営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ホンダ

ホンダ オデッセイ(RB1)エンジン調子悪く止まってしまう

ホンダ (RB1)のご入庫

”チェックランプが点いてエンジンの調子が悪く止まってしまう”とのことで御入庫

故障状況を確認します。
・エンジンチェックランプ点灯
・エンジンは掛かるが調子が悪い(ラフアイドルでマフラーから黒煙が出ている)
・シフトレバーが動かない(シフトボタンを押してもセレクトできない)
・シフトレバーを強制解除してDレンジにシフトした途端エンスト(冷間時)
上記のような状態でした。

チェックランプも点灯しているので診断機で故障コードを読み出します。

P0122 スロットル開度センサー 電圧低い
P0107 吸気圧力センサー    電圧低い
P0532 A/Cプレッシャセンサ   電圧低い

エンジンコンピューターで3個の故障を検出しましたが、どれも電圧低下が原因で検出しているのが気になります。

診断機でそれぞれのセンサーのライブデータ数値を読み出しますが、すべて電圧を出力していない状態でした。

ここまで確認できたので一度検出した故障コードを消去してみると不思議なことにエンジンは正常に作動するようになりました、もちろん故障コードは拾いません。その後も故障は現れないようになりました。

そこで先ほどの故障が現れた条件を思い出してみるとエンジンが冷えた状態で起きたので冷やして再現するか確認してみることにしました。

冷間時、もう一度試してみます。

エンジンは正常にかかり調子は良さそうです、しかしシフトレバーをDレンジにセレクトすると”ストンッ”とエンジンが止まってしまいました。

掛け直すと、チェックランプが点灯していてエンジンの調子が悪いです。

フォルトコードを読み出すと初めに検出した3か所のセンサー異常を同様に検出しました。

 

フォルトコードは些細なことで検出してしまうことがあるのですが、症状が再現できて同様のコードを拾ったので間違いではなさそうです。

しかし、3か所ともセンサー出力していませんが、センサーが3か所同時に壊れるということはあまり考えられません。

そこで、センサーにつながるコネクター部分で直接 電圧と出力値を測定します。
(診断機でのライブデーターはあくまでもコンピューターからの出力を表示しているのでコンピューターが壊れてしまえばあてにならないからです)

どのセンサーも、やはりコンピューターからの電源供給が絶たれていました。再度、診断機でフォルトを消去すると不思議なことに電源供給が再開されて正常に戻ってしまうのです。

各部点検した結果
・コンピューター自体の電源・アースは正常
・センサーとコンピューター間の配線は正常
・センサー単体点検正常
・フォルトコード消去すると故障も消える
・エンストは冷間時のみなのでミッションにつながった時の駆動ロスが原因で止まっている可能性がある。

上記の点検結果からコンピューター以外の部分が正常で、診断機からのアクセスで症状が変化することから、コンピューターユニットの故障で間違い無いと判断しました。

新品では11万円以上するコンピュータユニット、お客様と相談して中古品を使用することにしました。

中古品のコンピューターを取り寄せて、内部のデーターをこの車両用に書き換えます。

イモビライザーと呼ばれる盗難防止装置も内部に含まれるためこの車両とコンピューターをマッチさせないとエンジンは掛かりません

メーター内のキーの形をしたランプがイモビライザーの警告灯です

交換して書き換え後、エンジンを掛けると不具合症状は解消されました。

コンピューターユニットの内部故障で間違いありませんでした。

電子部品の故障は突然訪れますし、外部要因(バッテリーの逆接続等)でも無ければなぜ壊れたかの原因もわからないものです。
(厳密にいえば電子基板も細かな部品の集合体なので当然劣化もあるのでしょうが・・・)

故障探求も、コンピュータユニット周辺(センサー・配線等)が全て正常であることを確認したうえで、残ったコンピューターユニットが原因だとする消去法になりますので時間も掛かりますし、”本当にコンピューターが原因なの?”という疑念も、目視で不具合箇所を特定できないゆえに残り、交換するまで本当に治るのか分からず不安が残る修理です。

兎に角、コンピューターユニットのような部品故障の場合症状の出方も様々で、究明するのも難しい修理となります。

システムが複雑になればなるほど、難解で高額な修理(部品代が高い)となることが多くこれからも増えていく事象だと思います。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)エンジン掛かり悪くエンスト

トヨタ ランドクルーザープラド(KZJ78W)のご入庫 ”エンジンの掛かりがすごく悪い” ”走行中にエンジンが止まった”との事。 不具合状況を再現するため走行テストを行います。 アクセルを踏み込んでも何かもっさりしてスピードが上がらず、べた踏みしても最高でも60km/hほどしか上がりません。 そのまま走行していると急にエンジンが止まってしまいました! アクセルを踏んでる最中のエンストです! 惰性で路肩によけてエンジンを再始動しようと試みますがクランキングは勢いよく回るのですがなかなか掛かりません! 焦りま ...

続きを見る

BMW630 片側だけヒーターが暖まらない

BMW630のご入庫 温風が助手席側だけ出なくて寒いとの事 こちらのお車、左右独立で温度設定が出来るモデルでが、助手席側の設定温度を上げても冷たい風しか出てきません。   ヒーターの熱源はエンジンの冷却水を利用することがほとんどなのですが、メーカーによって冷却水自体の流入をコントロールするタイプと冷却水は常に流れていてそのヒーターコアに当てる空気をコントロールするタイプに分かれます。 今回のこちらのお車は冷却水自体の流入をコントロールするタイプになります。   冷却水の流入をコントロー ...

続きを見る

スズキ キャリー(DD51)エアコンコンプレッサー焼き付き

スズキキャリー(DD51)のご入庫 ご用命は、エアコンが効かずエアコンスイッチを入れるとベルトが鳴くとの事。 エアコンスイッチを入れてコンプレッサーを見て答えはすぐにわかりました。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20190809_175824.mp4 コンプレッサーの中心が回らずベルトだけが滑っているのがお分かりでしょうか? これはコンプレッサーが焼き付いて回らなくなったものです。 原因は、様々考えられるのですが中のオイルの劣化や、過去にガス漏れを起こし一緒にオイルが ...

続きを見る

3月の日曜日営業日について

3月の日曜日営業日は15日として1.8.22.29日及び20日は休業とさせていただきます。 なお、お電話でのお問い合わせ、緊急連絡は休業期間中でもいつでも可能ですのでお気軽にどうぞ。

続きを見る

修理方法の選択肢とは

エンジン・オルタネーター・エアコンコンプレッサー・ステアリングラック等細かな部品の集合体であるこのようなアッセンブリーパーツが故障した場合の修理方法には様々な選択肢があります。 ①中古品で交換 ②純正新品アッセンブリーで交換 ③社外新品アッセンブリーで交換 ④リビルト品で交換 ⑤オーバーホールを行い不具合部分を交換する。 大まかには上記のような方法が選択肢に上がります。 それぞれにメリット・デメリットがあるため状況によって使い分けます。   今回はオルタネーターの発電不良を起こしたお車です。 症 ...

続きを見る

BMW 630i(E63)オートマチックトランスミッションからフルード漏れ

BMW 630i (E63)のご入庫 車両を止めていると下にオイル漏れのあとがあるとの事 車両を点検してみると下回り全体がエンジンオイルなのかATフルードなのかわからないくらいオイル漏れが酷く、どこからもれているのかまったくわからない状態です。 アンダーカバーでエンジンとミッションは覆われているのですがアンダーカバー自体がオイルの受け皿になっていてビチョビチョの状態でした。 アンダーカバーからあふれるくらい多く漏れたため下に垂れたのです。   あまりにも酷く漏れ個所の特定が出来ないのでスチーム洗 ...

続きを見る

ミツビシ ミニカ(H42A)クランキングするとヒューズが飛ぶ

ミツビシ ミニカ タウンビー(H42A)のご入庫 エンジンが掛からず、ヒューズが飛んでいるとの事 ロードサービスで搬入してもらいます。   入庫時、ヒューズボックス内の40アンペアヒュージブルリンクが切れてクランキングも出来ません。 新しいヒュージブルリンクに交換してどのタイミングで飛ぶのか確認してみるとクランキングをすると同時に切れることを確認できました。 どうやらスターターを作動させる系統で何か不具合が起きているようです。   配線図を見てみるとこのようになっています。 イグニッシ ...

続きを見る

臨時休業のお知らせ

諸事情により臨時休業いたします。 1月28日(火曜日) ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。  

続きを見る

トヨタ トヨエース ブレーキ不具合危機一髪

トヨタ トヨエース(XZU432)のご入庫 ブレーキペダルがなんだかフワフワして効かない気がするとの事 ブレーキに関することで危険なのでそれ以上乗らないようにしてもらい、出張して確認することにしました。 現地にてブレーキペダルを踏み込むと確かにフワフワして節度がありませんのでブレーキの油圧回路にエアが噛んでいると思われますし、ブレーキ液のリザーバータンクもMIN(ミニマム)達していたためどこか漏れている恐れがあります。 車両を見ていくと左後輪からブレーキフルードがびちゃびちゃに漏れていることが確認できたの ...

続きを見る

VW ゴルフⅥ プラグコード不良

VW ゴルフⅥのご入庫 ご用命はエンジンやEPCなどの警告灯が点いてエンジンもブルブルして力がなく進まないとの事   故障コードを読み出すと1番シリンダーのミスファイヤーを検出しています。 ミスファイヤー(失火)とは何らかの原因で爆発をしていないことを表します。 まず、うまく火花が飛んでいるか点検するためにスパークプラグを点検してみます。 このエンジンはイグニッションコイルは4気筒分が一つになっているタイプでそれぞれのシリンダーに火花を飛ばすための電気をプラグコードを伝って流します。 &nbsp ...

続きを見る

-故障修理・整備, ホンダ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.