栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備 セレスピード・デュアロジック フィアット

デュアロジック アキュムレーターとは

デュアロジック(セレスピード)の不具合についてよく書きますがその中で経年劣化という意味で不具合を起こす部品があります。

それはアキュムレーターです。

FIAT500等に使用するデュアロジックにしろアルファロメオのセレスピードは基本的な構造は同じもので、あくまでもマニュアルトランスミッションを自動的にクラッチやシフト操作を行うAMTと呼ばれるシステムです。

マニュアルトランスミッションが基本ですのでクラッチはシングル(単板)クラッチで、スマートやVW UP!も同様のシステムですが、ユニットを制御するものが油圧やモーターを使用することで各社差別化されています。

FIATグループでは油圧を使用してコントロールするシステムを採用しています。

これは、FIAT500のデュアロジックユニットのアッセンブリーで、これがトランスミッションの上部にありミッションを操作するのです。

ユニットに黒い球体状のものが見えますがこれがアキュムレーターと呼ばれる部品で、役割は油圧の蓄圧です。

デュアロジックの操作は、内部のフルード(オイル)に電動ポンプで圧を掛けて(油圧)その圧力で様々なものを動かし操作します。

油圧は40~50barで制御して使うのですが、それを蓄圧する役割がアキュムレーターというわけです。

 

アキュムレーターの中には窒素ガスが充填された空間をダイヤフラムで密封しています、ダイヤフラムを挟んでガス圧と油圧が均衡する形になります。

言葉では伝わりずらいのでイラストでご説明します。

圧力はポンプで上げるのですが50barに達した時点でポンプは停止、40barまで下がると再度ポンプは50barまで上げるということを繰り返します。

クラッチやシフト操作をするたびに圧力は使用され低下しますが、その際イラスト③の動作で圧力が急激に落ちないように保持します。

下がった油圧を窒素ガスの圧力で補うという感じです、これが無いと電動ポンプは常に回っていなくてはいけませんし瞬間的な減圧には対応できません。

 

実際の車両での動作で説明すると、

①停車した車両の運転席ドアを開けた時点でモーターが作動して50barまで油圧を上げる。
②キーを入れイグニッションONでデュアロジックはクラッチを切りギアをニュートラルにシフトする。
③ニュートラルになるとクランキング出来るようになりエンジンスタート。

始動時はこのような流れになります。

 

窒素ガスを封入しているアキュムレーターは劣化によりガス圧が低下していきます。

ガス圧が低くなったアキュムレーターは、ポンプで加圧してもガスの反発が少ないためアキュムレーター内部の空間が広くなかなか50barまで達しませんので①の動作時ポンプ作動時間が長くなります。

②の状態で50barまで上がったとしてもクラッチ操作で油圧が急低下します、しかしそれを補うアキュムレーターのガス圧が足りないため油圧が異常に低くなりシフト操作が出来なくてギアをニュートラルに戻せません。
ニュートラルにならなければギアが噛んでいるためコンピューターの制御でクランキングが出来なくなりエンジンが掛からないという症状になります。

このような場合何度かイグニッションスイッチの入り切りすると掛かるようになるのですがそれはポンプが再度回り圧力を上げてくれることによってシフト操作が出来ニュートラルになるからなのです。

また、冷間時はギクシャクするが暖まるとスムーズに作動するようになるという症状もセレスピードやデュアロジックでは多いのですがこれもアキュムレーターの温度が上がりガス圧が上がることで動作が正常に近づくことが考えられます。
※ミッションオイルが暖まりオイルの粘度が下がり動作がスムーズになることも一部あるとは思います。

 

このような症状の車両で油圧測定をした結果がこちらです。

ニュートラルからリバースにシフトを行ったものですが一度シフトしただけで6balも急激に油圧が落ちてポンプが作動する40barまでの間で2回しかシフト動作が出来ませんでした。

アキュムレーターを新しいものに交換した結果がこちら

一度のシフト操作での油圧低下が明らかに少なくなっています。

50から40barに低下するまでに4回動作できるようになりました。
※リバースは他のギアに比べシフトストロークが大きく多くの油圧を使用しますので油圧の変化を比較しやすいのです。

最後に不具合を起こしたアキュムレーターを分解したものがこちら

 

ダイヤフラムが一部剥離しています。

ゴムのダイヤフラムがここまで劣化していれば窒素ガスも抜けてしまっても不思議ではありませんし、ダイヤフラムもゴムのため柔軟性を失うのかもしれません。

どれくらい使ったらだめになって交換が必要かは個体差も大きいので一概には言えませんが、先ほどのような症状が出たり酷い場合は走行中にニュートラルになってしまうこともありますので症状が当てはまる場合はアキュムレーターを疑ってもよいかも知れません。

 

 

 

 

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

フォード エコスポーツ 冷却水もれ 

フォード  エコスポーツ 冷却水が漏れてしまっているためロードサービスで搬送されました。 漏れ箇所は一目瞭然で冷却水リザーブタンクへの戻り側パイプ取付部の割れです。 戻り側ですのでどんどんここから冷却水が漏れて無くなっていきます。 樹脂製のパイプが割れてしまっています。 ユーザーはビニールテープで何とか付けようとしたようですがタンクまで圧力が掛かるためテープ位で漏れを止めることはできません。  タンクにも細かなクラックが発生しているため同時に交換します。 現代車はこのように水回りに樹脂部品を使うことが普通 ...

続きを見る

ダイハツ  ロッキー(F300S)ステアリングアイドラアームのガタ

ダイハツ ロッキー(F300S)のご入庫 初代ロッキーで平成6年式になります。 エンジンオイル交換の際に重大な不具合を発見しました。 ステアリングアイドラアームのボールジョイントが外れ掛かっています。 揺するとボールジョイントはガタガタになっていました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20221119_113630.mp4 アイドラアームの支点部分のブッシュにもガタが発生していました。 ステアリングの操作を伝える重要な部品でもし外れた場合はハンドル操作が出来なくなる重 ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の休業日のお知らせ

    ゴールデンウィーク期間は4月28日(日曜日)から5月6日(月曜日)は休業させて頂きます。  

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気噴射装置故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 以前、2次空気ポンプの故障修理を行った(リンク)こちらの車両、修理から半年後再度同様のチェックランプが点灯したとのご連絡。   診断機を使用して故障コードを読み出します。 以前検出した空気ポンプやドライバーとは違う2次空気圧力センサーのエラーを検出しました。 2次空気噴射装置は前回交換した空気ポンプで圧送された空気をエキゾーストマニホールドに送り込むのですがV型6気筒のこのエンジンではエキゾーストマニホールドが左右バンクで別れるためそれぞれのバン ...

続きを見る

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)2次空気ポンプ故障

トヨタ ランドクルーザー(URJ202)のご入庫 エンジンチェックランプが複数点灯したが特に走っていて症状は感じないとのこと 診断機を使用して故障コードを読み出すと2次空気ポンプに関連するエラーを検出しています。 2次空気システムとはエンジン始動時に排気管に外気(酸素)を送り込むことにより排気ガス中の未燃焼ガスを完全燃焼させる事と、同時に燃焼により触媒の温度も上げることで触媒の効率を素早く上げることを目的にした排気ガス浄化装置になります。 この車両の場合2次エアポンプと呼ばれるベーンモーターが車両右前に装 ...

続きを見る

VW up! EPCランプ点灯

VW up!のご入庫 メーター内にEPCというランプが点灯して加速が悪くなったとの事 EPCとはエレクトリックパワーコントロールの略で複数のシステムをまたいで不具合を警告するのですが、今回はこれ以外にエンジンチェックランプも点灯したようなのでエンジンに関連する不具合が発生した模様です。 診断機を使用して故障コードを読み出します。 スロットルバルブとミスファイヤ関連の故障コードを検出しました。 スロットルバルブは内部センサーの一つが検出できなくなっていたため内部不良と判断して交換します。   電子制御式のス ...

続きを見る

クライスラー イプシロン(312)ツインエアー加速中息つき

クライスラー イプシロン(312)のご入庫 ゆっくり加速しているときは問題ないが、少し強めに加速をすると息つきのようにガクガクするとのこと。 こちらのエンジンはフィアットのツインエアと呼ばれる2気筒ターボエンジンなります。   アクセル開度を少なめな低負荷時には何も違和感は感じませんが少し強く踏み込んで負荷を上げるとエンジンがクシュンクシュンと息継ぎのような症状が起き加速不良で車体もガクガクします。 その時にエンジンチェックランプも点灯します。 診断機で故障コードを読み出すとイグニッション(火花 ...

続きを見る

スバル レガシィ(BMG)トランスミッション エラー

スバル レガシィ(BMG)のご入庫 シフトチェンジがギクシャクした感じになりトランスミッションシステム点検等の警告灯が複数点灯したとの事。 入庫時はアクセルに対してギクシャクした動きをしていますし警告灯も点灯していました。 警告灯が点灯していますのでまず診断機で故障コードを読み出します。 P2762 ロックアップデューティソレノイド誤作動検出しました。 ロックアップとは、ある回転以上ではトルクコンバーターをロックアップ(直結)して効率よく動力伝達をするためのものですが、その制御がうまくいかないためギクシャ ...

続きを見る

ルノー ルーテシア4 突発的ユニット故障、原因の推測と対策

ルノー ルーテシア4 エンジンが掛からないとのご連絡。 電話で問診をすると”2週間くらい乗らなかったのでバッテリーがダメになってエンジンが掛からないのでは”とご本人。 しかし、よくよくお話を聞いていくとバッテリーではないのではないかと思われる節がありました。 とはいえ遠隔で直せるわけではないのでロードサービスで運んでもらいました。   入庫して早速点検を進めます。 バッテリーは単体点検でやはり正常レベルのため問題なくシロでした。 バッテリーは正常なのですがスロットにカードキーを差し込んでもうんと ...

続きを見る

FIAT500(312)ブレーキシューからライニング剥離

FIAT500のご入庫 ブレーキを掛けると後ろのタイヤからゴーゴー音がするとの事 後輪ブレーキはドラムブレーキを採用していますがドラムを外すと大変なことが起きていました。 ブレーキシューには摩擦材であるライニングが接着されているのですが剥離してしまっています! ライニングとは摩擦材で、ドラムの中でシューが開くと摩擦材であるライニングがドラムの回転を抑えてブレーキが効くようになっています。 ライニングが外れてしまったため、鉄であるシューとドラムがぶつかり合いゴーゴーと音が出ていました。 剥がれたライニングが ...

続きを見る

-故障修理・整備, セレスピード・デュアロジック, フィアット

© 2024 増高自動車工業有限会社