栃木県宇都宮市の整備工場
TEL 028-656-2588
月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

ご注意

ブログ内の整備・修理等各記事の作業内容や作業方法のご質問にはお答えできません。 また、作業料金についても車両を当社まで入庫いただき、実際に見させていただいてからのお見積りとなります。 概算の金額についても電話やメールではお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

用品・タイヤ・ボッシュ 油脂・ケミカル

NUTEC パワーアッププログラムご案内

今回は、NUTEC(ニューテック)のエンジン内部洗浄メンテナンスのパワーアッププログラムご案内いたします。

現在、当店ではWAKO'S(ワコーズ)のRECS(レックス)と呼ばれる吸気系洗浄プログラムが大変好評で多くの方にご利用いただいておりますが、今回紹介するNUTEC パワーアッププログラムは吸気系統のみならず燃焼室の浸け置き清掃・シリンダーのコーティング・燃料系統の洗浄を同時に行うことで、劣化した性能を回復・保護する一歩上をいくプログラムです。

パワーアップというよりも初期の性能を回復したうえで性能維持を目的としています。

エンジンは様々な要素の集合体ですので、ひとつの要素だけよくなれば良いわけでは無く全体がバランスよく回復することが必要で、このプログラムを実施することで本来の性能を取り戻すことが出来ます。

施工内容は、大きく分けて 洗浄・保護・交換に分かれます。

①洗浄工程
・吸気系統からの洗浄:
 吸気系統から洗浄液を噴霧してインテークマニホールド・燃焼室・排気管
を洗浄します。 (WAKO'S RECSと目的と効果は同じです。)

・燃焼室を直接洗浄:
 プラグホールから燃焼室内に洗浄液を直接噴霧して浸け置き洗浄 浸け置き後の洗浄液を吸い出し燃焼室をクリーンにします。(浸け置くことで強力に洗浄します)

・燃料系統の洗浄:
 ガソリンタンクに洗浄剤を添加することで燃料系統(インジェクター等)の洗浄を行います。
 (WAKO'S フューエルワンと同様の効果です。)

②保護工程
・燃焼室・シリンダーをコーティング この工程がプログラム最大の特徴です!
 洗浄した燃焼室・シリンダー内壁をNUTEC独自のコーティング皮膜で強力に保護 摩耗して傷んだ部分を修復しさらに摩擦係数を下げることでエンジン寿命の延長を図ります。

 

③交換工程
・エンジンオイル交換
浸け置き洗浄をするためエンジンオイルに洗浄液が混入してしまいますので、新しいオイルに交換します。
同時にNUTECオイルを使用していただくことでプログラムの効果を最大限発揮します。

・スパークプラグ交換(省略可能)
コーティングをする際、スパークプラグにもコーティングをしてしまう為原則同時交換になります。
プラグを交換したばかりの時は当店で、代わりのプラグを用意してコーティングを実施します。

 

燃焼室を浸け置き洗浄することで今まで落とすことが出来なかったしつこい汚れを落とすことが出来ますし、コンプレッション(圧縮力)に大きく影響を与えるピストンリングの洗浄が出来るのはこのプログラムの最大の特徴です。

実際に燃焼室に浸け置きした後、抜き取った洗浄剤がこちら

これだけの汚れが燃焼室(ピストントップ)に堆積されています。

 

ピストントップの写真

施工前 (カーボンが全体に黒くこびりついているのが分かります。)

 

施工後 (浸け置きして黒いカーボンがはがれて金属の地金が見えます)

 

圧縮圧力を、プログラム施工前後で行いどれほど回復したか見てみると

施工前 13.5Kpa

施工後 14.0Kpa

コンプレッション(圧縮)がここまで回復しました。同時に気筒間の圧縮のばらつきも最小限に減少しました。

※あくまでも機械的な故障がない状態です。車両の状態により効果に差が出ます。

 

汚れをとりコーティングすることで初期の良い状態に回復することが望めますし、これから進行する摩耗も抑えることが出来ます。

コーティングの効果は2万km持つので愛車をこれからも長く維持するにはとてもおすすめのプランです。

エンジンを分解して洗浄を行う方法以外で、ここまで効果を期待できるものはないと思います。

気になられた方はお気軽にお問い合わせください。

 

栃木県宇都宮市の整備工場月〜金 9:00 - 18:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

MASUTAKAブログ最新情報

サンバー トラック(KT2)ポイント交換

サンバー トラック(KT2) 車検整備の際、点火ポイントの交換依頼を受けました。 EK23 550ccの2気筒エンジンになります。 エンジン後端にこのような部品がありますが一般的にはディストリビューターと呼ばれる火花を分配するものにポイントは組み込まれるのですが、このエンジンは2気筒同時点火のためで分配する必要がないためでディストリビューターという呼び名ではないこのような形になっています。 イグニッションコイルから直接2本ケーブルが出て2気筒に同時に火花(電気)を送ります。 エンジンに付けたままでも交換で ...

続きを見る

ダイハツ エッセ ラジエーターの限界

ダイハツ エッセのご入庫 エンジンの冷却水が漏れているとの事 エンジンルームを除くと明らかに冷却水が漏れています。(赤くなっているのは冷却水の漏れた跡) ラジエーターを交換するためバンパーを外すと大変な事になっているのがわかります。 ラジエーターのアッパータンクからの漏れでアッパータンクのみ交換のオーバーホールも可能ですが軽自動車の部品は安いため、全体がリフレッシュできる社外の新品ラジエーターで交換することにします。 冷却水を継ぎ足して乗っていたそうですが、アッパーホース取付部の樹脂の変色がとっくに限界を ...

続きを見る

Jeep コンパス エンジンチェックランプ点灯

Jeep コンパスのご入庫 エンジンチェックランプが点灯してエンジンもブルブルするとの事 診断機で故障コードを読み出すと下記のものが検出されました。 ・P2173 高エアフロー/負圧漏れ検出(低速蓄積) ・C121C   トルク要求信号拒否 どうも吸気系統で2次空気を吸っていてフェイルセーフを掛けたようです。 実際エンジンヘッドとインテークマニホールドとのつなぎ目に2次空気の吸い込みを確認できました。 インマニ自体にひずみや割れなどが起きているのかもしくはパッキンに何か起きているのは間違いなさそうですがま ...

続きを見る

ニュービートル ブレーキペダルが硬くブレーキが効かない

ニュービートルのご入庫 ブレーキペダルが硬い感じがして強く踏んでいないと車が進んでしまうとの事 入庫時、確かにブレーキペダルの硬さは正常時より硬く感じますし、オートマチック車なのでクリープ現象で進むのを止めるのにブレーキペダルをしっかり踏んでいないと動き出してしまいそうです。 通常ブレーキにはブースターと呼ばれる倍力装置が装着されており軽い踏力でブレーキペダルを操作できるようになっています。 こちらのお車では、エンジンの負圧を利用してブースターを作動させます。   エンジンルームから何やらシュー ...

続きを見る

トヨタ セリカ(ST183)アイドリング回転が低い

トヨタ セリカ(ST183)のご入庫 ”アイドリング低すぎて止まりそうになる”との事 初めにダイアグコードの検出がないか確認します。 この時代のトヨタではT端子をアースと短絡することで故障コードを読み出すモードに切り替えてチェックランプの点滅で読み取ります。 https://masutaka.co.jp/images/VID_20230628_163405.mp4 特に故障コードの検出はありませんでしたのでセンサーなどは問題なさそうです。 アイドリングの回転をコントロールしているのはISCV(アイドルスピ ...

続きを見る

アルファロメオ155TS 次々起こる電気トラブル③

アルファロメオ155ツインスパークのご入庫 前回、ストップランプの点灯故障修理を行いました。リンク トランクのヒンジ部の配線故障が原因で配線修理を行い各電装の動作確認を行ったのですが、灯火類に関してはすべて正常に作動するようになったのですがトランクの開閉を行う電磁ロックが全く作動していません。 お客様にお聞きすると以前から動かなくなっていて、ずいぶん前に他店で診てもらったことがあるそうなのですが直せなかったそうで不便ですがカギを使用して開けていたそうです。 トランクヒンジ部にここのロック配線も通っており関 ...

続きを見る

アルファロメオ155TS 次々起こる電気トラブル②

アルファロメオ155ツインスパーク 前回、ABSモーターが回りっぱなしになる不具合の修理をご案内しましたが、その際右後ろのストップランプの不灯火の指摘も受けていました。 単なる電球切れかと思われましたがユーザーもすでに電球を交換して球切れではないことは確認済みとのこと。 実際、点検しても電球は切れておらず点灯させる電気が電球まで来ていないことが確認できました。   そこで電源側のヒューズを点検するとヒューズが切れていました。 ヒューズを交換して一件落着かと思いましたが、交換してもブレーキランプは ...

続きを見る

アルファロメオ155TS 次々起こる電気トラブル①

アルファロメオ155ツインスパークのご入庫 ABSモーターが回りっぱなしで止まらないとのこと。 エンジンを切った後も回り続けてしまうためバッテリーを切り離して何とか止めたとのこと。 入庫時もバッテリーをつなぐとエンジンが掛かっていなくてもポンプが回る音がします。 ブレーキのABSユニットからモーター音がするので、お客様がおっしゃっている症状で間違いありません。 モーターが回り続けているのでモーターの電源をコントロールするABSユニットのリレーを小突くとポンプは停止しました。 このユニットの中には作動用のリ ...

続きを見る

11月の休業日 ご案内

11月の休業日は、3,12,19,23,26日とします。

続きを見る

ニッサン パオ バッテリーが上がる

ニッサン パオのご入庫 バッテリーが上がりエンジンが掛からないとの事、入庫時バッテリーはすっからかんの状態で搬送されました。 ここまでバッテリーが突然、カラになるというのは半ドアやランプの点けっ放しにしてしまうと起きるのでお客様にそのような状態が無かったか確認しましたが、特にそのようなことはなかったとの事。 バッテリーの劣化も疑いましたが当店で少し前に車検整備を行って正常なことも確認したばかりですので、ここまで急激にだめになってしまうことは考えづらいです。 単純にバッテリーではなさそうなのですが、ひとまず ...

続きを見る

-用品・タイヤ・ボッシュ, 油脂・ケミカル

© 2023 増高自動車工業有限会社