営業時間外もお気軽にお問い合わせください
TEL 028-656-2588
月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00

故障修理・整備 アルファロメオ

アルファロメオ 155 V6 オーバーヒート

アルファロメオ 155 V6のご入庫

ご用命は、”水温計が気が付いたら120℃になって煙が出た”とのこと

入庫時は、冷却水のエキスパンションタンクがぐつぐつ煮立った状態でオーバーヒートしています。

しかし、こんな状態にもかかわらずエンジン冷却用の電動ファンが回っていません。

この時代よくあったのが、電動ファンの電流が大きいためリレーが壊れたり配線が焼けたりしたことが非常に多かったのです。

リレーボックスを開けてみると・・・

!!!

真っ黒焦げで火災状態です!

これでは、電動ファンへの電源供給は無理ですので回らないはずです。

リレーボックスの修理をすることになりました。

リレー自体はすべて新しいものに替えますがここまで熱が入った場合、コネクタの刺さるメス側の端子も焼きが入り今後接触不良が起こる可能性がありますのでメス端子も交換します。


これだけの数使っているのですが、接触不良が起こればそこが抵抗になり発熱します、さらに抵抗が増え発熱量が上がれば今回のようなことが再発してしまいますので手を抜くことはできません。

 

もう一つ気になるところで、このリレーボックスにはヒューズも備え付けられています。

電動ファンの純正ヒューズはプレートタイプの40Aとかなりの大容量です。

前オーナー様はこれをブレードヒューズにしてバイパスさせていました。しかし、40Aの容量のところに30Aのブレードヒューズをつけていたので当然ファンが多く回る猛暑時にはヒューズは飛んでしまいます。

ヒューズが切れればその時点で通電は止まるはずなのですが、配線の問題もあったのかしれませんがショートを起こし燃えたようです。

この方法はNGです。

 

ねじ止めのプレート型ヒューズを交換可能な差し込みタイプに交換すること自体は問題ないのですが、容量をまず設計通りにしなくてはいけませんし、配線もその電流に耐えうるものに替えなければいけません。

それと、ヒューズも種類がありますので適切なタイプに交換しなければなりません。

電動ファンのような大電流で動かすモーターの場合、回り始める際に定格の何倍もの電流が瞬間的に流れますので通常使われるブレードヒューズでは切れてしまうのです。
(そもそもブレードヒューズは30Aまでしか設定がありませんが・・・)

そこで、スローブローヒューズと呼ばれる突入電流に耐えられるヒューズがありますのでそのヒューズを取り付けるように加工しました。

以前の輸入車では、日本のような酷暑で電動ファンが常に回ることを想定していないためかこのようなトラブルは非常に多いのです。(最近のモデルはだいぶ良くなってきています)

今回のアルファロメオ155も当時からこのようなトラブルがありましたし、それと電動ファンモーターも劣化してきていますので新品の時よりも消費電力が増えてしまっている可能性がありますので、設計通りの40Aのヒューズを入れていても飛ぶ可能性があります。

出先でのトラブルですとねじ止めのプレートタイプでは交換が大変ですので、簡単に交換できるように差し込みタイプに変えるのです。

 

イタリア車は壊れるとよく言われますが、日本の風土に合っていない部分もありますので当然のことだと思います。

今回のお客様、アルファロメオにあこがれて155を購入なさったばかりなのに、今回のような洗礼を受けてしまいました。

今回のことに懲りずにまだまだ大事に乗りたいとの事でしたので、今後乗り続けるためのアドバイスを行いました。

”古い車だから”とか”外国の車だから”とあきらめる方が多いのですが、車が未熟だからこそ人が寄り添い面倒を看てあげることで単なる道具ではなく愛着のある道具=愛車になると思います。

壊れたと怒るよりも寛大な気持ちで付き合っていただけると個性のあるお車に輝きがさらに増すと思います、そのような気持ちを持たれている方のお手伝いが出来ればと思います。

 

 

 

月〜金 8:30 - 19:00 , 土・第2日曜 10:00 - 18:00
営業時間外もお気軽にお問い合わせください

MASUTAKAブログ最新情報

FIAT500L ブレーキパッド&ローター交換 他

FIAT500Lのご入庫 500と名前が付いていますが一般的なチンクエチェントと500Lは全く違う車両になります。 5ドアのディーゼルエンジン搭載車両で日本未導入の並行輸入車です。 今回は以前の車検の際に交換時期であることをご指摘していた部品の交換を行います。 まずは前輪のブレーキパッドとディスクローターの交換です。 パッドの残量も車検時からの予測通りの減り具合で交換時期に達しました。 ディスクロータもご覧の通りかなり摩耗していて最低厚み限度も下回っていました。 新しいパッドとディスクに交換   ...

続きを見る

レクサス RX450h センターコンソールからなぞの不快音

レクサス RX450hのご入庫 アクスルフルードの交換(作業内容リンク)で御入庫されましたがその際、センターコンソールから不快な音がするので一緒に診てもらいたいとの事でした。 異音の発生状況は少し急激に曲がった際にセンターコンソール付近から何かコロコロ転がるような音がするそうです。 同乗して確認すると確かに何かが転がっているような音がしますが、もちろんセンターコンソールには何も入っていません。 後席に乗って異音を確認してみるとどうやら後席用のエアコンの吹き出し口から聞こえてくる気がします。   ...

続きを見る

AM General Corporation 軍用車 始動困難・黒煙

AM General Corporation 軍用車のご入庫です。 1970年代のベトナム戦争時代のアメリカ軍車両です。 車検でのご入庫ですが、エンジンの掛かりが非常に悪く、掛かっても黒煙が尋常ではないほど出ていますので何か異常が起きているのは間違いありません。   状況からして燃料が濃く黒煙が出ているのでキャブレーターを分解してみます。 非常にシンプルなキャブレータです。 分解していくと内部のダイヤフラムが破けていました。 この部分はパワーバルブと呼ばれるところへの通路の開閉をするダイヤフラム ...

続きを見る

レクサス RX450h ハイブリッドビークルトランスアクスルフルード交換

レクサス RX450h(GLY20)のご入庫 トランスミッションのフルード交換を承りました。 ハイブリット車両であるこちらのお車は、ハイブリッドビークルトランスアクスルという名称のトランスミッションを搭載しています。 ミッション内部には発電用と駆動用それぞれのモーターが内蔵しており、そこから出力された動力はプラネタリギアなどを介してタイヤや充電側に駆動力を分散しています。 従来のトランスミッションはエンジンからの動力をギア比を利用して適切な駆動力としてタイヤに伝える役目をしていましたが、この車両はその仕組 ...

続きを見る

エアコンフィルターの定期的な交換をお忘れなく

エアコンユニットにほこりなどが混入しないように現代の車両には標準で装備されているエアコンフィルター。 しかし、交換サイクルを超えて使用することはかえって害になってしまうことは知られていないようです。 こちらは新車から3年の車検整備で交換したエアコンフィルターです。 何かまだらに綿状なものが見えます。 これはカビです! エアコンは除湿するため内部は湿気が多い状態ですので湿気とエサになるほこりが揃えばカビが生えるのは当然のことです。 エアコンフィルターはどこのメーカでも性能別に種類があり ①ホコリだけをキャッ ...

続きを見る

FIAT パンダ(169)クラッチレリーズベアリング焼き付き

フィアット パンダ(169)のご入庫 クラッチからキーと大きな異音がするとの事です。 エンジンを掛けると甲高いキー音が聞こえてきます、音源を探るとエンジンとトランスミッションのつなぎ目から聞こえてきますのでクラッチからの異音のようです。 こちらのお車、AMTタイプのデュアロジックと呼ばれる自動変速のトランスミッションとなります。 自動変速といってもマニュアルミッションをデュアロジックが操作するタイプですのでトルコンではなく従来のシングルクラッチが使われています。   トランスミッションを取り外し ...

続きを見る

締め付けトルク 整備ミス?設計ミス?

エンジンオイル漏れ修理のご依頼を受けました。 エンジンのヘッドカバーからの漏れ修理です。 こちらの車両は年数も経っておりパッキンの劣化もありますので交換時期でしたが、漏れた原因は他にもあるようです。 ヘッドカバーを取り外します。     鉄製のヘッドカバーで、ボルト6本で締め付けて固定しますが、ボルトの締め付け面をよく見ると・・・ かなり食い込んで変形しているのがわかると思います。 明らかにボルトの締め付けすぎです。 それに前回整備した者はオイル漏れの対策でヘッドカバーパッキンに液状ガスケットを ...

続きを見る

BMW X5(F15)ブレーキパッド&ローター交換

BMW X5(F15)のご入庫   ブレーキ警告灯が点灯したとの事 ブレーキパッドは残量が少なくなってきていますので交換が必要です。 ディスクローターも最低厚みに限りなく近く新しいパッドに替えてもすぐに下回ってしまいますのでこちらも交換が必要です。 最低厚み限度18.4㎜ 18.97㎜で残り0.5mmですので、すぐに下回ってしまいますので同時交換が必要です。      BMWは主要消耗部品はコンディションベースサービス(CBS)という言うシステムで管理しています。 単にパッドセンサーな ...

続きを見る

スバル R2 CVTフルード交換

スバル R2のご入庫 R2も生産終了してから久しいですが独特のスタイルで今でも人気があるモデルです。 ご用命はCVTフルードの交換です。 走行距離が3万km代でしたのでオイルパンを開けずに圧送式フルードチェンジャーでフルードのみの交換を行うことにしました。 このミッションには外部フィルターとしてスピンオンタイプのフィルターがありますのでそちらも交換します。   圧送式のフルードチェンジャーでフルードを入れ替えていきます。 https://masutaka.co.jp/images/VID_202 ...

続きを見る

VW ティグアン チェックランプ点灯

VW ティグアン のご入庫 チェックランプが点灯してディーラーに行ったが高額修理の見積もりが出されたので診てもらいたいとの事でした。 お見積りを見させていただくとエンジンのインテークマニホールドの交換となっていました。 お客様になぜインテークマニホールドを交換しなければならないかの説明を受けてきましたか?とお聞きしても理由はよくわからないとの事でした。 高額の修理をお見積りする以上お客様になぜそこを交換する必要があるのかの説明をしてご納得していただく必要があるのですが、それがなされないのでお客様は単に高額 ...

続きを見る

-故障修理・整備, アルファロメオ

Copyright© 増高自動車工業有限会社 , 2020 All Rights Reserved.