ニュービートル カブリオレのご入庫

590

ご用命は、”運転席のパワーウインドウが動かしたとき変な音がした。”との事

ご連絡をいただき、”ガラスが閉まっているならそれ以上パワーウインドウを動かさないでください”とお伝えいたしました。

 

ご入庫して操作してみると”ミシミシ”と嫌な音がします。

ガラスを上下させるウインドウレギュレーターという部品に何か起きているようです。

分解して取り外します。

dsc_0006

ガラスの上下にはワイヤーを使って動かすのですがそのワイヤーがほつれて何本か切れてしまっています!

もしこのまま無理に動かしているとワイヤーが完全に切れてガラスが落ちて最悪割れてしまったかもしれません。

もし、パワーウインドウに何か違和感を感じた場合無理に動かさずにすぐに修理工場に持ち込むようにしてください。

今回、ウインドウレギュレータを交換することになりました。

dsc_0004

本来はこのように綺麗なワイヤーが作動させています。

dsc_0008

作動状態 動画

ドアのサッシが付いている車であればガラスを前後でガイドするランチャンネルというゴムレールが付きますが、こちらのお車カブリオレでサッシはありませんのでウインドウレギュレータで前後ガイドする仕組みになっています。

それにパーシャルダウンと呼ばれる機構が組み込まれているため、ドアの開閉時わずかにパワーウインドウが上下します。

パーシャルダウンとは

ですので、運転手自らパワーウインドウを操作しなくても必ず乗り降りの際パワーウインドウがわずかに動いてしまうので部分的にワイヤーに負担が掛かりほつれてしまったのかもしれません。

どこのメーカでもほぼ同様のシステムでパワーウインドウは作動させています。

違和感を感じた際はくれぐれも無理に動かさないようにしてください。