BMW320(E46)のご入庫

ご用命は、”DSC警告灯が点灯した”との事

早速診断機を当てて何の故障コードを検出したか見てみます。

故障コード ブレーキプレッシャーセンサーのエラーを検出しました。

DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)は、横滑り防止装置ですのでブレーキ圧力は重要な要素になるため故障警告で点灯しました。

マスターシリンダーは前後のブレーキセクションに分かれていてそれぞれに圧力センサーが取り付けられていますが、そのうちの前側が故障しました。

ブレーキを踏んで圧力を作るのですが、圧力があるにもかかわらず前側のセンサーが反応しないことで故障コードとして検出したのです。

交換後のブレーキフルード圧力のグラフがこちら

前後ブレーキ圧はシンクロしています。

比較的この時代のBMWの定番故障です、実際にはブレーキ圧力は機械的に発生しているのでブレーキが効かないことはありませんがDSCやABSは作動しなくなりますので修理は必要です。