営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 トヨタ 貨物車

トヨタ トヨエース DPF故障③

トヨタ トヨエース DPF故障の原因を探求中ですが、以下のことはわかりました。

①排気シャッターバルブの故障
②EGR系統の詰まり

上記を改善しても強制再生時の排気温度は200℃にも達しませので再生は行われていません。

いよいよ残るはDPFの本体ですが、実は車両コンピューターからのセンサー値で初めから気になっているところがありました。

それはDPFの差圧センサー値です。

これは、DPFのフィルター前後に圧力センサーを取り付けて前後の圧力にどれだけの差(差圧)が有るかをモニターするセンサーで、DPFが詰まれば入口と出口で差圧が出ますので詰まっていると判断して自動再生の指令を出す基本のセンサー値となります。

しかしこの車両は差圧値は大きくなく詰まっていないと判断できましたので、詰まりが起きていないのに再生することを求めかつ再生が出来ていない?という疑問から様々な部分の点検を行っていました。

点検を繰り返したことで、DPFが詰まっているのではなく逆にスカスカになっている可能性が有ることに確証が持てました。

 

まれにDPFに過度のススが溜まった状態で再生を行うと温度が上昇しすぎて内部を破損させてしまうことがあります。

今回はその可能性が高い確証を得られたのでDPFを交換することになりました。

DPFは非常に高額であるため単純に本体がダメであろうと推測できても、他の部分に異常が無いことを確認することが重要で、ほかに悪いところが残っていればいずれは同じ不具合を引き起こしてしまいます。

結果DPF以外にも排気シャッターやEGRの不具合も検出できたのです。

 

分解できますので開けてみます。

酸化触媒部分です。

目立った溶損はありませんでしたが、かなりのアッシュ(燃えカス・灰)が出てきました。

 

リビルトのDPFに交換。

 

排気シャッターバルブもアッセンブリーで交換

交換して再生を行いますと排気温度が500℃以上に上がり正常に再生ができるようになりました。

 

肝心なところをお話ししていませんでしたが再生モードで温度を上げるのはどのようにしているのでしょう?

先ほどDPFのところに酸化触媒というものがありましたが実はここが重要な部分でここに軽油が掛かると酸化で燃焼され温度が急上昇してすすを焼き切る仕組みになっています。

もしかしたら酸化触媒がダメになって温度が上がらなかったのかもしれません。

 

次に、じゃあどうやってマフラーの中に軽油を送り込むの?という疑問がわいてきます。

各社工夫して様々な方法がありますがこの車両の場合はポスト噴射を行うタイプになります。

ポスト噴射の説明は複雑になるため割愛しますが、エンジンで軽油を爆発させさせないタイミングで燃料噴射(ポスト噴射)して生ガス(燃えない燃料)を排気ガスに混ぜて送るのです。

 

しかしこのポスト噴射を行う車両で重要な注意点があります、それはエンジンオイルに軽油が混ざり希釈することです

爆発しないタイミングで軽油を噴射するため燃えない軽油はピストンリングをすり抜けエンジンオイルのエリアに侵入して希釈します。

そのため再生モード繰り返すとエンジンオイルは軽油によって増えるという現象が起きるのです。

これは今までの内燃機関では起きなかった現象で通常エンジンオイルはわずかに燃えていきますので減少方向に進むものだったのです。

 

不具合車両のエンジンオイルの状態がこちら

これはオイル量を測るスティックです、丸から丸の間が適正量ですがその上にXマークがありますがこれは希釈してオイル量が増えてしまった時の限界のマークです。

今回そのXマークすらオーバーした油量が入っていて、規定量より1.5L多く入っていました。

その増量分は軽油ですので臭いも軽油の臭いが強く、粘度も無くなりサラサラになっていました。

このようにポスト噴射するタイプのディーゼルエンジンは軽油による希釈に耐えうる規格をクリアしたものを使用しなければなりません。

日本の規格ではライトトラックではDL1 もっと大きなトラックではDH2といった規格のオイルを使用しなければエンジンを壊してしまいますし、オイル交換サイクルの厳守も重要なことになります。

 

今回は、多岐にわたり故障が起きていた事例ですどの部分が初めに壊れ引き金になったかはわかりませんが、ディーゼルエンジンはチョイ乗りは苦手な機関です。

温度が上がることで燃焼が安定して黒煙自体の排出も減りますし、DPFもある一定の温度が必要だからです。

DPFを壊さず長持ちさせる方法としては

①完全暖機状態で走行を行う チョイ乗りは避ける。
②DPF自動再生が始まったら終わるまでエンジンを止めない
③自動再生を行えない状態なら定期的に手動再生を行う
④洗浄剤などを定期的に使用する。
⑤エンジンオイルのチェックを怠らない
等になります。

 

ディーゼルエンジンは内燃機関の中では熱効率がよく優秀なものですが、現代のクリーンディーゼルと呼ばれるものは有害物質を浄化する装置がこれだけ必要な繊細なシステムになっています。

ガソリン・ディーゼル問わず様々なメンテナンスフリー化が進んでいますが、繊細になった現代の自動車は使用過程での汚れに非常に弱く以前にも増してメンテナンスの重要性が上がっていることはあまり知られていません。

 

 

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

クライスラー グランドボイジャー ミスファイヤー

クライスラー グランドボイジャーのご入庫 車検整備でのご入庫ですが、V6エンジンの割にスムーズに回転しておらず調子が悪いようです。   診断機で故障コードを読み出すと失火コードを検出しました。 このエンジンはV型6気筒でプラグコードも使用していますのでコードからの電気リークも考えられますがまずはスパークプラグを点検してみます。 するとかなりの間交換していない状態なのがすぐにわかりました。 中心電極の摩耗具合が明らかに違いすぎます。   さらに碍子にもクラックがありましたのでここから電気 ...

続きを見る

MINI クーパーS(R56)危険なオイル漏れ

MINI クーパー(R56)のご入庫 洗車をしていたら水に油の跡があったのでオイル漏れが心配になったとの事でご入庫 下廻りを点検するとエンジンの前側(右前輪側)に多くのオイル漏れがあることが確認できました。 ベルト周りの部品もオイルが大量に付着しているため、オイル漏れを直したうえでこのような部品も交換必要だということをご説明の上作業にかかります。     部品を外していくと大変なところが緩んでいるのを発見しました。 これはタイミングチェーンのテンショナーと呼ばれる部品なのですがこれ自体 ...

続きを見る

トヨタ カローラバン(KE74)主治医の選択 番外編

トヨタ カローラバン(KE74)の整備ご案内 この車両を整備するにあたってのいきさつについては以前のブログでご案内の通り  エンジンの不調に関してはインテーク・エキゾーストマニホールドのボルト脱落や緩みによる二次空気の吸い込みによる空燃比エラーであることはご案内の通りでしたが、いざ組み直してエンジンを掛けると掛かりが悪く空燃比も良くないようでラフアイドルを起こしています。 キャブレータなどが悪いのかといろいろ調べるが特に悪そうな様子はありません。 あれこれ点検する中でヘッドカバーに繋がるホースを外して塞ぐ ...

続きを見る

トヨタ カローラバン(KE74)主治医の選択②

トヨタ カローラバン(KE74) 前回エンジンの故障修理についてご案内しましたが、他に重要な部分で車検を合格できない故障がありました。 それはブレーキの引きずりです。 左前の車輪がブレーキが掛かったままで手では回りません、ブレーキキャリパーのピストンが固着したことが原因です。 他の部分もメンテナンスを行った形跡がない事から、ブレーキ系統のオーバーホールを行うことになりました。   まずはブレーキマスターシリンダーです。 ここはブレーキペダルで押して油圧を発生させ、各車輪に油圧を送るポンプの役目を ...

続きを見る

トヨタ カローラバン(KE74)主治医の選択①

トヨタ カローラバン(KE74)のご入庫 昨年、ディーラーで車検を受けようとしたが、”排気ガスが基準値をクリア出来ず合格しない”との事で整備を拒否されてしまい、どうしたらよいかと悩んでいる間に1年経ってしまったそうです。 知り合いの紹介で当店を知りご入庫となりました。 オーナー様とお話ししながらエンジンを掛けてみると、確かにかなりラフアイドル状態ですので不完全燃焼が起きて排気ガスがかなり汚いのは想像できます。 キャブレーターのお車ですのでキャブレータ周辺を簡単に点検していると見逃すことが出来ないものを発見 ...

続きを見る

FIAT 500L車検整備

FIAT 500L 車検整備でのご入庫。                         500Xは国内正規導入車種ですが500Lは未導入車です。 ※赤い車両は500X 500Ⅹと車名は似ていますがプラットフォームは全く違う車種です。 この車両はディーゼルエンジンを搭載しています。 ディーゼルエンジンではフィルターと名が付く部品はとても性能に影響を与えやすいのでこまめにチェックしたり交換が必要になります。 今回は燃料フィルターを交換をご紹介いたします。   この車両のフィルターは内部のみを交換できるタイプ ...

続きを見る

アルファロメオ MITO 電動パワステユニット交換

アルファロメオ MITOのご入庫 パワーステアリングが走行中に効かなくなることがたびたびあるとの事。   診断機を繋いで故障コードを読み出すとトルクセンサー異常を検出しています。 トルクセンサーとはステアリングを左右どちらかに切ったときにステアリングシャフトのねじれ具合を読み取るセンサーです。 ねじれ具合とはどれくらいの力でステアリングを切っているかを読み取ることで、駐車時などではアシスト力を強くしたり高速走行中はほとんどアシストしないなどステアリングアシスト力の制御を行うカナメのセンサーになり ...

続きを見る

ジャガー F-Pace 車検整備

ジャガー F-Pace 2.0dのご入庫 車検整備のご依頼です。 新車から3年目の初回車検で走行距離もそれほど伸びていませんので一般的な油脂類のメンテナンスが基本となります。   初めにブレーキフルードの交換 ブレーキフルードは吸湿性があるため距離に関係なく、時間で交換する必要があります。 劣化したブレーキフルードは黄ばんで濃い茶色に変色してきます。   油脂メーカーにもよりますが新品は薄いキツネ色をしています。   3年交換していないエアコンフィルターの交換 カビが発生して ...

続きを見る

MINI JCW(ジョン クーパー ワークス)クラッチオーバーホール

MINI クラブマン ジョンクーパーワークス(R56)のご入庫 クラッチオーバーホールでのご入庫 以前、お車を見させていただいた際クラッチペダルの操作力がかなり重くミートポイントも定まらないのでクラッチのオーバーホールが必要なことをご指摘させていただいていました。 トランスミッションを取り外してクラッチを交換します。 クラッチは滑り始めていたので、少し炭化していました。 クラッチ板を押し付けるプレッシャープレートも滑っていたため、まだらに焼けてしまっています。   フライホイールを外すとエンジン ...

続きを見る

VW ゴルフ6 スロットルボディ故障

VW ゴルフ6のご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンが不安定で進まなくなったとの事。 早速診断機で何の故障コードによりチェックランプが点灯したのか読み出します。 スロットルバルブ関係のセンサーに異常を検出していました。 スロットルバルブ関係の故障を拾っていることから、スロットルボディのコネクターがしっかり取り付けられているか見てみようとエンジンが掛かった状態でコネクタに軽く触るとエンジン回転が不安定になりました。 わずかに触れただけでそれに合わせてエンジン回転が不安定になります。 どうやらコネ ...

続きを見る

-故障修理・整備, トヨタ, 貨物車

© 2021 増高自動車工業有限会社