栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

故障修理・整備 ミツビシ

ミツビシ ekワゴン(H81W)エアコン効きが悪い・風が弱い

ミツビシ ekワゴン(H81W)のご入庫

油脂類のメンテナンスでご入庫したこちらのお車、猛暑の中テスト走行を行うとエアコンの風が弱いのがすぐにわかりました。

弱いだけではなく何やらぬるい感じがします。

最大風量でこの状態はエアコンシステムに異常があることに間違いありません。

3速の風量調節があるにもかかわらず風が弱いです、しかし風量切り替えでモーター音は変わることから電気的な不具合ではなさそうです。

よくあることなのですがエアコンフィルターが汚れて詰まるとこのような状況になるので点検してみると・・・

なんと!この車はエアコンフィルターがオプション設定車両だったためフィルターがありませんでした。

後付のフィルター穴をカッターで切りユニット内部を覗くとエバポレーターが埃でびっちり詰まっています。

これでは風は吹き抜ける事が出来ないのは当然です。

エアコン専用の洗浄剤でエバポレーターを洗浄します。

 

みるみる綺麗になります。

最後ににおいの元である雑菌をWURTHの殺菌洗浄剤で除去します。

そして、オプション品であるエアコンフィルターを装着します。

 

洗浄後の噴き出し口の風量を動画で比べてみてください。

洗浄前

 

洗浄後

風量1速でこれだけ変わります。

噴き出し口温度も洗浄前は19℃とかなりぬるかったものが

洗浄以後は10.5℃まで下がりました。

金属面がホコリでコートされて風が冷たくならなくなっていたのです。

 

しかし、これでも正常な状態とは言えません。

次にエアコンのガス量を測定します。

 

230gしか入っていません。

この車の規定量は0.415±0.025kgですので185gも減っていたのです。
(エアコンガスは正常な状態でも少しずつ減っていきます)

このエアコンガスを正常な量に入れ直し、さらにフリクションロスを低減する目的でWAKO'S パワーエアコンプラスを補充します。

すると噴き出し口温度は8.3℃まで下がりました。噴き出し口温度は10℃以下ぐらいが正常です。
(車種により変わりますし外気温でももちろん変わりますので目安です。)

これでエアコンシステムとして正常に戻すことが出来ました。

暑い時期になると、エアコンの効きが悪いという不具合が良く起きますがエアコンシステム全体でみないと本来の性能に戻すことはできません。

今回のお車は、走行距離12万kmも経ってからでしたので本来はもっと早い時点でフィルターを装着するべきでした。

また、フィルター装着車両でも交換サイクルは1年毎です。

交換サイクルを守ってもらいたい理由は、今回のような埃で風量が落ちてしまうことやフィルタに付着した埃にカビが繁殖して身体的な悪影響も考えられるからです。

1年に一度のフィルター交換と、何年かに一度のガス量チェックを行うようにしてください。

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

ダイハツ エッセ ラジエーターの限界

ダイハツ エッセのご入庫 エンジンの冷却水が漏れているとの事 エンジンルームを除くと明らかに冷却水が漏れています。(赤くなっているのは冷却水の漏れた跡) ラジエーターを交換するためバンパーを外すと大変な事になっているのがわかります。 ラジエーターのアッパータンクからの漏れでアッパータンクのみ交換のオーバーホールも可能ですが軽自動車の部品は安いため、全体がリフレッシュできる社外の新品ラジエーターで交換することにします。 冷却水を継ぎ足して乗っていたそうですが、アッパーホース取付部の樹脂の変色がとっくに限界を ...

続きを見る

Jeep コンパス エンジンチェックランプ点灯

Jeep コンパスのご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンもブルブルするとの事 診断機で故障コードを読み出すと下記のものが検出されました。 ・P2173 高エアフロー/負圧漏れ検出(低速蓄積) ・C121C   トルク要求信号拒否 どうも吸気系統で2次空気を吸っていてフェイルセーフを掛けたようです。 実際エンジンヘッドとインテークマニホールドとのつなぎ目に2次空気の吸い込みを確認できました。 インマニ自体にひずみや割れなどが起きているのかもしくはパッキンに何か起きているのは間違いなさそうですがま ...

続きを見る

ニュービートル ブレーキペダルが硬くブレーキが効かない

ニュービートルのご入庫 ブレーキペダルが硬い感じがして強く踏んでいないと車が進んでしまうとの事 入庫時、確かにブレーキペダルの硬さは正常時より硬く感じますし、オートマチック車なのでクリープ現象で進むのを止めるのにブレーキペダルをしっかり踏んでいないと動き出してしまいそうです。 通常ブレーキにはブースターと呼ばれる倍力装置が装着されており軽い踏力でブレーキペダルを操作できるようになっています。 こちらのお車では、エンジンの負圧を利用してブースターを作動させます。   エンジンルームから何やらシュー ...

続きを見る

トヨタ セリカ(ST183)アイドリング回転が低い

トヨタ セリカ(ST183)のご入庫 ”アイドリング低すぎて止まりそうになる”との事 初めにダイアグコードの検出がないか確認します。 この時代のトヨタではT端子をアースと短絡することで故障コードを読み出すモードに切り替えてチェックランプの点滅で読み取ります。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20230628_163405.mp4 特に故障コードの検出はありませんでしたのでセンサーなどは問題なさそうです。 アイドリングの回転をコントロールしているのはISCV(アイドルスピ ...

続きを見る

アルファロメオ155TS 次々起こる電気トラブル③

アルファロメオ155ツインスパークのご入庫 前回、ストップランプの点灯故障修理を行いました。リンク トランクのヒンジ部の配線故障が原因で配線修理を行い各電装の動作確認を行ったのですが、灯火類に関してはすべて正常に作動するようになったのですがトランクの開閉を行う電磁ロックが全く作動していません。 お客様にお聞きすると以前から動かなくなっていて、ずいぶん前に他店で診てもらったことがあるそうなのですが直せなかったそうで不便ですがカギを使用して開けていたそうです。 トランクヒンジ部にここのロック配線も通っており関 ...

続きを見る

アルファロメオ155TS 次々起こる電気トラブル②

アルファロメオ155ツインスパーク 前回、ABSモーターが回りっぱなしになる不具合の修理をご案内しましたが、その際右後ろのストップランプの不灯火の指摘も受けていました。 単なる電球切れかと思われましたがユーザーもすでに電球を交換して球切れではないことは確認済みとのこと。 実際、点検しても電球は切れておらず点灯させる電気が電球まで来ていないことが確認できました。   そこで電源側のヒューズを点検するとヒューズが切れていました。 ヒューズを交換して一件落着かと思いましたが、交換してもブレーキランプは ...

続きを見る

アルファロメオ155TS 次々起こる電気トラブル①

アルファロメオ155ツインスパークのご入庫 ABSモーターが回りっぱなしで止まらないとのこと。 エンジンを切った後も回り続けてしまうためバッテリーを切り離して何とか止めたとのこと。 入庫時もバッテリーをつなぐとエンジンが掛かっていなくてもポンプが回る音がします。 ブレーキのABSユニットからモーター音がするので、お客様がおっしゃっている症状で間違いありません。 モーターが回り続けているのでモーターの電源をコントロールするABSユニットのリレーを小突くとポンプは停止しました。 このユニットの中には作動用のリ ...

続きを見る

11月の休業日 ご案内

11月の休業日は、3,12,19,23,26日とします。

続きを見る

ニッサン パオ バッテリーが上がる

ニッサン パオのご入庫 バッテリーが上がりエンジンが掛からないとの事、入庫時バッテリーはすっからかんの状態で搬送されました。 ここまでバッテリーが突然、カラになるというのは半ドアやランプの点けっ放しにしてしまうと起きるのでお客様にそのような状態が無かったか確認しましたが、特にそのようなことはなかったとの事。 バッテリーの劣化も疑いましたが当店で少し前に車検整備を行って正常なことも確認したばかりですので、ここまで急激にだめになってしまうことは考えづらいです。 単純にバッテリーではなさそうなのですが、ひとまず ...

続きを見る

ボルボ V40 バッテリー交換

ボルボ V40(2代目)のご入庫 バッテリー交換のご依頼を承りました。   エンジンルームにバッテリーは搭載されていてごく一般的なレイアウトです。 エアクリーナを外してスペースを確保して抜き出し交換します。   しかしこの車両にはもう一つサブバッテリーが搭載されています。 どこにあるのかといいますと左前輪の前側で、フロントバンパーの左裏側に搭載されているのです。 タイヤハウスのフェンダーライナーを外すとコンピューターケースが現れます。 コンピュータとケースを退かすとサブバッテリーが現れ ...

続きを見る

-故障修理・整備, ミツビシ

© 2023 増高自動車工業有限会社