営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 セレスピード・デュアロジック フィアット

FIAT500 1.2POP 走行不能!

フィアット500 1.2Lのご入庫

img_20160930_132810

ご用命は、ニュートラルからギアが入らない!”との事

いつものデュアロジック(トランスミッション)の故障かな?と思いながら故障状況を確認したところ。

  • 走行中エンストした。
  • その後ニュートラルからギアが入らなくなった
  • ABS VDCやデュアロッジック エンジンチェックランプなど警告灯が点灯しっぱなしになった。

img_20160928_210936

エンストはデュアロジック不良でクラッチが切れなかったりギアが抜けなくなったりすれば起こりそうですが、ABSランプなどがなぜ点灯したのかが気になります。

とにかく、診断機で故障コードを読み出してみます。

なるほど、エンジンコントロールユニットではP1220アクセルペダルポテンショメーターの異常を検出しています。

img_20160928_211724

ABSユニット・デュアロジックユニットは、エンジンコントロールからの信号異常でチェックランプを点灯させているようです。

それぞれのコントロールユニットはリンクしているので、どこかのシステムに異常が発生するとこのように連鎖的にチェックランプがたくさん点灯するのです。

img_20160930_131208

 

不具合メカニズムはこんな感じです。

   アクセルペダルのポテンショメーターが故障でエンジンチェックランプ点灯(エンスト)

                      ↓

   エンジンのアクセル系統に異常があるためCANを通じてABS・デュアロジックランプ点灯

                      ↓

      デュアロジック シフト制御停止(ニュートラルからシフトできず)

                      ↓

                    走行不能

このような経緯で走行不能に陥りました。

 

では、アクセルペダルポテンショメーターとは何なのでしょう?

img_20160930_132909

※アクセルペダル内にポテンショメータトラック1・2が内蔵されています。

現在の車は、アクセルペダルを踏み込むとペダルのセンサー(ペダルポテンショメーター)を通じた電気信号をコンピュータを通してエンジンに信号を送りスロットルバルブを動かすことでエンジン回転をコントロールする仕組みになっています。

昔はアクセルペダルとスロットルバルブはワイヤーで繋がって機械的にコントロールをしていましたが、ワイヤーを電気信号に変えることで横滑り防止装置など人間ではコントロールできない領域をコンピューターが介入して制御することが出来るようになりました。

アクセルコントロールは自動車の走行に大変重要な位置づけですので、故障しても何とか走行できるように2系統信号を出力することで1系統が壊れても残りの1系統で最低限動けるようなシステムを持っています。(フェイルセーフと呼びます)

今回故障を起こしたアクセルペダルポテンショメータの信号を見てみましょう。

  • 赤:アクセルポジショントラック1
  • 緑:アクセルポジショントラック2
  • 青:スロットルアングル

img_20160929_100036

トラック1とトラック2の二系統ありますがそれぞれがばらばらに出力されているのがお判りになりますか?

アクセルペダルからの信号(トラック1・2)がおかしいためスロットルアングルが定まりません!

 

正常なポテンショメータはこのようにトラック1・2が同じ動きをして、それに伴いスロットルが動くので波形がシンクロします。

img_20160930_110129

2系統の信号アンマッチなため エラーとして現れました。

エンジン自体はフェイルセーフが働いているので正常にエンジンもかかりますしアクセルペダルに反応してなんとかふけ上がることが出来ます。

しかし!問題はアクセル系統(エンジン制御)がフェイルセーフ機能しても、リンクしているデュアロジック(ミッション)制御が停止するため走行不能になってしまうことです!

車両全体としてはフェイルセーフは機能せずデュアロジックが故障してしまった時と同じ状態になり最悪の状態で走行不能に陥ってしまいました。

 

しかし、それは車両設計の問題ですのでFIAT社にもう少し故障時のフェイルセーフを考えて何とかギリギリ動く状態にでもしてもらいたいのですが、お国柄なのか詰めの甘さを感じます。

デュアロジック不具合での走行不能は経験したことがある方はお分かりになると思いますが突然前触れもなく走行不能状態になるので大変恐怖を覚えるものです。

いくらラテンののりとは言っても、このような重要なシステムの信頼性はもう少し上げてもらいたいですね。

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

11月休業日のお知らせ

11月は1.2.3日(日.月.火曜日)及び22.23日(日.月曜日)は休業日とさせていただきます。 なお、第二日曜日 8日は営業いたします。   新型コロナウイルスの感染蔓延防止で営業期間中もお客様が重ならないように気を付けておりますので、ご来店の際はあらかじめご連絡を頂けるようお願いいたします。 なお、休業日はお電話でのお問い合わせに出られない時もありますので、緊急の場合は問い合わせフォームからメールしてください。

続きを見る

FIAT500 オーバーヒートによる最悪な結末

FIAT500のご入庫 走行中エンジンが止まりそれから掛からなくなったとの事で搬送されてきました。 状況を伺うとどうやらオーバーヒートの症状もあった模様。 クランキングしてみますがまったく圧縮がない状態ですのでもしかしたらタイミングベルトが切れているのかと確認してみようとタイミングベルトカバーのボルトを緩めて外そうとしますがカバーが張り付いていて外れません。 何かカバーが接着されているようですので、誰かが密閉を良くしようなんて思って何か塗っているのかもしれません。 ようやく外してベルトを点検しますがどうや ...

続きを見る

ニッサン サファリ(Y60)エンジンマウント交換

ニッサン サファリ(Y60)のご入庫 以前紹介したエンストをしてしまうこちらのお車(整備内容ブログはこちら)、インジェクションポンプ修理と同時にエンジンマウントの交換のご依頼を受けました。 ディーラーでマウントが1ヵ所ダメになっているとのご指摘を受けたとの事でしたが、部分的にマウントを交換するよりは全部交換してしまったほうが良いことをお客様に伝えて全数交換することになりました。 ※全体で支えているものは部分的に交換すると残ったところにさらに負担が掛かるため 縦置きエンジンのこのお車エンジン左右とトランスミ ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー2.0(916)整備 後編

アルファロメオ スパイダー(916) 前編ではクラッチまわりの整備、中編ではタイミングベルト関係の整備をご案内しましたが、基本になる整備を終わらせいよいよエンジン不調の探求になります。 残っている不調として ・アイドリング回転の波打ち (ハンチング) ・エンジンのふけ上がりが悪い まずはアイドリング回転を点検します。 アイドリング回転が上がったり下がったり波打ったような感じで変化する不調です。 このエンジンに搭載されているスロットルバルブはアクセルワイヤーでコントロールするタイプ(アクセルペダルにワイヤー ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー2.0(916)整備 中編

アルファロメオ スパイダー(916)前編ではクラッチまわりの整備をご紹介しました。 今回はエンジン廻りの不調の整備を進めます。 不具合として ・エンジンからの異音 ・加速が悪い ・アイドリング時回転がハンチングのように波打つ この3点が不調の症状ですがまずはあまりにひどい異音の修理から始めます。 エンジンの異音はジーゼルエンジンの様にガラガラ常に騒がしい異音が出ているのですが音の出どころはバルブ付近(エンジン上部)です。 この2.0ツインスパークエンジンでこの付近からの異音がよく出るのはタイミングバリエー ...

続きを見る

アルファロメオ スパイダー2.0(916)整備 前編

アルファロメオ スパイダー2.0(916)のご入庫 ご用命は ①エンジンからの異音 ②加速が悪い ③アイドリング時回転がハンチングのように波打つ ④クラッチが重い ⑤オイル漏れ等etc 以前から他店で診てもらい様々な手を打っていたとの事ですが、本来のアルファロメオのツインスパークエンジンの性能がこんなものなのか(ふけ上がりの悪さや音など)と悩んで当店にご来店いただきました。 整備を着手する前にどのような整備メニューで進める必要があるのかよく考えなければなりません。 まず、乗ってみてすぐにわかるクラッチペダ ...

続きを見る

MINI クロスオーバー(R60) エンジンオイル漏れ

ミニ クロスオーバー(R60)のご入庫 駐車場の下にオイルの漏れた跡がすごいとの事で緊急入庫されました。 エンジンルーム内はもとより車両下側もエンジンオイルでべちゃべちゃです! あまりに漏れが酷く漏れ個所の特定が出来ませんので、高圧スチームで洗浄してから確認します。 アイドリングではあまり漏れてきませんが走行するとやはり漏れ出してきます。 エンジンマウントブラケットの裏であまりよく見えませんでしたが、ブラケットを外してみるとわかりました。 綺麗に洗浄したのにご覧の通り ここの部分はチェーンテンショナーガイ ...

続きを見る

WAKO'S EX-CRUISE SPECIAL モデルチェンジによる価格改定のお知らせ

  WAKO'S EX-クルーズスペシャル 5w-40 当店でも大変人気のこちらのエンジンオイルですが、新規格取得に伴うモデルチェンジを行います。 規格としてはAPI SP及びILSAC  GF-6規格を取得したオイルに代わります。 ではこの新規格は一体どのようなものになるのかといいますと ①LSPI対応(ロースピードプレイグニッション:低速早期着火) ②タイミングチェーン対磨耗対応 この2点が主なものになります。 LSPIはあまり聞きなれないものかもしれませんが近年の直噴ターボエンジン(ダウン ...

続きを見る

ルノー カングーⅡ 車検整備一式

ルノー カングーⅡ 車検でのご入庫 走行距離が伸びているこちらのお車、ご用命として段差を乗り越えた時のコトコト音が大きいとの依頼を受けました。 テスト走行で車両前方の方からのコトコト音のひどさを確認しました。 点検したところフロントスタビライザーバーのマウントゴムに遊びが出来たことでバーとマウントが叩く異音でした。 スタビライザーバーとは左右輪をつなぐことでロールを抑える役目をするのですが、今回はバーを支えるマウントにガタが出ました。 右側の新品と比べるとかなり内径が大きくなっているのがわかるかと思います ...

続きを見る

VW トゥーラン(1T)マグネットクラッチ付きウォーターポンプ故障

VW トゥーラン(1T)のご入庫 ご用命はエンジンからガラガラ異音がするとの事。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20200825_101914.mp4   点検すると定番のマグネットクラッチ付きウォーターポンプからの異音です。 スーパーチャージャーとターボチャージャーのツインチャージャー搭載のCAVユニット。 壊れるのが当然のような故障率の高さのウォーターポンプからのガラガラ音です。 マグネットクラッチのON/OFFでスーパーチャージャーをコントロールするのですが実際 ...

続きを見る

-故障修理・整備, セレスピード・デュアロジック, フィアット

© 2020 増高自動車工業有限会社