こんにちは増高自動車です。

夕方になってゲリラ豪雨が何回も襲ってきました!!!
工場の中まで吹き込んできて大変なことになってました。  。(´д`lll)  
 

以前にブログで紹介した、燃料漏れの画像です。

最近10年以上経ったお車にこのような症状が多発しています。

十年も経つとゴムの劣化が進みこのようなことがおきます。

自動車には燃料もそうですが、オイルなどの可燃物がありますのでオイル漏れでも車輌火災になることがあります。

以前、アルファロメオ155が燃料臭いといってお客様が飛び込んできたことがあったのですが、エンジンルームを覗くと、燃料ホースから霧状にガソリンが吹き出ていていつ引火しても不思議でない状態を目の当たりにした恐怖を思い出します。

インジェクション車輌では、燃圧が高いのでこのようなことがおきます。

車輌は燃え出すと手がつけられません、よくニュースにもなっていますよね。

年数のたったお車をお乗りの方は信頼のおける整備工場でよく診てもらってくださいね。

また、最近はあまり聞きませんが輸入車の中には日本の気候に合わないゴムを使っているものもあり、高年式車でも燃料漏れを起すものもあります。

いずれもこまめな点検が非常に大切です。