営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 スズキ

スズキ エブリィ(DA64)ヒーターが効かない

スズキ エブリィ(DA64)のご入庫

ご用命は、”いくら走ってもぬるい風しか出てこない” との事

確かにご入庫時、暖房がぬるい風しか出ていません、しかしエンジンの回転を上げると暖かくなります。

暖房はエンジンの冷却水の温水を利用するのですが、こちらのお車には水温計は付いていませんので水温がどれくらいになっているかは判断できませんので、診断機を使い水温センサーの検出している温度をモニターしてみます。

 

アイドリングでエンジン回転を上げると90℃ほどになります。

 

そのまま走行してみると・・

僅か3分足らずで水温が70℃まで下がってしまいました。

これは、オーバークールという症状で、冷え過ぎということです。

この症状は、外気温が低くならないとわからない症状でこの日も外気温は10℃を下回る寒い日でした。

原因は、サーモスタットと言う冷却水路の開閉弁です。

新品と比べるとこの通り閉まっていません。

本来、サーモスタットは水温が低い時は閉じてラジエーターに冷却水が回らないようにしています。

水温がある一定の温度(この車は88℃)に達するとサーモスタットは開き冷却水をラジエーターに送り冷やすことでオーバーヒートしないような仕組みになっています。

今回は、サーモスタットが閉まらなくなったため常にラジエータに冷却水が回る状態になって冷やされすぎてしまった結果が症状として現れました。

交換後の正常な水温の変化はこのようになります。
80~90℃台を常に保つように制御をします。

サーモスタットは、この様に常に開閉を繰り返していますので、どの車両でもいつかは壊れてしまいます。

タイミングベルト交換がある車両では、ウォーターポンプとセットで交換をお勧めするのですが、理由は不具合の始まりがわかりずらいためタイミングベルトを交換する時期ぐらいで壊れることが多いので予防的に交換をお勧めするのです。

 

問題は、昨今の自動車は水温計が付いていないモデルが非常に多くこの症状を認識するまで時間が掛かったり、不具合を起こしていることに気が付かないということなのです。

水温計があれば、暖まれば水温計はほとんど動くことはありませんし、オーバークールなら走って走行風が当たると水温計が下がってしまいます。

アイドリングで風が当たらなければ再び水温計が上がるのですぐにこの症状を見極めることが出来るのです。

このお車も、水温計が付いておらず水温ランプがその代わりを担っています。

50℃までの低い水温では青いランプが点灯して、オーバーヒートなど温度が上がりすぎた場合赤く点灯して知らせます。

オーバークールで50℃以下に下がりランプを点灯させるには、外気温がよほど低くならなければ達しません。

コストダウンの結果、最悪の場合のみ知らせるような作りになったのでしょうが、僅かなオーバークールも立派な故障です。

 

エンジンが適温に達しなければ、単にヒーターがぬるいだけでなくガソリン噴射量が増えて燃費が悪くなったりエンジンの調子も悪くなることもあるのです。

残念ながらユーザーからの指摘が無ければなかなか発見しずらい不具合ですので水温計が付いていないお車ではヒーターの効きや暖かい空気が出るまでの時間などを気にしてください。

水温計が付いている車では、走行中の水温の変動が無いか気にするようにしてください。

よくわからない場合は、お気軽にご相談ください。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

スバル アルシーネ2.7(AX-9)オイル・冷却水漏れ修理①

スバル アルシオーネ2.7(AX-9)のご入庫 ほぼお目にかからなくなった平成元年式アルシーネそれも水平対向6気筒を搭載したモデルとなります。 オーナー様から前々から様々な整備のご依頼を受けていたのですがこの車両に関する部品は、ほとんど製造廃止で入手困難な状態でした。 それでも部品を海外も含めて少しずつ集めている最中でとうとうウォーターポンプから冷却水が漏れ出してしまいました。 エンジンを掛けているとポタポタ垂れてくるレベルですので修理は”待ったなし”となりました。 こちらの車両、ウォーターポンプ交換を行 ...

続きを見る

メルセデスベンツ SLK230(R170) エンジンオイル漏れ

メルセデスベンツ SLK230(R170)のご入庫   エンジンオイル漏れ修理のご依頼です。   エンジンを点検すると前面にかなりオイルが垂れた跡が見受けられます。 この部品はカムシャフトアジャスターマグネットと呼ばれる部品で電磁石でカムシャフトのスプールを動かし油路を切り替えカム位置を位相させる部品です。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20210330_174052.mp4   この部品はコネクター部からエンジンオイルが漏れ配線を伝わってはるか遠 ...

続きを見る

シボレー S10ピックアップ ブレーキ修理

シボレー S10ピックアップのご入庫 中古を購入していろいろと問題があったこちらの車両、特に重要なブレーキ周りを見ていきます。 フロントのブレーキパッドの残量がないので交換が必要なのことと、やたら当たりが悪く偏摩耗してしまっているブレーキディスクを交換します。 何かが噛みこんだのか、大きな溝が出来てしまっています。   パッドの残量もほとんどありませんでした。   リヤはドラムブレーキですがどう見てもメンテナンスしていない様子ですのでホイールシリンダーは交換することにしました。 &nb ...

続きを見る

BMW528iツーリング(F11) ATF交換

BMW528iツーリング(F11)のご入庫 ご用命は”オイルパンを外してでのオートマチックトランスミッションフルード(ATF)交換です。 オイルパンを取り外します。 こちらの車両、走行距離2万km台ですが鉄粉はご覧の通り。 使用フルードはWAKO'S プレミアムスペック                                                          お客様はメンテナンスの一環でフルード交換をご依頼していただきましたが、このように内部の状態を見て頂くとやはりやった ...

続きを見る

FIAT デュカト(250)車検整備

FIATデュカト(250)車検整備でのご入庫   160マルチジェット ディーゼルエンジン搭載車両です。 冷却水量が減少していてエンジンルームの下を覗くと冷却水漏れが酷いです。 ラジエーターホースのつなぎ目からのようです。   ホースを交換します。   水回りの整備のついでにサーモスタットと水温センサーも交換  予防整備で冷却水リザーブタンクも交換   次にご用命のデュアロジックのアキュムレーターの交換   トランスミッションのギアオイルも交換しました、ドレンプラグ ...

続きを見る

ゴールデンウィーク期間の営業案内

ゴールデンウィーク期間は4月29日から5月5日は休業させて頂きます。 新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。  

続きを見る

ニッサン スカイライン(V36)車検整備

ニッサン スカイライン(V36)のご入庫 車検のご依頼です。 エンジンルームを見てみるとずいぶんと汚い・・・ エンジンルームをパッと見た感じでなんとなくわかります。   まずはエアエレメント 左右バンクそれぞれに1ヶづつありますが、真っ黒でほぼ詰まっています。   ホコリでよく見えませんでしたがこのエンジンの定番エアインテークホースにもヒビが出ています。 故障事例 リンク 次にバッテリーを測定してみます。 やはり計測結果はNG 要交換です。   下廻りは後輪のブレーキパッドの ...

続きを見る

FIAT500S マニュアル クラッチ交換

FIAT500S ツインエアのご入庫 クラッチ交換のご依頼を受けました。 日本で販売されているFIAT500でマニュアルトランスミッションは比較的珍しいです。 クラッチペダルが重くミートポイントも定まらくなってきているのでクラッチオーバーホールを行うことになりました。 トランスミッションを取り外してクラッチカバーの状態を診てみます。 クラッチディスクが減るとクラッチカバーのスプリングが起き上がってきます。 真横から見るとスプリング先端が飛び出ているのがわかります。   どれくらいクラッチディスク ...

続きを見る

BMW Z4(E89)高圧燃料ポンプ不良

BMW Z4(E89)のご入庫 ご用命は、突然チェックランプ点灯とエンストしてしまったとの事。 故障コードを診断機で読み出します。 どうも燃料圧力に関した故障コードを検出しています。 症状としてはエンジンは掛かる時は何事もなかったかの様に掛かりますが、調子が悪いとエンストしたり掛からなかったりします。 燃料圧力の高圧側をモニターすると、エンジン不調になった時は燃圧が急激に低下しています。   さらに不安定に低下していくとエンジンは止まってしまいました。 直噴エンジンで高圧側の燃圧不良が原因のよう ...

続きを見る

メンテナンスは基本が大切です。

WAKO'S RECS(ワコーズ レックス)の施工依頼でご入庫。 RECSはエンジン吸気系統を洗浄することで本来の性能を取り戻すメンテナンスの一環です。 当店では施工のご依頼を受ける際は”なぜRECSを施工したいのか?” と目的をお伺いします。 なぜそのようなことを尋ねるのかと言いますと、お客様がRECS施工に何を求めているかを知るためです。 このRECSはインターネットなどで多くの情報が行き交い、まるで不具合が治るとか性能がすごく上がるなど魔法の施工のような扱いをされているのを時折見受けます。 お客様が ...

続きを見る

-故障修理・整備, スズキ

© 2021 増高自動車工業有限会社