営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 トヨタ 貨物車

トヨタ トヨエース DPF故障③

トヨタ トヨエース DPF故障の原因を探求中ですが、以下のことはわかりました。

①排気シャッターバルブの故障
②EGR系統の詰まり

上記を改善しても強制再生時の排気温度は200℃にも達しませので再生は行われていません。

いよいよ残るはDPFの本体ですが、実は車両コンピューターからのセンサー値で初めから気になっているところがありました。

それはDPFの差圧センサー値です。

これは、DPFのフィルター前後に圧力センサーを取り付けて前後の圧力にどれだけの差(差圧)が有るかをモニターするセンサーで、DPFが詰まれば入口と出口で差圧が出ますので詰まっていると判断して自動再生の指令を出す基本のセンサー値となります。

しかしこの車両は差圧値は大きくなく詰まっていないと判断できましたので、詰まりが起きていないのに再生することを求めかつ再生が出来ていない?という疑問から様々な部分の点検を行っていました。

点検を繰り返したことで、DPFが詰まっているのではなく逆にスカスカになっている可能性が有ることに確証が持てました。

 

まれにDPFに過度のススが溜まった状態で再生を行うと温度が上昇しすぎて内部を破損させてしまうことがあります。

今回はその可能性が高い確証を得られたのでDPFを交換することになりました。

DPFは非常に高額であるため単純に本体がダメであろうと推測できても、他の部分に異常が無いことを確認することが重要で、ほかに悪いところが残っていればいずれは同じ不具合を引き起こしてしまいます。

結果DPF以外にも排気シャッターやEGRの不具合も検出できたのです。

 

分解できますので開けてみます。

酸化触媒部分です。

目立った溶損はありませんでしたが、かなりのアッシュ(燃えカス・灰)が出てきました。

 

リビルトのDPFに交換。

 

排気シャッターバルブもアッセンブリーで交換

交換して再生を行いますと排気温度が500℃以上に上がり正常に再生ができるようになりました。

 

肝心なところをお話ししていませんでしたが再生モードで温度を上げるのはどのようにしているのでしょう?

先ほどDPFのところに酸化触媒というものがありましたが実はここが重要な部分でここに軽油が掛かると酸化で燃焼され温度が急上昇してすすを焼き切る仕組みになっています。

もしかしたら酸化触媒がダメになって温度が上がらなかったのかもしれません。

 

次に、じゃあどうやってマフラーの中に軽油を送り込むの?という疑問がわいてきます。

各社工夫して様々な方法がありますがこの車両の場合はポスト噴射を行うタイプになります。

ポスト噴射の説明は複雑になるため割愛しますが、エンジンで軽油を爆発させさせないタイミングで燃料噴射(ポスト噴射)して生ガス(燃えない燃料)を排気ガスに混ぜて送るのです。

 

しかしこのポスト噴射を行う車両で重要な注意点があります、それはエンジンオイルに軽油が混ざり希釈することです

爆発しないタイミングで軽油を噴射するため燃えない軽油はピストンリングをすり抜けエンジンオイルのエリアに侵入して希釈します。

そのため再生モード繰り返すとエンジンオイルが軽油希釈によって増えるという現象が起きるのです。

これは今までの内燃機関では起きなかった現象で通常エンジンオイルはわずかに燃えていきますので減少方向に進むものだったのです。

 

不具合車両のエンジンオイルの状態がこちら

これはオイル量を測るスティックです、丸から丸の間が適正量ですがその上にXマークがありますがこれは希釈してオイル量が増えてしまった時の限界のマークです。

今回そのXマークすらオーバーした油量が入っていて、規定量より1.5L多く入っていました。

その増量分は軽油ですので臭いも軽油の臭いが強く、粘度も無くなりサラサラになっていました。

このようにポスト噴射するタイプのディーゼルエンジンは軽油による希釈に耐えうる規格をクリアしたものを使用しなければなりません。

日本の規格ではライトトラックではDL1 もっと大きなトラックではDH2といった規格のオイルを使用しなければエンジンを壊してしまいますし、オイル交換サイクルの厳守も重要なことになります。

 

今回は、多岐にわたり故障が起きていた事例ですどの部分が初めに壊れ引き金になったかはわかりませんが、ディーゼルエンジンはチョイ乗りは苦手な機関です。

温度が上がることで燃焼が安定して黒煙自体の排出も減りますし、DPFもある一定の温度が必要だからです。

DPFを壊さず長持ちさせる方法としては

①完全暖機状態で走行を行う チョイ乗りは避ける。
②DPF自動再生が始まったら終わるまでエンジンを止めない
③自動再生を行えない状態なら定期的に手動再生を行う
④洗浄剤などを定期的に使用する。
⑤エンジンオイルのチェックを怠らない
等になります。

 

ディーゼルエンジンは内燃機関の中では熱効率がよく優秀なものですが、現代のクリーンディーゼルと呼ばれるものは有害物質を浄化する装置がこれだけ必要な繊細なシステムになっています。

ガソリン・ディーゼル問わず様々なメンテナンスフリー化が進んでいますが、繊細になった現代の自動車は使用過程での汚れに非常に弱く以前にも増してメンテナンスの重要性が上がっていることはあまり知られていません。

 

 

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT500 ベルト鳴きのような音がしていると近いうち走行不能になります。

FIAT 500のご入庫 ”突然ニュートラルになって走行が出来なくなった”との事 定番のデュアロジックユニットの故障の可能性がありますが、実はこちらのお車以前から異音が出ており”そろそろクラッチがだめになる”と注意していました。 異音はベルト鳴きのようなキュルキュル音です。 これはクラッチのレリーズベアリングから発するベアリングが焼き付く寸前の音で、焼き付いてしまえばクラッチの操作が出来なくなりますのでそのような注意をしていたのです。 ではトランスミッションを降ろしてクラッチを見てみますと、案の定、レリー ...

続きを見る

メルセデス ベンツ ゲレンデ(463) 車検整備

メルセデスベンツ ゲレンデ(463)車検のご入庫 走行距離6万㎞台に達したので車検整備と予防的なメンテナンス一式のご依頼を承りました。 まずはディーゼルエンジンのオイル交換。 フィルターはこのように真っ黒です。ディーゼル機関は構造上ススが出るためオイルが真っ黒になります。 直噴のガソリンも同様なのですがススは機関に対する攻撃性がありますので排出するためにも定期的な交換が重要になります。 フィルターといえば燃料フィルターも同様に交換します。 非分解ですがどれくらい汚れているか分解して見てみます。 ウォーター ...

続きを見る

FIAT 500 エアコンガス漏れ

FIAT500のご入庫 他店でエアコンガスを足してもらったが漏れてしまっているとの事。 ガスを入れてもすぐに無くなってしまうしエアコンの吹き出し口から化学臭がするとのことで、室内側でエアコンガスが漏れてしまっていると指摘されたそうです。 当店でも吹き出し口の臭いを嗅ぐとエアコンのガス臭(オイル臭)がすることを確認できたため残念ながら室内側のエアコンユニットを取り外さなければならないと診断致しました。 ヒーターも冷媒ユニットも室内のダッシュボードの内側にあるため作業は非常に大きなものになります。 ここまで分 ...

続きを見る

FIAT グランデプントアバルト タイミングベルト交換

FIAT グランデプントアバルトのご入庫 タイミングベルトベルト交換のご依頼 1.4Lのツインカムエンジン搭載ですがタイミングベルト交換は4年もしくは4万km毎の交換が基本になるのには変わりありません。 交換にはSSTを使用します。   ウォーターポンプは1度は交換されているようですが、液状ガスケットが塗りすぎなのが気になります。 はみ出た液状ガスケットがフィンにまで付いてしまっています。 どの部分でもそうなのですがはみ出た液状ガスケットが油・水路に回りトラブルを起こすことがありますので、塗りす ...

続きを見る

ニッサン NV350キャラバン エアコンコンプレッサー故障

ニッサン NV350キャラバンのご入庫 何かエンジンがうるさくベルト鳴きのような音がするのと、エアコンも効かない気がするとの事。 エンジンを掛けると”ゴー”と酷い音が聞こえます。 エンジンを掛けながら異音の原因を調べていくとエアコンのコンプレッサーがおかしいことに気が付きました。 ベルトの掛かるプーリーが斜めに傾いています!   エアコンコンプレッサーのON/OFFを行うマグネットクラッチプーリーが斜めに傾いて激しい異音を発していたのです。 ベアリングにガタが生じてベルトの力で引き寄せられて傾い ...

続きを見る

VW ゴルフ6 キーが回らずエンジン掛けることが出来ない

  VW ゴルフ6のご入庫 お電話で”カギが回らずエンジンが掛けられない”とのご連絡を受けました。 遠隔ではどうにもできませんのでロードサービスで搬送されました。 入庫時、キーは回りませんのでエンジンは掛けることができない状態でしたが何度かチャレンジすると何とかキーは回り掛けることが出来ました。 キーが回らない時は何かに引っかかっているような感じがしますのでキーシリンダーかその奥のロックユニットに不具合が起きているようです。 キーユニットを外すとこのような形をしています。 さらに分解するとこのよ ...

続きを見る

FIAT 500ツインエア フロントカバー冷却水漏れ

FIAT500 ツインエアのご入庫 エンジンから冷却水漏れがあるため修理でのご入庫。 ウォーターポンプからの漏れを確認したためまずウォーターポンプを変えることは確定です。 ウォータポンプ交換はこちら リンク しかし、今回はこの部分だけでは済みそうにありません。 実はツインエアではフロントカバーからの冷却水やエンジンオイル漏れが多いのですが今回は冷却水の漏れ跡からしてフロントカバーからも漏れているためそちらの漏れ修理も行います。 エンジンの前面にはこのようなカバーがあります。※写真はウォーターポンプ取り外し ...

続きを見る

ホンダ ライフ(JB5)燃料タンク錆による燃料漏れ

ホンダ ライフ(JB5)のご入庫 燃料が漏れているとのことでご入庫 確かに車両後方(後部座席付近)下に何かが垂れています。 下からのぞくと燃料タンクにしずくが垂れており、ふき取ると針の孔ほどのピンホールからガソリンが染み出してきました。 外観に錆や損傷が見られないので内部に錆が発生して穴が開いたものと思われます。 タンクを取り外して内部を見るの錆だらけです。 ガソリンを抜きとってみると錆の粉だらけですし、腐食によりスポット溶接部もはがれてバッフルは外れていました。 ここまで錆びていると錆による穴はよく見る ...

続きを見る

VW ザ・ビートル エンジン不調

ザ・ビートルのご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンがブルブルして進まないとのこと。 診断機で故障コードを読み出すとミスファイヤー(失火)を検出していました。 ガソリンエンジンの3原則のひとつ点火系統を点検していきます。 この1.2L CBZエンジンはプラグコードを使用しています。 プラグケーブルをプラグから抜くと4番シリンダーだけスッと抜けてしまいました。 原因はこちら プラグケーブル先端の絶縁ゴムが劣化によりちぎれてプラグに残っています。 プラグケーブルはこのようになっていました。 このエン ...

続きを見る

ニッサン マーチ12SR(K12)エアコン冷風しか出ない

ニッサン マーチ12SR(K12)のご入庫 ご用命はエアコンの冷風は出るが暖かい風が出てこないとの事。   助手席の足元からエアミックスアクチュエーターの動きを見るとフラップの軸が折れてリンクがおかしな動きをしていることを確認できました。 お客様にはこのフラップの交換をするのは非常に大掛かりな作業になることをご説明の上で取り掛かります。 この部分の修理はエアコンユニットの取り外しが必要でユニットを取り外すためにはこのような状態にしなければなりません。 ダッシュボードを取り外してようやくユニットを ...

続きを見る

-故障修理・整備, トヨタ, 貨物車

© 2022 増高自動車工業有限会社