営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 イスズ

いすゞ ベレット1800GT エンジン不調

いすゞ ベレット1800GTのご入庫

エンジンの調子が悪く、高回転も吹けないとの事

走行してみるとアクセルを踏み込んでもかぶった感じでエンジンがふけ上がらず進みません。

 

この時代のお車は、キャブレータを使用していますので点検していきます。

G180エンジン元々のオリジナルではSUキャブレーターという可変ベンチュリータイプのキャブレーターですが、後付交換でソレックスのサイドドラフトタイプに換装しています。

高回転域でのカブリ症状ですのでジェットに異常が無いか確認してみます。

すると、ジェットブロックがゆるゆるに緩んでしまっていました。

この部分は、空気とガソリンを混ぜ合わせて供給する部分ですので緩んでしまっていれば適切な燃料を供給できずに不具合症状を発生させます。

締め付けて走行テストを行うと高回転域での不具合は解消されました、しかしアイドリングが定まらず安定しません。

アイドリングはミクスチャスクリューで調整しますが、そもそもキャブレーター同士の同調も取れていないし決まりません。

これはキャブレター以外にも何か不具合が隠れています。

 

さらに点検を進めていくとエンジンヘッドとインテークマニホールド間でエアの吸い込みがあることが確認できました。

この部分で吸い込みがあれば、負圧で空気が吸い込まれてしまう為、混合気が薄まってしまいます。

ガスケットを交換することになりましたが昭和47年式のお車部品はすでに製造廃止です。

このエンジンは、ターンフロータイプでインテークとエキゾーストが同じ側にあり排気の熱も掛かるためガスケット作成を簡単に行うことが出来ません。

困りましたがあちらこちらに問い合わせて何とかガスケットを入手して交換に取り掛かることが出来ました。

マニホールドを取り外してガスケットを見てみると、3・4番のインテークに吹き抜けた跡があります。ここから空気が吸われていたのは間違いなさそうです。

面を整えて新しいガスケットでくみ上げます。

 

次にキャブレーターの調整です。

キャブレータ自体はアナログなもので特別難しいものではありませんので、基本に忠実に調整していきます。

まずは、燃圧ですが後付の電磁ポンプが付いていますので基準になる燃圧になっているか確認します。

こちらのお車、レギュレーターにメーターが付いているので簡単に確認できましたが問題のないレベルでOKでした。
※燃圧は高すぎても低すぎても基準になるフロート室の高さが狂ってしまいますので、とても重要です。

 

次はキャブレーター内の燃料フロートレベルを点検します。

燃料のレベル(油面高さ)は非常に重要で空燃比調整の基本となります。

レベルゲージで測定しますが基準のレベルに合わせるのはもちろんのこと大切なのは2基のキャブレーターが同様になっていることです。


フロートレベルを調整してキャブレーターの基本は整いました、もちろんエンジンの点火タイミング・バルブクリアランス等が正常なことが大前提です。

 

十分暖機された後に、2基のキャブレーターの同調を合わせます。
※同調とはアクセルを踏んだ際、2基のキャブレターが同じタイミングでスロットルバルブを開くように調整することです。

次にアイドリングの燃料の濃さを調整するためにアイドルミクスチャースクリューでそれぞれのシリンダーを調整していきます。

走行テストを行い全域でのふけ上がりなどを点検して終了です。

キャブレーターの場合よくジェットをいじるといわれていますがあくまでも基本の調整を行ったうえで交換していくものです。
ジェット:ガソリンや空気が通る通路で大きさを変えることで通路の大きさが変わり燃料や空気の通過量で特性を変化させるもの

 

エアの吸い込みも無くなりアイドリングも安定しましたし高回転域でもふけ上がりが良くなりました。

 

キャブレーターだから現代の車に比べ調子が悪いのが当たり前と思われている方が多いのですが、基本に忠実に調整や整備を行っていけば現代車と遜色ない走りをするのが正常です。

今回の様なエアの吸い込みはコンピュータ車でも同様に不具合を引き起こします。
不具合事例国産車リンク
不具合事例輸入車リンク②

キャブレーター搭載車は、何やら扱いが難しいし調子も現代の自動車に比べて悪いように思われることが多いのですが、この時代には車の基本は出来上がっていますので走行自体はさほど現代の自動車と変わりはないと思います。

現代車のような快適装備や安全性・環境負荷などの点で技術的に未完成だっただけですので、純粋に自動車の運転を楽しんだりDIYでいじるには旧車はとても良い時代の自動車だと思います。

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ランドローバー フリーランダー 整備不良の末

ランドローバー フリーランダーのご入庫 冷却水が漏れているので診てもらいたいとの事でご来店。 漏れ箇所はエンジン前側付近であることはすぐにわかりましたのでウォーターポンプあたりが怪しいとお客様にお伝えしました。 ※ある程度分解を進めないと特定できないためおおよそで説明しました。 すると、半年ほど前にタイミングベルトは他店にて交換済で同時にウォーターポンプも交換しているとの事。 では、ウォーターポンプである可能性は低いので何か周辺部から漏れているのでは?というお話をさせていただきました。 ところが、よくよく ...

続きを見る

ニッサン NV350 ブロアモーターヒューズたびたび切れる?

ニッサン NV350のご入庫 エアコン風量を最大にしているとヒューズが飛んでしまうとの事 実際にヒューズを確認すると15Aヒューズが切れてしまっていました。 ユーザーも何回か交換しているようです。 マニュアルエアコンで最大風量時はブロアレジスターは通らず直結状態になるのでブロアモーターコイルのレアショートが考えられますのでモーター交換を行いました。 モーター交換後新しいヒューズを入れて最大風量にして1分ほど経つとヒューズが切れてしまいました。 まだ、治っていないようです(-_-;)汗 ただヒューズの切れ方 ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)デュアロジック+ミッションオイル交換

FIAT デュカト(250)のご入庫 ご用命は、デュアロジックフルードとトランスミッションオイルの交換です。 正規では輸入されていないこちらのお車、欧州では商用車として様々に利用されているのですが、日本へはキャンピングカーのベース車両として使用されていることが多いようです。 FF駆動の2.3Lディーゼルエンジン搭載車両です。   デュアロジックはFIAT500にも使用されているものと基本的な構造は同じAMTと呼ばれる6速ミッションとなっています。   デュアロジックはマニュアルトランス ...

続きを見る

フォード マスタング エアコン風が最大でしか出ない。

フォード マスタングのご入庫 ご用命は、エアコンの風が最大でしか出なくなってしまったとの事。 こちらのお車はマニュアルエアコンで送風量はダイヤル4段階で調整します。 1・2・3のダイヤルでは確かに風は全く出ませんが4にすると最大風量で吹き出します。 ブロアが回るということはモーターは正常と判断できますので他に原因があります。 マニュアルエアコンの場合、ブロアモーターに掛かる電気の調整はブロアレジスター(抵抗)を通した電気量で調整することがほとんどです。 こちらのお車にもブロアレジスターがありました。 よく ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW ザ・ビートル ウォーターポンプから液漏れ?

VW ザ・ビートル 車検でのご入庫です。 点検を行うとエンジン前方に何か液が垂れた跡がありました。 液が漏れだしたところをたどるとウォーターポンプからでした。 ウォーターポンプから漏れだしているのであれば定番の冷却水漏れです! ウォーターポンプの交換を行うことになりました。 しかし、ウォーターポンプを取り外していくとその漏れ出していたものが冷却水でないことに気が付きました。 真っ黒なオイル状のものでした。   ウォーターポンプを取り外してその構造を確認してようやく何が漏れ出してきているのか理解す ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L800)クラッチが重くて切れない

ダイハツ コペン(L800)のご入庫 ご用命はクラッチペダルが重くなってクラッチが切れないとのこと。 ご入庫時、異常なほどクラッチペダルが重くうまく操作が出来ない状態でした。 車齢13年・走行距離9万Km代です、クラッチオーバーホールはもとよりワイヤーの交換が必要なことは間違いありません。 トランスミッションを下ろしてクラッチの状態を見てみます。 クラッチディスク自体は溝が深くまだまだ使えそうです。   では何がここまでペダルを重くしたのでしょう。 原因のひとつはこちら、レリーズベアリングの摺動 ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)早期発見は大切です

メルセデスベンツE350(W211)のご入庫 別作業で御入庫の際不具合を発見いたしました。 まずは左前輪のドライブシャフトのブーツが切れてグリスが飛び散っています。   この車両は4マチックと呼ばれる4輪駆動の為、前輪にもドライブシャフトがあります。 ブーツが切れると水などの異物がジョイントに入り痛めてしまうので見つけた際はすぐに分解して新しいグリスを封入し直してブーツを交換しなければいけません。 グリスは水と混ざり白濁していましたので、放っておけばジョイント自体を壊してしまうところでした。 & ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)エアコンの風が出ない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ご用命はエアコンの風が出なくなったとの事。 オートエアコンですが、風量調整をコントロールしても風は出てきません、後席エアコンは正常に風がでます。 セレナ(C25)もだいぶ年数が経ちこのような不具合が増えてきております。 これは送風するブロアモーターの不具合が非常に多いです。 今回もブロアモーターをコンコンと叩くと弱弱しくブロアモーターが回ることが確認できましたので、駆動させる電源に問題はないのでモーター不良は間違いありません。 取り外したモーターは叩かないと回らない状態 ...

続きを見る

アルファロメオMITO タイミングベルト交換

アルファロメオMITOのご入庫 タイミングベルト交換のご依頼を受けました。 走行距離は1万km代でしたが年数が7年ほど経過していたので不安なので交換してほしいとのご要望でした。 この車両のエンジンはジュリエッタでも搭載されている1400ccのマルチエアと呼ばれるユニットです。 タイミングベルト交換自体は非常にオーソドックスなものですが、やはりSSTが必要なことには違いがありません。 カムシャフトは後端部分で位置を合わせて固定します。 クランクシャフトも同様にSSTで固定して交換をします。 交換した部品はこ ...

続きを見る

-故障修理・整備, イスズ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.