営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 セレスピード・デュアロジック フィアット ランチア

イプシロン 警告灯 同時多発点灯

クライスラー イプシロン(312)のご入庫

ランチアブランドでも発売されているこちらのお車、ツインエアエンジン搭載で基本的にはFIAT500と同じ車両になります。

ご依頼事項は、ESC等の警告灯が多発点灯するとの事でした。

始めディーラーにご入庫していましたがなかなか故障診断を進めてもらえなかったため、当店にご入庫しました。

ディーラーでの診断テスターでの診断結果を頂いたそうなのでまずは確認してみます。

あらゆるコンピューターユニットで故障コードを検出しているようです。

 

メーターにはこのようにESCやヒルスタートアシストなどの警告灯が次々に点灯している状態です。


 

それにエアコンの操作パネルが全くつかない状態でした。

 

では、故障探求を始めていきます。

当社のテスターで再度故障コードを読み出します、当たり前なのですがディーラーと同じ故障コードを検出しています。
※自己診断機能は車両自身が行うもので、診断機はあくまでもその故障コードを読み出すものです。
 ですので、ディーラーでも当店でも同じものを読み出します。

故障の状態がACTIVE(アクティブ)ですので、現在も故障している状態ということです。

現在も故障している状態なので、故障コードを消去しようとしても消すことが出来ませんでした。

 

このように多数のコンピューターユニットに同時に故障コードを検出する場合、コンピューターユニットの電源(+)もしくはアース(-)に不良があることが多いためまずは、バッテリー付近のアースの状態を点検していきました。

各部分のアース線の接続状態も特に問題はありませんでした。

 

次に電源側を点検しますが、電源側には多数のヒューズが入りますのでひとつずつヒューズが切れていないか点検していきます。

すると、グローブボックス裏のヒューズが切れているのを発見しました。

ここは単にヒューズボックスというわけではなくボディーコントロールモジュール(BCM)というボディ電装をつかさどるコンピューターです。

 

この5Aヒューズ様々な回路に分配しているのが取扱説明書を見てもわかります。

新しいヒューズを取り付けるとエアコン操作パネルが点灯して、先ほど消去できなかった故障コードを消去することが出来ました。

当然警告灯も消灯しましたので、この5Aヒューズが切れていたことで警告灯を点灯させていたのは間違いありません。

 

次に、なぜこのヒューズが切れてしまったかを探らなければなりません

しかし、このF51ヒューズは様々な回路の電源を担っているためどこが原因で切れたか一つ一つ見ていかなければなりません。

とりあえず、走行テストを行ってみようと思い車両を動かしたところ問題なく走行できました。

しかし、駐車場に止めようとしたとき突然エアコンの操作パネルがブラックアウトしました!と同時にあの警告灯がまたつき始めました。

先ほどのヒューズを見るとやはり切れています。

突然のことで、どの操作が引き金でヒューズが飛んだのかわかりませんでしたのでまた新しいヒューズを入れ直し操作をひとつづつ行っていきます。

するとバックギアに入れたときにまた、ヒューズ切れの症状が現れました。

バックギアに入れることに関連する電気回路としてバックランプが考えられますので、電球を調べようと取り外してみると付いていた電球は社外品のLEDに変更されていました。

これが悪さをしているようなので元の21wハロゲン電球に戻して、再度先ほどの操作を行ってみるとやはりヒューズは飛びません。

このLED電球が悪さをしていたのは間違いありませんので抵抗値を測定してみます。

なんと!1.36KΩ(1360Ω)もあります!21Wハロゲン球の冷間時抵抗は0.5Ωほどですので2000倍以上大きな抵抗です。

この特大抵抗に電気を流そうと過電流が流れて5Aヒューズは飛んでしまってたのです。

今回の警告灯の多発点灯やエアコン操作パネルの不点灯など様々な不具合の原因はバックランプに取り付けたLED電球が全て引き起こしたことでした。

今回のようなLED電球には球切れ警告をキャンセルするための抵抗が組み込まれているものも多数ありますが内部に抵抗を搭載するため発熱で抵抗値が初期値から変化してしまうものもあります。

 

このような故障探求は原因がわかってしまえばあっけないものですが、多数の不具合現象から様々なところを点検していく過程は困難なものです。

今回は、ヒューズが飛ぶことで回路を保護することが出来ましたが場合によってはコンピューターユニットを破壊してしまうこともありますので社外品の取り付けはくれぐれも注意して下さい。

BCM故障事例 リンク

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

スズキ ソリオ(MA15S) エアコンが効かない

スズキ ソリオのご入庫 エアコンが効かないとのご依頼。 まずはどのように効かないのか問診をしますと、エアコンの冷え具合は 効くときはすごく冷えるが効かない時は全く冷えないとの事。 他店で”日射センサーが悪い”との指摘を受けたそうですがよくわからなかったそうです。 日射センサー? お客様に他店で診断機を接続していたのが工場内でなかったか確認するとやはり工場内で診断していたとの事。 日射センサーはダッシュボード上にあり日射の当たり具合でオートエアコンの補正をするものでこれが壊れて全く効かなくなることは考えられ ...

続きを見る

9月休業のお知らせ

9月20.21.22日は休業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、お電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

BMW323i (E90) 豪雨にはご注意を

BMW323i(E90)のご入庫 ”信号で停車したらエンジンも止まってそれっきり動かなくなってしまった”とのことで緊急出動いたしました。 信号の先頭でエンジンが掛からず停まっているため大渋滞です、それまでは普通に走れていたそうです。 当日は台風が直撃している最中で豪雨の中でのロードサービスになりました。   工場に搬送して点検を進めます。 クランキングは勢いよく回り正常ですがエンジンは掛かりません。 診断機を繋ぎますが何かおかしいです!エンジンをコントロールするコンピューターのDMEユニットにア ...

続きを見る

VW ゴルフ7 エアコンブロアモーター故障

VW ゴルフ7のご入庫 エアコンが効かないとの事でご入庫。 効かない状況を問診すると室内の送風が出ないことがわかりました。 入庫時はどの風量にコントロールしても出ていませんでしたが、少し前までは出たりでなかったりを繰り返していたとの事でした。   助手席の足元にブロアファンモーターがありますがモーターに電気が掛かっているか点検しようとコネクタに触れたところファンモータが弱弱しく回り始めました。 しばらく回ってまた止まりました、モーターにかかる電気を確認したところ正常なことからモーター自体に不良が ...

続きを見る

ニッサン モコ(MG21)ロアアームボールジョイントのガタ

ニッサン モコ(MG21)のご入庫 車検でのご入庫ですが、段差を乗り越えた時にコトコト音がするとの事。 足回りを点検するとロアアームのボールジョイントのガタが酷いことになっています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200827_085405.mp4 前輪の足回りはステアリングもあるため上下動だけでなく旋回もします。 このロアアームのボールジョイントは下部の旋回支点になる部分で、荷重が掛かる上に旋回もするためジョイント内部も摩耗しやすくガタが発生します。 この車種で ...

続きを見る

VW ゴルフ5 エンジン重複トラブル

VW ゴルフ5 ヴァリアント(1K)のご入庫 中古車を購入後、すぐにチェックランプが点灯したとの事 エンジンは1.4Lツインチャージャー(BLE)ユニット搭載車両です。   診断機を使用して故障コードを読み出します。 なにやら沢山検出しているようですが,インテークマニホールド系とブースト圧系の2種類の不具合に関係した物のようですので、一旦消去して走行テストを行います。   テスト走行後の検出はこちら 08801 ブーストブレッシャーコントロールバルブ 機械的故障 08213 インテーク ...

続きを見る

アルファロメオ147GTA クラッチオーバーホール

アルファロメオ147GTAのご入庫 147GTAは147に3.2L V型6気筒エンジンを搭載したホットモデルになります。 このV6エンジンは遡ること70年代に設計したエンジンをベースに進化したものですので現代のエンジンと比べて大型な為コンパクトな147にはかなり窮屈に収まっています。 クラッチオーバーホールのご依頼を受けました。 トランスミッションを降ろします。 外したクラッチ板は溝が無くなっており交換時期に達していました。   フライホイールも面が荒れていましたので平面研磨を行ったうえで組み付 ...

続きを見る

ニッサン ティーダ(C11)エアコン風が出ない

ニッサン ティーダ(C11)のご入庫 ご用命は”エアコンの風が出ない”との事 オートエアコンですがどの風量位置にしても風は出てきません。 コンプレッサーの作動音はしますので冷媒回路は作動しているようです。 室内にはブロアファンモーターと呼ばれるモーターで冷風や温風を送風する仕組みになっているのですがこのモーターが全く作動していません。 この手の故障は非常に多くモーター自体がダメになったり、モーターのスピードをコントロールする部品の故障により同様の症状が起こります。 故障事例 リンク まずモーターの回転をコ ...

続きを見る

ニッサン エルグランド(E51)カムポジションセンサー故障

ニッサン エルグランド(E51)のご入庫 ご用命はエンジンチェックランプが点灯してエンジンが掛かりずらいとの事。 入庫時メーターにはエンジンチェックランプが点灯しています。   エンジンが掛かりずらいとの指摘はクランキング時間が長いことのようです。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200610_132713.mp4 エンジンが掛かるまでのクランキング時間が長いのがわかります。   診断機を使い故障コードを読み出してみます。 カムポジションセンサー ...

続きを見る

ニッサン サファリ(Y60) 冷間始動後エンスト

ニッサン サファリ(Y60)のご入庫 ご用命は、冷間始動後エンジン回転が不安定でエンストするとの事。 こちらのエンジンはTD42型6気筒ディーゼルエンジンです。 冷間始動直後エンジンの回転が不安定でエンストするとの事でしたのでお預かりして冷間で試ししてみるとクランキングが非常に長くエンジンの掛かりも悪いことが確認できました。 もちろん始動後もエンジン回転は不安定でした。 そこでクランキングが長く掛かり辛い時にインジェクターが噴射しているかノズル部分のナットを緩めると燃料が出てきません。 本来このパイプには ...

続きを見る

-故障修理・整備, セレスピード・デュアロジック, フィアット, ランチア

© 2020 増高自動車工業有限会社