営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。

それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。

 

このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。

もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。

ですが!これが役に立たないパンクが非常に多いのです!

 

このタイヤは鉄片を踏み急激にパンクを起こしました。

こんなに小さな鉄片(5㎜ほど)ですが、タイヤは10mmほど切れてしまいました。

しかし修理剤でパンク穴を塞ぐことが出来るのは、釘などの細いものが刺さった穴くらいで、これくらい大きく裂けた穴は塞ぐことが出来ません。

また、パンクに気が付かず走らせてしまいホイールとタイヤが外れてしまったような場合でも隙間が大きいので空気を入れることは出来ません。

 

この応急キットで対応できるパンク不具合が限定されたものになってしまうのは、あまりにも知られていません。

 

ではスペアタイヤを搭載していない車両が修復できないようなパンクを起こした場合はどうしたらよいのでしょう?

残念ながら履き替えるものがない限りレッカーなどの積載搬送となってしまいます。

スペアタイヤを搭載していれば、パンクしてどうにもならなくても履き替えて脱出出来ていたですが、付け替えるスペアタイヤがない以上車両は走行不可能なのです。
無理をして走行するとこんな目にあいます 事例リンク

新車を購入する際にオプションでスペアタイヤを購入することが選択出来る車両もあるようですがほとんど積んでいるのを見たことがありませんし、オーナー自身も積んであるのかないのかを知らないことも多いのです。
購入時にセールスマンから説明も無かったという話も聞いたことがあります。

 

なぜこのようなことになってきているかと言いますと、メーカーは様々な言い訳?をしています。

スペアタイヤは応急であり自動車の生涯で使わずじまいで終わることが多いわりに環境の負荷が大きい(タイヤの製造や処分等)とか、重さが燃費に影響するとか、スペアタイヤのスペースが車内空間の無駄になるとか様々なことを理由に省いてしまいました。(当然コストの問題もあるでしょう。これが一番かも・・・)

 

しかし、環境負荷だの燃費や車内空間がどうのといったところで、緊急時にその場から脱出できない恐怖は 経験した人にしかわかりません。

 

パンクに対する対策は今までにも様々練られてきました。

スペアタイヤ(ノーマルタイヤ):履かせているタイヤと同じものを搭載。 昔はこれが当たり前でしたし今でも荷物を載せ耐荷重を求められる商用車ではこの方法です。同じタイヤなので荷重やスピードレンジは同等条件で使えるが重さや大きさがかさばるのがデメリットになります。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ):ノーマルのタイヤでは太くてスペースをとるため応急用の細いタイヤを搭載します。応急用なので速度に上限があるのと積載物を搭載する貨物車では耐荷重に問題があり使えません。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ エアレス):テンポラリータイヤだが空気を抜いてたたんでしまってあるタイプ。使用するときはエアポンプで空気を充填して使用する。タイヤ幅の広いスポーティな車両に使われること多い。

タイヤとエアポンプを搭載するので当然コストがかさむため限られた車種に限定されます。


 

ランフラットタイヤ     :履かせているタイヤ自体をパンクしても応急的に走行できるよう高剛性にしたもの。空気が抜けてもペちゃんこにならないため最低限の走行ができる。
デメリットはタイヤが非常に高額になることと高剛性であるがゆえタイヤ重量がかさんだりタイヤのしなやかさが少なくごつごつした感じになる。
また、搭乗者がパンクに気が付かないことがあるためパンク警告の警報システムも車両に搭載義務があります。

外観は普通のタイヤと変わらないためランフラットタイヤとわかるようにRFTとサイドに記載される。

 

パンク修理キットのみ搭載   :スペアタイヤは無く、修理キットとポンプのみ。
修理剤に有効期限が有るので定期的な買い替えが必要です。


 

お客様の中にはスペアタイヤが搭載されていない車両にスペアタイヤを別に購入して搭載されたりする方もいられますが賢明な判断だと思います。

もしスペアタイヤを搭載できないようであれば、緊急時の対策でロードサービスの確保やその際の代車特約など備えを十分しておくことは非常に重要なことになりますのでご注意を。

もちろんスペアタイヤを搭載していても定期的に空気圧のチェックを行い、いざという時に役に立たないなんてことも防がなければいけません。

御自身の安全確保もユーザーの責任です。

 

 

 

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ジャガー F-Pace 車検整備

ジャガー F-Pace 2.0dのご入庫 車検整備のご依頼です。 新車から3年目の初回車検で走行距離もそれほど伸びていませんので一般的な油脂類のメンテナンスが基本となります。   初めにブレーキフルードの交換 ブレーキフルードは吸湿性があるため距離に関係なく、時間で交換する必要があります。 劣化したブレーキフルードは黄ばんで濃い茶色に変色してきます。   油脂メーカーにもよりますが新品は薄いキツネ色をしています。   3年交換していないエアコンフィルターの交換 カビが発生して ...

続きを見る

MINI JCW(ジョン クーパー ワークス)クラッチオーバーホール

MINI クラブマン ジョンクーパーワークス(R56)のご入庫 クラッチオーバーホールでのご入庫 以前、お車を見させていただいた際クラッチペダルの操作力がかなり重くミートポイントも定まらないのでクラッチのオーバーホールが必要なことをご指摘させていただいていました。 トランスミッションを取り外してクラッチを交換します。 クラッチは滑り始めていたので、少し炭化していました。 クラッチ板を押し付けるプレッシャープレートも滑っていたため、まだらに焼けてしまっています。   フライホイールを外すとエンジン ...

続きを見る

VW ゴルフ6 スロットルボディ故障

VW ゴルフ6のご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンが不安定で進まなくなったとの事。 早速診断機で何の故障コードによりチェックランプが点灯したのか読み出します。 スロットルバルブ関係のセンサーに異常を検出していました。 スロットルバルブ関係の故障を拾っていることから、スロットルボディのコネクターがしっかり取り付けられているか見てみようとエンジンが掛かった状態でコネクタに軽く触るとエンジン回転が不安定になりました。 わずかに触れただけでそれに合わせてエンジン回転が不安定になります。 どうやらコネ ...

続きを見る

ずさんな車検整備の結末②

前回、ずさんな車検整備の状態をご案内しました。 リンク 不良個所の整備内容をご紹介します。   まずは引きずっていた前ブレーキの状態です。 引きずってブレーキが掛かりっぱなしになっていたブレーキパッドは残りわずかしかありません。 ディスクローターが明らかに引きずりにより発熱した形跡があります。 ブレーキキャリパーのピストンはご覧の通り ここまで錆びればピストンの動きが悪いのは当然です。 ダストブーツに破れがありましたのでここから水が浸入して錆びたのでしょう。   次にスタビライザーリン ...

続きを見る

ずさんな車検整備の結末①

後ろタイヤの方からコトコトすごい音がするとの事で緊急でいらっしゃいました。 何か大変なことが起きているとすぐにわかるほど大きな音がタイヤの回転とともにします。 答えは車両に触れるまでもなくすぐにわかりました。 タイヤを留めるホイールナットがひとつ無くなっています!   1個無くなっているということは他も締まっていない可能性があるため見てみると・・・ https://masutaka.co.jp/images/VID_20210830_112558.mp4   やはりナットがゆるゆるでホ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)危険なボールジョイントのガタ

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 他の修理でお預かりしていたこちらの車両、工場内を移動させているときに違和感を感じました。 ステアリングを切りながら車両を動かすと何かタイヤがずれた感じがしました。 気のせいかと思い何度か繰り返してもやはりずれた感じがしますので、サイドスリップを測るとアウト側に針が振り切ってしまいました。 これは車輪の向きに大きな異常があるということです。 車輪側に何か起きていると判断して車両を持ち上げると大変なことが起きていました。 https://masutaka.co.jp/ima ...

続きを見る

アルファロメオ ジュリエッタ エアコンコンプレッサー故障

アルファロメオ ジュリエッタ1.4のご入庫 エアコンが効かないとの事ですが、どこかのお店でガスをチャージしてもらおうとしたがガスが入って行かないと言われたそうです。 エアコンの冷媒システムはコンプレッサーが回らないとガスを圧縮できませんので機能しません。 こちらのお車、入庫時コンプレッサーのマグネットクラッチがONしませんでしたのでコンプレッサーは回っていない状態でした。 マグネットクラッチをONさせるには一定以上のガスが入ってる必要があるのですが少ないながらもガスは有りそうです。 マグネットクラッチに来 ...

続きを見る

VW シャラン アイドリング不安定そしてエンスト②

VW シャランのご入庫 以前、燃料系統で不具合を起こした車両です。リンク 前回修理して半年間何事もなかったようですが、エンジンオイル交換でいらした際に、”初めの時ほど酷くないが何か似た感じの症状が出た時がある”とおっしゃっていました。 エンストなどは解消していたようなのですが、少し気になりましたがもうしばらく乗ってみるとの事でした。 そこからさらに半年が経ち、ご連絡が入りました。 ”走行中にエンジンが止まってしまった”との事です、走行中のエンストは非常に危険なためすぐに入庫していただきました。 症状はやは ...

続きを見る

VW シャラン アイドリング不安定そしてエンスト①

VW シャランのご入庫 アイドリングが不安定でエンストするときもある、エンジンチェックランプも点灯するとの事 診断機を使い故障コードを読み出します。 燃料ポンプの故障を検出しています。 こちらの車両は直噴エンジンを搭載したモデルですので、燃料タンクからくみ上げエンジンルームに送る1次燃料ポンプと直噴させるためにさらに高圧に圧縮する2次ポンプがエンジンに搭載されています。 今回の故障コードは1次側の圧力が低いことを言っているようです。   エンジンを掛けながら燃料タンクのポンプモーター作動音を聞い ...

続きを見る

ニッサン シーマ(F50)油圧駆動ファン ポンプ漏れ

ニッサン シーマ(F50)のご入庫 エンジン冷間始動時に何か音がしてしばらくすると消えるそうです。 冷間時のみ出る異音というもので良くあるのが、パワーステアリングフルードのエアー噛みこみによる異音です。 お客様にどんな音か問診してもなんとなく当てはまりそうです。 パワーステアリングフルード量を点検してみようとすると??? なぜかパワステフルードのタンクが二つあります。 なぜか二つあるのですがとりあえずフルード量を確認するとエンジン中央にあるタンクの量が下限値を下回っていました。 どうやら何かの原因でフルー ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2021 増高自動車工業有限会社