営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フォルクスワーゲン

VW トゥアレグ エアコン効かない原因は・・・

VW トゥアレグ3.6のご入庫

”何か大きな音がしてからエアコンが効かなくなった”との事

このような発生状況を聞くと何か嫌な予感がします。

まず点検をしていきます。

エアコンはエアコンガスが入っていてコンプレッサーが回るのが基本になります。

まず、エアコンガスの量はともかくとしてコンプレッサーが回るだけの量は入っているようです。

次にコンプレッサーが回るかは可変容量タイプのコンプレッサーはマグネットクラッチがプーリーにありませんので見た目ではわかりません。

しかし簡単に判断する方法があります。

プーリーの中心にあるボルトを廻します。常時回転されるこのタイプはベルトが掛かっていれば手で回すことが出来ません。

ですがこちらのお車、中心のボルトが回ってしまいプーリーの外側は回りません。それにスムーズに回らずギクシャクします。

動画でコンプレッサーを取り外した状況ですが、本来なら回しているプーリーと一緒に中心が回るのが正常な状態です。

 

残念ながらこれはプーリーの破断ポイント(弱点)が破断してしてしまっている状態です。

分解してみるとこの通り

プーリー内部が見事に引きちぎれています!

なぜこのようになったかというとこれは、コンプレッサー本体の焼き付きでベルトで回せなくなったためベルトが切れて走行不能になることを防ぐ保護機能としてプーリーの破断点は切れたのです。

こうすることでベルトはプーリーのみを空回りして回り続けることが出来て走行不能になることを回避できるのです。

 

コンプレッサーを分解しますと焼き付いた内部は鉄粉だらけです。

 

ケースを固定しているボルトが曲がってしまっています。

これだけの力が加わってプーリーが破断したのです。

これがお客様がおっしゃっていた”何か大きな音がした”時の状態です。

 

今回は予算の都合上、コンプレッサーの交換のみになりましたがこの症状の時の完全な修理方法はエアコンの冷媒システムの全体の洗浄もしくは洗浄が出来ない部分の部品交換を行わなければ完全な修理とは言えません。

 

冷媒システムは冷媒(エアコンガス)を循環させることで作動させているのですが、先ほどのコンプレッサーから出てきた鉄粉がこの回路に残っていればせっかく交換したコンプレッサーに残った鉄粉が入り込みまた壊してしまったり、鉄粉が詰まって冷媒が回らなくなったりする可能性が有ります。

しかし、言葉で言えば簡単な洗浄ですが実際には洗浄できる場所はパイプやホースの中一部のみでほとんどの部品の交換が必要になってしまいます。

また、構成部品は室内でしたらダッシュボード取り外したり、エンジンルーム内でもバンパーを取り外すなどしなければならず広範囲にわたり工賃もばかになりません。

完全に再発も防ぐ修理は、部品・工賃含めると何十万円になる一大事になってしまうのです。

 

では、そもそもなぜこのようなことになったのでしょう、また防ぐことはできなかったのでしょうか?

今回のお車、走行距離は8万kmとそれほど過走行車ではありません。

しかし、可変容量タイプのコンプレッサーはエアコンを入れていない時でも常に回されているため、いままでのマグネットクラッチタイプのようにエアコンを入れていない時は本体が完全に回らないタイプとは大きく負荷が違います。

メーカーでもこのようなことを含めて耐久性を上げる努力は必要かと思いますがコストとの兼ね合いでなかなか難しいのかもしれません。

 

次に防ぐことは可能なのか?という問題ですが、冷媒システム内はコンプレッサーオイルというもので潤滑を担っているのですがエンジンオイルなどと違い定期的な交換の指定はありません。

しいてある方法としては、定期的に調整を必要とするエアコンガス回収機でのガス調整の際、WAKO'SやNUTECのエアコン添加剤を添加してコンプレッサーオイルの性能を引き上げることではないでしょうか。

または、ある程度過走行の場合は焼き付く前にコンプレッサーを交換してしまうしかないと思います。
※現状壊れていない高額なコンプレッサーを交換してしまうというのは現実的ではありませんが・・・

エアコンの焼き付きトラブルが、実はエンジンやミッションに並ぶほどの高額な修理になることはあまり知られていません。

予算の都合上、焼き付いた部分だけでの交換になってしまうことも多いのですが、コンプレッサーのみの交換はリスクがあることをしつこいほど説明するのは、再発の恐れがあるのと完全な修理ではないからなのです。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

ホンダ トルネオ(CF-5)エンジンオーバーヒート

ホンダ トルネオ(CF-5 )のご入庫 エンジンチェックランプが点灯してギクシャクするとの事。 入庫時エンジンはふけ上がらず、エンジンチェックランプが点灯していました。 エンジンルームを点検しようとボンネットを開けると異常なくらいの熱気に襲われました。 冷却水の激しいにおいがしますのでオーバーヒートを起こしていることは容易に判断できる状態です。 すぐにエンジンを止めて冷却をしたいのですがかなりの高温で危険ですので少しずつ水を掛けて冷ましていきます。 ようやく冷めたところでラジエーターに水を入れるとアッパー ...

続きを見る

シトロエン グランドC4ピカソ(2代目) 車検整備

シトロエン グランドC4ピカソ(2代目)車検整備でのご入庫 エンジンはPSAでおなじみの1.6Lガソリンエンジンです。 ファンベルトが劣化によりヒビだらけです。 このエンジンでベルト周りで気を付けなければいけないところでウォーターポンプのプーリーがあります。 フリクションプーリと呼ばれるプーリーで摩擦でプーリーを回しますが表面のゴムが劣化で剥がれ始めているものが見受けられるので注意が必要です。 こちらのクルマもゴムが劣化でヒビだらけでした。 最悪はゴムが剥がれてプーリーが回らずオーバーヒートします。 駆動 ...

続きを見る

ダイハツ ムーブラテ(L550)エアコン不調の陰で・・・

ダイハツ ムーブラテ(L550)のご入庫 ご用命は、信号待ちでエアコンの効きが悪いので診てもらいたいとの事。 しかし問診をしていると気になるワードが出てきました。 ・発進加速が悪くなった ・加速時エンジンからカラカラ音がするようになった 上記2点の不具合が出るときは、決まってエアコンの効きも同時に悪くなったそうです。 単純にエアコンの異常だけではない気がします。   問診内容から怪しい部品を見立てて点検をするとすぐにわかりました。 https://masutaka.co.jp/images/VI ...

続きを見る

AUDI TTクーペ クアトロ(8J)ハルデックスオイル交換

AUDI TTクーペ クアトロ(8J) 車検でのご入庫 10万km以上走行していますこちらのお車、メンテナンスも各部行わなければいけませんが基本となる油脂類の交換をご紹介します。 クワトロと呼ばれるこちらのグレードは4輪駆動になりますので駆動力を後輪に伝えるトランスファと後輪の駆動力を左右に分配するリアディファレンシャルと呼ばれるギア(歯車)のセクションがあります。 ギアを使用しているところは油脂で潤滑されていますので定期的な交換が必要になります。 下記のような配置になっています。   まずはト ...

続きを見る

BMW Z4(E85)エアコンコンプレッサー圧縮不良

BMW Z4(E85)のご入庫 ご用命はエアコンの冷房が効かないとの事。   冷房の効きが悪い場合、まずは基本となるのは冷媒システムがうまく機能しているかを調べなければなりません。 冷房システムのカナメは冷媒ガスです。 冷媒ガスはたくさん入っていれば良いというものではなく、多すぎても少なすぎてもいけませんので規定の量が入っているかどうかをまずは確認する必要があります。 こちらのお車やや少なめで全く効かないレベルではなかったですが故障探求を進めるうえでも規定の量になっていることが重要ですので規定量 ...

続きを見る

7月の休業日のお知らせ

7月の休業日は、4.18.25日(日曜日)及び20日(火曜日)、22.23日(木.金曜日)は休業させて頂きます。 新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。

続きを見る

ホンダ S2000(AP1)タペットクリアランス調整

ホンダ S2000(AP1)のご入庫 車検整備ですが、エンジンのバルブクリアランス調整も依頼されました。 バルブクリアランスとはエンジン内部のバルブとカムとの隙間を調整する作業です。 バルブの駆動方法はそれぞれエンジンによって違うのですが今回のF20Cエンジンはロッカーアームで駆動しているのでロッカーアームのアジャストスクリュとバルブステムエンド間のすき間を調整します。 シックネスゲージを使用して隙間の測定・調整を繰り返します。 こちらの車両では、基準値:IN 0.21-0.26㎜ EX0.25-0.27 ...

続きを見る

スマート フォーフォー ヘッドライト暗い

スマート フォーフォーのご入庫 ヘッドライトが暗いとの事でHIDなどで明るくしてほしいとのご依頼。 現状ハロゲンバルブ(オリジナル)が取り付けられていますが、その状態で光量を測定します。 ぼやけて全くカットラインが見えませんし光量も基準を大きく下回っています。これでは暗くて前が見えづらいのも当然です。   ハロゲン電球が悪いというわけではなく、大きな原因はこちらです。 ヘッドライト表面のクリアレンズが劣化により曇りヒビのようなものも見受けられます。※写真ですとそれほどではないですが実際は全体的に ...

続きを見る

ホンダ N-ONE(JG1) 低回転時ガクガクする

ホンダ N-ONEのご入庫 低速走行時エンジンが1500回転くらいの時にガクガク振動がするとの事。 お客様はノッキングが起きていると言っております。 診断機で故障コードを読み出してみますが特に何も検出していません。 テスト走行をすると発進してアクセルをあまり踏み込まない状態で1500~2000rpmくらいでガクガクしますがそれ以上回転が上がると何もなかったように正常になります。 症状としてはノッキングというよりも低回転域のエンジン回転の不安定さのように感じます。 エンジンがスムーズに回っているかエンジンの ...

続きを見る

MINI クラブマン(F54)ブレーキ整備

MINI クラブマン(F54)のご入庫   ブレーキ警告灯が点灯したとの事。 ブレーキのパッドセンサーがディスクローターに触れたことで通電して警告灯を発報しました。 点検すると前輪のパッドセンサーがローターと接触して削れています。 キャリパーを外してみます。 パッドセンサーはこのように取り付けられていてパッドの厚みが無くなるとセンサーがディスクローターと接触して削れることでセンサー内部の配線が露出して通電する仕組みになっています。 ブレーキパッドと削れたセンサーは新しく交換しますが、輸入車で忘れ ...

続きを見る

-故障修理・整備, フォルクスワーゲン

© 2021 増高自動車工業有限会社