営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ホンダ

ホンダ オデッセイ(RB1)エンジン調子悪く止まってしまう

ホンダ (RB1)のご入庫

”チェックランプが点いてエンジンの調子が悪く止まってしまう”とのことで御入庫

故障状況を確認します。
・エンジンチェックランプ点灯
・エンジンは掛かるが調子が悪い(ラフアイドルでマフラーから黒煙が出ている)
・シフトレバーが動かない(シフトボタンを押してもセレクトできない)
・シフトレバーを強制解除してDレンジにシフトした途端エンスト(冷間時)
上記のような状態でした。

チェックランプも点灯しているので診断機で故障コードを読み出します。

P0122 スロットル開度センサー 電圧低い
P0107 吸気圧力センサー    電圧低い
P0532 A/Cプレッシャセンサ   電圧低い

エンジンコンピューターで3個の故障を検出しましたが、どれも電圧低下が原因で検出しているのが気になります。

診断機でそれぞれのセンサーのライブデータ数値を読み出しますが、すべて電圧を出力していない状態でした。

ここまで確認できたので一度検出した故障コードを消去してみると不思議なことにエンジンは正常に作動するようになりました、もちろん故障コードは拾いません。その後も故障は現れないようになりました。

そこで先ほどの故障が現れた条件を思い出してみるとエンジンが冷えた状態で起きたので冷やして再現するか確認してみることにしました。

冷間時、もう一度試してみます。

エンジンは正常にかかり調子は良さそうです、しかしシフトレバーをDレンジにセレクトすると”ストンッ”とエンジンが止まってしまいました。

掛け直すと、チェックランプが点灯していてエンジンの調子が悪いです。

フォルトコードを読み出すと初めに検出した3か所のセンサー異常を同様に検出しました。

 

フォルトコードは些細なことで検出してしまうことがあるのですが、症状が再現できて同様のコードを拾ったので間違いではなさそうです。

しかし、3か所ともセンサー出力していませんが、センサーが3か所同時に壊れるということはあまり考えられません。

そこで、センサーにつながるコネクター部分で直接 電圧と出力値を測定します。
(診断機でのライブデーターはあくまでもコンピューターからの出力を表示しているのでコンピューターが壊れてしまえばあてにならないからです)

どのセンサーも、やはりコンピューターからの電源供給が絶たれていました。再度、診断機でフォルトを消去すると不思議なことに電源供給が再開されて正常に戻ってしまうのです。

各部点検した結果
・コンピューター自体の電源・アースは正常
・センサーとコンピューター間の配線は正常
・センサー単体点検正常
・フォルトコード消去すると故障も消える
・エンストは冷間時のみなのでミッションにつながった時の駆動ロスが原因で止まっている可能性がある。

上記の点検結果からコンピューター以外の部分が正常で、診断機からのアクセスで症状が変化することから、コンピューターユニットの故障で間違い無いと判断しました。

新品では11万円以上するコンピュータユニット、お客様と相談して中古品を使用することにしました。

中古品のコンピューターを取り寄せて、内部のデーターをこの車両用に書き換えます。

イモビライザーと呼ばれる盗難防止装置も内部に含まれるためこの車両とコンピューターをマッチさせないとエンジンは掛かりません

メーター内のキーの形をしたランプがイモビライザーの警告灯です

交換して書き換え後、エンジンを掛けると不具合症状は解消されました。

コンピューターユニットの内部故障で間違いありませんでした。

電子部品の故障は突然訪れますし、外部要因(バッテリーの逆接続等)でも無ければなぜ壊れたかの原因もわからないものです。
(厳密にいえば電子基板も細かな部品の集合体なので当然劣化もあるのでしょうが・・・)

故障探求も、コンピュータユニット周辺(センサー・配線等)が全て正常であることを確認したうえで、残ったコンピューターユニットが原因だとする消去法になりますので時間も掛かりますし、”本当にコンピューターが原因なの?”という疑念も、目視で不具合箇所を特定できないゆえに残り、交換するまで本当に治るのか分からず不安が残る修理です。

兎に角、コンピューターユニットのような部品故障の場合症状の出方も様々で、究明するのも難しい修理となります。

システムが複雑になればなるほど、難解で高額な修理(部品代が高い)となることが多くこれからも増えていく事象だと思います。

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

アウトビアンキ A112アバルト コトコト異音

アウトビアンキ A112 アバルトのご入庫 走行中酷いコトコト音がするようになったとのこと。 車両を点検すると右前輪に大きなガタが発生していました。   原因はステアリングラックのガタです。 この時代のFIATなども同じことが起きることが多いようですがステアリングラック内部のブッシュが破損したりするとシャフトの支えが無くなってガタガタになります。 ラックブーツを外して内部を見るとシャフトを支えるカラーが抜け出て外れていました。 本来は爪で引っかかって抜けてくることはないはずなのですが爪の部分が削 ...

続きを見る

ニッサン グロリア(PY30)パワステホース破損

ニッサン グロリア(PY30)のご入庫 パワステフルードが大量に漏れ出しているとのこと。 ステアリングを切るとフルードが垂れてくるため漏れ箇所を調べるとパワーステアリングホースから漏れ出していることがわかりました。 圧力ホースが劣化により破れたことで漏れ出しました。 ホースを交換する必要がありますが、漏れ出したホースは製造廃止、漏れ出しそうなもう一本のホースはまだ供給されていたのですがびっくりするほど高額な値段になっていました。 高圧油圧ホースの加工ができる業者を探して修理を依頼しました。 漏れていない側 ...

続きを見る

FIAT PANDAⅡ パワステセンサー交換不良

FIAT PANDAⅡのご入庫 パワーステアリングが効かないとの事でお問い合わせでした。 このモデルのパワーステアリングは電動アシストタイプになります。   お客様、遠方からご来店いただき詳しい経緯を聞くことが出来ました。 他店にてパワーステアリングのステアリングセンサーを取り換えてもらったところ勝手にステアリングが回ってしまい乗ることすら出来なくなったとの事。 そこのお店ではパワーステアリングユニット自体が悪いのでユニットごと交換するしかないと言われたそうです。 しかしこの車両ドイツ仕向けの左 ...

続きを見る

ランドローバー フリーランダー2 駆動系統オイル交換

ランドローバー フリーランダー2のご入庫 車検整備の際、駆動系統のオイル交換をご依頼されました。 はじめにオートマチックフルードの交換から始めます。 こちらのミッションはAISIN製6速オートマチックです。   ドレンからフルードを排出しますが真っ黒です。 レベルチューブも外してした下から抜ける分すべて抜きますが、ここから抜けるオイルの量は良くても全体の半分です。 そこで何度か新油を入れてフラッシングを行います。 フラッシング後は適正な温度でフルードレベルの調整を行い終了です。 次にトランスファ ...

続きを見る

ニッサン セレナ(C25)停車時エアコン効かない

ニッサン セレナ(C25)のご入庫 ”信号待ちなどで停車したときエアコンがぬるく効かなくなる・走行中は冷える” ”エアコンが効かない時エンジンチェックランプが点灯した気がする”とのこと チェックランプが点灯したのでしたら診断機でまず故障コードを読み出しますがなぜか何も検出していません。 しかし、水温が110℃に達していることに気が付きました! この車両には水温計はなく水温ランプしかありません。そのため水温が異常に上がっていても気が付くことが遅れてしまいます。 水温異常の原因を調べるとラジエーターの電動冷却 ...

続きを見る

FIAT500 ベルト鳴きのような音がしていると近いうち走行不能になります。

FIAT 500のご入庫 ”突然ニュートラルになって走行が出来なくなった”との事 定番のデュアロジックユニットの故障の可能性がありますが、実はこちらのお車以前から異音が出ており”そろそろクラッチがだめになる”と注意していました。 異音はベルト鳴きのようなキュルキュル音です。 これはクラッチのレリーズベアリングから発するベアリングが焼き付く寸前の音で、焼き付いてしまえばクラッチの操作が出来なくなりますのでそのような注意をしていたのです。 ではトランスミッションを降ろしてクラッチを見てみますと、案の定、レリー ...

続きを見る

メルセデス ベンツ ゲレンデ(463) 車検整備

メルセデスベンツ ゲレンデ(463)車検のご入庫 走行距離6万㎞台に達したので車検整備と予防的なメンテナンス一式のご依頼を承りました。 まずはディーゼルエンジンのオイル交換。 フィルターはこのように真っ黒です。ディーゼル機関は構造上ススが出るためオイルが真っ黒になります。 直噴のガソリンも同様なのですがススは機関に対する攻撃性がありますので排出するためにも定期的な交換が重要になります。 フィルターといえば燃料フィルターも同様に交換します。 非分解ですがどれくらい汚れているか分解して見てみます。 ウォーター ...

続きを見る

FIAT 500 エアコンガス漏れ

FIAT500のご入庫 他店でエアコンガスを足してもらったが漏れてしまっているとの事。 ガスを入れてもすぐに無くなってしまうしエアコンの吹き出し口から化学臭がするとのことで、室内側でエアコンガスが漏れてしまっていると指摘されたそうです。 当店でも吹き出し口の臭いを嗅ぐとエアコンのガス臭(オイル臭)がすることを確認できたため残念ながら室内側のエアコンユニットを取り外さなければならないと診断致しました。 ヒーターも冷媒ユニットも室内のダッシュボードの内側にあるため作業は非常に大きなものになります。 ここまで分 ...

続きを見る

FIAT グランデプントアバルト タイミングベルト交換

FIAT グランデプントアバルトのご入庫 タイミングベルトベルト交換のご依頼 1.4Lのツインカムエンジン搭載ですがタイミングベルト交換は4年もしくは4万km毎の交換が基本になるのには変わりありません。 交換にはSSTを使用します。   ウォーターポンプは1度は交換されているようですが、液状ガスケットが塗りすぎなのが気になります。 はみ出た液状ガスケットがフィンにまで付いてしまっています。 どの部分でもそうなのですがはみ出た液状ガスケットが油・水路に回りトラブルを起こすことがありますので、塗りす ...

続きを見る

ニッサン NV350キャラバン エアコンコンプレッサー故障

ニッサン NV350キャラバンのご入庫 何かエンジンがうるさくベルト鳴きのような音がするのと、エアコンも効かない気がするとの事。 エンジンを掛けると”ゴー”と酷い音が聞こえます。 エンジンを掛けながら異音の原因を調べていくとエアコンのコンプレッサーがおかしいことに気が付きました。 ベルトの掛かるプーリーが斜めに傾いています!   エアコンコンプレッサーのON/OFFを行うマグネットクラッチプーリーが斜めに傾いて激しい異音を発していたのです。 ベアリングにガタが生じてベルトの力で引き寄せられて傾い ...

続きを見る

-故障修理・整備, ホンダ

© 2022 増高自動車工業有限会社