営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 トヨタ

トヨタ ヴィッツ(KSP90)アイドリングが安定しない?

トヨタ ヴィッツ(KSP90)のご入庫

車検でのご入庫でしたが、エアコンを掛けたりバックしようとすると明らかにエンジン回転が安定せず時折エンスト寸前まで回転が落ち込むのがわかりました。

このような症状でまず点検しなければいけないのがスロットルバルブの状態です。

現代の電子制御式スロットルバルブのほとんどはアイドリング回転制御をスロットルバルブの開度でコントロールしています。

アイドリング中はスロットルバルブは閉じていてわずかな隙間から通り抜ける吸入空気がアイドリング回転となるのです。

しかし、スロットルバルブは構造上必ずよごれてしまいます。拡大図

このわずかなすき間に汚れが付着すると吸入空気量が少なくなって(空気が通りづらくなって)アイドリング回転が下がってしまいます。

 

アイドリングが下がるとエンジンは安定しませんので、スロットルバルブを少し開けて回転数を上げて目標回転数に合わせるように制御を行います。

汚れるたびこの制御を繰り返してくれるためエンジン回転に不調を感じることなくユーザーは長期間乗ることが出来ます。

ですが、この制御にも限界が訪れます。

制御範囲を超えると、ギアにシフトした瞬間やエアコンのコンプレッサーが回りエンジン回転数が落ち込んだ際に制御が追いつかなくなり回転数が上がったり下がったりします最悪は、エンストを引き起こします。

その状態をモニターしたのが下記の状態で、赤い線がエンジン回転数を表しています。

ISCとはアイドルスピードコントロールの略でまさにこの指示信号でスロットル開度をコントロールしてアイドリングを調整しているのです。

制御範囲を超えた状態では、ISCを指示しても実際のエンジン回転数は追いつかずエンストしそうになりエンストになりそうなのを感知して慌てて回転数を上げるというぐちゃぐちゃの制御になるためエンジン回転が不安定で大変不快な状態になるのです。

エンジン回転数(赤線)がこれだけ上下(700~1200回転)するということは乗っていてもかなり気になるレベルです。

 

スロットルバルブを洗浄後 アイドリングは2000回転近くまで上がりました。

元々アイドリングは800回転程度ですので1200回転分汚れによりスロットルバルブ開度を開けてコントロールしていたというわけです。

コンピューターをリセットして正規のアイドル回転数になりました。

 

洗浄後のエンジン回転数の変化は以下のようになりました。

ISCが変動しているところがエアコンやギアをシフトしたタイミングですがISCの動きに対してエンジン回転数は穏やかに変動している(800~1000回転)のがお分かりになると思います。

 

エンジン回転が車体に伝わるほど落ち込んだり、エンストするということは現代の車両では正常な状態ではありません。

しかし自動車の制御が優秀でエンストなどに至らないため乗られているお客様は、おかしいと思わずに乗られていることが多いものです。

同様故障事例 リンク

現代車では基本的にどこのメーカーでも同様のシステムを採用しており、必ず汚れる部分ですのでスロットルバルブの定期的な洗浄で未然に防ぐようにしてください。

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アルファロメオ155 V6 ステアリングラック交換

アルファロメオ 155 V6のご入庫 車検整備のご依頼ですが、ステアリングラックが破けているのとフルードが漏れ出しているため保安基準に不適合で修理が必要です。   点検するとステアリングラックブーツが破けてそこからパワステフルードが漏れだしていました。 ブーツが破けていることは当然ダメなのですが、そこからパワステフルードが漏れ出しているのはさらに問題です。 ラックブーツは外部かの異物侵入を防ぐためのもので、ブーツの内側はドライな状態が保たれているのが正常な状態です。 ブーツの内側にフルードがあるということ ...

続きを見る

ジャガー Sタイプ エアコン冷えない

ジャガー Sタイプのご入庫 エアコンが効かずディーラーで冷媒ガスの調整を行ったがよくならなかったとの事。 ディーラーでは他に原因があるが修理代はいくらかかるかわからないと言われ恐ろしくなり当店にご来店になりました。 点検を始めます。 確かに吹き出し口の温度はぬるく冷房は効いているように感じません。 しかしディーラーで冷媒ガスの調整をしているので,冷媒回路のガス量に問題はないと思われます。 実際エンジンルーム内の冷媒配管はしっかり冷たくなっていますので冷媒システムはひとまず正常と判断します。 次に欧州車でよ ...

続きを見る

FIAT ムルティプラ クラッチ切れない

FIAT ムルティプラのご入庫 走行中、クラッチペダルが奥に行ったまま戻ってこないとの事。 クラッチが切れず走行不能なのでロードサービスで搬送入庫いたしました。 入庫してエンジンルーム下側に液体の垂れた跡が見られました。 クラッチは油圧で操作しているのですがその油圧フルードが漏れているようです。   漏れ箇所を調べると見つかりました。 これはクラッチの油圧を伝えるパイプとホースが一体になったものです。 ゴムのホース部分が裂けてしまっています。 経年劣化によるゴムの劣化が油圧に耐えられなくなって裂 ...

続きを見る

MINI カントリーマン(R60)オイル漏れによるエンジン異音

MINI カントリーマンの(R60)のご入庫 エンジンからキューという音がした時があるので調べてほしいとの事 点検してエンジン前側(ベルト側)に大量のオイル漏れがありベルトなどにも付着しているのを確認しました。 異音は確認できませんでしたが恐らくベルト関係の部品に多量にオイルが付着していることからベルトスリップにより発生したのではないかと判断しました。 それともう一つ、見逃せない不具合が起きているのを発見しました。 これはクランクプーリーですがゴムが膨潤してはみ出してちぎれてしまっています。 このゴムはダ ...

続きを見る

スバル サンバー(KT2)エンジンオイル漏れ修理

スバル サンバー(KT2)のご入庫   車検でのご入庫ですがエンジンからオイル漏れが酷い状態です。 550cc時代の2気筒エンジンです。 ポタポタ垂れるほどの漏れですので修理が必要です。 漏れ箇所はタイミングベルトカバーの内側からの漏れのようです。 タイミングベルト交換は他店で実施済みとの事ですが、どうやらベルトの奥のカムシャフトオイルシールからの漏れのようです。 タイミングベルトとスプロケットを取り外します。 オイルシールの硬化が進んでいて取り外す際もほとんど抵抗が無い状態でした。 これではシ ...

続きを見る

スマート フォーフォー(453)車検整備

スマート フォーフォー(453)車検整備でのご入庫 新車から5年、 2回目の車検です。 走行距離は2万km台でそれほど伸びていません。 ブレーキ鳴きが気になるということですのでパッド・シューのすり合わせや給油を行います。 フロントブレーキはディスクタイプ リアブレーキはドラムタイプです。 内部を洗浄します。   エンジンは後ろにあります。 オイルとエレメントを交換。   ボンネットは僅かに開くだけですが整備がしずらいので外してしまいます。 最後にエアコンフィルター 何かまだらで嫌な感じ ...

続きを見る

BMW 323(E90)ファンベルト脱落

BMW 323(E90)のご入庫 バッテリーマークが点灯してパワーステアリングも効かなくなったが何とか走ってきたとの事。 確かにバッテリーマークが点灯していますし、一度エンジンを止めると次はクランキングできずエンジンが掛かりませんのでバッテリーも空のようです。 走行距離もかなり伸びているこちらのお車、オルタネーターでも壊れたのかと思いエンジンルームを開けるとファンベルトが外れていました。 ベルトが外れたことでオルタネーターは発電できませんし油圧パワーステアリングも作動していなかったのです。   ...

続きを見る

ボルボV70Ⅲ 電動ファン故障によるオーバーヒート

ボルボ V70Ⅲのご入庫 オーバーヒートの警告灯が点灯してエンジンルーム内で冷却水が噴き出したとの事。 冷却水が噴き出すほどのオーバーヒートを起こしたとの事ですので、エンジンルーム内を点検しますが冷却水漏れのようなことは起きていないようです。 次に診断機で故障コードを読み出してみます。 エンジン冷却用の電動ファンのアルゴリズムに関する不具合を検出していました。 電動ファンの状態を診てみますとエアコンを掛けても電動ファンは回りませんし水温が規定よりも上がってもファンが回りませんので電動ファンに関する不具合が ...

続きを見る

車高変更の危険なカスタム

オフロード系の車両で良く行われるカスタムで、車高を上げるというものがあるのですが、このカスタムは非常に危険が伴う為 保安基準の審査でも厳しく管理されます。 こちら人気のジムニーの足回りです。 リジットアクスルと呼ばれるタイプで左右の車軸が一直線なのが特徴です。 車高はリーフスプリングの取り付け位置などを変更して高くします。   次にこちらはパジェロミニ、見た目はジムニーに似ていますが、足回りはまるで違うシステムを採用しています。 左右独立懸架サスペンションで駆動力はドライブシャフトを介して左右の ...

続きを見る

クライスラー グランドボイジャー ミスファイヤー

クライスラー グランドボイジャーのご入庫 車検整備でのご入庫ですが、V6エンジンの割にスムーズに回転しておらず調子が悪いようです。   診断機で故障コードを読み出すと失火コードを検出しました。 このエンジンはV型6気筒でプラグコードも使用していますのでコードからの電気リークも考えられますがまずはスパークプラグを点検してみます。 するとかなりの間交換していない状態なのがすぐにわかりました。 中心電極の摩耗具合が明らかに違いすぎます。   さらに碍子にもクラックがありましたのでここから電気 ...

続きを見る

-故障修理・整備, トヨタ

© 2021 増高自動車工業有限会社