ...

続きを見る

BMW Z3 永い眠りからの目覚め

BMW Z3 ご依頼は親族の形見の車両を動けるようにしてもらいたいとの事 この車両は主がいなくなってから放置されて何年も動かしていない状態(約7年)との事で不安でしたが、保管先に向かうと屋内にあり想像以上に保管状態は良い状態でした。 とはいえ7年も動かしていない車両がいきなり動くわけはありませんので、各部点検したうえで進めなければなりません。   まずエンジンをいきなり回すわけにはいきませんので、シリンダー内にオイルを回すために手でクランクシャフトを回してオイルを潤滑させます。 次に燃料を噴射で ...

続きを見る

ボルボ S60Ⅱ DCTフルード交換

ボルボ S60Ⅱのご入庫 DCTフルード交換のご依頼です。 1.6Lターボ搭載車両、ミッションは湿式DCTになります。 外部にカートリッジのオイルフィルターが装備されています。 フィルターの汚れはかなりのもので、交換の必要性を感じさせます。 使用フルードはNUTEC NC-65 交換後はキャリブレーション実施して終了 どうも壊れやすいとうわさのこちらのミッション、オーナー様も不安なため予防的に交換をご依頼されました。

続きを見る

スバル アルシーネ(AX-9)オイル・冷却水漏れ修理②

前回に引き続きスバル アルシオーネ(AX-9)の冷却水・エンジンオイル漏れ修理のご案内です。   交換の際取り外したラジエータにも冷却水漏れがありました。 ドレンコックも劣化でポキです。 ラジエータを修理に出したところコアは劣化でピンホールが開いているので交換が必要で、サイドのタンクは片側はすでに樹脂から真鍮製に交換されていたが、残った側の樹脂タンクももう限界でなので真鍮作製するしかないとの事でしたのでタンク作成も含めてオーバーホールしました。 このくらいの年代から樹脂部品の採用が増えてきました ...

続きを見る

スバル アルシーネ2.7(AX-9)オイル・冷却水漏れ修理①

スバル アルシオーネ2.7(AX-9)のご入庫 ほぼお目にかからなくなった平成元年式アルシーネそれも水平対向6気筒を搭載したモデルとなります。 オーナー様から前々から様々な整備のご依頼を受けていたのですがこの車両に関する部品は、ほとんど製造廃止で入手困難な状態でした。 それでも部品を海外も含めて少しずつ集めている最中でとうとうウォーターポンプから冷却水が漏れ出してしまいました。 エンジンを掛けているとポタポタ垂れてくるレベルですので修理は”待ったなし”となりました。 こちらの車両、ウォーターポンプ交換を行 ...

続きを見る

メルセデスベンツ SLK230(R170) エンジンオイル漏れ

メルセデスベンツ SLK230(R170)のご入庫   エンジンオイル漏れ修理のご依頼です。   エンジンを点検すると前面にかなりオイルが垂れた跡が見受けられます。 この部品はカムシャフトアジャスターマグネットと呼ばれる部品で電磁石でカムシャフトのスプールを動かし油路を切り替えカム位置を位相させる部品です。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20210330_174052.mp4   この部品はコネクター部からエンジンオイルが漏れ配線を伝わってはるか遠 ...

続きを見る

シボレー S10ピックアップ ブレーキ修理

シボレー S10ピックアップのご入庫 中古を購入していろいろと問題があったこちらの車両、特に重要なブレーキ周りを見ていきます。 フロントのブレーキパッドの残量がないので交換が必要なのことと、やたら当たりが悪く偏摩耗してしまっているブレーキディスクを交換します。 何かが噛みこんだのか、大きな溝が出来てしまっています。   パッドの残量もほとんどありませんでした。   リヤはドラムブレーキですがどう見てもメンテナンスしていない様子ですのでホイールシリンダーは交換することにしました。 &nb ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2021 増高自動車工業有限会社