VW パサート(B6) のご入庫

エンジンオイル交換を承りましたが、その際エアコンの効き始めの悪さが気になっているということでしたのでエアコンガス量の測定を行うことになりました。

エアコンガス専用機器で現在入っているガスを抜き出して正確に量を測定します。

 

すると規定量600+25gに対して入っていた量は750gで125g多いのが判明しました。



 

以前から案内している通り現在のエアコンシステムはガス量を質量で管理しています。

ガスがこれだけ多いのは明らかに入れすぎですし、どこかでオーバーチャージされたのは間違いありません。

規定量に調整し直し、コンプレッサーの保護を兼ねてWAKO’S パワーエアコンプラスを補充いたしました。

お客様から効き始めが以前よりも早くなったとの事でしたのでやはり基本が大切ということです。

 

オーバーチャージに関して結構不具合が多発しています。リンク

エアコンガスは、以前はサイトグラスと呼ばれる覗き窓からエアコンガスの気泡量で調整していたのですが、外気温などの影響を受けやすく不正確な方法でした。

現在は、質量測定機能が付いているガス回収機を使用することでg単位での正確なガス量調整が可能になりました。
※質量管理をすることで基準が正確になるためエアコンシステムに潜むほかの不具合の故障探求もしやすくなりました。

恐らくこの機器を持っていないところでチャージされた場合このような不具合が起こるものと思われます。

今回の事例は、オーバーチャージでしたがエアコンガスは正常な状態でも少しずつ減少してしまいますので数年に一度はチェックが必要です。