営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備

パンクの備えは確実に

最近の自動車で深刻な故障(事故)としてタイヤのパンクによるトラブルでの対応が難しい例が非常に多くなったことです。

それは、近年販売されている車両にはスペアタイヤが搭載されていないものが多いからです。

 

このようなスペアタイヤの搭載されていない車両には、パンクの応急キットとして、簡易エアポンプとパンク修理剤がセットのなったものが搭載されています。

もしもパンクした際は、パンク穴をふさぐ液剤(修理剤)をタイヤに充填したうえでシガーソケットを電源としてエアポンプで空気を送り膨らませるというわけです。

ですが!これが役に立たないパンクが非常に多いのです!

 

このタイヤは鉄片を踏み急激にパンクを起こしました。

こんなに小さな鉄片(5㎜ほど)ですが、タイヤは10mmほど切れてしまいました。

しかし修理剤でパンク穴を塞ぐことが出来るのは、釘などの細いものが刺さった穴くらいで、これくらい大きく裂けた穴は塞ぐことが出来ません。

また、パンクに気が付かず走らせてしまいホイールとタイヤが外れてしまったような場合でも隙間が大きいので空気を入れることは出来ません。

 

この応急キットで対応できるパンク不具合が限定されたものになってしまうのは、あまりにも知られていません。

 

ではスペアタイヤを搭載していない車両が修復できないようなパンクを起こした場合はどうしたらよいのでしょう?

残念ながら履き替えるものがない限りレッカーなどの積載搬送となってしまいます。

スペアタイヤを搭載していれば、パンクしてどうにもならなくても履き替えて脱出出来ていたですが、付け替えるスペアタイヤがない以上車両は走行不可能なのです。
無理をして走行するとこんな目にあいます 事例リンク

新車を購入する際にオプションでスペアタイヤを購入することが選択出来る車両もあるようですがほとんど積んでいるのを見たことがありませんし、オーナー自身も積んであるのかないのかを知らないことも多いのです。
購入時にセールスマンから説明も無かったという話も聞いたことがあります。

 

なぜこのようなことになってきているかと言いますと、メーカーは様々な言い訳?をしています。

スペアタイヤは応急であり自動車の生涯で使わずじまいで終わることが多いわりに環境の負荷が大きい(タイヤの製造や処分等)とか、重さが燃費に影響するとか、スペアタイヤのスペースが車内空間の無駄になるとか様々なことを理由に省いてしまいました。(当然コストの問題もあるでしょう。これが一番かも・・・)

 

しかし、環境負荷だの燃費や車内空間がどうのといったところで、緊急時にその場から脱出できない恐怖は 経験した人にしかわかりません。

 

パンクに対する対策は今までにも様々練られてきました。

スペアタイヤ(ノーマルタイヤ):履かせているタイヤと同じものを搭載。 昔はこれが当たり前でしたし今でも荷物を載せ耐荷重を求められる商用車ではこの方法です。同じタイヤなので荷重やスピードレンジは同等条件で使えるが重さや大きさがかさばるのがデメリットになります。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ):ノーマルのタイヤでは太くてスペースをとるため応急用の細いタイヤを搭載します。応急用なので速度に上限があるのと積載物を搭載する貨物車では耐荷重に問題があり使えません。

スペアタイヤ(テンポラリータイヤ エアレス):テンポラリータイヤだが空気を抜いてたたんでしまってあるタイプ。使用するときはエアポンプで空気を充填して使用する。タイヤ幅の広いスポーティな車両に使われること多い。

タイヤとエアポンプを搭載するので当然コストがかさむため限られた車種に限定されます。


 

ランフラットタイヤ     :履かせているタイヤ自体をパンクしても応急的に走行できるよう高剛性にしたもの。空気が抜けてもペちゃんこにならないため最低限の走行ができる。
デメリットはタイヤが非常に高額になることと高剛性であるがゆえタイヤ重量がかさんだりタイヤのしなやかさが少なくごつごつした感じになる。
また、搭乗者がパンクに気が付かないことがあるためパンク警告の警報システムも車両に搭載義務があります。

外観は普通のタイヤと変わらないためランフラットタイヤとわかるようにRFTとサイドに記載される。

 

パンク修理キットのみ搭載   :スペアタイヤは無く、修理キットとポンプのみ。
修理剤に有効期限が有るので定期的な買い替えが必要です。


 

お客様の中にはスペアタイヤが搭載されていない車両にスペアタイヤを別に購入して搭載されたりする方もいられますが賢明な判断だと思います。

もしスペアタイヤを搭載できないようであれば、緊急時の対策でロードサービスの確保やその際の代車特約など備えを十分しておくことは非常に重要なことになりますのでご注意を。

もちろんスペアタイヤを搭載していても定期的に空気圧のチェックを行い、いざという時に役に立たないなんてことも防がなければいけません。

御自身の安全確保もユーザーの責任です。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT500 エンジンコンピューター突発故障

FIAT500のご入庫 買い物を終えエンジンを掛けようとしたら掛からなくなったとの事で緊急搬送されました。 スタータでのクランキングは勢いよく回っていますが初爆の気配すらありません。 診断機を繋ぎ故障コードを読み出すことにします。   エンジンコンピューターにアクセスできません! ミッションコンピューターにもエンジンコンピュータとのアクセスが出来ないエラーが検出されています。 エンジンコンピュータが認識できていません。(作動していない) 他車のエンジンコンピューターを仮でつないでみるとイモビライ ...

続きを見る

ニッサン NV150(Y12)商用車のシビアコンディション

ニッサンNV150 車検でのご入庫 初回車検(新車から2年)の整備を行うのですがこちらの車両すでに走行距離は8万kmを超えていますので年間4万km以上走る計算になります。 このような過走行の車両は一般的に注意する部分以外にも目を配らなければいけません。 まずは新車時から初めて開けたであろうドラムブレーキです。 ドラムブレーキはドラムで覆われているためブレーキダストは中に溜まった状態になります。 ブレーキのホイールシリンダーもオーバーホールします。   サビの発生こそなかったものの汚れは酷いです。 ...

続きを見る

smart スマートK ブレーキペダル ふわふわする

smart kのご入庫 ご用命は右後ろのタイヤから何かが漏れてブレーキペダルもふわふわするとの事。 これは大変危険な状態ですので自走はしないで、ロードサービスを使用して搬送するようにお願いしました。 タイヤの裏を見るとブレーキフルードでびしょ濡れです。 ドラムブレーキですので漏れる部分はホイールシリンダーが濃厚です。 ドラムを外すとやはりブレーキフルードでビチャビチャになっていました。   ホイールシリンダーを取り外してみると内部は酷い状態になっていました。   錆が酷く固着してピスト ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ(186)インジェクター突然故障

FIAT ムルティプラ(186)の御入庫 大変個性的なこちらの車、突然エンジンの振動が大きくなりチェックランプが点灯しました。 1600ccの4気筒ガソリンですが、診断機で故障コードを読み出すと4番シリンダーが1気筒ミスファイヤーを起している模様です。 エンジンが回る為の大切な3要素 よい圧縮・よい火花・よい燃料を調べていきます。※よいという表現は適切という意味です。   まずは、良い火花に当たる点火系統を点検していきます。 イグニッションコイルとスパークプラグ間にはプラグコードがあるタイプです ...

続きを見る

フィアット500 ステアリング切ると何かずれた感じがする

フィアット500のご入庫 旋回中に途中何か車体がずれたような感じがするとの事でご入庫。 工場内でステアリングを切り移動したところコクッと何か車体がずれた感じがしました。 リフトで車両を持ち上げて点検したところこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200715_142715.mp4 これは前輪のロアアームに付くボールジョイントです。 手で動かしてこれだけ動くことはかなりのガタが左右とも発生しています。 ボールジョイントはロアアームと一体です ...

続きを見る

ダイハツ ミラジーノ(L700S)クラッチオーバーホール ミス

ダイハツ ミラジーノ(L700S)のご入庫 ご依頼は、クラッチが重たく操作が上手くできないとの事 確かにクラッチペダルも重くミートポイントもわかりませんし、操作するとギーギー音もしますのでクラッチの交換が必要そうですが、お客様とお話を進めていくと どうもそんな簡単なことではなくかなりクラッチのことで苦労しているようです。 実はこの車両はミッションをすでに2回も降ろして作業を行っているそうです。 はじめ他店にてクラッチオーバーホールを行ってしばらくしてミッションのフロントオイルシールからオイルが漏れ出してし ...

続きを見る

ホンダ ヴェゼル CVTフルード交換

ホンダ ヴェゼルのご入庫 以前CVTフルードだけを交換してもらったが今回はオイルパンを外して交換をしてほしいとのご依頼。 走行距離6万km代で特に走行にも違和感を感じていないのであくまでもメンテナンスの一環として行います。 このミッションはオイルパンもアルミ製ですので気を付けて外します。   内部にはストレーナーがあります。 オイルパンには磁石が縦についていますので綺麗に清掃して付け直します。 内部ストレーナーを交換します。   ドレンボルトにも磁石が付いていて鉄粉が付着しています。 ...

続きを見る

FIAT パンダⅢ(312)恐怖!ダブルマスフライホイール破損

FIAT パンダⅢ(312)のご入庫 ご用命はデュアロジックのギアが抜けたり、振動も大きくなったとの事。 ツインエア搭載のこちらの車両、2気筒エンジンで元々エンジンの振動は大きめなのですが正常時には出ない大きな振動が起きています。 故障コードを読み出してみるとクラッチストロークエラーを読み出しています。 クラッチも正常に作動できていないのでクラッチオーバーホールをする必要があることをお話しして作業に取り掛かります。 ミッションを取り外しクラッチを観察すると何かおかしいです。 レリーズベアリングの当たった跡 ...

続きを見る

11月休業日のお知らせ

11月は1.2.3日(日.月.火曜日)及び22.23日(日.月曜日)は休業日とさせていただきます。 なお、第二日曜日 8日は営業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫 走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。 状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。 クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。 何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。 ようやく外してベルトを点検しますがどうや ...

続きを見る

-故障修理・整備

© 2020 増高自動車工業有限会社