営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 フォルクスワーゲン

VW トゥアレグ エアコン効かない原因は・・・

VW トゥアレグ3.6のご入庫

”何か大きな音がしてからエアコンが効かなくなった”との事

このような発生状況を聞くと何か嫌な予感がします。

まず点検をしていきます。

エアコンはエアコンガスが入っていてコンプレッサーが回るのが基本になります。

まず、エアコンガスの量はともかくとしてコンプレッサーが回るだけの量は入っているようです。

次にコンプレッサーが回るかは可変容量タイプのコンプレッサーはマグネットクラッチがプーリーにありませんので見た目ではわかりません。

しかし簡単に判断する方法があります。

プーリーの中心にあるボルトを廻します。常時回転されるこのタイプはベルトが掛かっていれば手で回すことが出来ません。

ですがこちらのお車、中心のボルトが回ってしまいプーリーの外側は回りません。それにスムーズに回らずギクシャクします。

動画でコンプレッサーを取り外した状況ですが、本来なら回しているプーリーと一緒に中心が回るのが正常な状態です。

 

残念ながらこれはプーリーの破断ポイント(弱点)が破断してしてしまっている状態です。

分解してみるとこの通り

プーリー内部が見事に引きちぎれています!

なぜこのようになったかというとこれは、コンプレッサー本体の焼き付きでベルトで回せなくなったためベルトが切れて走行不能になることを防ぐ保護機能としてプーリーの破断点は切れたのです。

こうすることでベルトはプーリーのみを空回りして回り続けることが出来て走行不能になることを回避できるのです。

 

コンプレッサーを分解しますと焼き付いた内部は鉄粉だらけです。

 

ケースを固定しているボルトが曲がってしまっています。

これだけの力が加わってプーリーが破断したのです。

これがお客様がおっしゃっていた”何か大きな音がした”時の状態です。

 

今回は予算の都合上、コンプレッサーの交換のみになりましたがこの症状の時の完全な修理方法はエアコンの冷媒システムの全体の洗浄もしくは洗浄が出来ない部分の部品交換を行わなければ完全な修理とは言えません。

 

冷媒システムは冷媒(エアコンガス)を循環させることで作動させているのですが、先ほどのコンプレッサーから出てきた鉄粉がこの回路に残っていればせっかく交換したコンプレッサーに残った鉄粉が入り込みまた壊してしまったり、鉄粉が詰まって冷媒が回らなくなったりする可能性が有ります。

しかし、言葉で言えば簡単な洗浄ですが実際には洗浄できる場所はパイプやホースの中一部のみでほとんどの部品の交換が必要になってしまいます。

また、構成部品は室内でしたらダッシュボード取り外したり、エンジンルーム内でもバンパーを取り外すなどしなければならず広範囲にわたり工賃もばかになりません。

完全に再発も防ぐ修理は、部品・工賃含めると何十万円になる一大事になってしまうのです。

 

では、そもそもなぜこのようなことになったのでしょう、また防ぐことはできなかったのでしょうか?

今回のお車、走行距離は8万kmとそれほど過走行車ではありません。

しかし、可変容量タイプのコンプレッサーはエアコンを入れていない時でも常に回されているため、いままでのマグネットクラッチタイプのようにエアコンを入れていない時は本体が完全に回らないタイプとは大きく負荷が違います。

メーカーでもこのようなことを含めて耐久性を上げる努力は必要かと思いますがコストとの兼ね合いでなかなか難しいのかもしれません。

 

次に防ぐことは可能なのか?という問題ですが、冷媒システム内はコンプレッサーオイルというもので潤滑を担っているのですがエンジンオイルなどと違い定期的な交換の指定はありません。

しいてある方法としては、定期的に調整を必要とするエアコンガス回収機でのガス調整の際、WAKO'SやNUTECのエアコン添加剤を添加してコンプレッサーオイルの性能を引き上げることではないでしょうか。

または、ある程度過走行の場合は焼き付く前にコンプレッサーを交換してしまうしかないと思います。
※現状壊れていない高額なコンプレッサーを交換してしまうというのは現実的ではありませんが・・・

エアコンの焼き付きトラブルが、実はエンジンやミッションに並ぶほどの高額な修理になることはあまり知られていません。

予算の都合上、焼き付いた部分だけでの交換になってしまうことも多いのですが、コンプレッサーのみの交換はリスクがあることをしつこいほど説明するのは、再発の恐れがあるのと完全な修理ではないからなのです。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

フォード エクスプローラー RSC点灯

フォード エクスプローラーのご入庫   警告灯が点灯して、警告音もすごい音量で鳴るとの事でご入庫 メーターにはRSC異常を表示しています。 RSCとはロールスタビリティコントロールというフォードの名称で一般的には横滑り防止装置のことです。 診断機で何のエラーを検出しているか診てみると・・・ ECUの内部故障です。(´;ω;`) これはコンピューター内部の故障を表示していますのでABSコンピューターの内部異常を表します。 コンピューター故障は専門の業者さんがいるので直せるか確認したところこのモデル ...

続きを見る

ランドローバー フリーランダー 整備不良の末

ランドローバー フリーランダーのご入庫 冷却水が漏れているので診てもらいたいとの事でご来店。 漏れ箇所はエンジン前側付近であることはすぐにわかりましたのでウォーターポンプあたりが怪しいとお客様にお伝えしました。 ※ある程度分解を進めないと特定できないためおおよそで説明しました。 すると、半年ほど前にタイミングベルトは他店にて交換済で同時にウォーターポンプも交換しているとの事。 では、ウォーターポンプである可能性は低いので何か周辺部から漏れているのでは?というお話をさせていただきました。 ところが、よくよく ...

続きを見る

ニッサン NV350 ブロアモーターヒューズたびたび切れる?

ニッサン NV350のご入庫 エアコン風量を最大にしているとヒューズが飛んでしまうとの事 実際にヒューズを確認すると15Aヒューズが切れてしまっていました。 ユーザーも何回か交換しているようです。 マニュアルエアコンで最大風量時はブロアレジスターは通らず直結状態になるのでブロアモーターコイルのレアショートが考えられますのでモーター交換を行いました。 モーター交換後新しいヒューズを入れて最大風量にして1分ほど経つとヒューズが切れてしまいました。 まだ、治っていないようです(-_-;)汗 ただヒューズの切れ方 ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)デュアロジック+ミッションオイル交換

FIAT デュカト(250)のご入庫 ご用命は、デュアロジックフルードとトランスミッションオイルの交換です。 正規では輸入されていないこちらのお車、欧州では商用車として様々に利用されているのですが、日本へはキャンピングカーのベース車両として使用されていることが多いようです。 FF駆動の2.3Lディーゼルエンジン搭載車両です。   デュアロジックはFIAT500にも使用されているものと基本的な構造は同じAMTと呼ばれる6速ミッションとなっています。   デュアロジックはマニュアルトランス ...

続きを見る

フォード マスタング エアコン風が最大でしか出ない。

フォード マスタングのご入庫 ご用命は、エアコンの風が最大でしか出なくなってしまったとの事。 こちらのお車はマニュアルエアコンで送風量はダイヤル4段階で調整します。 1・2・3のダイヤルでは確かに風は全く出ませんが4にすると最大風量で吹き出します。 ブロアが回るということはモーターは正常と判断できますので他に原因があります。 マニュアルエアコンの場合、ブロアモーターに掛かる電気の調整はブロアレジスター(抵抗)を通した電気量で調整することがほとんどです。 こちらのお車にもブロアレジスターがありました。 よく ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

VW ザ・ビートル ウォーターポンプから液漏れ?

VW ザ・ビートル 車検でのご入庫です。 点検を行うとエンジン前方に何か液が垂れた跡がありました。 液が漏れだしたところをたどるとウォーターポンプからでした。 ウォーターポンプから漏れだしているのであれば定番の冷却水漏れです! ウォーターポンプの交換を行うことになりました。 しかし、ウォーターポンプを取り外していくとその漏れ出していたものが冷却水でないことに気が付きました。 真っ黒なオイル状のものでした。   ウォーターポンプを取り外してその構造を確認してようやく何が漏れ出してきているのか理解す ...

続きを見る

ダイハツ コペン(L800)クラッチが重くて切れない

ダイハツ コペン(L800)のご入庫 ご用命はクラッチペダルが重くなってクラッチが切れないとのこと。 ご入庫時、異常なほどクラッチペダルが重くうまく操作が出来ない状態でした。 車齢13年・走行距離9万Km代です、クラッチオーバーホールはもとよりワイヤーの交換が必要なことは間違いありません。 トランスミッションを下ろしてクラッチの状態を見てみます。 クラッチディスク自体は溝が深くまだまだ使えそうです。   では何がここまでペダルを重くしたのでしょう。 原因のひとつはこちら、レリーズベアリングの摺動 ...

続きを見る

メルセデスベンツ E350(W211)早期発見は大切です

メルセデスベンツE350(W211)のご入庫 別作業で御入庫の際不具合を発見いたしました。 まずは左前輪のドライブシャフトのブーツが切れてグリスが飛び散っています。   この車両は4マチックと呼ばれる4輪駆動の為、前輪にもドライブシャフトがあります。 ブーツが切れると水などの異物がジョイントに入り痛めてしまうので見つけた際はすぐに分解して新しいグリスを封入し直してブーツを交換しなければいけません。 グリスは水と混ざり白濁していましたので、放っておけばジョイント自体を壊してしまうところでした。 & ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)エアコンの風が出ない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ご用命はエアコンの風が出なくなったとの事。 オートエアコンですが、風量調整をコントロールしても風は出てきません、後席エアコンは正常に風がでます。 セレナ(C25)もだいぶ年数が経ちこのような不具合が増えてきております。 これは送風するブロアモーターの不具合が非常に多いです。 今回もブロアモーターをコンコンと叩くと弱弱しくブロアモーターが回ることが確認できましたので、駆動させる電源に問題はないのでモーター不良は間違いありません。 取り外したモーターは叩かないと回らない状態 ...

続きを見る

-故障修理・整備, フォルクスワーゲン

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.