営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 ホンダ

ホンダ オデッセイ(RB1)エンジン調子悪く止まってしまう

ホンダ (RB1)のご入庫

”チェックランプが点いてエンジンの調子が悪く止まってしまう”とのことで御入庫

故障状況を確認します。
・エンジンチェックランプ点灯
・エンジンは掛かるが調子が悪い(ラフアイドルでマフラーから黒煙が出ている)
・シフトレバーが動かない(シフトボタンを押してもセレクトできない)
・シフトレバーを強制解除してDレンジにシフトした途端エンスト(冷間時)
上記のような状態でした。

チェックランプも点灯しているので診断機で故障コードを読み出します。

P0122 スロットル開度センサー 電圧低い
P0107 吸気圧力センサー    電圧低い
P0532 A/Cプレッシャセンサ   電圧低い

エンジンコンピューターで3個の故障を検出しましたが、どれも電圧低下が原因で検出しているのが気になります。

診断機でそれぞれのセンサーのライブデータ数値を読み出しますが、すべて電圧を出力していない状態でした。

ここまで確認できたので一度検出した故障コードを消去してみると不思議なことにエンジンは正常に作動するようになりました、もちろん故障コードは拾いません。その後も故障は現れないようになりました。

そこで先ほどの故障が現れた条件を思い出してみるとエンジンが冷えた状態で起きたので冷やして再現するか確認してみることにしました。

冷間時、もう一度試してみます。

エンジンは正常にかかり調子は良さそうです、しかしシフトレバーをDレンジにセレクトすると”ストンッ”とエンジンが止まってしまいました。

掛け直すと、チェックランプが点灯していてエンジンの調子が悪いです。

フォルトコードを読み出すと初めに検出した3か所のセンサー異常を同様に検出しました。

 

フォルトコードは些細なことで検出してしまうことがあるのですが、症状が再現できて同様のコードを拾ったので間違いではなさそうです。

しかし、3か所ともセンサー出力していませんが、センサーが3か所同時に壊れるということはあまり考えられません。

そこで、センサーにつながるコネクター部分で直接 電圧と出力値を測定します。
(診断機でのライブデーターはあくまでもコンピューターからの出力を表示しているのでコンピューターが壊れてしまえばあてにならないからです)

どのセンサーも、やはりコンピューターからの電源供給が絶たれていました。再度、診断機でフォルトを消去すると不思議なことに電源供給が再開されて正常に戻ってしまうのです。

各部点検した結果
・コンピューター自体の電源・アースは正常
・センサーとコンピューター間の配線は正常
・センサー単体点検正常
・フォルトコード消去すると故障も消える
・エンストは冷間時のみなのでミッションにつながった時の駆動ロスが原因で止まっている可能性がある。

上記の点検結果からコンピューター以外の部分が正常で、診断機からのアクセスで症状が変化することから、コンピューターユニットの故障で間違い無いと判断しました。

新品では11万円以上するコンピュータユニット、お客様と相談して中古品を使用することにしました。

中古品のコンピューターを取り寄せて、内部のデーターをこの車両用に書き換えます。

イモビライザーと呼ばれる盗難防止装置も内部に含まれるためこの車両とコンピューターをマッチさせないとエンジンは掛かりません

メーター内のキーの形をしたランプがイモビライザーの警告灯です

交換して書き換え後、エンジンを掛けると不具合症状は解消されました。

コンピューターユニットの内部故障で間違いありませんでした。

電子部品の故障は突然訪れますし、外部要因(バッテリーの逆接続等)でも無ければなぜ壊れたかの原因もわからないものです。
(厳密にいえば電子基板も細かな部品の集合体なので当然劣化もあるのでしょうが・・・)

故障探求も、コンピュータユニット周辺(センサー・配線等)が全て正常であることを確認したうえで、残ったコンピューターユニットが原因だとする消去法になりますので時間も掛かりますし、”本当にコンピューターが原因なの?”という疑念も、目視で不具合箇所を特定できないゆえに残り、交換するまで本当に治るのか分からず不安が残る修理です。

兎に角、コンピューターユニットのような部品故障の場合症状の出方も様々で、究明するのも難しい修理となります。

システムが複雑になればなるほど、難解で高額な修理(部品代が高い)となることが多くこれからも増えていく事象だと思います。

月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

1月の営業日のお知らせ

新年は1月5日からの営業とさせていただきます。 なお、1月の日曜・祝日営業は諸事情により行いません。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。  

続きを見る

ヘッドライトプロテクションフィルム施工

以前からヘッドライトが劣化により曇ってしまい、こまめに磨いたりしていてもすぐに元に戻ってしまう為プロテクションフィルムを施工することになりました。   施工内容をご説明します。 劣化により曇りや黄ばみが出ています。 表面のクリア層が劣化で曇ったり黄ばんだりしていることが原因ですが、こちらの車両ではこまめに手入れしていてもすぐにこのようになってしなうことが悩みの種でした。 始めに劣化したクリア層を研磨して落とします。   研磨を繰り返して最終的に磨き上げるとここまできれいになります。 & ...

続きを見る

ニッサン ルークス(ML21)走行中ゴー音

ニッサン ルークス(ML21)のご入庫 走行中”ゴー”と大きな音がするとの事 テスト走行すると車両後方からゴーと大きな音が聞こえます。 原因はこちら こちらは後輪のブレーキドラムですが中心部にハブベアリングが挿入されています。 ベアリングが傷んだことで異音が発生しました。 ベアリングは車軸を支える重要な役目をしますがガタや異音が出るということはベアリング自体がスムーズに回らなくなっているということになります。 やがて抵抗は増え発熱して最終的には焼き付いて破損します。 走行中は必ず回転しているところですので ...

続きを見る

フォード マスタング 燃圧センサー故障

フォード マスタングのご入庫 エンジンチェックランプが点灯したとの事。 診断機で故障コードを読み出します。 どうも燃料圧力センサーの異常を検出しています。 このセンサー故障はどのメーカーも多く燃料圧力を読み取ることで燃料ポンプの作動を適切に制御するのですが、このセンサーが壊れて異常な数値を出してしまうと燃料ポンプの制御が正しく行われず燃圧異常でエンストや始動困難など様々な症状が発生します。 燃料圧力センサー 燃料デリバリーパイプに取り付けられています。 初めはチェックランプが点灯してもエンジンに不調が出な ...

続きを見る

アルファロメオ147TS マニュアルクラッチがおかしい

アルファロメオ 147ツインスパーク のご入庫 クラッチペダルの感じがおかしくその時はバックギアにも入らなかったとの事。 しかし点検してもペダル操作力に違和感は有りませんしクラッチも切れない感じはしません。 クラッチペダルの踏力も悪くないことからクラッチ板の摩耗はそれほど進んでいないと思われます。 油圧の操作系統はフルードの漏れも見当たりませんし、フルード量の減少も見受けられませんでした。 ただ、お客様が訴えていたバックギアに入れられなかったという症状はクラッチが切れない症状で間違いなく油圧系統の不具合の ...

続きを見る

ダイハツ ロッキー(F300S)オイルプレッシャー異常

ダイハツ ロッキー(F300S)のご入庫 平成6年式のロッキー、ラダーフレームで1600ccエンジン搭載のクロカン車両になります。   高速道路走行中にエンジンオイルプレッシャーが点灯したとの事でお電話で連絡が入りました。 オイルプレッシャーランプ(油圧ランプ)は、オイルが正常に送りだしているかをモニターしているランプで、このランプが点灯したりすることはオイルが各部に行き届いていない可能性があることを示しています。 エンジンから変な音が出ていないか、オイルプレッシャーランプの点灯はその後続いてい ...

続きを見る

メルセデスベンツ C180(W204)エアポンプ故障の原因

メルセデスベンツC180(W204)のご入庫 ご用命は、エンジンを掛けるときに回るエアポンプの音が異常に大きかったが、最近では全く音がしなくなったとの事。 このエアポンプとは2次エアポンプのことでエンジン始動時の排気ガス浄化を目的として触媒にエアを送り込む役割をします。 作動するのは始動時の空燃比の濃い状態時のみ作動しますので、ポンプはすぐに止まってしまいます。 今までエアポンプの異音が気になっていたが、最近では全く音がしないということですので壊れてポンプが回らなくなったことが想定できます。   ...

続きを見る

トヨタ クラウン(JZS147)タイミングベルト交換 他

トヨタ クラウン(JZS147)のご入庫 平成6年式で30年近く経っているのと、しばらく車検を切って寝かせていたのでいろいろ診てもらいたいとのご依頼でした。 エンジンで一番気になるところはタイミングベルトです。 走行距離10万kmですので距離で交換時期なのはもとより、距離が伸びていなかったとしても年数的にかなり不安です。 ベルトのみならずウォーターポンプやオイルシールも交換します。   次に点火系統です。 スパークプラグも汚れ・摩耗共に交換時期 エアクリーナーも真っ黒です。 ディストリビューター ...

続きを見る

ボルボ V60 T6 駆動系統油脂交換

ボルボ V60 T6のご入庫 T6は横置き6気筒のハイエンドモデルになります。   ご依頼は駆動系統の油脂交換です。 まずはATフルード交換でアイシン製6速オートマチックです。 ドレンとオーバーフローチューブが一体になっています。 フィラーはミッション上面にあります。 フルードは規定温度でオーバーフローにて調整します。   フルード交換後は診断機からフルード劣化度のリセットを実施。   次にAWDでハルデックスを搭載していますのでハルデックスフルードを交換します。 ハルデック ...

続きを見る

AUDI A3(8P)冷却水漏れ

AUDI A3(8P)のご入庫 冷却水レベルの警告灯が点灯したとの事でご入庫 1.4L(CAX)ユニット搭載車両 エンジンルームを覗くと冷却水の甘いにおいがします。 ターボチャージャーの冷却水パイプ取付口から冷却水が漏れています。 パイプを取り外すとオーリングが溶けたような状態になっていました。 高温になるこの部分の漏れは比較的多く、経年劣化と相まってオーリングがダメになるようです。 同様故障事例 リンク ある程度年数が経った場合突然漏れ出すことがありますのでメンテナンスとして先に交換するか、警告灯の点灯 ...

続きを見る

-故障修理・整備, ホンダ

© 2022 増高自動車工業有限会社