シトロエン C4のご入庫

ご用命は、”助手席の足元がビチョビチョに濡れている”とのこと

確かに足元のカーペットは水たまりのようになっています。

水は無臭ですので冷却水ではなさそうです。(冷却水は甘いにおいがします。)

エアコンを効かせながらご来店されたのですが、車両下部に水滴が垂れてこないことが気になりました。

エアコンは室内にエバポレーターと呼ばれる冷たくなる部分があり、そこに送風を当てることで冷風になる仕組みになっています。

冷たくなったエバポレーターは、氷の入ったグラスのように結露を起こして水滴を作ります。

正常にエアコンが作動している場合この結露による水滴はエアコンユニットのドレンから外に排出する仕組みになっています。

しかし、ドレンが汚れなどで詰まってしまった場合、水滴は排出できず内部に溜まり最終的に室内に漏れ出すのです。

こちらのお車もドレンチューブの先に逆流防止のフラップが付いていていてそこにほこりが溜まって詰まってしまっていました。

ここを清掃して内部の水を排出してトラブルは解消しました。

よく、車の下に水が垂れているんだけど大丈夫ですか?と聞かれるのですが、このエアコンのドレン水に関して言えば、垂れていることが正常ということになります。

ドレン水は、純粋に水ですのですぐに乾きますし臭いもありません、もし臭いがあるような液体だったり乾きづらいものでしたら冷却水の可能性がありますので早急に点検を受けるようにしてください。