営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。

それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。

 

このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。

もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。

ですが!これが役に立たないパンクが非常に多いのです!

 

このタイヤは鉄片を踏み急激にパンクを起こしました。

こんなに小さな鉄片(5㎜ほど)ですが、タイヤは10mmほど切れてしまいました。

しかし修理剤でパンク穴を塞ぐことが出来るのは、釘などの細いものが刺さった穴くらいで、これくらい大きく裂けた穴は塞ぐことが出来ません。

また、パンクに気が付かず走らせてしまいホイールとタイヤが外れてしまったような場合でも隙間が大きいので空気を入れることは出来ません。

 

この応急キットで対応できるパンク不具合が限定されたものになってしまうのは、あまりにも知られていません。

 

ではスペアタイヤを搭載していない車両が修復できないようなパンクを起こした場合はどうしたらよいのでしょう?

残念ながら履き替えるものがない限りレッカーなどの積載搬送となってしまいます。

スペアタイヤを搭載していれば、パンクしてどうにもならなくても履き替えて脱出出来ていたですが、付け替えるスペアタイヤがない以上車両は走行不可能なのです。
無理をして走行するとこんな目にあいます 事例リンク

新車を購入する際にオプションでスペアタイヤを購入することが選択出来る車両もあるようですがほとんど積んでいるのを見たことがありませんし、オーナー自身も積んであるのかないのかを知らないことも多いのです。
購入時にセールスマンから説明も無かったという話も聞いたことがあります。

 

なぜこのようなことになってきているかと言いますと、メーカーは様々な言い訳?をしています。

スペアタイヤは応急であり自動車の生涯で使わずじまいで終わることが多いわりに環境の負荷が大きい(タイヤの製造や処分等)とか、重さが燃費に影響するとか、スペアタイヤのスペースが車内空間の無駄になるとか様々なことを理由に省いてしまいました。(当然コストの問題もあるでしょう。これが一番かも・・・)

 

しかし、環境負荷だの燃費や車内空間がどうのといったところで、緊急時にその場から脱出できない恐怖は 経験した人にしかわかりません。

 

パンクに対する対策は今までにも様々練られてきました。

スペアタイヤ(ノーマルタイヤ):履かせているタイヤと同じものを搭載。 昔はこれが当たり前でしたし今でも荷物を載せ耐荷重を求められる商用車ではこの方法です。同じタイヤなので荷重やスピードレンジは同等条件で使えるが重さや大きさがかさばるのがデメリットになります。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ):ノーマルのタイヤでは太くてスペースをとるため応急用の細いタイヤを搭載します。応急用なので速度に上限があるのと積載物を搭載する貨物車では耐荷重に問題があり使えません。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ エアレス):テンポラリータイヤだが空気を抜いてたたんでしまってあるタイプ。使用するときはエアポンプで空気を充填して使用する。タイヤ幅の広いスポーティな車両に使われること多い。

タイヤとエアポンプを搭載するので当然コストがかさむため限られた車種に限定されます。


 

ランフラットタイヤ     :履かせているタイヤ自体をパンクしても応急的に走行できるよう高剛性にしたもの。空気が抜けてもペちゃんこにならないため最低限の走行ができる。
デメリットはタイヤが非常に高額になることと高剛性であるがゆえタイヤ重量がかさんだりタイヤのしなやかさが少なくごつごつした感じになる。
また、搭乗者がパンクに気が付かないことがあるためパンク警告の警報システムも車両に搭載義務があります。

外観は普通のタイヤと変わらないためランフラットタイヤとわかるようにRFTとサイドに記載される。

 

パンク修理キットのみ搭載   :スペアタイヤは無く、修理キットとポンプのみ。
修理剤に有効期限が有るので定期的な買い替えが必要です。


 

お客様の中にはスペアタイヤが搭載されていない車両にスペアタイヤを別に購入して搭載されたりする方もいられますが賢明な判断だと思います。

もしスペアタイヤを搭載できないようであれば、緊急時の対策でロードサービスの確保やその際の代車特約など備えを十分しておくことは非常に重要なことになりますのでご注意を。

もちろんスペアタイヤを搭載していても定期的に空気圧のチェックを行い、いざという時に役に立たないなんてことも防がなければいけません。

御自身の安全確保もユーザーの責任です。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ トヨエース ブレーキ不具合危機一髪

トヨタ トヨエース(XZU432)のご入庫 ブレーキペダルがなんだかフワフワして効かない気がするとの事 ブレーキに関することで危険なのでそれ以上乗らないようにしてもらい、出張して確認することにしました。 現地にてブレーキペダルを踏み込むと確かにフワフワして節度がありませんのでブレーキの油圧回路にエアが噛んでいると思われますし、ブレーキ液のリザーバータンクもMIN(ミニマム)達していたためどこか漏れている恐れがあります。 車両を見ていくと左後輪からブレーキフルードがびちゃびちゃに漏れていることが確認できたの ...

続きを見る

VW ゴルフⅥ プラグコード不良

VW ゴルフⅥのご入庫 ご用命はエンジンやEPCなどの警告灯が点いてエンジンもブルブルして力がなく進まないとの事   故障コードを読み出すと1番シリンダーのミスファイヤーを検出しています。 ミスファイヤー(失火)とは何らかの原因で爆発をしていないことを表します。 まず、うまく火花が飛んでいるか点検するためにスパークプラグを点検してみます。 このエンジンはイグニッションコイルは4気筒分が一つになっているタイプでそれぞれのシリンダーに火花を飛ばすための電気をプラグコードを伝って流します。 &nbsp ...

続きを見る

レクサス IS250(GSE20)エンストしそうになる

レクサス IS250(GSE20)のご入庫 ご用命は、信号などで停車しようとするとエンジンがブルブルしてエンストしそうになるとの事 走行距離10万kmを超えているこちらのお車まずはアイドリングの制御がしっかりできているかが問題になります。 このような症状でまず疑わなければいけないところはスロットルバルブの汚れです。 電子制御スロットルバルブでは、スロットルバルブの開閉で吸入空気量を微調整してアイドル回転を調整します。 しかし、エンジンの構造上スロットルバルブは必ず汚れてしまいます。 汚れて吸入空気量が減少 ...

続きを見る

BMW 320i(E90)ATフルード漏れ

BMW 320i(E90)のご入庫 ご用命は、駐車場にオイルが垂れた跡があるとの事。 リフトアップして点検するとオートマチックトランスミッションのオイルパン付近がオイル漏れしていました。   漏れているところをよく見てみるとミッションに配線をつなげるコネクターのスリーブからの漏れが特に酷いです。 この部分はよく漏れるところですので要注意箇所です、しかしここを交換するにはオイルパンを外さなければなりません。 オイルパンのパッキンも怪しい状態ですのでオイルパンとコネクタスリーブを交換することにしまし ...

続きを見る

ニッサン AD(Y12)隠れた故障

ニッサン AD(Y12)のご入庫 車検でご入庫ですがお預かりの際、気になることがないか確認しましたが至って調子が良いとの事。 しかし、ユーザーが気が付いていないことでも故障は起きていることも多いものです。   エンジンを掛けて暖機を行っても低水温ランプ(青)の消灯が遅いのが気になりました。(外気温10℃前後で肌寒いくらいの時です) 暖機が終わり低水温ランプが消灯した後で、ヒーターを掛けたところまた低水温ランプ(青)が点灯しました!   ちなみにこの水温警告灯は以下のような温度での点灯条 ...

続きを見る

ランドローバー レンジローバー発電不良

ランドローバー レンジローバーのご入庫 発電不良でエンストして動けなくなってしまったとの事で緊急で入庫となりました。 入庫時バッテリーは9ボルト台でほぼカラの状態でこれでは走行は不能です。   次に満充電のバッテリーを付け替えてオルタネーター(発電機)を点検します。   発電機からの発生電圧はバッテリー電圧と同じで全く発電していないことを確認できました。   不具合の原因であるオルタネーターを交換したのち発電量が正常であることを確認して作業終了です。   現代のオル ...

続きを見る

アルファロメオ ブレラ2.2 パワーステアリングホース漏れ

アルファロメオ ブレラ2.2のご入庫 ご用命はエンジンを掛け始めた時に右前から何か異音がするとの事 エンジンルームを点検するとヘッドカバーの前側にオイルの漏れた跡があります。 オイルはパワーステアリングフルードで高圧ホースから漏れだしているのがすぐにわかりました。 異音の原因はパワーステアリングフルードが漏れにより油面レベルが下がってフルードにエアが噛みこんだ音でした。 高圧ホースアッセンブリーでの交換を行いました。   ホースのカシメ部からのフルード漏れです。 オイル漏れの初期の段階で異音に気 ...

続きを見る

1月 日曜日営業のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 1月の日曜日営業日は19日として12・13日 26日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

スバル WRX S4 CVTフルード交換

スバル WRX S4のご入庫 ご用命は、オイルパンを外して内部洗浄をしたのち圧送にてCVTフルード交換です。 この車両に搭載しているCVTはスバル最強の伝達トルク誇るミッションです。   内部のストレーナーも交換します。   磁石には鉄粉が吸着されています。   オイルクーラーに圧送式フルードチェンジャーを割り込ませて交換します。   使用フルードはNUTEC ZZ51改をお客様からご指名いただきました。   油量調整は35~45℃でフィラーからあふれさせ ...

続きを見る

年末年始 休業日のお知らせ

年末年始の休業は下記のとおりとさせていただきます。 12月29日(日)~1月5日(月)  休業 1月6日(月)より         通常営業 なお1月の日曜日営業は19日といたします。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

-故障修理・整備

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.