営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ホンダ

ホンダ フィット(GD1)発進時ミッションジャダー

ホンダ フィット(GD1)のご入庫

ご用命は、”信号などで止まった後、発進するときガタガタする”との事です。

これは、この当時のホンダ車の定番の不具合でミッション内部のスタートクラッチのジャダーという症状です。

停車状態から発進した際に、ガッガッガッと振動が発生する症状で本田技研自体もこれに対する対策法を指示しています。

基本は、ミッションフルードの交換とすり合わせという作業を合わせて行います、しかしこれでも改善しないようだとスタートクラッチ自体の交換が必要になってしまいます。

こちらのお客様も、10万kmを超えていますのでもしかしたらすり合わせ自体が危険かもしれません(ミッションが滑ったりして壊れる可能性がある)とご説明の上で作業を始めます。

まずは、ミッションから古いフルードを抜きます。

ご覧の様に真っ黒で透明度ゼロの状態でした。

ドレンボルトには磁石が付いていますが鉄粉の付着量が酷いです。

使用するフルードは、ホンダ純正HMMF(ホンダマルチマチックフルード)です、このフルードはこの症状の対策品ですので、不具合改善のために他社適合品もありますが今回は使用しません。

次に新油を給油してすり合わせ作業を開始します。

①Dレンジに入れてブレーキを踏みながらアクセル全開を3秒
②Nレンジで3000回転で20秒
①と②を2回
③Rレンジに入れてブレーキを踏みながらアクセル全開を3秒
④Nレンジで3000回転で20秒
以上を1セットとして2セット行う、その後エンジン停止して20分間放置 (新油をクラッチ板にしみこませる)

再度フルード交換を実施
一度交換してもこれぐらい汚れています、写真ではわかりづらいですが透けて見えるようになっています。

新油がこちら

再度フルード交換後、実走行してスタートクラッチ・フィードバック・メモリの学習を行う。
完全暖気後、平坦路、無負荷で60km/hまで車速を上げ、5秒以上アクセルをOFFにする。

フルードレベルを調整

一度冷ましたうえで冷間時のジャダー確認をして作業終了です。

今回は、無事にジャダーを消すことが出来ました。

他社ではスタートクラッチのようなシステムを使用していませんので、この当時のホンダ車特有の不具合となりますがフルードの汚れを見ていただければわかりますが、鉄粉などがこれだけでますし、もちろんフルード自体の劣化も大きく左右してきます。

フルード(オイル)は汚れたもの(劣化)を使えばそれだけ部品を痛めます、症状が出る前になるべく早い段階でメンテナンスして、ダメージを減らすことをお勧めします。

ホンダ車以外でも、AT・CVT・DCT問わずフルードを使っている以上交換は必ず必要になってきます、交換時期などご質問がありましたらお気軽にどうぞ。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

VW ゴルフⅥ プラグコード不良

VW ゴルフⅥのご入庫 ご用命はエンジンやEPCなどの警告灯が点いてエンジンもブルブルして力がなく進まないとの事   故障コードを読み出すと1番シリンダーのミスファイヤーを検出しています。 ミスファイヤー(失火)とは何らかの原因で爆発をしていないことを表します。 まず、うまく火花が飛んでいるか点検するためにスパークプラグを点検してみます。 このエンジンはイグニッションコイルは4気筒分が一つになっているタイプでそれぞれのシリンダーに火花を飛ばすための電気をプラグコードを伝って流します。 &nbsp ...

続きを見る

レクサス IS250(GSE20)エンストしそうになる

レクサス IS250(GSE20)のご入庫 ご用命は、信号などで停車しようとするとエンジンがブルブルしてエンストしそうになるとの事 走行距離10万kmを超えているこちらのお車まずはアイドリングの制御がしっかりできているかが問題になります。 このような症状でまず疑わなければいけないところはスロットルバルブの汚れです。 電子制御スロットルバルブでは、スロットルバルブの開閉で吸入空気量を微調整してアイドル回転を調整します。 しかし、エンジンの構造上スロットルバルブは必ず汚れてしまいます。 汚れて吸入空気量が減少 ...

続きを見る

BMW 320i(E90)ATフルード漏れ

BMW 320i(E90)のご入庫 ご用命は、駐車場にオイルが垂れた跡があるとの事。 リフトアップして点検するとオートマチックトランスミッションのオイルパン付近がオイル漏れしていました。   漏れているところをよく見てみるとミッションに配線をつなげるコネクターのスリーブからの漏れが特に酷いです。 この部分はよく漏れるところですので要注意箇所です、しかしここを交換するにはオイルパンを外さなければなりません。 オイルパンのパッキンも怪しい状態ですのでオイルパンとコネクタスリーブを交換することにしまし ...

続きを見る

ニッサン AD(Y12)隠れた故障

ニッサン AD(Y12)のご入庫 車検でご入庫ですがお預かりの際、気になることがないか確認しましたが至って調子が良いとの事。 しかし、ユーザーが気が付いていないことでも故障は起きていることも多いものです。   エンジンを掛けて暖機を行っても低水温ランプ(青)の消灯が遅いのが気になりました。(外気温10℃前後で肌寒いくらいの時です) 暖機が終わり低水温ランプが消灯した後で、ヒーターを掛けたところまた低水温ランプ(青)が点灯しました!   ちなみにこの水温警告灯は以下のような温度での点灯条 ...

続きを見る

ランドローバー レンジローバー発電不良

ランドローバー レンジローバーのご入庫 発電不良でエンストして動けなくなってしまったとの事で緊急で入庫となりました。 入庫時バッテリーは9ボルト台でほぼカラの状態でこれでは走行は不能です。   次に満充電のバッテリーを付け替えてオルタネーター(発電機)を点検します。   発電機からの発生電圧はバッテリー電圧と同じで全く発電していないことを確認できました。   不具合の原因であるオルタネーターを交換したのち発電量が正常であることを確認して作業終了です。   現代のオル ...

続きを見る

アルファロメオ ブレラ2.2 パワーステアリングホース漏れ

アルファロメオ ブレラ2.2のご入庫 ご用命はエンジンを掛け始めた時に右前から何か異音がするとの事 エンジンルームを点検するとヘッドカバーの前側にオイルの漏れた跡があります。 オイルはパワーステアリングフルードで高圧ホースから漏れだしているのがすぐにわかりました。 異音の原因はパワーステアリングフルードが漏れにより油面レベルが下がってフルードにエアが噛みこんだ音でした。 高圧ホースアッセンブリーでの交換を行いました。   ホースのカシメ部からのフルード漏れです。 オイル漏れの初期の段階で異音に気 ...

続きを見る

1月 日曜日営業のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 1月の日曜日営業日は19日として12・13日 26日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

スバル WRX S4 CVTフルード交換

スバル WRX S4のご入庫 ご用命は、オイルパンを外して内部洗浄をしたのち圧送にてCVTフルード交換です。 この車両に搭載しているCVTはスバル最強の伝達トルク誇るミッションです。   内部のストレーナーも交換します。   磁石には鉄粉が吸着されています。   オイルクーラーに圧送式フルードチェンジャーを割り込ませて交換します。   使用フルードはNUTEC ZZ51改をお客様からご指名いただきました。   油量調整は35~45℃でフィラーからあふれさせ ...

続きを見る

年末年始 休業日のお知らせ

年末年始の休業は下記のとおりとさせていただきます。 12月29日(日)~1月5日(月)  休業 1月6日(月)より         通常営業 なお1月の日曜日営業は19日といたします。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

トヨペット コロナ(RT40)チャージランプ点きっぱなし

トヨペット コロナ(RT40)のご入庫 コロナの車名も消えてから かなり立ちますのでどこの車なんて思う方もいらっしゃるのではないでしょうか? 昭和41年式のこちらのお車、若いユーザー様がご購入されました。   ご用命は、メーター内のチャージランプが点きっぱなしになってしまったとの事。 エンジンが掛かっていてこのランプが点いてしまうのは充電が上手くいっていないことを表します。 発電機であるオルタネーターとこの当時は別体のボルテージレギュレーターを点検します。 この当時の車両は、防水コネクターでない ...

続きを見る

-故障修理・整備, ホンダ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.