営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 トヨタ

トヨタ ヴィッツ(KSP90)アイドリングが安定しない?

トヨタ ヴィッツ(KSP90)のご入庫

車検でのご入庫でしたが、エアコンを掛けたりバックしようとすると明らかにエンジン回転が安定せず時折エンスト寸前まで回転が落ち込むのがわかりました。

このような症状でまず点検しなければいけないのがスロットルバルブの状態です。

現代の電子制御式スロットルバルブのほとんどはアイドリング回転制御をスロットルバルブの開度でコントロールしています。

アイドリング中はスロットルバルブは閉じていてわずかな隙間から通り抜ける吸入空気がアイドリング回転となるのです。

しかし、スロットルバルブは構造上必ずよごれてしまいます。拡大図

このわずかなすき間に汚れが付着すると吸入空気量が少なくなって(空気が通りづらくなって)アイドリング回転が下がってしまいます。

 

アイドリングが下がるとエンジンは安定しませんので、スロットルバルブを少し開けて回転数を上げて目標回転数に合わせるように制御を行います。

汚れるたびこの制御を繰り返してくれるためエンジン回転に不調を感じることなくユーザーは長期間乗ることが出来ます。

ですが、この制御にも限界が訪れます。

制御範囲を超えると、ギアにシフトした瞬間やエアコンのコンプレッサーが回りエンジン回転数が落ち込んだ際に制御が追いつかなくなり回転数が上がったり下がったりします最悪は、エンストを引き起こします。

その状態をモニターしたのが下記の状態で、赤い線がエンジン回転数を表しています。

ISCとはアイドルスピードコントロールの略でまさにこの指示信号でスロットル開度をコントロールしてアイドリングを調整しているのです。

制御範囲を超えた状態では、ISCを指示しても実際のエンジン回転数は追いつかずエンストしそうになりエンストになりそうなのを感知して慌てて回転数を上げるというぐちゃぐちゃの制御になるためエンジン回転が不安定で大変不快な状態になるのです。

エンジン回転数(赤線)がこれだけ上下(700~1200回転)するということは乗っていてもかなり気になるレベルです。

 

スロットルバルブを洗浄後 アイドリングは2000回転近くまで上がりました。

元々アイドリングは800回転程度ですので1200回転分汚れによりスロットルバルブ開度を開けてコントロールしていたというわけです。

コンピューターをリセットして正規のアイドル回転数になりました。

 

洗浄後のエンジン回転数の変化は以下のようになりました。

ISCが変動しているところがエアコンやギアをシフトしたタイミングですがISCの動きに対してエンジン回転数は穏やかに変動している(800~1000回転)のがお分かりになると思います。

 

エンジン回転が車体に伝わるほど落ち込んだり、エンストするということは現代の車両では正常な状態ではありません。

しかし自動車の制御が優秀でエンストなどに至らないため乗られているお客様は、おかしいと思わずに乗られていることが多いものです。

同様故障事例 リンク

現代車では基本的にどこのメーカーでも同様のシステムを採用しており、必ず汚れる部分ですのでスロットルバルブの定期的な洗浄で未然に防ぐようにしてください。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ニッサン NV150(Y12)商用車のシビアコンディション

ニッサンNV150 車検でのご入庫 初回車検(新車から2年)の整備を行うのですがこちらの車両すでに走行距離は8万kmを超えていますので年間4万km以上走る計算になります。 このような過走行の車両は一般的に注意する部分以外にも目を配らなければいけません。 まずは新車時から初めて開けたであろうドラムブレーキです。 ドラムブレーキはドラムで覆われているためブレーキダストは中に溜まった状態になります。 ブレーキのホイールシリンダーもオーバーホールします。   サビの発生こそなかったものの汚れは酷いです。 ...

続きを見る

smart スマートK ブレーキペダル ふわふわする

smart kのご入庫 ご用命は右後ろのタイヤから何かが漏れてブレーキペダルもふわふわするとの事。 これは大変危険な状態ですので自走はしないで、ロードサービスを使用して搬送するようにお願いしました。 タイヤの裏を見るとブレーキフルードでびしょ濡れです。 ドラムブレーキですので漏れる部分はホイールシリンダーが濃厚です。 ドラムを外すとやはりブレーキフルードでビチャビチャになっていました。   ホイールシリンダーを取り外してみると内部は酷い状態になっていました。   錆が酷く固着してピスト ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ(186)インジェクター突然故障

FIAT ムルティプラ(186)の御入庫 大変個性的なこちらの車、突然エンジンの振動が大きくなりチェックランプが点灯しました。 1600ccの4気筒ガソリンですが、診断機で故障コードを読み出すと4番シリンダーが1気筒ミスファイヤーを起している模様です。 エンジンが回る為の大切な3要素 よい圧縮・よい火花・よい燃料を調べていきます。※よいという表現は適切という意味です。   まずは、良い火花に当たる点火系統を点検していきます。 イグニッションコイルとスパークプラグ間にはプラグコードがあるタイプです ...

続きを見る

フィアット500 ステアリング切ると何かずれた感じがする

フィアット500のご入庫 旋回中に途中何か車体がずれたような感じがするとの事でご入庫。 工場内でステアリングを切り移動したところコクッと何か車体がずれた感じがしました。 リフトで車両を持ち上げて点検したところこのような状態になっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200715_142715.mp4 これは前輪のロアアームに付くボールジョイントです。 手で動かしてこれだけ動くことはかなりのガタが左右とも発生しています。 ボールジョイントはロアアームと一体です ...

続きを見る

ダイハツ ミラジーノ(L700S)クラッチオーバーホール ミス

ダイハツ ミラジーノ(L700S)のご入庫 ご依頼は、クラッチが重たく操作が上手くできないとの事 確かにクラッチペダルも重くミートポイントもわかりませんし、操作するとギーギー音もしますのでクラッチの交換が必要そうですが、お客様とお話を進めていくと どうもそんな簡単なことではなくかなりクラッチのことで苦労しているようです。 実はこの車両はミッションをすでに2回も降ろして作業を行っているそうです。 はじめ他店にてクラッチオーバーホールを行ってしばらくしてミッションのフロントオイルシールからオイルが漏れ出してし ...

続きを見る

ホンダ ヴェゼル CVTフルード交換

ホンダ ヴェゼルのご入庫 以前CVTフルードだけを交換してもらったが今回はオイルパンを外して交換をしてほしいとのご依頼。 走行距離6万km代で特に走行にも違和感を感じていないのであくまでもメンテナンスの一環として行います。 このミッションはオイルパンもアルミ製ですので気を付けて外します。   内部にはストレーナーがあります。 オイルパンには磁石が縦についていますので綺麗に清掃して付け直します。 内部ストレーナーを交換します。   ドレンボルトにも磁石が付いていて鉄粉が付着しています。 ...

続きを見る

FIAT パンダⅢ(312)恐怖!ダブルマスフライホイール破損

FIAT パンダⅢ(312)のご入庫 ご用命はデュアロジックのギアが抜けたり、振動も大きくなったとの事。 ツインエア搭載のこちらの車両、2気筒エンジンで元々エンジンの振動は大きめなのですが正常時には出ない大きな振動が起きています。 故障コードを読み出してみるとクラッチストロークエラーを読み出しています。 クラッチも正常に作動できていないのでクラッチオーバーホールをする必要があることをお話しして作業に取り掛かります。 ミッションを取り外しクラッチを観察すると何かおかしいです。 レリーズベアリングの当たった跡 ...

続きを見る

11月休業日のお知らせ

11月は1.2.3日(日.月.火曜日)及び22.23日(日.月曜日)は休業日とさせていただきます。 なお、第二日曜日 8日は営業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫 走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。 状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。 クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。 何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。 ようやく外してベルトを点検しますがどうや ...

続きを見る

ニッサン サファリ(Y60)エンジンマウント交換

ニッサン サファリ(Y60)のご入庫 以前紹介したエンストをしてしまうこちらのお車(整備内容ブログはこちら)、インジェクションポンプ修理と同時にエンジンマウントの交換のご依頼を受けました。 ディーラーでマウントが1ヵ所ダメになっているとのご指摘を受けたとの事でしたが、部分的にマウントを交換するよりは全部交換してしまったほうが良いことをお客様に伝えて全数交換することになりました。 ※全体で支えているものは部分的に交換すると残ったところにさらに負担が掛かるため 縦置きエンジンのこのお車エンジン左右とトランスミ ...

続きを見る

-故障修理・整備, トヨタ

© 2020 増高自動車工業有限会社