営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。

それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。

 

このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。

もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。

ですが!これが役に立たないパンクが非常に多いのです!

 

このタイヤは鉄片を踏み急激にパンクを起こしました。

こんなに小さな鉄片(5㎜ほど)ですが、タイヤは10mmほど切れてしまいました。

しかし修理剤でパンク穴を塞ぐことが出来るのは、釘などの細いものが刺さった穴くらいで、これくらい大きく裂けた穴は塞ぐことが出来ません。

また、パンクに気が付かず走らせてしまいホイールとタイヤが外れてしまったような場合でも隙間が大きいので空気を入れることは出来ません。

 

この応急キットで対応できるパンク不具合が限定されたものになってしまうのは、あまりにも知られていません。

 

ではスペアタイヤを搭載していない車両が修復できないようなパンクを起こした場合はどうしたらよいのでしょう?

残念ながら履き替えるものがない限りレッカーなどの積載搬送となってしまいます。

スペアタイヤを搭載していれば、パンクしてどうにもならなくても履き替えて脱出出来ていたですが、付け替えるスペアタイヤがない以上車両は走行不可能なのです。
無理をして走行するとこんな目にあいます 事例リンク

新車を購入する際にオプションでスペアタイヤを購入することが選択出来る車両もあるようですがほとんど積んでいるのを見たことがありませんし、オーナー自身も積んであるのかないのかを知らないことも多いのです。
購入時にセールスマンから説明も無かったという話も聞いたことがあります。

 

なぜこのようなことになってきているかと言いますと、メーカーは様々な言い訳?をしています。

スペアタイヤは応急であり自動車の生涯で使わずじまいで終わることが多いわりに環境の負荷が大きい(タイヤの製造や処分等)とか、重さが燃費に影響するとか、スペアタイヤのスペースが車内空間の無駄になるとか様々なことを理由に省いてしまいました。(当然コストの問題もあるでしょう。これが一番かも・・・)

 

しかし、環境負荷だの燃費や車内空間がどうのといったところで、緊急時にその場から脱出できない恐怖は 経験した人にしかわかりません。

 

パンクに対する対策は今までにも様々練られてきました。

スペアタイヤ(ノーマルタイヤ):履かせているタイヤと同じものを搭載。 昔はこれが当たり前でしたし今でも荷物を載せ耐荷重を求められる商用車ではこの方法です。同じタイヤなので荷重やスピードレンジは同等条件で使えるが重さや大きさがかさばるのがデメリットになります。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ):ノーマルのタイヤでは太くてスペースをとるため応急用の細いタイヤを搭載します。応急用なので速度に上限があるのと積載物を搭載する貨物車では耐荷重に問題があり使えません。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ エアレス):テンポラリータイヤだが空気を抜いてたたんでしまってあるタイプ。使用するときはエアポンプで空気を充填して使用する。タイヤ幅の広いスポーティな車両に使われること多い。

タイヤとエアポンプを搭載するので当然コストがかさむため限られた車種に限定されます。


 

ランフラットタイヤ     :履かせているタイヤ自体をパンクしても応急的に走行できるよう高剛性にしたもの。空気が抜けてもペちゃんこにならないため最低限の走行ができる。
デメリットはタイヤが非常に高額になることと高剛性であるがゆえタイヤ重量がかさんだりタイヤのしなやかさが少なくごつごつした感じになる。
また、搭乗者がパンクに気が付かないことがあるためパンク警告の警報システムも車両に搭載義務があります。

外観は普通のタイヤと変わらないためランフラットタイヤとわかるようにRFTとサイドに記載される。

 

パンク修理キットのみ搭載   :スペアタイヤは無く、修理キットとポンプのみ。
修理剤に有効期限が有るので定期的な買い替えが必要です。


 

お客様の中にはスペアタイヤが搭載されていない車両にスペアタイヤを別に購入して搭載されたりする方もいられますが賢明な判断だと思います。

もしスペアタイヤを搭載できないようであれば、緊急時の対策でロードサービスの確保やその際の代車特約など備えを十分しておくことは非常に重要なことになりますのでご注意を。

もちろんスペアタイヤを搭載していても定期的に空気圧のチェックを行い、いざという時に役に立たないなんてことも防がなければいけません。

御自身の安全確保もユーザーの責任です。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

エンジンオイル交換を怠ったツケは・・・

エンジンオイル交換は皆さんご存知のメジャーなメンテナンスの一つですが、怠るとどうなるかは実際に見る機会は少ないかと思います。 我々整備士はメンテナンスを怠り不調を起こした車両を診る機会が多いので、口が酸っぱくなるくらいメンテナンスの重要性をお話しするようになります。 今回もエンジンから、けたたましくカンカンと異音を鳴らしてお車が入庫なさりました。 音を聞いてすでにエンジン内部に大きな破損が起きていることは容易に判断出来る状態でした。   お客様の要望で中古エンジンに乗せ換えることになりました。 ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)ミッションマウント破損

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 エンジンを掛けた時にガコンと音がするとの事。 エンジン始動時にたしかに大きなガコンという振動と音が聞こえます。 エンジン自体の動きが大きいことからエンジンマウント交換が必要と判断しました。   まずはエンジン側のマウントです。 形状が変わっているので何かしらの対策が織り込まれたのでしょう。 ゴム自体の潰れも気になりますが、液封入タイプで裏返すとやはりシリコンが漏れ出していました。 これでは本来のマウントの性能は発揮できないのは当然です。 こちらのマウント交換後 ...

続きを見る

VW シャラン 後席エアコン 冷暖房の重複トラブル②

前回、後席エアコンの冷房が効かず修理をしたVW シャランの続きです。リンク 冷房が効くようになりホッとしたのもつかの間、今度は暖房が出ない事に気が付きました。   冷房と暖房とでは効かせる仕組みは全く違うものになります。 冷房は前回仕組みをご説明しましたが冷媒ガスを圧縮・膨張をさせることでの気化熱を利用するのですが、暖房はエンジンの冷却水の熱を利用します。 エンジンの冷却水は100℃前後でコントロールしますのでこの冷却水の熱を使い室内を暖めるのです。 冷たい冷媒回路と暖かい冷却水回路が一つのユニ ...

続きを見る

7月の営業日のご案内

7月の日曜日営業は12日といたします。 25日土曜日に関しては休業とさせていただき23.24.25.26日は4連休とさせていただきます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW シャラン 後席エアコン 冷暖房の重複トラブル①

VW シャランのご入庫 以前、エアコン(冷房)の効きが悪いとの事でご相談を受けていました。 その際は、エアコンガスの減少による効きの悪さが考えられるため冷媒ガスの測定及び調整を行いました。 結果ガスも減っており規定量をいれるとエアコンの効きも回復しましたので問題ないと判断しました。 ※冷媒回路は正常な状態でも少しずつガスは減少します。 今回は別の不具合があり入庫しましたがその際、後席のエアコン(冷房)の効きが弱いとのご指摘を受けました。 前回のガス調整から半年もたっていませんのでガスが抜けたとは考えられま ...

続きを見る

トヨタ ヴァンガード 駆動系オイル交換

トヨタ ヴァンガードのご入庫 ご用命は走行距離が伸びたので(10万km)駆動系統の油脂類の交換を承りました。 まずはトランスミッションですがオイルパンを外して内部のストレーナーを交換したうえでの圧送交換の依頼いただきました。 オイルパンを外します。   フルードは想定内の汚れ具合です。 オイルパンの磁石にもいつも通り鉄粉が付着しています。 新しいストレーナーに交換して綺麗なオイルパンを取りつけます。 圧送交換で内部に残ったフルードを排出して新油を充填します。   最後に一番重要なフルード量の調整 ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー(939)幌が開閉しない

アルファロメオ スパイダー(939)のご入庫 電動幌が開閉できなくなったとのこと。 電動の幌は複雑な動きを機械が行う為、様々な幌の位置をセンサーなどで読みながら作動します。 今回はその中の部品の一つが正常な位置に来なかったため作動を停止させて動かなくなっていました。   こちらの動画をご覧ください https://masutaka.co.jp/images/VID_20191018_094016.mp4 このフラップが開き切らずかつ途中で落ちてしまったことで正常な位置にならず作動を止めてしまって ...

続きを見る

VW ゴルフⅤ R32 エアコン修理・回路フル洗浄

ゴルフⅤ R32のご入庫 ご用命はエアコンが効かないとの事。 入庫時ほとんど冷風は出ない状態でしたのでまずはガスが規定の量入っているか確認してみると・・・ やはり270gしか入っていません、これでは正常な状態ではないので規定のガス量525gに入れ直してみます。 ※冷媒システムの点検では、冷えだけでなく圧力の判定をするのにガスの量が正規の量入っていることが基本となります。 しかし規定量がしっかり入っている状態でもエアコンの効きはよくありません。 ガスの圧力を見ても高圧も低圧もほぼ変わりません。 本来でしたら ...

続きを見る

ニッサン フィガロ  パワステ漏れ

ニッサン フィガロのご入庫 パワーステアリングの油圧ホース交換のご依頼を受けました。 油圧タイプのパワーステアリングはポンプでフルード(オイル)を圧送して、その油圧を利用してステアリングの操作力をアシストする仕組みになっています。 油圧を利用するということは油圧が掛かったホースに負担が掛かりいつかは漏れ出します。 そこでメンテナンスの一環としてホースをすべて交換してほしいとの依頼を受けたのです。 平成3年式のこちらのお車、純正部品を手配してあまり圧力のかからないホースは全て入手できたのですが、肝心の高圧部 ...

続きを見る

FIAT500L ブレーキパッド&ローター交換 他

FIAT500Lのご入庫 500と名前が付いていますが一般的なチンクエチェントと500Lは全く違う車両になります。 5ドアのディーゼルエンジン搭載車両で日本未導入の並行輸入車です。 今回は以前の車検の際に交換時期であることをご指摘していた部品の交換を行います。 まずは前輪のブレーキパッドとディスクローターの交換です。 パッドの残量も車検時からの予測通りの減り具合で交換時期に達しました。 ディスクロータもご覧の通りかなり摩耗していて最低厚み限度も下回っていました。 新しいパッドとディスクに交換   ...

続きを見る

-故障修理・整備

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.