BMW116(F20)のご入庫

ご用命は、”エンジンチェックランプが点灯”したとの事

早速、チェックランプを点灯させた故障コードを読み出します。

ラムダセンサー異常を検出しています。

ラムダセンサーとは、A/Fセンサーとも呼ばれエア/フューエルの空燃比を測定するもので、排気ガス中にセンサーを置くことで測定します。

ラムダセンサーからの計測値をコンピューターにフィードバックすることで理論空燃比になるように調整を行うため、エアマスセンサーと並びコンピューター制御の中核を担うセンサーになります。

 

排気ガス中で高温と汚れにさらされるため比較的故障も多いセンサーになります。

今回はセンサーからの信号が排気ガス濃度に対してリニアに反応できなくなっていることで故障コードを検出しました。

新しいセンサーに交換して不具合は解消しました。

センサーの部品寿命は8万kmと言われていますが使用状況によって走行距離だけでは判断できないこともあります。

車両の自己診断で故障判定のハードルを越えればチェックランプで教えてくれますが、わずかな特性ずれなどはなかなか判断が難しいものです。