営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ホンダ

ホンダ オデッセイ(RB1)エンジン調子悪く止まってしまう

ホンダ (RB1)のご入庫

”チェックランプが点いてエンジンの調子が悪く止まってしまう”とのことで御入庫

故障状況を確認します。
・エンジンチェックランプ点灯
・エンジンは掛かるが調子が悪い(ラフアイドルでマフラーから黒煙が出ている)
・シフトレバーが動かない(シフトボタンを押してもセレクトできない)
・シフトレバーを強制解除してDレンジにシフトした途端エンスト(冷間時)
上記のような状態でした。

チェックランプも点灯しているので診断機で故障コードを読み出します。

P0122 スロットル開度センサー 電圧低い
P0107 吸気圧力センサー    電圧低い
P0532 A/Cプレッシャセンサ   電圧低い

エンジンコンピューターで3個の故障を検出しましたが、どれも電圧低下が原因で検出しているのが気になります。

診断機でそれぞれのセンサーのライブデータ数値を読み出しますが、すべて電圧を出力していない状態でした。

ここまで確認できたので一度検出した故障コードを消去してみると不思議なことにエンジンは正常に作動するようになりました、もちろん故障コードは拾いません。その後も故障は現れないようになりました。

そこで先ほどの故障が現れた条件を思い出してみるとエンジンが冷えた状態で起きたので冷やして再現するか確認してみることにしました。

冷間時、もう一度試してみます。

エンジンは正常にかかり調子は良さそうです、しかしシフトレバーをDレンジにセレクトすると”ストンッ”とエンジンが止まってしまいました。

掛け直すと、チェックランプが点灯していてエンジンの調子が悪いです。

フォルトコードを読み出すと初めに検出した3か所のセンサー異常を同様に検出しました。

 

フォルトコードは些細なことで検出してしまうことがあるのですが、症状が再現できて同様のコードを拾ったので間違いではなさそうです。

しかし、3か所ともセンサー出力していませんが、センサーが3か所同時に壊れるということはあまり考えられません。

そこで、センサーにつながるコネクター部分で直接 電圧と出力値を測定します。
(診断機でのライブデーターはあくまでもコンピューターからの出力を表示しているのでコンピューターが壊れてしまえばあてにならないからです)

どのセンサーも、やはりコンピューターからの電源供給が絶たれていました。再度、診断機でフォルトを消去すると不思議なことに電源供給が再開されて正常に戻ってしまうのです。

各部点検した結果
・コンピューター自体の電源・アースは正常
・センサーとコンピューター間の配線は正常
・センサー単体点検正常
・フォルトコード消去すると故障も消える
・エンストは冷間時のみなのでミッションにつながった時の駆動ロスが原因で止まっている可能性がある。

上記の点検結果からコンピューター以外の部分が正常で、診断機からのアクセスで症状が変化することから、コンピューターユニットの故障で間違い無いと判断しました。

新品では11万円以上するコンピュータユニット、お客様と相談して中古品を使用することにしました。

中古品のコンピューターを取り寄せて、内部のデーターをこの車両用に書き換えます。

イモビライザーと呼ばれる盗難防止装置も内部に含まれるためこの車両とコンピューターをマッチさせないとエンジンは掛かりません

メーター内のキーの形をしたランプがイモビライザーの警告灯です

交換して書き換え後、エンジンを掛けると不具合症状は解消されました。

コンピューターユニットの内部故障で間違いありませんでした。

電子部品の故障は突然訪れますし、外部要因(バッテリーの逆接続等)でも無ければなぜ壊れたかの原因もわからないものです。
(厳密にいえば電子基板も細かな部品の集合体なので当然劣化もあるのでしょうが・・・)

故障探求も、コンピュータユニット周辺(センサー・配線等)が全て正常であることを確認したうえで、残ったコンピューターユニットが原因だとする消去法になりますので時間も掛かりますし、”本当にコンピューターが原因なの?”という疑念も、目視で不具合箇所を特定できないゆえに残り、交換するまで本当に治るのか分からず不安が残る修理です。

兎に角、コンピューターユニットのような部品故障の場合症状の出方も様々で、究明するのも難しい修理となります。

システムが複雑になればなるほど、難解で高額な修理(部品代が高い)となることが多くこれからも増えていく事象だと思います。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT500S マニュアル クラッチ交換

FIAT500S ツインエアのご入庫 クラッチ交換のご依頼を受けました。 日本で販売されているFIAT500でマニュアルトランスミッションは比較的珍しいです。 クラッチペダルが重くミートポイントも定まらくなってきているのでクラッチオーバーホールを行うことになりました。 トランスミッションを取り外してクラッチカバーの状態を診てみます。 クラッチディスクが減るとクラッチカバーのスプリングが起き上がってきます。 真横から見るとスプリング先端が飛び出ているのがわかります。   どれくらいクラッチディスク ...

続きを見る

BMW Z4(E89)高圧燃料ポンプ不良

BMW Z4(E89)のご入庫 ご用命は、突然チェックランプ点灯とエンストしてしまったとの事。 故障コードを診断機で読み出します。 どうも燃料圧力に関した故障コードを検出しています。 症状としてはエンジンは掛かる時は何事もなかったかの様に掛かりますが、調子が悪いとエンストしたり掛からなかったりします。 燃料圧力の高圧側をモニターすると、エンジン不調になった時は燃圧が急激に低下しています。   さらに不安定に低下していくとエンジンは止まってしまいました。 直噴エンジンで高圧側の燃圧不良が原因のよう ...

続きを見る

メンテナンスは基本が大切です。

WAKO'S RECS(ワコーズ レックス)の施工依頼でご入庫。 RECSはエンジン吸気系統を洗浄することで本来の性能を取り戻すメンテナンスの一環です。 当店では施工のご依頼を受ける際は”なぜRECSを施工したいのか?” と目的をお伺いします。 なぜそのようなことを尋ねるのかと言いますと、お客様がRECS施工に何を求めているかを知るためです。 このRECSはインターネットなどで多くの情報が行き交い、まるで不具合が治るとか性能がすごく上がるなど魔法の施工のような扱いをされているのを時折見受けます。 お客様が ...

続きを見る

プジョー 5008 車検整備

プジョー 5008のご入庫   車検整備のご依頼です。 エンジンヘッドカバーからオイル漏れが酷かったためヘッドカバーパッキンの交換 内部の状態からオイルメンテナンスは悪くなさそうです。 足回りでは前輪のブレーキパッドの残量がわずかですので交換。   パッドの残量も少ないのですがディスクローターの厚みも限度を下回っていました。 最低厚み限度24.0mm 24.0mmをすでに下回っています。 最後に安全走行に直接関係ありませんがエアコンフィルターの交換 茶色のまだらはカビです、ここを通った空気が吹き ...

続きを見る

VW パサートR36 (B6) 油脂類交換

VW パサートR36のご入庫 ご依頼は駆動系統全体の油脂交換です。 こちらの車両はV6 3.6Lエンジン搭載で4モーションと呼ばれる4WDとなります。 まずはトランスミッションオイルですが湿式DCT(デュアルクラッチ)タイプのVW名称DSGというミッションを搭載しています。 フィルターはご覧の通り真っ黒です。   NUTEC NC-65 FFでも4WDでもこの部分のフルード交換に違いはありません、重要なのはフルードレベルの調整です。 正確な温度管理の元でオーバーフローさせます。   次 ...

続きを見る

休業日のお知らせ

3月20日・21日(土・日)は休業日とさせていただきます。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

FIAT500 デュアロジック・クラッチ重複不具合

FIAT500のご入庫 エンジンが掛からないしギアも1速に入りっぱなしで全然動かせないとの事で搬送されました。 御入庫時、エンジンも掛からずギアが1速に入ったまま抜けないため前輪が回らず搬送されました。 こちらのお車はデュアロジックと呼ばれるAMTタイプの自動変速ミッションを搭載しています。 自動変速といってもマニュアルトランスミッションをデュアロジックが操作するような仕組みになっていますので、一般的なオートマチックトランスミッションとは構造は違います。   では、何が起こっているのでしょう。 ...

続きを見る

MINI クラブマン(R55)エンジン掛かり悪く かかった後調子悪い

MINI クラブマン クーパーS(R55)のご入庫   ご用命は、エンジンの掛かりが悪く、かかった後もしばらく調子が悪いとの事。   診断機にて故障コードの内容を確認してみます。 直噴エンジンの2次側(高圧)の燃圧が低いことを検出しています。 直噴エンジンの場合燃焼室内に直接燃料を噴射するため、燃料タンクから1次側のポンプで送られた燃料をエンジンに取り付けられた2次ポンプ(高圧ポンプ)でさらに圧縮して圧力を高めます。 この圧力が上手く上がっていないという故障コードですが、直噴エンジンの ...

続きを見る

アルファロメオ GT 直噴インジェクター不良

アルファロメオ GTのご入庫   エンジン不調でのご入庫 このエンジンは2.0LのJTSと呼ばれる直噴エンジンユニットになります。 他店でミスファイヤーの指摘を受けたが、原因が点火系ではないので大きな修理が必要だとの診断を受けたそうです。 当店でも診断機を使用して故障コードを読み出してみても、前出の診断通り1番シリンダーのミスファイヤー(失火)を検出しました。 ミスファイヤーの検出はエンジントルクの変動で読み取るのですが1番シリンダーが何かしらの理由でうまく爆発していないことになります。 &nb ...

続きを見る

ニッサン キャラバン (E25) 前輪ハブベアリング ガタ

ニッサン キャラバン(E25)のご入庫 車検でのご入庫ですが、前輪のハブベアリングにガタが発生しています。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20201111_133317.mp4 動画ではガタをお伝えするのは難しいのですが、ホイールを横方向に力を加えるとカタカタするのが、本来はこのような力を加えてもガタは出ません。 ハブベアリングとはタイヤの中心部のハブというところのベアリングで、ここを軸にしてタイヤが回る非常に重要な部分になります。 点検の際はこのベアリングにガタや異 ...

続きを見る

-故障修理・整備, ホンダ

© 2021 増高自動車工業有限会社